紅白歌合戦

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/19(木) 07:25:53.32 ID:CAP_USER9.net
    来年9月での引退を発表している安室奈美恵が出場するかどうかが注目されている、おおみそかの「第68回紅白歌合戦」の内情を、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

    安室をめぐっては、引退発表の際、一部スポーツ紙が早々と紅白のトリが決定したかのような記事を報じた。
    また、同局の上田良一会長は、10月5日の定例会見で「そういう皆さんに喜んでいただける展開になればいい」と、安室の出場についてかなり前向きなコメントをしていた。

    しかし、同誌によると、安室の出演は絶望的な状況。昨年のリオ五輪では、安室の「Hero」がNHKでのテーマ曲だったことから、上層部が出演を頼み込んだものの実現せず。
    そして、今年も安室サイドとの交渉は進んでいないというのだ。

    「引退の理由を明かしていない安室だが、年齢による体力の衰えなどでの、パフォーマンス低下が理由であることは明らか。
    そんな状況で、紅白の生放送でパフォーマンスするとは思えない。
    しかし、NHKは生出演を絶対条件にしているようで、交渉が折り合うはずがない」(音楽業界関係者)

    同誌によると、出場者として名前があがっている1人が、今年サッカー解説で注目を集めた歌手の小柳ルミ子なのだとか。

    小柳は、来年の大河ドラマ「西郷どん」に出演。代表曲は、今年亡くなった作曲家・平尾昌晃さんの「わたしの城下町」と「瀬戸の花嫁」で、出場する理由が十分だという。

    ほかには、今年傘寿のメモリアルイヤーだった加山雄三、24時間テレビで母の「さよならの向こう側」をカバーした、山口百恵さんと俳優の三浦友和の長男・三浦祐太朗も有力候補だといわれている。

    「目玉歌手がいないのを“懐メロ”頼みでカバーするのが精いっぱいなのでは」(同)。

    さすがに、節目の70回を迎える再来年は、目玉級の歌手が多数出場しそうだが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13767340/
    2017年10月19日 1時59分 リアルライブ
    【【芸能】目玉探しが難航する紅白歌合戦 】の続きを読む

    WS000183

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/30(日) 10:53:55.61 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asagei.com/excerpt/80311

     昨年末にSMAPが解散したことで、いまや事務所の期待を一身に背負っている嵐。
    今後も事務所からの強力なプッシュは続き、なかでもNHK紅白歌合戦の司会は昨年の相葉雅紀を皮切りに、メンバーが順番に務めていくことが確実視されている。
    今年の司会はリーダーの大野智との噂も根強いようだ。

     その大野は俳優としても活躍しており、7月には主演映画「忍びの国」が公開予定。
    08年には東京・表参道ヒルズで個展「FREESTYLE」を開くなど、アーティストの一面も知られている。
    そんな多彩な大野だが、紅白の司会者に限れば不向きとの声があがっているというのだ。

    「確かに大野クンは多才だけど、司会業のイメージが薄いのも事実。基本的に口下手だし、場回しも上手いとはいえない。紅白は生放送なので時間管理に厳しく、司会者には臨機応変な対応が必須。局内では大野クンで大丈夫かという声も多いようだ」(NHK関係者)

     そもそも昨年の紅白で相葉雅紀の司会者ぶりが最悪だったという悪しき前例もある。
    プロの芸能人とは思えないほどコメントを噛み倒し、視聴者から放送事故と笑われたほど。
    女性司会者の有村架純との相性も良くなく、チグハグさも目立っていた。
    その相葉は放送後に「ポンコツ司会者でした」と自身の実力不足を認めていた有様なのである。

    「相葉に続いて大野も失敗する可能性は高い。国民的注目を集める番組ならば、司会者は冷静な視点で厳選すべき。しかしジャニーズとズブズブのNHK上層部から異論が出ることはなく、大野の抜てきで話が進むことになるだろう」(週刊誌記者)

     一番迷惑なのは、大晦日に大人の事情で下手くそな司会を見せられる視聴者であることは間違いない。


    アサ芸プラス
    Posted on 2017年4月30日 09:58
    【【テレビ】紅白司会の候補筆頭、嵐・大野智 NHK局内から早くも心配の声】の続きを読む

    WS000504


    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 14:21:05.58 ID:CAP_USER9.net
    タレントの伊集院光(49)が昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」を「スベっていた」とバッサリ。その原因を「NHKらしくないことをやりたいというニオイ」だと指摘した。


     伊集院は2日深夜放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」で、紅白歌合戦に言及した。その中で、今回の紅白を「スベってたし」と評する。伊集院は、NHKの仕事をする際に、NHKサイドで発せられる一番嫌いな言葉が「NHKらしくない番組作りたいんですよ」だそう。「こちらはNHKが大好きだし尊敬している。NHKらしくない番組やるならNHKじゃないところでいいですとなるから、そう言われた時点でやる気がなくなる」と明かす。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-01760324-nksports-ent
    日刊スポーツ 1/3(火) 14:07配信
    【【芸能】伊集院光「スベっていた」紅白歌合戦をバッサリ】の続きを読む

    このページのトップヘ