CM

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/26(土) 08:17:50.52 ID:CAP_USER9.net
    2017-08-25 04:00

    のん “スライム”姿で再びCM 復活に喜び「めちゃくちゃ興奮してます!」

     女優・のん(24)が、ドラゴンクエストシリーズのスマートフォン向けRPG『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』の新CMで再び“スライム”役として起用されたことが25日、明らかになった。2014年に扮したスライムとメタルスライム以来の復活にのんは「久しぶりにこの水玉のかぼちゃパンツとスライムの顔になれて、めちゃくちゃ興奮してます!」と喜びを爆発させている。

     同CMシリーズでは、毎回さまざまな著名人がそれぞれの個性にあった人気モンスターに扮して登場し話題に。新CMでは、ユーザーの間で、今でも高い人気を誇るのん演じる“のんスライム”を復活させ「倒されても篇」と「スライムが あらわれた篇」の2バージョンを制作。

     以前よりも「レベルが3アップしている」という今回の“のんスライム”は、かわいさはそのままに「なんど倒されても、ボクはまけない!」というセリフが象徴するような力強さも加わり、前作で、半べそをかいていた“のんスライム”の成長も見どころとなる。

     久しぶりの復活にのんは「すごくうれしいです! こういう風に“復活”という形でお話がくると思っていなくて!」と喜び、オファーがきた際には「おおぉ!ってびっくりしました! 絵コンテみたら、『また仲間にしてほしそうにこっちをみている』というセリフがツボにはいって “また”っていうのが聞いてて面白かったです」とにっこり。

     現在の自身のレベルについては「レベルにすると…、21歳から24歳になったので…3アップくらいですね(笑) レベル3です!」といい、スライムと自身の重なるところには「愛嬌があるところですかね?(笑) あといつもニヤニヤしているところです。よく『なんで笑ってるの?』、と気味悪がられるときがあるので、そういったところも似てますね」と語った。

     新CM「倒されても篇」は26日から、「スライムが あらわれた篇」は9月2日から全国にて順次放送を開始する。

    (>>2以降につづく)


    『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』新CMに出演するのん





    http://www.oricon.co.jp/news/2096087/full/


    【【芸能】"のん" 再び“スライム”姿でCM 復活!「めちゃくちゃ興奮してます!」】の続きを読む

    WS000003


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:886559449-PLT(22000).net
    男女の溝を深める? 国仲涼子演じる主婦が贅沢の限りを尽くすCMに疑問

     国仲涼子が出演するウォーターサーバー「ウォータースタンド」のCMが今月から放送されている。
    「妻の贅沢」編ということで、夫が仕事に出掛けている間に贅沢の限りを尽くす妻(国仲)の姿が描かれているのだが、
    その内容が「今どきこんなCMあり?」と物議を醸している。

     CMの冒頭、ウォーターサーバーの水を使って夫の味噌汁をつくったり水筒の用意をする主婦・国仲の姿が、
    いかにも“いい妻”といった様子で描かれる。ところが夫が出社すると、国仲はウォーターサーバーの水を使い
    「A5ランク和牛のすき焼き」「希少な白トリュフのスープパスタ」「最高級ウイスキーの水割り」を楽しむ。
    カメラから視線を外さずに肉を焼いたりトリュフを削りまくる姿はコミカルで、いかにもな「悪い顔」をしている。
    だが、視聴者に火をつけてしまったのが夫が帰宅した後のシーン。「夫の晩御飯にも」というナレーションが流れるなか、
    夫は背中を丸めてカップ麺にお湯を注いでいる。この展開に「これは叩かれそう」「悪妻演出する意味あった?」と
    危惧する声が上がり、やや炎上気味だ。

     お金を稼ぐべく働く夫と、家で好き放題の主婦。この構図自体が実社会に照らし合わせると非現実的なため、
    CMが狙うターゲット層もまったくわからない。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170524/Messy_46670.html

    【【動画】 夫が働く間、妻は贅沢三昧 夫の夕食はカップラーメン ウォータースタンドのCMに批判殺到】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」――。総合結婚情報誌ゼクシィの新CMがネット上で話題になっています。
    一見すると自らの存在を否定しかねないキャッチコピーですが、「誰の生き方も否定してないから良い」「結婚したくなった」と共感の声が上がっています。
    CMの「炎上」事例が目立つ中で、ゼクシィは何か違ったのか? 編集長に話を聞きました。

    こんなCMです


     4月中旬に公開されたゼクシィの新CM。風船にぶら下がって空に浮かぶ男女の映像に合わせて、こんなナレーションが流れます。

     70億人が暮らすこの星で結ばれる。

     珍しいことではなくても、奇跡だと思った。

     結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。

    共感の声が続々

     このCMに対して、多くの共感の声が寄せられています。

     「ゼクシイがこれを言ったのは偉い」

     「結婚最高と賞賛しつつ、非婚も否定しない。比較しているようで比較していない」

     「結婚=幸せじゃないよね?って言葉にはしないけど、薄々みんなが思ってたことを言語化して、それでも結婚って尊いよねと結婚の価値を爆上げしてる」

     「多様性を意識した前置きはさることながら、私とあなたの二者間のことなんだ、っていうのが配慮でもありロマンチックでもあり」


    「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
    http://withnews.jp/article/f0170509002qq000000000000000W00o10101qq000015179A

    【【逆炎上】「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は…」 ゼクシィCMに共感の声が殺到!】の続きを読む

    WS000269


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/03(水) 19:11:04.66 ID:ABddw2QM0 BE:583472408-PLT(14015)
    【MLB】観客の差別発言が波紋 イチローは地元紙に “自分にもあった”と経験明かす(Full-Count) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00010022-fullcount-base
    【最 近 の う ざ い C M】の続きを読む



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/28(金) 21:39:51.69 ID:CAP_USER9.net
    米グーグル(Google)が、『ゲイの父親とその子供達』を描いた、キュートなCMを公開した。

    これは、Googleが発売しているハンズフリーデバイス「Google Home」の新CM。

    「Google Home」は、簡単にいうとAppleでいう「Siri」のようなもので、話しかけることで、その日のスケジュールや、音楽再生、テレビなどの家電の電源ON/OFFなどを行うAI機器。米国ではリリースされているが、日本では未発売。

    CMでは、朝食を食べている子供達と父親(アレックス)が登場。
    よくみかける朝のワンシーンなので”一般的な”家族かと思いきや、もう一人の父親ロスが登場する。

    米国で増えている同性カップルとその家族など、現代のモダンファミリーを描いたCM。
    また、内容もゲイカップルが「行ってらっしゃいのキス」をしたり、ハグしたりすることなく、とても自然に、当たり前に描いている点が非常に好感度が高い。

    グーグルではこれまで数多くのゲイ関連CMを発表しており、日本でもゲイ男性が出演するCMが話題になっていた。

    ソース
    http://genxy-net.com/post_theme04/4253317l/



    動画

    【【LGBT】米グーグル「ゲイの父親」を描いたCMを公開 米国で増える同性カップル家族のCM(動画あり)】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:36:44.80 ID:TM+yg7F50.net BE:273340192-(1000)


    髪形に左右されるレベルの雑魚なんだね

    【新垣結衣(28)が漫才をするCMがブサイクすぎると話題に、確かに俺も見たとき「え?」ってなった [273340192]】の続きを読む

    1:サスケ ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 11:59:15.66 ID:CAP_USER9.net
    元電通社員でブロガー・作家として人気のはあちゅうさん。
    1月30日に電通の先輩から聞いたという傲慢な「教え」をツイートし、炎上している。

    画像:



    「電通の先輩が、『CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。
    世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の「普通の人」だ』って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ」

    「日本の普通の人は馬鹿だって言い切れる考えが怖いよね」

    電通の就職倍率は100倍以上に上る。
    高倍率の選考を突破したエリート社員たちが彼らの基準でCM作りをしても、多くの人に届かないということなのだろう。

    この投稿に対しては、ネット上で反発の声が続出することとなった。

    「日本の普通の人は馬鹿だって言い切れる考えが怖いよね」
    「電通ってろくでもない会社だな」
    「電通はかわいそうな労働環境なので、働いているうちに馬鹿になってくのは仕方のないこと」

    はあちゅうさんの先輩は確かに言葉が悪かったかも知れないが、
    こうした考え方は、メディアや広告代理店に勤務する人にとってはごく普通のことなのかもしれない。
    元NHKディレクターで、経済学者の池田信夫さんも過去に同様の書き込みをしていたことがある。

    「私がNHKに勤務していたころ教わったのは、『典型的な視聴者は、50歳の専業主婦で高卒だと思え』ということだった」

    「偏差値40」や「高卒」という表現が気に食わない人も多いかもしれない。
    ただ、やはりテレビ番組や広告は、不特定多数の人に届くように、誰でもわかりやすいものにしなければならない。
    そのことを端的に表しているのだろう。

    ネット上にも、「はあちゅうが言ってるのは正しいだろ。偏差値60以上を狙うと全人口の1割しか市場がないんだよ。40以上でよければ9割が市場になる」と書き込む人がいた。

    「偏差値40以上の人々はテレビを見るのをやめてしまったとさ」
    一方で、多くの人に理解してもらおうと番組の水準を下げた結果、テレビ番組が面白くなくなっていると指摘する人もいた。

    「偏差値40でも楽しめる番組を作り続けたテレビ局は、偏差値40以上の番組の作り方を忘れてしまい、偏差値40以上の人々はテレビを見るのをやめてしまったとさ」
    「そこばかりにターゲットを絞っていった結果が、例えば『楽天ショップ』デザインとか『ひな段芸人とテロップなぞり/めくり』等の安易な番組の横行」

    とはいえ、はあちゅうさんの真意は「偏差値」とは別のところにあるようだ。
    件のツイートに続けて、「高偏差値の人ほど自分と違う人を『バカ』といって切り捨てるけど、君たちがバカと見下し、相手にしない人も『普通の人』、普通はそれぞれに違う、普通なんて存在しない、って意味になってる」と投稿した。

    「普通はそれぞれに違う」というところに真意があるにもかかわらず、あえて炎上しそうな「偏差値40」の部分を切り取って話題を作るとはさすがではある。
    はてなブックマークには

    「さすがはあちゅう。そんじょそこらの炎上芸人とはわけが違う」

    という投稿もあったが、筆者(編集部N)も大きく頷かざるをえなかった。
    はあちゅうさんの動向を引き続き注視していきたいところだ。

    http://news.nifty.com/article/economy/business/12117-5593/

    【【ネット】元電通社員「CMは偏差値40に理解できなきゃダメ。世間にはおそるべき量のバカがいる。それが日本の普通の人だ」→炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ