木村拓哉

    WS000103


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/27(木) 05:02:33.91 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 4/27(木) 5:00

     元SMAPの木村拓哉(44)が27日放送のテレビ朝日「夜の巷を徘徊する」(木曜深夜0・15)で、高校時代に同級生だったタレントのマツコ・デラックス(44)と共演することが分かった。以前から交流があることは知られていたが、テレビで2人が“超接近共演”するのは異例で、高い注目を集めそうだ。

     マツコが夜の街を気の向くまま“徘徊”する自然体バラエティー。前日まで番組公式サイトでは「OA内容は事前告知を致しません。放送をどうぞお楽しみに」と内容が明らかにされていなかったが、この日のテレビ番組表で「マツコ木村拓哉と歩く 初めて乾杯」と告知された。インターネット上ではロケをする2人の目撃情報が広まるなど話題になっていた。

     木村は15年11月に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」の「シャッフルBISTRO」で「千葉の高校に1年間通っていた時」にマツコと同級生だったと明かしており、実際にマツコに会った時に「聞いてるでしょ、同じ高校だったんだって」と言われ「ごめんね。でも、どいつがお前になったのか分からない」と答えたところ、マツコも「ああ、そこはそのままでいいわ」と言ったと、モノマネを交えて説明していた。


    マツコ・デラックス



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000156-spnannex-ent.view-000
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000156-spnannex-ent
    【【テレビ】キムタク&マツコ 高校同級生共演!テレ朝「夜の巷を徘徊」】の続きを読む

    WS000224


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/19(水) 11:36:51.57 ID:CAP_USER9.net
    テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)で18日、同番組のキャスター・富川悠太アナウンサー(40)が、元SMAPの木村拓哉(44)に独占インタビューした模様が放送された。

    木村は、29日に全国公開される主演映画「無限の住人」に関することにとどまらず、昨年の大晦日で解散したSMAPやファンへの思いについても素直な気持ちを語った。

    「(「無限の住人」を)撮影している最中はまだSMAPの木村さんだったんですよね?」という富川アナのひと言から、木村が「解散」について口を開いた。
    「ご自身で違った感覚はありますか?」と問われると、「どこかやっぱり去年までは自分が漕いでなくても、
    自分がちょっと力を抜いても、動いてなくても、なんか推進力ってあったような気がするんですけど、
    2017年からは推進力は自分次第だなって思うようになりましたね」。言葉を選びながら話す表情はまだ複雑に見える。

    続けて「なんか不思議な感じはありましたね。変な話、大晦日にNHKホールにいないっていうのはすごい不思議な感覚でしたね」。
    1991年に初出場して以来、01年と04年をのぞき15年まで計23回出場してきた
    「NHK紅白歌合戦」に触れながら“変化”を語った。当日は「紅白見たり、他を見たりとか」して過ごしたという。

    28年間続いたSMAPとしての活動がなくなったことについては「なくなったっていうよりかは、
    その形状がなくなっただけで、やってきたことは事実ですし、自分の中でなくなるというものではないので…。
    変に深刻になるようなメンタリティーでいると、逆にいろんな事を望んでくれた人に失礼だし」と話した。

    富川キャスターの「37万人のファンが(解散中止を願う)署名をしたということで、奈良市の人口より1万人多いんですよ」の言葉には、
    「そういう気持ちをいただいたにもかかわらず、状態としては今の状態になったので、
    なんか逆に自分がこれから現場で表現させていただく中で、そういう人たちに対する“お返し”をしていかないといけないなって気持ちはありますね、正直」と表情を引き締めた。

    さらに「ほんとに皆さんの、いろんな方々の一部にしていただいてたっていうのは本当に感謝しないといけないと思うし、
    その感謝をちゃんと体現していかないといけないなという状態ですね」とファンへの気持ちを語った。

    今後については「これからも、もっともっと欲張りにアンテナを張って、感じるものをいっぱい感じないと」と抱負を述べ、
    「何かに秀でてるわけじゃないので。『よし行けた!』っていう自分の中であまり合格は出せない」と謙虚だった。

    昨年4月から「報ステ」の2代目キャスターに就任した富川アナが、自身について「私は一度も合格点を出していないです」と語ると、
    「だから続けられるんじゃないですか?」と木村。柔らかい表情になって「どこかでどういう風が吹くかわからないので、強い風が吹いたら、しならないとダメ。折れちゃいます」と、
    目の前にある満開の桜の木を見上げながら、富川アナと自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

    富川アナはスタジオで「(インタビューを始める前に)打ち合わせをと言ったら、『打ち合わせいらないっすよ。何でも聞いてください』って。
    素直な気持ちを話してくれたんだなという印象を受けました」とインタビューでの木村について語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12954492/
    2017年4月19日 8時5分 スポーツ報知
    【【芸能】木村拓哉「報ステ」で「解散」語る…「何でも聞いてください」】の続きを読む

    WS000163


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/09(日) 09:49:14.64 ID:CAP_USER9.net
    4月29日に主演映画『無限の住人』が公開となる木村拓哉(44)。これまではSMAPとして
    レギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)やグループのラジオなどに出演していたが、解散に伴って露出が減り、ファンを悲しませている。
    そんな木村が、「週刊SPA!」4月11・18日号(扶桑社)のインタビューで今後の活動に関する本音を吐露した。

    SMAP解散後、メンバーはそれぞれMCや俳優業など得意分野で活躍。中居正広は4月から『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が月曜日のゴールデンタイムに進出する一方、
    香取慎吾はレギュラー番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に変わらず出演し、稲垣吾郎も『ゴロウ・デラックス』(TBS系)が放送7年目に突入した。

    1~3月は、木村がドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)、草なぎ剛も『嘘の戦争』(フジテレビ系)で主演を務めたものの、
    木村の場合は草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)のようなテレビのレギュラーがないため、
    ファンはひとまず『無限の住人』の公開に大きな期待を寄せている状況だ。

    同作の公開にあたってメディア出演も増えており、「週刊SPA!」では「今まで乗り合わせていた船からは降りたので、その違いは、確実にありますけどね」と、
    SMAP時代と個人活動の“変化”に言及。インタビュアーから「違い」という言葉の意味を問われると、
    「原動力かな。今まで仲間と一緒に漕いできたり、風の力を使ったりして、ずっと進んできた。これからは個人の手漕ぎボートになっちゃったので、自分が漕がなかったら、前へ進まない。
    それでもきっと仕事が好きだから漕ぎ続けられるんだと思います」と、明かした。

    さらに、木村は自身の“肩書”についても独自の見解を述べている。
    同じく俳優として活躍する草なぎは「AERA」1月23日号(朝日新聞出版)のインタビューで、記者から今後の肩書は「俳優」かと聞かれると、
    「とてもそんな、おこがましくて。自分が俳優だと思ったことはない」とキッパリ。
    その上で、「肩書って必要かな? もし決めないといけないなら、『タレント』がいい。マルチに仕事をしていくという意味でも。
    これからもバラエティーに出たいし、歌もうたいたいし、ナレーションもしていきたい」と今後の展望を語っていたのだった。

    かたや、木村は「今の木村拓哉の職業はなんだと思いますか?」との質問に対し、
    「なんですかね……。『出演者』かな? 『いや、俺ら役者はさ』ってスマートに言えちゃう方たちが羨ましいです」と複雑な胸の内を告白。
    自身のキャリアを富士山に例えつつ、「自分はまだまだ三合目なので、役者だってとても言えないですね」と、謙遜気味に話していた。
    グループ時代は、もはや“SMAP”自体が肩書だっただけに、いざ個人になった時、「俳優」と名乗ることにまだ戸惑いがあるのかもしれない。

    また、これまでは『SMAP×SMAP』で定期的に歌やダンスを披露していたが、解散後はこうした機会が減少。
    同誌では “パフォーマーとしての活動”を再開する意欲があるかという話になると、「そうですね、チラホラ考えたりはするんですけど。
    でも、なんだろうな……確実に筋力が落ちているんです。今は、本当に歌ってないし、踊ってもいないから。ただ、求められた場合は、考えることはあると思いますね」と、前向きに発言していた。

    SMAPを歌唱面でリードし、料理の腕前も確かと器用な木村。今後の芸能活動でも、ファンに多種多様な一面を見せていってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1298627/
    2017.04.08 20:00 デイリーニュースオンライン
    【【芸能】木村拓哉が職業を問われ複雑な胸の内を告白「役者とはとても言えない」】の続きを読む

    WS000346


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/02(日) 13:14:47.86 ID:CAP_USER9.net
    9月にジャニーズ事務所との契約更新がある元SMAPメンバーだが、今回の契約更新で木村拓哉の幹部入りが確定的になっているという。

    最終的にSMAPは解散してしまったが、事務所内での木村の評価はうなぎ上りになったという。

     「ジャニーズ事務所への忠誠心を見せたのが大きい。ジャニーさんを含めた上層部も、そのところはかなり評価しているようで、
    9月の契約更新を機に木村を幹部入りさせるようです」(芸能事情通)

     すでに、近藤真彦と東山紀之が幹部入りしていると言われており、木村が加われば、さらなる結束が強まりそうだ。

     「近藤さんや東山さんは、若手にとっては雲の上の存在。2人に比べれば木村も若く、後輩たちへのカバーもできる。
    人間的にも優秀で、後輩への面倒見もいいだけに、幹部入りすることになったのでしょうね」(芸能ライター)

    http://npn.co.jp/article/detail/04073470/

    【【芸能】木村拓哉 9月からジャニーズ幹部入り】の続きを読む

    WS000459


    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 09:33:04.59 ID:CAP_USER9.net
    昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めるTBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)の第5話が12日に放送され、平均視聴率は13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

     第1話=14・2%、第2話=14・7%、第3話=13・9%、第4話=12・3%と推移。

     グループ解散後、木村の初仕事となる主演作。連続ドラマ主演は、昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶり。TBS日曜劇場となると、13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。今回の外科医役が20個目の職業になる。

     脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。

     第5話は、沖田(木村)と壮大(浅野忠信)は深冬(竹内結子)の病気の進行具合を目の前に突き付けられる。いまだに手術の方法を見つけられない沖田を責める壮大は、それでも沖田を頼るしかない状況にイラ立つ。一方、関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村(及川光博)は、調査対象に心臓外科の権威・山本(武田鉄矢)の名前があることに驚く。羽村は、自分と壮大の学生時代の恩師・山本の手術の腕に心酔していた。その中、山本の患者が沖田が勤める病院で受診。羽村に気を使う井川(松山ケンイチ)は担当を沖田に頼む…という展開だった。

    スポニチアネックス 2/13(月) 9:29配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000077-spnannex-ent
    【【ドラマ】<キムタク主演!「A LIFE」第5話>13・9% 1・6P上昇で盛り返す】の続きを読む

    WS000206


    1:神々廻 ★@\(^o^)/:2017/02/04(土) 21:42:35.04 ID:CAP_USER9.net
    国民的アイドルグループのSMAPが解散してから早1か月以上が経過し、今でも解散を惜しむ声が各方面から聞こえている中、
    元SMAPメンバー木村拓哉主催の“木村塾”設立の可能性が浮上しているという。

    「今の日本男児は、女性から見ると“頼りない”という意見も多い。外見が可愛いような草食系がモテますが、やはり30歳以上の
    男性は“THE オトコ”というような、男性に憧れを抱いている。そんな社会的環境もあり、木村は自身のアイデンティティーを
    伝えていく活動をしたいようで、ファッション、礼節、仕事への厳しさなどの本来の“男らしさ”を塾生には教えていくそうです。
    すでに塾設立のために水面下で動いているとの噂もあります」(芸能記者)

    http://npn.co.jp/article/detail/89900672/
    【【芸能】木村拓哉 “木村塾”設立へ】の続きを読む

    WS000125


    1:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 13:50:35.92 ID:CAP_USER9.net
    TBSに激震が走った。1月15日、満を持して放送されたのが、SMAP解散後初となる木村拓哉(44)主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』。
    業界内の注目を集めたのが、初回視聴率の結果だった。

    「局内では、最低でも15%超えは確実、うまくいけば『ドクターX』(テレビ朝日系)のように、視聴率20%超えも夢ではない
    といった景気のいい声に満たされていたんです。ここだけの話ですが、金一封の手配まで用意していたんですが…」(テレビ関係者)

    ところが、期待の初回視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
    「正直、微妙な結果です。ジャニーズと付き合いのある御用雑誌や一部スポーツ紙は大ヒットなどと持ち上げているが、
    業界関係者から見たら大コケと断言してもいい。なぜって、木村主演ドラマで初回視聴率が15%を切ったのは初めてのこと。
    木村サイドも、非常にナーバスになっています」(芸能プロ関係者)

    木村主演ドラマに問われるのは一に数字、二に数字。高視聴率を取ってナンボの存在がキムタクなのだ。

    「今回の視聴率では正直、高い出稿料を支払っているスポンサーは絶対に納得しない。
    15%でトントン。20%超えをしないと元は取れないのがキムタクドラマなんです。今や1本当たりの制作費は1億円超え。
    TBSも、まさかの15%割れに困惑しているんです」(前出・テレビ関係者)

    さらにもう一つ、木村にも新たな不安材料が出てきたという。

    「タレント、いや俳優としての価値棄損ですね。SMAPの看板がなくなった木村ですが、今回、視聴率を落としたことで人気急落が明らかになった。
    今後は、出演料が大幅にダウンする。1本500万円~と言われていたが、半額以下になるでしょう」(芸能事情通)

    木村はスタッフに対し、今回の視聴率結果の徹底分析をオーダーし、早くも収録現場はギクシャクした雰囲気に包まれているという。
    今後、どこまで数字を落とすのか、要注目だ。
    http://wjn.jp/article/detail/8941228/
    【【テレビ】 スポンサーをも落胆させた木村拓哉主演の新ドラマ視聴率】の続きを読む

    WS000337


    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 09:15:04.02 ID:CAP_USER9.net
    昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務める
    TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)の第2話が
    22日に15分拡大で放送され、平均視聴率は14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
    だったことが23日、分かった。

     連続ドラマの第2話は初回から数字が落ちるのが通例だが、15日に放送された
    初回の14・2%を上回る好調ぶり。

     グループ解散後、初仕事となる主演作。木村は昨年4月クールのテレビ朝日
    「アイムホーム」以来、1年半ぶりの連続ドラマ主演。TBS日曜劇場は
    13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。
    過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の
    職人外科医に初挑戦。今回の外科医役が20個目の職業になる。

    以下全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000085-spnannex-ent
    【【ドラマ】キムタク主演「A LIFE」第2話は14・7%!初回上回る好調ぶり】の続きを読む

    WS000162

    1:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 09:16:23.01 ID:CAP_USER9.net
    「数字を聞いた瞬間、冷や汗が止まらなかった」と動揺を隠せないのはTBS関係者だ。

    木村拓哉(44)のSMAP解散後初となる主演ドラマ、TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜21時~)が
    15日に25分拡大でスタートしたが、初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と大コケしてしまった。

    木村が超一流外科医を演じるこのドラマ。もちろん、昨今の連ドラは2ケタ発進なら御の字というものだが、
    そこは視聴率男の名を欲しいままにしてきたキムタクである。しかも、SMAPが解散したばかりというホットなタイミング。

    TBSは徹底した番宣活動を展開し、同局の情報番組やバラエティーだけでなく、
    新聞、雑誌、電車の車内までキムタクで埋め尽くして臨んだ結果がこれだから、ショックが大きいのも無理はない。

    「正直、20%以上を期待していて、昨年10月クール放送の同じく医療ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)の初回(20.4%)を上回ったら
    “米倉『大門』超え!”と紙面で大きく扱う予定でした」(スポーツ紙デスク)

    ちなみに、キムタクの主演ドラマで初回視聴率が15%を割るのは史上初のこと。視聴率不敗神話にも大きなヒビが入ってしまった。
    コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

    「万全を期して臨んだことを考えたら、この数字は爆死レベルでしょう。肝心の内容もアラが目立ちました。
    手術困難な心臓病に侵された病院長(柄本明)に続いて、その娘でヒロイン(竹内結子)もさらに厄介な脳腫瘍発覚というご都合主義。
    夫(浅野忠信)は国内きっての凄腕脳外科医なのに、いきなり専門外のキムタクに“おまえしかいない!”
    などと執刀をすがるリアリティーの乏しさ。思わず“どうせなら大門未知子を呼んで来い!”と叫んでしまいました」
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/197674/1

    【【ドラマ】 キムタク「A LIFE」大惨敗、自身初の15%割れ発進・・・TBS関係者 「数字を聞いた瞬間、冷や汗が止まらなかった」】の続きを読む

    WS000095


    1:取り分 ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 10:41:08.14 ID:CAP_USER9.net
    昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めるTBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)が15日に25分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

     木村は昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶりの連続ドラマ主演。TBS日曜劇場は13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。今回が20個目の職業になる。

     脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。親友(浅野忠信)の思惑により病院を追われた主人公が、恋人(竹内結子)を日本に残して渡米。10年後、超一流の腕を持つ外科医となって古巣に戻ると、かつての恋人は因縁の親友と結婚。院内でうごめくさまざまな策略や親友との対立に巻き込まれながら、主人公がいちずに患者に向き合う姿を描く。演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000082-spnannex-ent
    【【ドラマ】キムタク主演「A LIFE」初回視聴率は14・2%】の続きを読む

    このページのトップヘ