東芝

    WS000005


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/20(火) 22:09:35.38 ID:CAP_USER9.net
    東芝 半導体子会社売却先 政府主導の日米韓連合で最終調整
    6月20日 20時48分
    経営再建中の東芝は、半導体事業の売却先として、政府が主導してまとめた日本とアメリカのファンドや韓国の半導体メーカーなどによる、いわゆる“日米韓連合”と優先的に交渉を進めることで最終調整に入りました。
    関係者によりますと、東芝は、半導体子会社、東芝メモリの売却先について、政府が主導してまとめた、いわゆる“日米韓連合”と優先的に交渉を進めることを21日の取締役会に諮る方針を固めました。

    この“日米韓連合”は、日本の官民ファンドの産業革新機構や政府系の日本政策投資銀行にアメリカの投資ファンドや韓国の半導体メーカーのSKハイニックスなどが加わって、2兆円規模の資金を確保しているとされています。

    東芝は今後、“日米韓連合”と詰めの交渉を行い、今月28日に開く株主総会までに正式な契約を結ぶことを目指す方針です。そして、日本の独占禁止法にあたる各国の競争法の審査をへて、来年3月末までに売却を済ませることによって、2年連続の債務超過で上場廃止となる事態を避けたい考えです。

    東芝は“日米韓連合”を上回る買収額を提示していたアメリカの半導体メーカー、ブロードコムとも交渉を進めていましたが、最終的には政府の方針に沿う判断をしたものと見られます。

    ただ、東芝と半導体事業で提携しているアメリカのウエスタンデジタルが、裁判所に売却手続きの差し止めを求める申し立てを行うなど強く反発してきた経緯があり、売却交渉はなお曲折も予想されます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024251000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    【【東芝半導体】子会社の売却先、政府主導の「日米韓連合」で最終調整】の続きを読む

    WS000004


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/15(木) 12:18:46.25 ID:CAP_USER9.net
    投稿日:2017/06/15(木) 07:00:33.46 ID:CAP_USER9
    経営再建中の東芝の半導体事業を買収する受け皿として、政府は、日本とアメリカのファンドなどによる“日米連合”を作る計画が難航していることから、韓国の半導体メーカー「SKハイニックス」なども加えて必要な資金規模を確保する案を検討しています。
    東芝の半導体事業の売却をめぐって、政府は、アジアへの技術流出を防ぐことを理由に、アメリカの投資ファンド「KKR」を中心に、日本の官民ファンドの産業革新機構や、日本政策投資銀行、それに日本企業を加えた“日米連合”を、売却先の受け皿とする計画を進めてきました。

    しかし、日本企業の参加が思うように進まないため、東芝が求める2兆円規模の資金を確保するめどが立たず、作業は難航していました。
    このため、関係者によりますと、政府は、買収に名乗りを上げていた韓国の半導体メーカー「SKハイニックス」と、アメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」も加えて2兆円規模の資金を確保する案を検討しています。

    一方、売却先を早期に決めたい東芝は、2兆円を超える買収額を示しているアメリカの半導体メーカー「ブロードコム」とも本格的な交渉を進めています。
    さらに、東芝と半導体事業で提携しているアメリカの「ウエスタンデジタル」は、株式の過半数を取得する意向を取り下げ、日米連合に合流する譲歩案を政府側に伝えています。

    東芝としては、買収後も必要になる設備投資の費用を賄えるかや、日本の独占禁止法にあたる各国の競争法上の問題がないかなども踏まえて、月内に売却先を決める方針です。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011018241000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
    【【企業】東芝の半導体事業買収の受け皿として韓国メーカーも加える案検討(経産省)】の続きを読む

    WS000130


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/23(火) 08:07:53.68
    日本政策投資銀行の柳正憲社長は22日、
    東芝が売却に向けて入札を進める半導体子会社「東芝メモリ」について、
    「日本の産業にとって重要な分野。日本の中でぜひ残していきたい」
    と述べた。
    http://www.asahi.com/articles/ASK5Q5Q3FK5QULFA023.html
    【日本政策投資銀行社長「今なら国民1人あたり2万円の負担で東芝が救えます」】の続きを読む


    WS000272

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/03(水) 17:42:31.41 ID:CAP_USER9.net
    日本の将来を左右するかもしれない決断が大詰めを迎えています。東芝が深刻な経営難に陥り、半導体事業の売却に追い込まれています。日本を支えた技術が海外勢にのみ込まれていいのでしょうか。

    「一日の半分くらいは使っている」(街の人)
    「スマホとタブレットの併用。無くなったら仕事にならない」(街の人)

    今や世界のおよそ5割の人が使うスマートフォン。そのスマホに欠かせないのが、フラッシュメモリーです。
    データを保存するための半導体で、最大の特徴は、その容量。人さし指に乗るほど小さいチップには、写真2万枚が記憶できます。
    東芝のフラッシュメモリーは薄さと保存量で世界の最先端を走っているのです。

    このフラッシュメモリーを1987年に世界で初めて開発した舛岡富士雄さん。東芝の元社員です。
    当時は、データの保存にはハードディスクが主流でした。より小さく、より安く、より速く。研究を重ねてようやくフラッシュメモリーを誕生させたのです。

    「電話も家庭の電化製品も車も全部(に使われている)」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

    当時は十分な予算もつかず、重視されていなかったといいますが、スマホなどの登場で2006年にはフラッシュメモリーは東芝の稼ぎ頭に成長しました。
    しかし、当時、メモリー事業と並んでもう一つの柱ともくろんだ原発事業で巨額損失が発生。その穴埋めをするためにフラッシュメモリー事業は売却に追い込まれました。

    「利益が出ていたフラッシュメモリーを売らなくてはいけないのは寂しい。フラッシュメモリーを売ったら、(東芝に)残るものは何もない」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

    世界の最先端を走ってきたフラッシュメモリー。その売却で懸念されているのが、技術の流出です。今回、買収に名乗りを上げているのはグーグルやアップルなど世界の超巨大企業。中でも・・・

    「我々は東芝への投資に本気だ」(ホンハイ精密工業 郭台銘会長 3月)
    台湾のホンハイ精密工業は最も高いおよそ3兆円を提示しました。最先端の半導体事業が売りに出されるのは極めて珍しいのです。

    フラッシュメモリーの生産拠点、三重県の四日市工場。工場のあらゆるところに設置された監視カメラ。
    社員でも立ち入りが制限されるなど厳しいセキュリティーが敷かれています。東芝は、技術流出を防ぐために常に神経をとがらせてきました。

    (外資に買収されると工場の雰囲気は?)
    「それは違うのではないか。外国の人もいっぱい来るだろうし。想像できない」(四日市工場で働く人)

    というのも、東芝には苦い記憶があります。今から25年前、東芝は、まだ成長途上だったフラッシュメモリー市場を拡大させようと、技術をサムスンに提供。
    ところが、それが裏目に出ました。サムスンは巨額な投資で世界シェアトップに成長。日本企業のほとんどが撤退に追い込まれたのです。

    「サムスンがいなければ、日本は大丈夫だった・・・」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

    技術流出によって世界トップの座を奪われた日本。さらなる流出には、日本政府も懸念を示しています。その背景には安全保障上の問題があるというのです。
    「グローバル的にも大変高い競争力を持っている。情報セキュリティーの観点からも重要性がこれから増してくる」(菅義偉官房長官 3月)

    東芝のフラッシュメモリーは政府の機密情報を管理する場所でも使われていて、特に中国への流出を警戒しているのです。
    「東芝の半導体とシャープの液晶を同等に考えないでほしい。我々はホンハイなんかには絶対に売らない」(東芝幹部)

    さらに、フラッシュメモリー事業は2025年にはおよそ9兆円に成長すると見込まれていて、外資に売却すれば、みすみす巨額の利益を手放すことになるのです。
    そこで、今、対抗策として浮上しているのが日の丸連合による買収。政府系ファンドの産業革新機構が中心になって日本メーカーに参加を呼びかけています。

    しかし、資金面で二の足を踏むメーカーもあり、日の丸連合が買収合戦を勝ち抜けるかは不透明です。フラッシュメモリーの“生みの親”は・・・
    「日本に残すのが良いです、個人的には。海外に出すよりも日本に」(フラッシュメモリーの開発者 舛岡富士雄さん)

    配信 5月2日 23時22分

    TBSニュース 動画あります(6分)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3043992.htm
    【【東芝】東芝「フラッシュメモリー」 外資に買われたら・・・元社員、25年前のサムスン技術提供を後悔】の続きを読む

    WS000188


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/18(火) 14:04:56.92 ID:fF0BcSE/0.net BE:551186132-(1000)
    東芝の半導体買収、シャープが参加も 鴻海の陣営に
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18H7H_Y7A410C1EAF000/
    【鴻海「東芝メモリ買う」 ジャップ「中華系はダメです」 鴻海「ならシャープに買わせる」】の続きを読む

    WS000131


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/08(土) 12:24:03.03 ID:X5w5DdmE0.net BE:422186189-PLT(12015)
    東芝が売却手続き中の半導体メモリー事業に対し、日本企業が連合を組み出資する計画が7日明らかになった。

    東芝や経済界が呼びかける形で1社あたり100億円前後を負担する方向で調整を始めた。
    政府系ファンドなどと組み5千億円規模の出資提案をめざす案もでており、一定比率の株を取得し技術や人材の流出に歯止めをかける。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ07IN6_X00C17A4MM8000/
    【富士通が「100億円」で東芝半導体の買収提案wwwww】の続きを読む

    WS000255


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/30(木) 09:05:54.18 ID:CAP_USER9.net
    経営再建中の東芝は29日、分社化して株式を売却する半導体事業の入札手続きを締め切り、売却先の検討を本格化した。
    2兆円以上を提案した応札があった。

    東芝の綱川智社長は東京都内での記者会見で応札状況について、債務超過解消に「十分たえるものが来ている」と述べた。
    関心を示していた海外のファンドや競合企業など約10社が応札したとみられる。
    東芝は提案内容を見極めて5月中にも売却先を決める方針。 ※続く

    配信 2017年3月30日 東京朝刊

    毎日新聞 続きは会員登録をしてご覧になれます
    http://mainichi.jp/articles/20170330/ddm/002/020/169000c
    【【経済】東芝 半導体事業 2兆円以上の応札も 入札締め切りに10社】の続きを読む

    WS000194

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/26(日) 22:28:58.66 ID:G0lSLkFG0.net BE:123322212-PLT(13121)


    ■小泉進次郎・自民党衆院議員

     今の東芝の問題を見ていると、私は思うことがいっぱいある。東芝という会社の存続さえ危ないかもしれないという今の状況を見て思い出したのは、
    ホリエモンショック。学生の皆さん、ホリエモンって知ってる? 堀江(貴文)さんが(社長だった旧ライブドアの粉飾決算事件で)逮捕されて実刑判決を
    受けて、牢屋に入っていたことも知ってる?

     ひと言でいうと日本という国は、既存のシステムを作り上げた人に甘い。そして、挑戦者、チャレンジャーに厳しい。ぼくはこの事件をみてそう思った。

     堀江さんは粉飾決算をして牢屋に入った。東芝は、粉飾ではないかもしれないけど、会計において不正を働いた。それで、だれか、堀江さんみたいな
    ことになったか。なっていない。

     既存の勢力、エスタブリッシュメントに甘く、挑戦者に厳しい。そういった日本のままでは、絶対に日本の経済はよくならないと思う。(富山市での
    党富山県連学生セミナーで)
    http://www.asahi.com/articles/ASK2V5HXHK2VPUZB007.html
    【小泉進次郎氏「日本は既存勢力に甘く、挑戦者に厳しい」 東芝とホリエモンを比べる】の続きを読む

    WS000055



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/21(火) 12:15:38.38 ID:N8moVyDZ0.net BE:422186189-PLT(12015)


    経営再建中の東芝が、分社する半導体事業の株式売却を通じて1兆円以上の資金を調達する
    方向で調整していることが20日、分かった。債務超過状態にある財務状況を抜本的に改善
    するためで、新会社の株式の売却は過半になるのが確実な情勢となった。売却条件に従業員の
    雇用維持や国内での生産・開発の維持を求める。売却時期は平成29年度中を想定する。
    24日にも再入札の手続きを開始する。

    1兆円以上の資金を調達すると、新会社の経営の主導権を手放す可能性も出てくる。
    それでも、「東芝の信用不安を払拭するのが優先で、やむを得ない」(幹部)とし、
    できるだけ多くの資金を調達し経営危機を乗り切る方針だ。

    分社する半導体の主力製品「フラッシュメモリー」の新会社の価値は1兆5千億円規模と
    試算されており、1兆円以上を資金調達するには3分の2以上の株式を売却する計算になる。

    買い手には当初、生産で協業する米ハードディスク大手ウエスタン・デジタルや米半導体
    大手マイクロン・テクノロジー、複数の欧米系ファンドなどが名乗りを上げていた。
    東芝は再入札に向けて、当初の入札で参加を見送った企業などにも声をかける。
    米アップルやマイクロソフトなどが関心を示しているとの見方もあり、東芝幹部は
    「有力な顧客が意欲を示している」としている。

    また、雇用や生産の維持を条件に求めることで、外資系企業やファンドが経営権を握っても、
    大幅な合理化が行われるのを抑えたい考えだ。
    http://www.sankei.com/economy/news/170221/ecn1702210005-n1.html
    【東芝、半導体事業を完全売却する方針 これ一時しのぎになるけど先なくね?】の続きを読む

    WS000322


    1:砂漠のマスカレード ★:2017/02/08(水) 13:47:12.19 ID:CAP_USER9.net
    ■日本を代表する総合電機・東芝の解体危機

    不正会計で経営危機に陥っている東芝で今後は巨額の損失が発覚、大きな岐路に立たされている。
    今後は東芝の解体が加速し、自力での存続も難しいのではないかとすらいわれている。
    連結総資産5兆4333億円、従業員数18万7809人、連結売上高5兆6686億円はトップ20には入る日本を代表する総合電機メーカーだ。

    冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、掃除機、電子レンジなどの白物家電から液晶テレビ、半導体、パソコン、スマートフォン、メディカル機器、
    原子力発電、火力発電、水力、自然エネルギーなどの重電、地対ミサイルなどの軍事機器、
    このほか通信、上下水道、鉄道、放送機材などの社会インフラなど幅広く展開してきた。それだけではない。

    財界総本山のよばれる経団連の会長に石坂泰三氏や土光敏夫氏、経団連の副会長だけでも西室泰三氏、西田厚聰氏、
    佐々木則夫氏、日本商工会議所会頭には岡村正氏を輩出する財界の頂点に君臨する企業といってもいいだろう。

    その東芝で2015年の粉飾決算事件が発覚した。このとき田中久雄氏に代わって社長に就任したのが室町正志氏。
    5月8日に第三者委員会を設置して問題の解明を進めた。
    このとき東芝は6月25日の定期株主総会には決算を提出できないという上場企業としては異例の事態に追い込まれた。

    そして第三者委員会の報告書が7月20日に発表され、会社が独自に調べたものと合わせて決算の修正を行った。
    東芝は2008年度から2014年度第3四半期までの7年間で1562億円にも及ぶ粉飾決算が行われ、2016年3月期には7087億円の営業赤字に転落。
    当期純損失は4600億円にも上り、自己資本比率は前年の17.1%から6.1%に減少した。

    こうした状況の中で東芝は2015年12月21日に、「新生東芝アクションプラン」を発表、事業の大幅な構造改革を推進することを明らかにした。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170208-00021304-president-bus_all
    プレジデント 2/8(水) 9:15配信
    【【企業】東芝の解体危機!WH減損拡大で「もう売れる事業がない」】の続きを読む

    このページのトップヘ