WS000025


1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/27(月) 22:04:23.74 ID:CAP_USER9.net
大阪・淀川区の幼稚園が「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」などと書かれた文書を保護者に配付していたことについて、東京の中国大使館の報道官は「日本は歴史に対して正しい態度をとり、正確な歴史観で次世代を教育すべきだ」と批判しました。

大阪府によりますと、去年12月、大阪・淀川区の学校法人森友学園が運営する幼稚園に子どもを通わせている保護者から「『よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人』などという民族差別的な表現が含まれた文書が配付された」という苦情が寄せられました。

これについて、中国大使館の張梅報道官は27日の記者会見で、「この学園の教育の在り方に関心を寄せている。日本は歴史に対して正しい態度をとり、正確な歴史観で次世代を教育すべきだ」と批判しました。

一方、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄のキム・ジョンナム(金正男)氏がマレーシアで殺害された事件について、張報道官は「北朝鮮の国民が死亡した案件」として、殺害されたのがキム・ジョンナム氏であると認めない北朝鮮への配慮ともとれる表現を用いました。

そのうえで、「中国はどう対応するか」という質問には、「われわれは、双方が対話と協議を通じて適切に解決することを望んでいる」と述べ、この事件をめぐる北朝鮮とマレーシアの対立に巻き込まれたくないという立場をにじませました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170227/k10010892071000.html
【【国際】中国大使館「日本は歴史に対して正しい態度をとり、正確な歴史観で次世代を教育すべきだ」 大阪の幼稚園が配付の文書】の続きを読む