Wカップ


    WS000279

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/31(金) 10:37:34.75 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 3/31(金) 2:02配信

     国際サッカー連盟(FIFA)は30日、出場チーム数が現行の「32」から「48」に拡大される2026年W杯(開催地未定)の大陸別出場枠の案を発表した。アジア枠は現在の「4・5」から大幅増の「8」になる。

     5月のFIFA理事会で承認されれば正式決定となる。

     そのほかの地域の出場枠も増える。アフリカは現行の「5」から「9」に。北中米・カリブ海は「3・5」から「6」、南米は「4・5」から「6」、オセアニアは「0・5」から「1」、欧州は「13」から「16」になる。

     残り2枠は欧州以外のチームによる大陸間プレーオフなどで決まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000061-sph-socc


    【【サッカー】26年W杯アジア枠は「4・5」→「8」へ大幅増へ】の続きを読む

    WS000488


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/17(金) 10:52:41.28 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の小倉純二最高顧問(78)が16日、低迷気味の日本代表人気に危機感を示した。
    15日にテレビ朝日系で生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド第3戦「日本対イスラエル」の視聴率が、27・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と発表された。

     東京・文京区のJFAハウスで開催されたフットサルW杯招致委員会に出席した後、小倉最高顧問は「野球の日本代表に興味が集まることはすばらしいこと」と話した上「あの視聴率には危機感を持っている。サッカー界全体がそういう意識を持たないといけない」と話した。

     また同最高顧問は「今、継続中のW杯最終予選の視聴率は21%が最高だった。以前はW杯最終予選は30%を超えていたわけだから、サッカー界全体が危機感を持たないと」と話した。
    昨年、W杯最終予選は5試合が行われ、最高を記録したのは、11月15日にテレビ朝日系で放送されたW杯アジア最終予選「日本-サウジアラビア」の平均視聴率は21・8%(関東地区)だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793027-nksports-socc

    【【サッカー】日本サッカー協会最高顧問、低迷気味の日本代表人気に危機感「野球の視聴率には危機感を持っている。」】の続きを読む

    このページのトップヘ