日本文化




    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 20:13:29.37 ID:CAP_USER9.net
    19日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、厚切りジェイソンが、日本文化を称賛する番組に困惑していることを明かした。

    番組では、厚切りジェイソンとSHELLY、パックンの3人が、日本の芸能界について外国人目線でトークを展開した。

    その中で、厚切りジェイソンは「凄くない日本の文化に感動しないといけない場面がある」と日本で活動する外国人タレントのデメリットを語ったのだ。

    厚切りジェイソンによると、日本の文化を称賛する番組に出演したときのこと、日本文化がすごいのは「四季があるから」という返答が求められたが、

    内心では「アメリカにも季節はあるんだよね」と思ったそう。だが、それを発言すれば全面カットされてしまうため、「四季凄いよね!」と言うほかなかったという。

    これを聞いたSHELLYは思わず苦笑い。そして「それ外国の人はよく言う!(日本人は)四季を感動させたがるけど、世界中に四季はあるって」と納得したのだ。

    厚切りジェイソンは「四季はどこにでもあるよ!」と大声で指摘していた。

    2017年2月19日 9時59分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/12693356/


     

    【【テレビ】<厚切りジェイソン >日本称賛番組に困惑!「凄くない日本の文化に感動しないといけない場面がある」】の続きを読む

    WS000607


    1: サソリ固め(埼玉県【18:19 埼玉県震度3】)@\(^o^)/[ニダ]:2017/02/19(日) 18:39:18.28 ID:qoK7+80T0.net BE:829826275-PLT(12931)


    19日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、厚切りジェイソンが、日本文化を称賛する番組に困惑していることを明かした。

    番組では、厚切りジェイソンとSHELLY、パックンの3人が、日本の芸能界について外国人目線でトークを展開した。

    その中で、厚切りジェイソンは「凄くない日本の文化に感動しないといけない場面がある」と日本で活動する外国人タレントのデメリットを語ったのだ。

    厚切りジェイソンによると、日本の文化を称賛する番組に出演したときのこと、日本文化がすごいのは「四季があるから」という返答が求められたが、

    内心では「アメリカにも季節はあるんだよね」と思ったそう。だが、それを発言すれば全面カットされてしまうため、「四季凄いよね!」と言うほかなかったという。

    これを聞いたSHELLYは思わず苦笑い。そして「それ外国の人はよく言う!(日本人は)四季を感動させたがるけど、世界中に四季はあるって」と納得したのだ。

    厚切りジェイソンは「四季はどこにでもあるよ!」と大声で指摘していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12693356/
    【厚切りジェイソン 「四季は世界中にある。日本には四季があるから凄いっていうのはおかしくね?】の続きを読む

    WS000200


    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 08:42:26.82 ID:CAP_USER9.net
    津川氏は、日本の伝統について歌舞伎界の世襲制に触れ、「(伝統が)続くということは誇り。そこで『相手のために』という美意識が生まれる」と指摘。「最近の若者は何でも新しい物に飛びつくが、新しいことは伝統を破棄することでもある」と話した。

     また、6年前の東日本大震災の際、東北の人たちの助け合い精神に感銘を受けた津川氏は、「なぜその精神が生まれたのか」と勉強会を重ねたという。そこから、日本人の自然崇拝の文化に着眼し、

    「自然は災害もあれば美しい景色も見られる。日本人は両方受け入れてきた。縄文時代から約1万6500年続く文化だ」とし、「自信を持って世界の人に日本の文化を発信していってほしい」などと呼びかけた。

     講演会は同友会を広く理解してもらう目的で平成16年から始まり、今回で14回目。

    産経新聞 2017.2.3 17:22
    http://www.sankei.com/smp/life/news/170203/lif1702030021-s1.html
    【【芸能】<津川雅彦氏>「日本文化に自信を」「最近の若者は何でも新しい物に飛びつくが、新しいことは伝統を破棄することでもある」】の続きを読む

    このページのトップヘ