結婚

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:618588461-PLT(36669).net
    元AKB48でタレントの小嶋陽菜さんが8月26日、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんとの2ショットをInstagramで公開しました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000028-it_nlab-ent

    【【速報】 こじはるとアンジャッシュ児嶋 結婚】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net
    人気ゲームシリーズ『アイドルマスター』の萩原雪歩役などで知られる声優の浅倉杏美(あさくらあずみ)が8月18日、ブログで結婚を発表した。

    浅倉はブログの中で「いつも支えてくださる皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです」とした上で、
    「より一層頑張りますので、これからも宜しくお願い致します!」と、今後の意気込みをつづった。


    私、浅倉杏美は先日、会社員の方と入籍致しました!
    暖かく見守って頂けたら嬉しいです


    (★皆様にご報告です★|浅倉杏美オフィシャルブログ「Smiley*Happily」Powered by Amebaより 2017/08/18)
    https://ameblo.jp/asakura-azumi/entry-12302673425.html



    浅倉杏美が結婚『アイマス』声優、お相手は会社員 「暖かく見守って頂けたら...」
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/18/azumi-asakura_n_17782540.html

    【声優の浅倉杏美が結婚。お相手は会社員 「暖かく見守って頂けたら...」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/01(土) 05:11:11.80 ID:CAP_USER9.net
    横澤夏子、結婚!1歳年上の会社員「ダイキくん」と…すでに同居“奥さんごっこ”
    2017年7月1日4時0分 スポーツ報知

     お笑いタレントの横澤夏子(26)が今月に、交際中の1歳年上の会社員男性と結婚することが30日、分かった。
    関係者によると、婚姻届の提出日は横澤の誕生日の今月20日が濃厚。挙式は来年1月までに行う予定。
    この日、都内でイベントに出席した横澤は、所属事務所の先輩の陣内智則(43)が同日、フジテレビの松村未央アナウンサー(31)と結婚したことに触れ、誕生日婚に「憧れます」と話した。

     1年半の交際を経て、ついに横澤がゴールインする。関係者によると、横澤はすでに親しい関係者らに結婚を報告。
    自身の誕生日の今月20日に婚姻届を提出することを望んでおり、2人で結婚式場巡りをしているという。

     猛プッシュが実った。「100回以上、婚活パーティーに行った」と豪語してきた横澤は昨年の婚活パーティーで会社員「ダイキくん」と知り合い、同年2月から交際をスタート。
    ダイキくんは、パーティーで「行きたいデート場所」として書いた海老名のサービスエリア(東名高速)に連れて行ってくれる優しい男性という。今年1月、テレビ番組で熱愛が明らかになってから、表舞台に登場する度に「今年中に結婚したいです」と相手にアピールしてきた。

     この日、都内のイベントに出席した横澤は、陣内が松村アナと同日朝に婚姻届を提出したことについて、「憧れます。夢ですよ」とうらやましげ。
    松村アナの誕生日の29日が「仏滅」にあたるため、2人は1日待って30日に提出した。
    横澤は自身の今年の誕生日が「先勝」であることから、「仏滅じゃなかったんで、ぜひ」と目を輝かせた。

     横澤は、16年から2年連続で日本一のピン芸人を決める大会「R―1ぐらんぷり」で決勝戦進出するなど、今や名実ともに若手トップクラス。
    細かすぎる人間観察をベースにした絶妙な一人コントが持ち味。中でも「イラッとくる女性」を演じるのが得意だが、芸風とは裏腹に、自宅では“良き妻”タイプという。

     6月初旬、半年前から同居を始めたと明かし、「(実生活でも)“奥さんごっこ”してる。『おかえり』『ただいま』と“ごっこ”してる」。
    得意料理は「手巻きずしが一番のごちそう。中身はツナマヨ、納豆、たくあん」とのろけていた。

     公私ともに絶好調。フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で木曜レギュラーを務め、誕生日の20日は木曜にあたる。
    8月には、昨年に続き単独お笑いライブの全国ツアーも予定。人妻芸人となれば、家族ネタを交え、芸の幅に一層の広がりが期待できそうだ。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    交際中の会社員男性と、今月結婚することが明らかになった横澤夏子



    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170701-OHT1T50024.html
    【【芸能】横澤夏子、今月結婚へ!「ダイキくん」とすでに同居“奥さんごっこ”してます!】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/16(金) 11:10:09.15 ID:CAP_USER9.net
    タレントの森下悠里(32)が16日、自身のインスタグラムを更新。
    かねてより交際していた男性と6月8日に結婚したことを報告した。

    「いつもお世話になってる皆様へ」の書き出しで森下は「突然ですが 私、森下悠里は以前からお付き合いさせていただいてる男性と結婚させていただきました」と報告。
    「彼とは10年来の友人で去年末からお付き合いして6/8に入籍しました」とつづり「また、詳しくは 本日16:44頃から生中継のニッポン放送 で発表しますね」と報告している。

    続けて「まだまだ、ダメな私ですが良い奥様になれるよう頑張りますね」と気持ちを新たにし「今まで 色々恋愛してきましたが こんなに好きになった男性は初めてで私からの逆プロポーズでした」。
    「あ、あと、質問されそうなので先にお伝えしておきますね 妊娠はしてません」と記し「また嬉しいお知らせが出来た時はここでご報告させてください」と、色鮮やな花束の写真とともに結んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000308-oric-ent

    森下悠里

    【【グラドル】森下悠里が結婚 お相手は10年来の友人で「私からの逆プロポーズでした」】の続きを読む


    WS000057

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/05(月) 22:35:35.86 ID:CAP_USER9.net
    深田恭子が夏に放送される連続ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系=金曜午後10時)に出演することが決まった。

    主演は瑛太で、深田は1~3月期の同局系『下剋上受験』に続いての2作連続で主演にはならなかったが、
    このことで結婚が近いのではないかという見方が強まっている。

    深田は2015年1月公開の映画と、同2月スタートの連続ドラマで続けて『KAT-TUN』の亀梨和也と共演し、交際関係に発展した。
    4月中旬にはKAT-TUNメンバーの飲み会に深田が参加し、亀梨が中丸雄一や上田竜也に“おれの結婚相手”と紹介したとされ、外堀は埋まっている。

    https://myjitsu.jp/archives/23539
    【【芸能】亀梨和也と深田恭子が11月に結婚で双方合意か】の続きを読む

    WS000643


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/17(水) 16:23:39.26 ID:kNc3xjl+0.net BE:306759112-BRZ(11000)
    「阿川佐和子のこの人に会いたい」でおなじみの作家・阿川佐和子さん(63)が、5月9日、入籍。結婚の経緯、現在の心境を綴った手記を「週刊文春」に寄稿した。

     気になるお相手は、69歳の一般男性「S氏」。阿川さんはこう書いている。

    「元々は大学の先生でしたが、定年退職後も教育関連の仕事を週に何日かしておりまして、趣味はゴルフと『数独』。
    事務所兼自宅の部屋で私がパソコンに向かって原稿書きをしていると、S氏はだいたい数独をしているか、パター練習をしているか、はたまた洗濯物を畳んでくれています(笑)。」

     亡父・阿川弘之さんが入院中、「S氏」との交際について尋ねてきた一幕も明かしている。

    「ある日、入院中の父から電話がありました。いつものように『病室にチーズを持ってこい。ビールが切れた』といった用件だと思いきや、静かな口調で言ったのです。

    『今日はお前とプライベートな話がしたい』『は?』『噂によると付き合っている人がいるそうだが……』『へ?』(中略)

     狼狽しつつ、

    『実は一度父さんのところへ挨拶に連れていこうとは思ってたんです』と心にもない言い訳をした途端、

    『その必要はない』

     ぴしゃりと言われてしまいました。加えて父は、『それでお前は幸せなのか?』と聞いてきます。

    『えーと、幸せかどうかと聞かれたら、はい、幸せです』

     応えると、父は一言、

    『お前が幸せなら、それでいい』

     それだけ言うと、電話を切りました。」

    「子を持つ夢」が叶わないと悟った頃の思いや、35年前に遡る「S氏」との出会いなど、率直に綴った8ページに及ぶ手記の全文は、5月18日(木)発売の週刊文春に掲載される。




    阿川佐和子 独占手記「(今更ですが)私、結婚しました」
    http://bunshun.jp/articles/-/2537
    【阿川佐和子(63)、ついに結婚】の続きを読む

    WS000639


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/17(水) 09:29:14.45 ID:CAP_USER9.net
    眞子さまご婚約 ご結婚時に一時金

    産経新聞 5/17(水) 0:11配信

    女性皇族が皇籍を離れる際には、国から支出される一時金の額を決める「皇室経済会議」が宮内庁で開かれ、
    首相ら8人の議員が皇室経済法に基づいて金額を審議する。
    平成17年に結婚した黒田清子さんの場合、一時金は約1億5000万円、26年に結婚した高円宮家の次女の千家典子さんは約1億円だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000500-san-soci

    【【皇族】眞子さま、ご結婚時に国から1億円超支給か】の続きを読む

    WS000326


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/04(木) 21:48:53.50 ID:CAP_USER9.net
    憲法 NHK世論調査 結婚で夫婦同じ名字名乗るべき54%
    5月4日 19時20分
    日本国憲法は3日、施行から70年を迎えました。NHKは憲法についての世論調査の中で、さまざまな価値観について聞きました。
    このうち、「結婚したら夫婦は同じ名字を名乗るべきだ」という考え方について、25年前の調査と比べると、「そう思う」と答えた人は20ポイント減って54%だった一方で、「そうは思わない」と答えた人は20ポイント増えて43%でした。
    NHKはことし3月、全国の18歳以上の4800人を対象に、個人面接法で世論調査を行い55.1%にあたる2643人から回答を得ました。

    この中で、さまざまな価値観についても意見を聞きました。

    このうち、「結婚したら夫婦は同じ名字を名乗るべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は54%、「そうは思わない」と答えた人は43%でした。同じ方法で調査した25年前、1992年と比べますと、「そう思う」が20ポイント減り、「そうは思わない」が20ポイント増えました。

    また、「男性どうし、女性どうしが結婚することを認めるべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は51%、「そうは思わない」と答えた人は41%でした。

    「国会議員は男女同数とする制度を設けるべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は23%、「そうは思わない」と答えた人は71%でした。

    「外国人労働者の受け入れは、今程度に制限すべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は51%、「そうは思わない」と答えた人は43%で、1992年の結果と比べると、「そう思う」が5ポイント減り、「そうは思わない」が11ポイント増えました。

    「死刑制度は維持すべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は78%、「そうは思わない」と答えた人は15%で、1992年の結果と比べると、「そう思う」が16ポイント増え、「そうは思わない」が14ポイント減りました。

    このほか、「インターネット上の有害情報から子どもを守るために、国が規制を行うべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は73%、「そうは思わない」と答えた人は22%でした。

    「2017年といった『西暦』よりも、昭和とか平成といった『元号』を使うべきだ」という考え方について、「そう思う」と答えた人は29%、「そうは思わない」と答えた人は64%でした。1992年の結果と比べると、「そう思う」が17ポイント減り、「そうは思わない」が16ポイント増えました。
    「変化認める意識広まる」
    夫婦の名字やいわゆる同性婚に関する今回の調査結果について、結婚や家族の問題に詳しい早稲田大学の棚村政行教授は「女性の社会進出によって共働き夫婦が増え、男性も女性もともに働いてともに家庭を支えていくという意識も広まりつつあるのではないか。
    また、家族の在り方も子どもを産んでも産まなくてもいいというように変化している。実態が変わったことが受け入れられて意識の変化に結びついたと考えられる」と分析しています。

    さらに、憲法との関わりについても、「憲法は自由や平等、異なるものに対する寛容さを示しているので、若い人を中心に、その理念に沿った形で家族の在り方や、婚姻が何かについて考え始めているのだと思う」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970841000.html
    【【NHK世論調査】「西暦よりも元号を使うべきだ」29%(-17) ・「結婚で夫婦は同じ名字名乗るべき」54%(-20)】の続きを読む

    WS000137


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/28(金) 14:10:40.84 ID:CAP_USER9.net
    2017年4月28日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、同番組のMCを務める女優・菊川怜さんの結婚が発表された。お相手は40代の一般男性。結婚の決め手は「やさしい」ところだという。

    本人からの生報告を受け、インターネット上には祝福の声が相次いでいるが、同時に目立つのが番組の演出に対する疑問の声だ。

    結婚ネタでいじられてきた過去

    番組冒頭では、MCの小倉智昭さんが「とくダネ!は、特別にみなさんにプレミアムなニュースをお届けしようと思います」と切り出し、菊川さんにくす玉の紐を引っ張るよう指示。見事くす玉が割れると「祝 脱・独身」と大きく書かれた垂れ幕が下りてきた。出演者陣に盛大に祝福される中、菊川さんは目に涙を浮かべた。

    菊川さんは現在39歳。これまで番組では、恋愛や結婚の話で小倉さんらからいじられたり、自らそれをネタにしたりすることも少なくなかった。28日の放送では「おめでとう怜ちゃん!」と題し、そんな過去の「名場面」を振り返るVTRも放送された。「祝 脱・独身」という祝福の言葉はそうした経緯を踏まえた番組ならではのメッセージ――なのかもしれないが、ネット上では

    「セクハラひどいな。独身がそんなに悪いのかよ」
    「公共の電波使ってハラスメントするなよ」
    「『祝 脱独身』の垂れ幕は、無意識の深い蔑視が言語化されたもの」

    といった声がいくつも寄せられた。

    はあちゅう「悪気なくやってるのが根が深い」

    ブロガーのはあちゅうさんもツイッターで反応。

    「おめでたいニュースだけど『脱・独身』に違和感...。独身は脱出しなくちゃいけないものだってテレビでこうもナチュラルに植え付けてしまうのか...」
    「悪気なくやってるのが根が深いな...」

    と指摘した。

    漫画家の瀧波ユカリさんもツイッターで

    「『菊川怜結婚』というトレンドをタップしたら、とくダネ!で「祝 脱・独身」というくす玉の前で花束を渡されている菊川さんの画像が出てきて泣きたくなった。感動じゃないよ。『独身から脱出したこと』を祝うハラスメントを朝8時からテレビでやってることが情けなくて」

    と、批判的な見方を示した。

    2017年4月28日 12時18分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12996619/
    【【テレビ】<菊川怜の結婚>「祝 脱・独身」フジテレビ「とくダネ!」演出に「セクハラ」「違和感」...】の続きを読む

    WS000071


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/26(水) 05:45:47.90 ID:CAP_USER9.net
    女優の神田沙也加(30)が結婚することが25日、分かった。お相手は9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)。すでに2人で結婚披露パーティーの準備を進め、親しい知人には報告を済ませている。日取りについては、今後決めていく。昨年夏、舞台での共演で知り合い、周囲によると、交際は約8カ月。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれ、幼いころから注目された沙也加がついに最愛の人とゴールインを決めた。

     出会いは昨年夏の舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」での共演。周囲によると、同年秋ごろから交際をスタートさせた。村田は1メートル87の長身を生かし、ファッションショーや雑誌などでモデルとして活躍。2000年ごろからは俳優としての活動も始めた。一方でDJでも活動するなど、幅広く活躍している。

     知人は「クールな外見で物静かなオトナの男性。周囲に沙也加さんをきちんと恋人として紹介するなど、女性から見ると、礼儀を知っている頼れる男性です」と話す。過去に広末涼子(36)との交際が取り沙汰されたこともあった。

     村田は21日に開幕した舞台「破壊ランナー」(Zeppブルーシアター六本木)に出演中で、沙也加が客席から観劇している姿が目撃されている。この時も村田は共演者らに沙也加を紹介し、仲睦まじい様子だったという。

     偉大すぎる母親を持つゆえに「何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ」(関係者)という沙也加。結婚は母の呪縛から解放された新たな人生のスタートでもある。

     2001年、中学3年生の時に聖子が決めた芸名「SAYAKA」としてデビュー。最初のシングル曲はヒットしたものの、その後が続かなかった。周囲によると、期待に応えられなかった娘に「聖子さんは日本から離れ、米国留学するよう勧めていた」という。

     しかし、沙也加はその母の姿勢に反発。大好きだったミュージカルの仕事をするため、04年に宮本亜門演出の舞台のオーディションを受けた。そこで宮本に言われたのが「あなたはあなたでいいんだ」――。

     この言葉に救われた沙也加は、母との家を飛び出し、12歳年上のギタリストと交際。猛反対する聖子と絶縁状態になり、仕事は休業。母からもらう給与もストップされ、離れて暮らす父・神田正輝のもとに相談に行ったほど、母娘の確執は深刻だった。

     しかし、1年半の休業中にミュージカル女優となることを決意。06年末に舞台「紫式部ものがたり」で復帰した際、母が決めたSAYAKAではなく、本名の「神田沙也加」を名乗った。

     それからは聖子とも雪解けし、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。偉大すぎる母の力を一切借りずに、自分でスターの座をつかみ取った。

     そして、来月1日からは母の知的財産を管理する所属事務所「ファンティック」から独立。自身の個人事務所を設立する。周囲はそんな沙也加の結婚の決意に「公私全てにおいて完全な親離れを意味します。お母さんとは違う道で立派に成功し、そして聖子さんのように本当に強くたくましくなった」と話している。

    続きは>>2以降
    【【芸能】神田沙也加 9歳上の俳優・村田充と結婚へ、披露パーティー準備】の続きを読む

    このページのトップヘ