映画

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:273822876-PLT(13000).net
    https://this.kiji.is/270504050950505976

    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 10:30~12:1 予約数= 50人  チェック時刻は2017年 8月17日(木)7:8:22
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 12:40~14:2 予約数= 11人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 14:40~16:2 予約数= 21人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 16:40~18:2 予約数= 2人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 18:50~20:3 予約数= 2人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 19:40~21:2 予約数= 2人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月18日(金) 21:20~23:0 予約数= 42人
    合計= 130

    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 9:40~11:20 予約数= 10人  チェック時刻は2017年 8月17日(木)7:13:5
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 11:50~13:3 予約数= 4人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 13:00~14:4 予約数= 2人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 15:50~17:3 予約数= 0人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 18:00~19:4 予約数= 0人
    MOVIX三好打ち上げ花火、下から見8月19日(土) 20:20~22:0 予約数= 7人
    合計= 23

    MOVIXさい打ち上げ花火、下から見8月18日(金)
    合計= 149
    MOVIXさい打ち上げ花火、下から見8月19日(土)
    合計= 55
    【打ち上げ花火がどうたらこうたらとかいう映画が歴史的にも稀な大爆死wwwww】の続きを読む


    WS000014

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/03(木) 12:29:15.81 ID:CAP_USER9.net
    映画でのエンドロールを最後まで見る?
    「余韻に浸って映画館がボヤッと明るくなるのは好き」「それも含めて一つの作品」

    映画館で映画を観ると本編終了後にエンドロールが流れるが
    すぐに帰るかどうかは悩むところだ。

    2ちゃんねるには7月末
    「映画館でエンドロールが流れても残ってる奴って何なの?」
    というスレッドが立ち、スレ主は、

    「なんで出ないの?」

    と疑問を投げかけた。

    「そそくさと帰る奴って何をそんなに急いでるの?」

    エンドロールとは、映画などの作品の終わりに、出演者などの情報の字幕を流すもの。
    本編はもう終了しているため、最後まで見ずに席を立つ人を見かける。
    スレ主と同様に、わざわざエンドロールを見続けることが理解できない人もやはりいるようで、

    「エンドロール中に帰ろうとしたら友達にキレられた 意味わからん」

    と投稿している。エンドロールを最後まで見ていると
    観客が一斉に退出するため出口付近が混雑する。
    先に席を立っておけば比較的空いている時に出られるのでストレスは少なそうだ。

    しかしこのような意見は少数で、「そそくさと帰る奴って何をそんなに急いでるの?」「むしろエンドロール流れてるのにがさがさ帰るのやめてくれよ 」など、さっさと帰る人の気持ちがわからない人が圧倒的に多かった。

    その理由としては

    「余韻に浸りたいじゃん」
    「余韻に浸るのが1番だな」

    などが挙がっている。

    退屈だった映画ならすぐに帰りたくもなるが
    面白かった映画であれば本編終了後に内容を振り返りたくなるものだ。

    エンドロールでは挿入歌が流れることが多いので、余韻に浸るには適している。映画は休日や余暇、あるいは仕事終わりの時間帯などに非日常感を求めて行くこともあるので、あまり急いで席は立ちたくない。

    「一つのものを共有した仲間が他人に帰る感じが少し寂しい」

    ほかには、

    「最後に何かあるかもしれないと期待しちゃう」
    「後日譚とか第二のオチとかあったりするからな」

    など、何か面白い映像が流れるのでは、という期待感から見る、という人もいる。
    エンドロール終了後には、特別映像や次回作の情報が流されることもあり
    それらを見逃すのはもったいない。挿入歌のタイトルやロケ地などの情報を知る目的で見る、という人もいる

    また、「エンドロールも含めて一つの作品だと思ってる」や「一つのものを共有した仲間が他人に帰る感じが少し寂しかったりする 」という理由を挙げる人もいる。確かに同じ作品を同じ空間で見て感動すると、不思議なことに周囲の人と一体感を得られることがある。これは映画館で映画鑑賞する醍醐味だろう。

    エンドロールが終わると、館内の照明が点いて周囲が明るくなるがこの瞬間が好きだという意見もあった。

    「余韻に浸って映画館がボヤッと明るくなるのは結構好きだけど」

    この投稿に対しては、「現実に戻ってきた感あってすきだわ」「わかる」などの賛同の声が挙がっている。普段の生活では、何かと時間に追われている。せめて映画くらいは、ゆっくり時間を過ごしたいものだ。

    https://news.careerconnection.jp/?p=39034
    【映画でのエンドロールを最後まで見る?「余韻に浸って映画館がボヤッと明るくなるのは好き」「それも含めて一つの作品」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/27(木) 07:01:47.61 ID:Ta163X/20.net BE:738128771-PLT(13333)
    荒木飛呂彦原作による実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
    の新たな予告映像が公開された。

    予告は杜王町の街並みからスタート。その後山崎賢人演じる東方仗助が路地裏で不良に
    絡まれるシーンが映し出され、神木隆之介扮する広瀬康一、小松菜奈扮する山岸由花子、
    伊勢谷友介扮する空条承太郎といった仗助を取り巻くキャラクターたちが姿を見せる。そ
    して山田孝之演じるアンジェロ、岡田将生扮する虹村形兆、真剣佑扮する虹村億泰も登
    場。スタンド能力と思しき得体の知れない、水のようなものが人間を襲うシーンなども収め
    られている。このほかメインキャストが勢揃いしたバナービジュアルも公開された。

    「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は8月4日公開。監督は三池崇史
    が担当する。


    http://natalie.mu/comic/news/230417



    【実写版『ジョジョの奇妙な冒険』の予告映像公開、スタンドも初披露】の続きを読む

    WS000054


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/28(火) 14:27:13.43 ID:qb+d4wh70.net BE:695656978-PLT(12000)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000016-mantan-ent

    <ビートたけし>劇場版アニメ隆盛に危機感 相次ぐヒットに「圧倒的に差をつけられた」

    タレントのビートたけしさんが26日、東京都内で行われた「第26回東スポ映画大賞」の授賞式に出席し、劇場版アニメの隆盛に危機感を示した。
    同映画大賞の作品賞には大ヒット中の劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が選出され、たけしさんは「勝てねーな。アニメに。(昨年は)アニメで当たったのが、結構あって、圧倒的に差をつけられてたなって。

    我々含めて、役者も監督もちょっと考え直さないといけない」と話した。



    さらに、たけしさんは、劇場版アニメについて「独特の映像美がある」と認めた上で、規模の大小にかかわらず実写映画で良作を生み出すため、「こういう映画を見て、何がいいのかよく理解して、どこで負けているのかってことを考えてほしい」と語っていた。
    .

     「この世界の片隅に」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代さんのマンガが原作。
    戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれ、劇場版で女優ののんさんが主人公のすずの声を務め、話題を呼んだ。
    .

     「東京スポーツ映画大賞」は、1992年から東京スポーツ新聞社が主催する映画賞で、日本各地の映画賞主催者が選んだノミネート作品から、審査委員長であるたけしさんが最終的に選考し、
    独断と偏見で賞を与えるというもの。2001年から新たに「ビートたけしのエンターテインメント賞」も併設し、たけしさんがさまざまな分野から気になる人を表彰している。
    【ビートたけし「アニメに勝てねーな、実写映画は何が駄目なのか考えないと」】の続きを読む

    1:Toy Soldiers ★:2017/01/30(月) 16:13:16.47 ID:CAP_USER9.net
    日本の経済が史上稀に見るレベルで好景気に沸いていたバブル時代。その真っ只中の1987年の様子をとらえた映像をご紹介します。

    当時の何気ない東京の日常風景に、その頃の思い出がフラッシュバックしてしまいます。

    昔の自動販売機

    80's Japan - Vending Machines



    当時は路上の自動販売機で、誰でも酒類が買えました。お父さんにお金を渡されて、ビールを買いに行った思い出も。


    切符は駅員さんがひとつひとつをもぎり

    80s Japan - Yamanote Line 80年代 山手線 pt.1



    駅の改札。ここは池袋駅のようです。自動改札機はまだなくて、駅員さんがひとつひとつ切符を切っていました。

    出典:NichiBeiTrader

    東京全体に自動改札機が導入されたのは、1990年以降なのだとか。

    夜の東京の様子雨の日の夜の新宿駅前の様子。意外とみんな、ファッションがシンプルですよね。

    街の看板もどことなくレトロな感じがします。

    80s Japan - Tokyo at Night 東京 の夜 80年代
    (なぜかモバイルからは再生出来ません)



    どれも懐かしくて胸がきゅっとなる!まるでタイムスリップしたような気分を味わうことができる、1987年の東京を映した動画。

    この動画を投稿したのは、アメリカ人のNichiBeiTraderさん。当時、東京を観光しながら撮影したものだそう。

    どれも懐かしくて、時間を忘れて見入ってしまいます!

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12595575/

    【【昭和】これがバブル時代のリアルだ! 1987年頃の東京を映した動画、懐かしさいっぱい】の続きを読む

    このページのトップヘ