Windows7

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/19(水) 12:17:20.21 ID:wFjf4k2G0.net BE:422186189-PLT(12015)
    Windows XPのサポート切れの際は1年前に移行キャンペーンを開始。
    その時点で約30%の企業が移行しておらず、予算化も遅れがちだったため、混乱を招いた。
    同社は反省を踏まえてキャンペーンの実施を早める。

    他のOSに乗り換える選択肢もある。
    東急ハンズの長谷川秀樹執行役員は「約1700台あるWindows 7搭載PCを、(米グーグルの)Chromebookに2020年までに置き換えたい」と話す。

    同社は2010年ごろから、全ての業務アプリケーションを標準Webブラウザーで利用可能にしてきた。
    最後に残った経費精算システムの移行が2018年3月までに終わると、Windowsにこだわる必要がなくなる。
    そこで原則として、割安なChromebookの導入を進める方針だという。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/071201061/?P=2
    【東急ハンズ、約1700台の「Windows 7 PC」を捨て「Chromebook」に全面移行】の続きを読む

    WS000014

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 07:03:35.58 ID:CAP_USER9.net
    米調査会社Net Applicationsは、2017年3月のデスクトップパソコンのOSシェアを公開した。

    1位を獲得したのは、2009年にリリースされ、2015年1月にはメインストリームサポート期間が終了している「Windows7」。
    Microsoftによるあの手この手のWindows10へのアップデートの誘いは記憶に新しいが、それでも49.42%のデスクトップパソコンがWindows7を使い続けていることがわかった。

    2年前の2015年4月と比較してみると、「Windows7」のシェアは58.39%から8.97%しか下げておらず、2015年7月リリースのWindows10への移行は、まだまだといった状況だ。

    なお、2017年3月の2位以下は、最新の「Windows10」が25.36%、2014年4月に全サポートが終了している「Windows XP」が7.44%、「Windows8.1」6.66%と続き、
    5位にAppleの「Mac OS X 10.12」3.22%、6位に「Linux」2.14%が入っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12885355/

    【【PC】メインサポート終了のWindows7、それでもシェアは約50%を維持】の続きを読む

    このページのトップヘ