独身

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/11/04(土) 17:44:49.74 ID:CAP_USER9.net
    テクノロジーはソロ社会を変えるのか。「超ソロ社会を救う『つながるぼっち』」をテーマに2035年に訪れる「超ソロ社会」などについて博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー 荒川和久氏と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科教授 前野隆司氏に聞く。(聞き手:佐々木紀彦NewsPicks編集長)

    ■日本は「独身社会」

    佐々木:
    2035年に訪れる「超ソロ社会」を一言でいうと?

    荒川:
    18年後には人口の半分が独身者、ということです。

    佐々木:
    このグラフを見ると衝撃的です。



    荒川:
    ここの独身者は未婚者だけではなく、1回結婚して離婚された方も含まれています。あとは、高齢者の方でパートナーが死別された方も独身になり、そういった方も含めてだいたい5対5。配偶者有がこれだけ下がるのもすごいことです。



    佐々木:
    高齢者の男性が亡くなり、女性が残る可能性が多いということですよね。独身者の中の内訳は…高齢の女性(ソロ婆)の方がすごい数。

    荒川:
    ソロ男・ソロ女は未婚の方です。

    佐々木:
    これを見るとわかるように、独身は人口の半分。高齢者がいかに多いかというのもわかります。

    荒川:
    日本は高齢化社会と言われていますが、高齢者の人口よりも独身の人口の方が多い。2035年は、独身の方は4800万人ですが、高齢者は4000万人に達していません。

    佐々木:
    ここまで独身が多いなんで意識していないですよね。

    荒川:
    「高齢化社会日本」ではなくて、「独身社会日本」なんです。

    佐々木:
    若い人たちも婚姻率が低くなっている状況はありますよね

    荒川:
    2035年には男は3割、女性も2割が生涯未婚。なぜ、男女差があるのかというと、男性が余るんです。都道府県別に出すと男性が余ってしまうのは、主に赤い部分(男性が余る)の茨城・栃木・福島です。



    >>2以降に続く

    配信Nov 03, 2017
    ホウドウキョク
    https://www.houdoukyoku.jp/posts/20860

    【【超ソロ社会】2035年、日本人の半分が独身に 「独身社会」をどう生きる】の続きを読む

    WS000057


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/30(月) 03:58:07.53 ID:GBEm2GDRM.net
    同窓会の費用がおかしい

    当方、27歳独身時代の接客業の女です。
     同窓会の費用について疑問に思い、皆さんの意見を伺いたく質問しました。

    私は女子高校出身です。一応、進学科で科の人数が少なく3年間1クラスでした(クラスは30人近くいました)

    冬に3年間担任でした教諭が定年退職することもあり、高校近くの飲食店で教諭に内緒でお疲れ様会兼同窓会が行われることになりました。
    当時のクラス委員長でしたA美のグループラインで出欠の可否を取り、当初一人当たりの予算は3000円から4000円と書いていました。

    私を含め約20人が同窓会に参加することになりましたが、参加メンバーの半分以上が結婚して子供がいることもあり、
    同窓会に子供達は参加できるかどうかの話になりA美は飲食店に確認したら大丈夫、とグループラインに書いてしました。

    それから、1ヶ月ほど経った最近、勝手にA美とA美の連れ達と話し合ったらしく

    同窓会費
    子持ち組…2500円
    独身組…5000円
    チビちゃん達のお子様ディナー代は独身組の費用から補います☆

    と、グループラインで書かれていました。
    独身組はなにも許可もしていません…子供が参加するならば、子持ち組が自分の子の食事代を出すのが筋だと思います。でも、既婚者組は

    ありがとう、甘えます
    わあ、ラッキー…チビがヤンチャで
    と、一部の子持ち組のクラスメイトはグループラインに書いてます。今、常識的な子持ちの友人、
    独身組の友人、クラスメイトらと同窓会をキャンセルしようか否かでラインしています。

    みなさん、この料金設定はどう思いますか?
    私はおかしいと思います。

    http://okspe.yomiuri.co.jp/reader/view/topic.jsp?tpid=824018&g=01
    【独身女「女子校の同窓会の会費がおかしい。子持ちのクソガキの分、独身者の会費が高くなってる 】の続きを読む


    WS000030


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/30(日) 18:25:12.33 ID:CAP_USER9.net
    全体的に未婚率が上昇したことに伴い、職場においても男女とも未婚の独身者比率が高まっています。
    そんな中、増えているのが独身者に対するハラスメントです。

    ハラスメントとは、直訳すれば「嫌がらせ」という意味で、「他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えること」。
    代表的なところでは、性的な発言や行動によるセクシャルハラスメント(セクハラ)、職場で職務上の地位や優位性を背景に業務の範囲を超えた肉体的、精神的苦痛を与えるパワーハラスメント(パワハラ)、妊娠、出産、育児に関するマタニティハラスメント(マタハラ)などがあります。

    ■ 結婚しない男女を痛めつける「ソロハラ」の実態

    そして今回取り上げたいのは、結婚しない男女に対するソロハラスメント、略して「ソロハラ」です。
    もちろん、なんでもかんでも「○○ハラ」扱いにして、言葉だけが次々と生まれてくる状況に対する批判もあるでしょう。

    しかし、ソロハラには、結婚する・しないの問題を超えて、「ソロで生きる」という個人の生き方そのものを否定しかねない問題をはらんでいます。
    そういう意味も込めて、あえて「ソロハラ」という言葉を使用します。

    かつて、ソロハラの対象(被害者)は、その多くが女性でした。
    それこそ高度経済成長期には、適齢期の女性社員に対して男性上司が「そろそろ結婚しないのか」「彼氏いないのか」なんて声をかける風景は日常的なものでした。

    それでも未婚のままでいると、今度は「なんで結婚しないの?」という追及的な質問に変わり、果てには「結婚というものはいいもんだぞ~」「人というのは、結婚して、子どもを育ててこそ一人前なんだぞ」という飲みの席での説教に変わっていきます。
    そして、見過ごされがちですが男性に対する同様の言動も存在します。

    昭和の時代であれば、「よく見られる光景」で済まされたかもしれませんが、いまやこれは立派なハラスメントと認定されます。
    しかし、いまだに上司や先輩からの「イジリ」ネタ程度で処理されていないでしょうか。

    また、女性の場合は、男性からだけではなく、同性の既婚者からのソロハラも多いようです。
    以下は、私が実施した独身女性に対する対面インタビュー調査で出た意見です。

    「既婚者の職場の先輩(女性)から、独身は自由でいいわよね~、時間もおカネも全部自分のために使えるし……と、いつも嫌味っぽく言われます」(34歳女性)

    「結婚したいなんて一言も言ってないのに、先に結婚した同期から顔合わせるたびに説教されます。
    理想が高すぎだと。もう若くないんだから、自分のレベルをちゃんと見極めなさいって、延々と。本当にしつこいし、うざい」(30歳女性)

    厚生労働省の平成24年「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書にも、こんな発言が紹介されていました。

    「いい年をして結婚もしていない、子どももいないから下の者に対して愛情のあるしかり方ができない、と言われた」(40代女性)

    ひどい理屈です。
    子どもがいれば愛情あるしかり方ができるのでしょうか??

    そこに何の因果関係があるというんでしょうか??
    同様の例は当然男性も受けているのですが、あまり表面化しません。

    ■ 「未婚の市長とは議論できない」

    企業内においてだけではなく、議会でもこうした問題が発生しています。
    ひとつは、2014年6月東京都議会本会議において起きた、塩村文夏議員に対するソロハラヤジ騒動です。

    塩村議員が妊娠や出産に悩む女性の支援策について質問していた際に、男性議員からの「結婚したほうがいいんじゃないか」などのやじが問題視された件です。
    東京都には1000件を超える抗議が寄せられ、テレビなどでも報道されました。
    日本国内のみならず、欧米にまでその報道は広がりました。

    もうひとつは、2016年に秋田県大館市議会で発生した、女性から男性に対するソロハラです。
    60代の既婚女性議員が市議会で、40代独身の福原淳嗣市長に対し「未婚の市長とは議論できない。結婚を」と発言した問題で、当該女性市議には戒告処分がなされました。

    http://toyokeizai.net/articles/-/181926


    ※続きます
    【【話題】独身を追い詰める“悪意なき結婚圧力”「ソロハラ」は過小に扱われすぎだ!】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/20(火) 18:58:01.85 ID:CAP_USER9.net
    人が生活するのには住居が必要だ。
    しかしその住居にも種類があり、大きく分けると親の持ち家などで家族と同居するか、アパートやマンションなどを借りるか、新築または中古で住居を購入するかの3つに分けられるだろう。
    特に、社会に出て親元から離れたあとは、賃貸の住居で暮らすか、住居を購入するかは非常に大きな決断となるはずだ。

    ●独身だけど一軒家のマイホームを購入

    おそらく一般的に夢のマイホームを購入するタイミングは、結婚や出産などの家族が増えたタイミングでの決断になることが多いはずだ。
    ところが、富田林さん(IT会社勤務・年収420万円)は30代の独身男性であるにもかかわらず、一軒家のマイホームを突然購入した。
    しかも新築の庭付きという贅沢な一軒家だ。

    ●非常に満足しているらしい

    新築一軒家を購入するのには当然莫大な金額が必要となる。人生においても大きな決断となるだろう。
    しかし、富田林さんは早い段階で一軒家を購入したことに大変満足しているようだ。
    一体何が良かったのか、30代独身男性なのに新築一軒家を購入して良かったポイントを尋ねてみた。

    ●30代独身男性だけど一軒家のマイホームを買って良かったこと6選

    1. 賃貸の家賃とローンの支払額が変わらない
    富田林さんは駅から遠い場所に一軒家を購入したこともあり、それまでに済んでいた賃貸のアパートと、住宅ローンの月々の返済額がほとんど変わらないそうだ。
    賃貸の物件はいくらお金を払っても自分の家にはならないが、購入した家ならローンの返済が終われば完全に自分の資産となる。
    同じ金額を払いながらも貯金をしているような感覚になるそうだ。

    2. 住宅ローンを組むなら早い方がいい
    現在、住宅ローンは35年で返済するのが一般的。
    仮に30歳で住宅ローンを契約しても、完済をするのには65歳となっているのである。
    もし仮に40歳で35年の住宅ローンを契約をすれば、単純に計算すると75歳まで返済を続けなければならない。
    定年を迎えたあとにバリバリ働いていたときと同じ金額を返済し続けるのはどう考えても大変だ。
    住宅ローンを組んで住居を購入するなら、1年でも早いほうがいいのだ。

    3. 友人がたくさん遊びに来る
    家を建てた人はたいてい「遊びに来てください」と言ってくれるが、家族がいるとそんなに気兼ねなく遊びに行けるものではない。
    しかし独身で家を建てると、本当に色々な友人が気兼ねなく遊びに来てくれるため、全然寂しくないのだと言う。
    居酒屋に行かなくても家で飲み会をすれば飲み代も安くつく。
    富田林さんは友人が頻繁に差し入れのお酒を持ってきてくれるため、一軒家に住んでからはお酒を自腹で買ったことがないそうだ。

    4. 大声で叫んでも怒られない
    「うおー! うおおおおーっ!」「俺は誰だ! 俺は誰だ!!」「うわーーーーーーっ!」「あっあっあーーーーっ! あああああああーーーーっ!」などと、誰しも突然叫びたくなることがあると思うが、一軒家はマンションのように上階や隣に人が住んでいない(壁の向こうに他人がいない)ため、ガンガン叫び放題だという。ストレスがたまりにくく、やりたい放題である。

    5. 部屋の贅沢な使い方ができる
    一軒家には当然部屋がたくさんあり、一人で暮せば当然持て余すことになる。
    しかしそれは贅沢な使い方もできるということだ。
    富田林さんはなんと洗濯物を干すためだけの部屋があるそうで、雨の日が続いても洗濯に困ったことがないそうだ。

    6. 女性からモテるようになる
    富田林さんは新築の一軒家を購入したことをアピールするようにしてから、女性からかなりモテるようになったそうだ。
    合コンや街コンなどに参加しても、家を持っていると言うだけで女性の反応がガラリと変わるらしい。
    夢のマイホームをすでに持っている人と結婚すれば、女性にとってこんなに手っ取り早いことはない。モテるのは当然とも言えるだろう。



    http://buzz-plus.com/article/2017/06/16/30dai-myhome/


    ※続きます
    【【話題】30代独身男性だけど一軒家のマイホームを買って良かったこと6選】の続きを読む

    WS000063


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/06(火) 20:10:18.83 ID:W5GlHzN90.net BE:509143435-PLT(12000)
    結婚もできず、48歳でフリーター。
    コツコツ努力してきたつもりなのに! フリーター:Fさん(48歳)

    普段は考えないようにしているのですが、時々つくづく家族(女房・子供)が欲しくなります。
    僕は今まで仕事運にも女性運にも恵まれずに、色々仕事を変わってもどれも自分に合わずに続かずドンドン年をとってしまい、
    とうとう4回目の年男をたった独りで迎えるようになってしまいました。
    自分では地味ですがコツコツ努力して生きてきたつもりです。しかし、ろくな仕事にありつけず、
    今は給料も人並みの半分以下で、朝早くから夜遅くまでスーパーで駐車場の整理の仕事をしています。
    正直、楽しそうに家族連れで買物に来ている人たちが妬ましくもあります。
    このまま一生涯、一度も結婚もできず人生が終わってしまうのかと思うと気が滅入ってしまいます。
    こんな僕に愛の手を差し伸べてくれる優しい女性に巡り合うには、どうすれば良いですか?
    -------------------
    竹原慎二の返答
    あきらめろや。
    すべてお前自身のせいじゃ。他人のせいでも社会のせいでもないわ。いいか、自分がまいた種じゃけぇ、キレて犯罪おかしたりすんなよ。
    例えば、仕事が合わずに色々と職を変わったこと。そもそも自分にピッタリ合う仕事なんかないわ、ボケ。
    どんな仕事でも自分から面白がって、無理してでも楽しんでやるぐらいの心がけが必要なんじゃ。カネもらうんじゃから、「合わない」じゃなくて「合わせる」じゃろうが。
    オンナも同じ。女性「運」とか言っとる段階でいけん。何もせんと、誰も愛の手なんか差し伸べてくれんわ!
    断られても断られても、めげずに自分からアタックする努力を、お前はどれだけしたんじゃ?
    「努力」=「必要なこと」なんじゃ。自分の目標や希望をかなえるために「必要なこと」をやりさえすれば、たどり着ける。
    もし、たどり着けんかったら、「必要なこと」が足らんかっただけ。
    そうなったら、グダグダ文句言わずに“自分のせい”とあきらめる。潔くあきらめることもまた、「必要なこと」なんじゃ。

    <今月のテンカウント01>
    生きてるだけで幸せと思え。 そう思うように「努力」せい。
    http://charger440.jp/bokoboko/bokoboko.php
    【48歳フリーター「一生独身は嫌だ結婚したい」竹原「その年では無理だから諦めろ。犯罪すんなよ」】の続きを読む

    WS000227


    1:曙光 ★:2017/01/20(金) 06:35:35.86 ID:CAP_USER9.net
    国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、約20年後に当たる2035年には、生涯未婚率は男性30%、女性20%と推計されています。

     生涯未婚率とは、46~54歳の未婚率の平均値ですが、15歳以上の全年齢層の未婚率で見ると、同じく2035年には男性35.1%、女性24.6%となり、有配偶率は男性55.7%、女性49.3%と、女性の有配偶率が初めて50%を切ります。さらに、離別死別による独身者率も、男性だと9.2%ですが、女性は26.1%ということになります。男女に差が出るのは、女性のほうが男性より長生きするためです。

    ■人口の半分が独身の「ソロモンの時代」がやってくる!

     独身というと、つい未婚者のことを思い浮かべがちですが、有配偶者以外はすべて独身なのです。つまり、15歳以上の全人口に占める独身者(未婚+離別死別者)数は、20年後には男女合わせて4800万人を突破し、全体の48%を占めます。人口の半分が独身生活者となる、「ソロモン」の国に日本はなるのです。日本のソロ社会化は不可避で、確実にやってきます。

    単身世帯が増加

     世帯別に見ても、いまや「単身世帯」が最も多く、かつて標準世帯と呼ばれた「夫婦と子」からなる世帯は、2010年時点ですでに「単身世帯」に抜かれています。2035年には「単身世帯」が4割弱を占め、「夫婦と子世帯」は23%程度にまで縮小すると推計されています。

     その一方で、「夫婦のみ世帯」もなだらかに増加しています。これは、ひとつに子を持たない選択をする夫婦の増加があります。もうひとつは、子が独立した後、高齢夫婦だけで暮らす世帯の増加の影響があります。そして、その高齢夫婦世帯がやがて高齢単身世帯へとつながっていくわけです。



    長いので続きはURLから
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00154262-toyo-soci
    【【衰退】2035年「人口の5割が独身」時代がやってくる】の続きを読む

    1: フェイスロック(庭)@\(^o^)/ [CN]:2017/01/17(火) 04:28:31.66 ID:+L4lG4tX0.net BE:509143435-PLT(12000)


    独身女医の恋愛幸福度グラフ 見えてきた意外なこととは...

    50歳の時点で、結婚していない人の割合を「生涯未婚率」と言いますが、最新のデータで、男性が24.2%、
    女性が14.9%だということです。

    女性は10人に1人、ないしは2人が未婚ということになりますが、この未婚率が一気に上がる職業があります。
    3人に1人が生涯未婚。それは、女性医師だということです。

    彼女たちがなぜ、独身が多いのか、恋愛幸福度グラフから意外なことが見えてきました。

    動画あり
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00346632.html





















    【女医の未婚率が深刻な件 女医「私より年収と身長が上ならOK。いい男がいない」】の続きを読む

    このページのトップヘ