捏造

    WS000021


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/28(火) 11:37:23.77 ID:CAP_USER9.net
    ニュース女子「捏造、虚偽ない」 MXテレビが見解
    2017年2月28日 07:30

    東京MXテレビ ニュース女子 北部訓練場 ヘリパッド のりこえねっと ヘイトスピーチ 基地反対運動 BPO

     沖縄の基地反対運動をテロリストに例えるなどとした内容を放送し問題になっている東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、同局が27日、ホームページ上で「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法および放送基準に沿った内容だった」とする見解を発表した。同局が問題の番組について見解を出すのは初めて。一方、基地反対運動に参加する市民や有識者からは「完全に虚偽がある。事実と異なる点に答えていない」などと批判の声が上がった。

     同局は見解で「一部報道機関で、本番組が捏造・虚偽である、沖縄ヘイト、人権侵害であるなど、本番組の内容や事実、放送の意図とかけ離れた報道がされている」と指摘し、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会の審議結果を待たずに公表した理由を説明した。

     番組が、外部制作会社の「持ち込み番組」であることに触れ「内容のチェックはしている」とした。

     一方で「過激な活動家に焦点を当てるがあまり、適法に活動している方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現だったことは否めず、遺憾」とした。再取材を行うが「調査および取材を丁寧に実施する」ため、放送までに数カ月かかるとした。

     番組で「テロリストの黒幕」であるかのように報道された「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんの代理人・金竜介弁護士は

    「一つ一つ事実と異なると指摘している部分に対し、全く答えていない。テレビ局として無責任だ」と批判した。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-452116.html
    【【沖縄】辛淑玉の代理人のキム弁護士がニュース女子のMXテレビを批判「テレビ局として無責任だ」】の続きを読む

    WS000166


    1:忍次郎 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 06:52:41.79 ID:CAP_USER9.net
    1月15日に放送された古舘伊知郎がMCを務めるバラエティ番組「フルタチさん」(フジテレビ系)にて、
    最年少アイドルとして話題の、「あいちゃん6さい」が特集された。
    彼女はまだ幼稚園児ということで、同番組の内容には大きな注目が集まった。

    「番組では『あいちゃん6さい』に密着し、彼女がステージで歌う姿やグッズ販売、ファンとの写真撮影の様子などを放送。
    また会場に来ていたファンである40代男性の『あいちゃんは裏切らない』と語るインタビューなども紹介し、
    あいちゃんは恋愛スキャンダルからは、ほど遠い存在であることも魅力だと伝えました」(テレビ誌記者)

     しかし密着VTRが終了し、カメラがスタジオに戻ると、女子アナウンサーが
    「ちなみに『あいちゃん6さい』に、幼稚園で好きな男の子いるの? と聞いた所、○○○君が好きと答えていました~」と発言。
    あいちゃんの周りにいる男の子の名前を実名で公開したのである。

     すると、この放送を自宅で見ていた「あいちゃん6さい」は、その場で泣き崩れたという。

    「放送後の1月17日、『あいちゃん6さい』の事務所代表がツイッターを更新し、番組で間違って伝えられた部分があると訂正文を発表しました。
    それによると、あいちゃんは『好きな人がいる』などとは、一切言っておらず、
    勝手に男の子の名前を出されたことで
    『好きな人いないって言ったのに‥‥。なんで嘘を言うの?』『お客さんがかわいそう』
    と泣き崩れたそうです。そして現在も、あいちゃんは泣き続けており、
    幼稚園に通えないほどのショックを受けていると明かしました」(前出・テレビ誌記者)

     また事務所の代表によると、あいちゃんはアイドルをやっていることに誇りを持っているため、好きな人を聞かれても毎回
    「いないよ! あいちゃんはみんなが好きなの」と答えているとも綴っている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    アサ芸+ 2017年1月17日 17:58
    http://www.asagei.com/excerpt/73805
    【【芸能】「なんで嘘を言うの?」…6歳アイドルが号泣! フジの捏造で幼稚園に通えなくなるほどのショック状態に】の続きを読む

    このページのトップヘ