1位

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/18(日) 20:22:41.08 ID:CAP_USER9.net
    スーパーマーケット総選挙の結果、第1位の店は「オーケー」だった【ラジオリスナーが投票】
    https://www.tbsradio.jp/156877  2017.6.16 金曜日

    TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。リスナーがイチオシのスーパーを投票期間5/29~6/11で募集、6/11のオンエアでその最終結果が発表された。投票総数は1538票。20歳から上は85歳までの男女(うち女性が6割程)からの応募で、エントリーしたスーパーは233社。TBSラジオの放送地域である首都圏を中心に多種多様なスーパーが登場した。
    集計の結果、1位に輝いたのは「オーケー」。2位の「ヤオコー」とダブルスコア以上の票数を集めた。オンエアでは10位までを発表。11位~30位までの結果も含めた一覧は以下となる。

    TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る presents 第1回 スーパー総選挙」トップ30
    ※( )は票数

    1位 オーケー (214)
    2位 ヤオコー (107)
    3位 SEIYU (81)
    4位 サミット (70)
    5位 ライフ (58)
    6位 ベイシア (52)
    7位 イトーヨーカドー (48)
    7位 マルエツ (48)
    9位 イオン (46)
    10位 オオゼキ (39)
    11位 業務スーパー (35)
    12位 ベルク (31)
    13位 ロピア (27)
    14位 カスミ (25)
    15位 Big-A (23)
    16位 いなげや (20)
    17位 ツルヤ (17)
    18位 コモディ イイダ (16)
    18位 サンワ (16)
    20位 東急ストア (15)
    21位 ベルクス (14)
    21位 マミーマート (14)
    21位 とりせん (14)
    24位 ヨークマート (13)
    25位 スーパータイヨー (12)
    25位 まいばすけっと (12)
    25位 成城石井 (12)
    28位 エネルギースーパーたじま (10)
    28位 スーパーバリュー (10)
    30位 三徳 (9)
    30位 ロヂャース (9)
    30位 ダイエー (9)
    30位 ワイズマート (9)

    トップ10にランクインしたスーパーのリスナー評価はこうだ。

    1位「オーケー」…群を抜く安さはもちろんのこと、「オネストカード」に代表される正直さや、徹底的に消費者目線に立った販売姿勢が熱狂的ファンを生んでいる様子。
    2位「ヤオコー」…元・埼玉県民、現・埼玉県民の圧倒的な支持により準優勝の座に。安さとサービスの良さに加え、地元に密着したブランド力が人気の理由か。
    3位「SEIYU」…安さもさることながら、24時間開いている店が多いことや、食料や日用品だけでなく衣類や家電なども買えるところが支持を集めた。選曲のセンスの良さにも定評あり。
    4位「サミット」…品揃えがいい、陳列が見やすい、店内が広い、不思議と落ち着く、などの声が多かった。また、イートイン「私の喫茶室」も好評。
    5位「ライフ」…数あるスーパーの中で唯一、複数の懸賞ファンから支持を集めた。売り場の工夫を褒める声も目立った
    6位「ベイシア」…群馬県を中心に広く関東圏からの得票を集め、中間発表から大幅ジャンプアップ。
    7位「イトーヨーカドー」…長い歴史と抜群の知名度で、幅広い層から満遍なく支持されていた模様。日常的に使う店として愛されているようだ。
    7位「マルエツ」…品揃えや店内の清潔感に加え「Tポイントが付くから」という理由での投票も多かった。「お店ごとのポイントカードはわずらわしい」との理由から汎用性の高いポイントカードが喜ばれる傾向は他の店にも見られた。
    9位「イオン」…スーパーというより、ショッピングモールとしての総合力を評価する人が多かった。
    10位「オオゼキ」…投票意見の多くに「レジの皆さんのテキパキした動きがよい!」との声。

    メディア初の試みとなった本企画を振り返り、番組パーソナリテのジェーン・スーは「スーパーはただの買い物ではなく日常のエンターテイメントだ」とコメント。結果の多様性や意外性に対して、第1回目にして各所から大きな反響が届いている。1位に輝いた「オーケー」には番組から賞状を届ける予定とのこと。
    【【調査】スーパーマーケット総選挙 1位オーケー、2位ヤオコー、3位SEIYU TBSラジオ調べ 6/11発表】の続きを読む


    WS000092

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/18(日) 07:27:21.52 ID:CAP_USER9.net
    スーパーマーケット総選挙の結果、第1位の店は「オーケー」だった【ラジオリスナーが投票】
    https://www.tbsradio.jp/156877
    2017.6.16 金曜日

    TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。リスナーがイチオシのスーパーを投票期間5/29~6/11で募集、6/11のオンエアでその最終結果が発表された。投票総数は1538票。20歳から上は85歳までの男女(うち女性が6割程)からの応募で、エントリーしたスーパーは233社。TBSラジオの放送地域である首都圏を中心に多種多様なスーパーが登場した。

    集計の結果、1位に輝いたのは「オーケー」。2位の「ヤオコー」とダブルスコア以上の票数を集めた。オンエアでは10位までを発表。11位~30位までの結果も含めた一覧は以下となる。

    TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る presents 第1回 スーパー総選挙」トップ30
    ※( )は票数

    1位 オーケー (214)
    2位 ヤオコー (107)
    3位 SEIYU (81)
    4位 サミット (70)
    5位 ライフ (58)
    6位 ベイシア (52)
    7位 イトーヨーカドー (48)
    7位 マルエツ (48)
    9位 イオン (46)
    10位 オオゼキ (39)
    11位 業務スーパー (35)
    12位 ベルク (31)
    13位 ロピア (27)
    14位 カスミ (25)
    15位 Big-A (23)
    16位 いなげや (20)
    17位 ツルヤ (17)
    18位 コモディ イイダ (16)
    18位 サンワ (16)
    20位 東急ストア (15)
    21位 ベルクス (14)
    21位 マミーマート (14)
    21位 とりせん (14)
    24位 ヨークマート (13)
    25位 スーパータイヨー (12)
    25位 まいばすけっと (12)
    25位 成城石井 (12)
    28位 エネルギースーパーたじま (10)
    28位 スーパーバリュー (10)
    30位 三徳 (9)
    30位 ロヂャース (9)
    30位 ダイエー (9)
    30位 ワイズマート (9)

    トップ10にランクインしたスーパーのリスナー評価はこうだ。

    1位「オーケー」…群を抜く安さはもちろんのこと、「オネストカード」に代表される正直さや、徹底的に消費者目線に立った販売姿勢が熱狂的ファンを生んでいる様子。
    2位「ヤオコー」…元・埼玉県民、現・埼玉県民の圧倒的な支持により準優勝の座に。安さとサービスの良さに加え、地元に密着したブランド力が人気の理由か。
    3位「SEIYU」…安さもさることながら、24時間開いている店が多いことや、食料や日用品だけでなく衣類や家電なども買えるところが支持を集めた。選曲のセンスの良さにも定評あり。
    4位「サミット」…品揃えがいい、陳列が見やすい、店内が広い、不思議と落ち着く、などの声が多かった。また、イートイン「私の喫茶室」も好評。
    5位「ライフ」…数あるスーパーの中で唯一、複数の懸賞ファンから支持を集めた。売り場の工夫を褒める声も目立った
    6位「ベイシア」…群馬県を中心に広く関東圏からの得票を集め、中間発表から大幅ジャンプアップ。
    7位「イトーヨーカドー」…長い歴史と抜群の知名度で、幅広い層から満遍なく支持されていた模様。日常的に使う店として愛されているようだ。
    7位「マルエツ」…品揃えや店内の清潔感に加え「Tポイントが付くから」という理由での投票も多かった。「お店ごとのポイントカードはわずらわしい」との理由から汎用性の高いポイントカードが喜ばれる傾向は他の店にも見られた。
    9位「イオン」…スーパーというより、ショッピングモールとしての総合力を評価する人が多かった。
    10位「オオゼキ」…投票意見の多くに「レジの皆さんのテキパキした動きがよい!」との声。

    メディア初の試みとなった本企画を振り返り、番組パーソナリテのジェーン・スーは「スーパーはただの買い物ではなく日常のエンターテイメントだ」とコメント。結果の多様性や意外性に対して、第1回目にして各所から大きな反響が届いている。1位に輝いた「オーケー」には番組から賞状を届ける予定とのこと。
    【【調査】スーパーマーケット総選挙 1位オーケー、2位ヤオコー、3位SEIYU TBSラジオ調べ 6/11発表】の続きを読む

    WS000062


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/28(日) 09:27:13.87 ID:F0+/rsib0 BE:299336179-PLT(13500)
    『業界激震!?マジガチランキング』では、総集編スペシャルと題して、過去に取り上げたランキングの中から
    選りすぐりのテーマをピックアップ。その中で、10代の男女713人に聞いた「今一番面白いと思う芸人ランキング」が紹介され、1位にブルゾンちえみが選ばれた。

     2位のNONSTYLEが158ポイントだったのに対し、ブルゾンは倍以上の374ポイントを集め、
    大きく差をつける結果に。街頭インタビューでは「面白いし、かわいい」「吐息みたいな喋り方が好き」
    「ちょうどいいブス。そういう人が良い女風のセリフを言うのがツボ」など、芸風を支持する声が多数寄せられた。

     その他トップ10には、3位にサンドウィッチマン、4位にサンシャイン池崎、5位に千鳥、6位にみやぞん、
    7位に陣内智則、8位にダウンタウン、9位に明石家さんま、10位にアンジャッシュがランクイン。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00010003-abema-ent
    【【何がおもろいねん】10代が選ぶ「今一番面白い芸人」ランキング 1位はブルゾンちえみ】の続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 21:25:47.58 ID:CAP_USER9.net
    タレントのローラ(26)が、「今年消えそうなハーフタレント1位」に選ばれてしまった。
     「女性向け専用サイト『ヴィーナスタップ』が、一般男女500人を対象に独自にアンケートを行ったもので、女性でトップとなってしまったのです。ちなみに、男性1位は、元AKB48の川崎希を妻に持つアレクサンダーです」(芸能記者)

     頬を膨らませながらタメ口で喋るキャラで、一躍人気者となったローラだが、今回のアンケートで、飽きられていることが証明されてしまった格好。そんな彼女の活動といえば、現在、『めざましテレビ』(フジテレビ系)で「ローラの休日~キレイになれる健康ご飯~」コーナーに出演中。
     「金曜日のみの出演で、ローラが美容にいい食材を選んで料理を作るのをコンセプトに、テレビ目線でしゃべりまくります。ただ、ネットでは『包丁使いがヘタ』と評価はイマイチ。また、調理シーンは、専門家が別撮りにしているという噂まであるんです。せめて、セクシー露出をするなど、男性視聴者を喜ばせてくれれば救われるのですが…」(料理ライター)

     昨年は、12月公開の映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演するなど、女優として活動の幅を広げたローラ。公開前は、ハリウッドデビューとぶち上げ、話題を振りまいたが…。
     「超脇役での出演です。ビルに籠城して、最後はアンデットの大群に噛み殺される女兵士・コバルト役。正直、彼女じゃなくてもできる役なうえ、その演技もほめられたものじゃありません。いわゆる日本の興行収益を上げるために起用された客寄せパンダですね」(映画ライター)

     実は、この映画に出る際に、彼女が脱ぐ、という話もあった。
     「本当のチョイ役だったために、その話はなくなったようです。しかし、これは人気回復のためなら何でもするという一つの意思表示。業界筋からの話では、今後はセクシー路線転向で巻き返しを狙っているというのです」(同)

     その驚きのパフォーマンスとは、ずばりヌード写真集という。
     「落ち目を脱するためにはヌードも辞さない構え。彼女は、B88・W60・H85のFカップ乳。近いうちに、“ヘア見せ”は確実。ブルブル乳も見どころですよ」(芸能プロ関係者)

     消える前のひと脱ぎ!


    2017年01月28日 20時00分
    http://wjn.jp/article/detail/0467356/

    【【芸能】ローラ セクシー転向で巻き返し「消えそうなハーフ1位」】の続きを読む

    WS000702


    1:Japanese girl ★@\(^o^)/:2017/01/11(水) 09:30:40.09 ID:CAP_USER9.net
    2016年公開の映画が対象の第90回キネマ旬報ベストテンが10日発表され、日本映画の1位に片渕須直監督のアニメーション作品「この世界の片隅に」が選ばれた。アニメ映画が1位になったのは「となりのトトロ」(1988年)以来。「君の名は。」はベストテンから漏れた。

     外国映画の1位はクリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」。表彰式は2月5日、東京・文京シビックホールで。

     「この世界の片隅に」はこうの史代さんの漫画が原作のアニメーション映画。第2次世界大戦中の広島県呉市を舞台に、18歳で嫁ぎ、けなげに生きる女性の姿を描いた。

    共同通信 2017/1/10 12:59
    https://this.kiji.is/191401203085852675?c=39550187727945729


    第90回キネマ旬報ベストテン
    http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/
    http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/japan.aspx
    【日本映画】

    ①この世界の片隅に
    ②シン・ゴジラ
    ③淵に立つ
    ④ディストラクション・ベイビーズ
    ⑤永い言い訳
    ⑥リップヴァンウィンクルの花嫁
    ⑦湯を沸かすほどの熱い愛
    ⑧クリーピー 偽りの隣人
    ⑨オーバー・フェンス
    ⑩怒り

    【【映画】「この世界の片隅に」キネ旬1位 「君の名は。」ベスト10漏れる】の続きを読む

    WS000382


    1:曙光 ★:2016/12/22(木) 11:39:11.24 ID:CAP_USER9.net
    日経BPコンサルティングは12月21日、「Webブランド調査2016-秋冬」の結果を発表した。調査期間は2016年10月13~20日、対象は500サイト、有効回答は20歳以上のネットユーザー3万3,600人。

    総合ランキング1位は「楽天市場」

    【【調査】Webブランド調査、2016年の総合1位は「楽天市場」…一般企業サイトではサントリーが1位に】の続きを読む

    WS000154


    1:記憶たどり。 ★:2016/12/13(火) 16:48:10.98 ID:CAP_USER9.net
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161213-00014568-forbes-ent

    今年最もCDが売れたアーティストにかなり意外な名前があがった。
    ビルボードの発表によると、2016年米国で最もCDを売ったのはモーツァルトだ。


    【【文化】音楽業界激震。2016年最も売れたCDはモーツァルト】の続きを読む

    このページのトップヘ