批判


    WS000015

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/18(火) 09:38:22.24 ID:Gi1f8wz80 BE:565421181-PLT(13000)
    行政がゆがめられた実例とは 朝日・毎日の紙面では“存在しなかった”加戸氏証言


    特に朝日新聞と毎日新聞は、閉会中審査に関して大きく紙面を割いたにもかかわらず、
    一般記事の中で1行も加戸氏を取り上げなかった。

     まるで、自分たちの安倍晋三政権批判の筋書きに合致しない加戸氏の証言は、存在
    しなかったかのようである。半ば予想していたことではあったが、あまりの露骨さに恐れ入った。

    国会中継を見ていない朝日と毎日の読者は、事実関係が分からないように目をふさがれたも同然である。
    インターネット上で常々批判される「報道しない自由」も、ここに極まれりである。

     あまつさえ、毎日は第1社会面のトップ記事に「『印象操作』かわす 前川氏追及に淡々と」との
    見出しをつけ、こう書いていた。

     「発言内容の信ぴょう性を低下させようとする与党側の『印象操作』をかわした格好だ」

     自分たちは加戸氏の主張について読者に知らせず、前川氏の言い分だけをクローズアップ
    する印象操作を行っておきながら、与党側が印象操作をやったと決め付けている。

    ただでさえ「マスゴミ」と呼ばれるようになって久しいマスコミは今後、いよいよ信用を失い、
    軽蔑の対象となっていくのだろう。

    http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180003-n1.html
    【【アホの産経新聞】 朝日と毎日を読むとアホになる こいつらはマスゴミだ】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/11(火) 09:51:51.48 ID:CAP_USER9.net
    自民党の石破茂前地方創生担当相は10日夜のBS日テレ番組で、
    安倍晋三政権の対応が民意とずれないよう党内から意見や批判を発信すべきだとの考えを示した。
    「きちんとものを言わないと、(政府と)国民との感覚が離れてしまう。自民党はそれで失敗してきた。それは、やってはいけない」と強調した。

     同時に「キジも鳴いたら撃たれる。1羽撃たれて、その後(続かずに)だめだったらどうしようもないが、2羽目、3羽目、4羽目は必ず自民党にいる」とも述べた。

     石破氏は6日の石破派会合で、党内から安倍政権に批判や不満が出にくい雰囲気について「キジも鳴かずば撃たれまいと言っていると、日本がつぶれる」と警鐘を鳴らした。
    【自民・石破茂氏「キジも鳴いたら撃たれるが、2、3羽目が党内にいる」 安倍晋三政権に「もの言う」と強調】の続きを読む

    WS000068


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/25(日) 19:02:43.86 ID:sTbl/Phh0 BE:299336179-PLT(13500)
    6月14日に退院してから、酸素吸入器を付けて高座や『もう笑点』(日本テレビ系)への復帰を果たすなど、精力的に活動を続ける歌丸。本誌の取材中も時折咳き込み、苦しそうだった。
    それでも歌丸が表舞台に立ち続けるのは、落語の素晴らしさ、そして日本の伝統芸能を後世に残したいという思いがあるからだ。そんな歌丸だからこそ、若手芸人の“芸”に苦言を呈さずにはいられなかった。

    「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆を持って出て何が芸なんですかね。あれを日本の文化だと思われたら困るんですよ。あんなのは酔っ払いがお座敷でやるようなもんですよ。落語家も、
    漫才師も、あるいは歌舞伎、お能、狂言の方も、皆さん日本語を駆使して芸を披露しています。言葉ってのは“その国の文化”なんです。

     私たちは落語を通してお客様に笑っていただくわけです。ただ、ああいう方は、言葉を生かさずに、裸で踊っているだけじゃないですか。『笑われている』だけなんですよ。なんでそのことに気が付かないんだろうと思いますよ」

    “お説教”されているのは、ピン芸人No.1を決める『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したアキラ100%(42)だ。全裸に蝶ネクタイ姿で、お盆を巧みに操って、“股間”を隠す裸芸で大ブレイク中だ。
    ダウンタウン・松本人志、笑福亭鶴瓶、ヒロミといった大物芸人も絶賛する期待のホープでも歌丸はお構いなしに切って捨てた。



    ◆テレビ局にも責任がある

    「もっと憎まれ口を叩かせてもらいますとね、ああいう方をテレビに出す方が間違えてるんですよ。テレビ局がああいう方にどれぐらいのギャラを払っているかは知りませんけど、
    ただ安いからという理由だけで使っている気がしてならない。

     起用する側にも責任はあるんです。視聴率が取れたとしても、それは一瞬のものです。だからいらなくなったらポイっと捨てられる。使い捨てのライターと同じですよ。いや、使い捨てライターの方が長持ちするわね。重要なのは『後に何を残すか』です。みんな、それを考えていないから『一発屋』だらけになっちゃうんですよ。

     それにああいう方がテレビに出れば、子供も観るじゃないですか。子供に『おもしろい』と思われたら大変な間違いですよ。親も一緒になって笑っているようじゃ、しょうがない。昔の親だったら『観ちゃいけない!』って叱っていたはずです」

     歌丸は芸能界のみならず一般家庭にも「節度の欠如」が及んでいると感じているのだ。その根底には落語への深い愛情がある。

    「落語には色んな芸がある。与太郎噺もあれば、人情噺も怪談噺もあります。一生懸命覚えていけば、生涯、噺家として生きていける。古典はいくらでもあるし、自分で新作を生み出すこともできます。

     20年ほど前、海外で落語を披露するのが流行ったことがあって、私も何度か行きました。英語で落語をする方もいましたが、私は舞台の後ろに英訳の字幕を出してもらって、全部日本語でやりました。

     リズムや間合い、言い回し……日本語で話をするからこそ、きちんと日本の文化が伝わるんです。この国の文化を守ろうと思ったら、日本語をきっちりと伝えていかなきゃならないと思います」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00000013-pseven-ent&p=2
    【【テレビに出すな!】桂歌丸の裸芸人批判真意「テレビに出す側も責任ある」アキラ100%を念押し批判へ】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/18(日) 08:51:25.25 ID:.net
    大島優子、「結婚します」須藤に無言の痛烈メッセージ

     元AKB48の女優でタレントの大島優子(28)が17日、AKB48総選挙で20位に入ったNMB48の
    須藤凜々花(20)が壇上で結婚を発表したことについて、強烈な無言の批判を行った。

     大島は暗い車中から行ったインスタグラムのライブ放送で「何考えてんのかしら。何でもアリなんですね。わた
    しも結婚した~い!」などと笑いながらコメント。「総じて言いたいのは、この帽子がきっと、私の全ての言葉だ
    と思うの。せーのっ」といった後で頭を下げると、白いキャップの前面にはFで始まる4文字が記されていた。そ
    の瞬間に配信は終わった。

     AKB48の2期メンバーの大島は第2回と第4回総選挙で、前田敦子とデッドヒートの末に2度1位に輝いて
    いる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000306-sph-ent



    キャップにFUCKの文字




    【【AKB総選挙】大島優子 須藤凜々花の衝撃の結婚発表に痛烈批判 「FUCK」「何考えてんの」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/02(金) 16:20:19.60 ID:9qOfTC7b0.net BE:479913954-(1931)













    ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000042-spnannex-spo
    【【悲報】水谷を破った13歳の張本くん(日本人)、ヤフコメから叩かれまくる】の続きを読む

    WS000019


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/30(火) 20:59:15.21 ID:CAP_USER9.net
    8日放送のラジオ番組「らじらー! サンデー」(NHKラジオ第1)で、オリエンタルラジオ・中田敦彦が松本人志を批判した後の反響を明かした。

    ことの発端は、脳科学者の茂木健一郎氏の発言にある。茂木氏はかねてより、日本のお笑いについて「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」「日本のお笑いは空気を読み過ぎなんじゃないか。大御所が面白いと言うか面白くないと言うかで価値が決まる」と持論を展開していた。

    しかし、3月26日放送回の「ワイドナショー」(フジテレビ系)出演時、コメンテーターの松本人志に対し、茂木氏は「誤解を与えてしまって本当に申し訳なくて…」などとしょげ返る様子をみせていた。

    中田はこの話題をブログで取り上げ、自分は「茂木賛成派」だと表明する。そして、「大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに」「茂木さんの指摘、当たってたのに」と、日本のお笑いの状況が茂木氏の言う通りだったと綴ったのだ。

    「らじらー! サンデー」では、中田がこの記事が引き起こした「反響」を明かした。松本を暗に批判した記事に対し、吉本は「大騒ぎ」となり、「幹部と社長に今僕は『(松本に)謝れ!』と言われている」と明かしたのだった。その他、はんにゃの金田哲ら同じ吉本に所属する芸人からも心配の声が集まっているとか。

    こうした事実を報告した後、中田は「謝らない」という意志を表明し、明るく「どういうことになるか、楽しみじゃない?」「あの松本人志さんを批判する吉本の方、いなかったじゃない?」とコメントしていた。

    2017年5月29日 12時32分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13127437/
    【【芸能】<松本人志を批判した中田敦彦に反響!> 吉本の社長らが「謝れ!」】の続きを読む

    WS000076

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/28(日) 07:42:20.96 ID:CAP_USER9.net
    映画「愛と青春の旅立ち」(1982年)や「プリティ・ウーマン」(90年)、「シカゴ」(2002年)などで知られる有名俳優、リチャード・ギア(67)のインタビュー記事が先月、米芸能誌「ハリウッド・リポーター」に掲載された。

     米国に次ぐ世界2位の映画市場となった中国のチベット弾圧を公然と批判してきたことで、ハリウッドから干された形になっていたリチャードの久々の露出はとても懐かしかった。

     「中国が『ダメ』というから、出演中止となった映画は少なからずある」「最近も、私が中国からよく思われないことを理由に、映画の資金提供を断られたケースがあった」

     中国側の圧力がハリウッドの第一線から退く要因だったことを率直に認めた。

     かつて、アカデミー賞のプレゼンターを務めた際、チベットを痛めつける中国批判を展開して以降、さまざまな場で同様の発言を繰り返してきた。最近の中国にこびるハリウッドとは対極的な姿勢に「潔い」との高評価があがっている。

     チベット絡みの言動が原因で中国への入国が禁じられたハリウッドスターや芸能人はリチャードだけではない。

     映画「氷の微笑」(1992年)などで知られる女優、シャロン・ストーン(59)は、2008年のカンヌ映画祭で中国・四川大地震に触れ、中国のチベットに対する対応に懸念を示した上で「よくないことをしたとき、悪いことが起きることがあるじゃないですか。地震はカルマかもしれないと思った」などと発言し、中国側から出入り禁止になった。

     さすがに、この発言には「いかがなものか」との批判が殺到し、シャロンはすぐに謝罪したが、シャロンの出演作品は上映禁止が現在も続いている。

     映画「オーシャンズ」シリーズや「バベル」(06年)などで知られる人気俳優、ブラッド・ピット(53)もダライ・ラマとの親交があったオーストリア人登山家を描いた映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」(1997年)が中国側に問題視され、長年、出入り禁止が続いた。

     中国側の圧力を感じさせないのが、大御所、ハリソン・フォード(74)。米議会でチベットの人権蹂躙状況について証言するなど、米社会や世界に訴えてきた。当然、“ブラックリスト”に載っているが、ぶれる様子はみじんもない。

     ハリウッド大作からは姿を消したリチャードだが、インディーズ系などでの活動は続く。

     「映画はまだ作っている。小規模でも興味深いストーリーの映画。(中国側の圧力は)人生に影響を与えていない」

     干されていても、圧力の実態やハリウッドの舞台裏を逆にあぶりだすような発言は多くのファンをひきつけるし、影響力があることを改めて感じた。 (産経新聞ロサンゼルス支局長・中村将)

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170522/enn1705221530003-n1.htm
    【【海外芸能】リチャード・ギア、チベット問題を批判してハリウッドの第一線から退いていた… 圧力に屈しない名優たち】の続きを読む

    WS000584


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や
    代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した。

    会合出席者から、両氏の対応が党の支持率低迷の原因と指摘されたのに答える形で述べた。
    その上で、「苦しくても、一緒に理想を掲げて議論をして仲間を増やしていく」と述べた。

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170514-OYT1T50119.html
    【蓮舫「長島と細野は最低な奴」 党会合で批判】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    NMB48の市川美織がTwiterに公開した動画を疑問視する声が上がり、物議を醸している。

    2017年5月2日、市川は次のようにツイートした。
    「35億のロリコンのみなさん お待たせしました スマホアプリにありそうな 恋愛シュミレーションゲームのCM  つくってみた」(原文ママ)。

    「~あなたはどの市川を選ぶ?~ ガールフレンド(妹)」と題して、動画を公開。市川が様々な「妹キャラ」に扮しているのだが、
    その中に「フィリピン系 妹」というものがあった。やや片言の日本語で、「お兄さん、30分5000円いかが?」と話しかけるというネタだ。
    この動画が注目されると、「フィリピン人の女性=売春」ということを表現しているのかと、各所で疑問が提起された。
    先入観や偏見の助長に加担し得るものであれば、それは人種差別(※民族差別や国籍差別等も含めて、「人種差別」と表現されることがある)ではないかというのだ。

    元ネタになったのは、タレントの大松絵美の「~あなたはどの大松を選ぶ?~」という動画だ。
    今年4月にTwitterに公開されて、話題になった。ただし、大松の動画に「フィリピン系 妹」というネタは存在しない。

    AKB48グループは、フィリピンとの国際交流を進めてきたのであり、親がフィリピン人のメンバーもいる。
    それにもかかわらず、市川のネタは悪意がなかったとしても、あまりにも無神経ではないかという指摘もある。
    動画が放置されないためにも、本件をフィリピンの大使館に伝えて適切な対応を求めようという動きも見られた。

    連休中は大使館に連絡がつかなかったため、週明けの8日に現状を尋ねた。広報の担当者は不在だったが、
    応対した職員曰く、本件に関する情報は入ってきていなかったという。

    概要と経緯を説明したところ、詳細をメールで知らせてほしいとのことだったので、関連情報を提供した。
    これから事実関係の確認が行われる模様だ。
    http://tanteifile.com/archives/5780

    動画










    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
    【【炎上】「フィリピン人女性=売春」 市川美織さんのロリ動画に批判殺到wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    民進党の蓮舫代表は7日、東京都渋谷区で街頭演説し、「我々は反対だけ(という対応)はしない。協力できることは協力するが、残念ながら今の政権は野党の声に耳を傾けようとしていない」
    と述べ、安倍晋三首相の政治姿勢を批判した。


     蓮舫氏は、9日の参院予算委員会集中審議で、首相と相対する予定。学校法人「森友学園」の国有地格安取得問題についても触れ、「特定の人だけ、総理の友達だけが、総理夫人の知人だけが、
    国有地を9割ディスカウントで払い下げを受けた」と指摘。「そんなことはないというなら、安倍昭恵さんは堂々と、会見をすべきだ。
    国会で説明をしていただきたいが、ずっと避けられ続けている」と述べ、首相や昭恵夫人の対応にも疑問を投げかけた。

     この日は、7月の都議選を意識した演説でもあった。蓮舫氏は、同党の渋谷区の候補者が区議出身であることに触れ「実績がある人でないと、
    議会で都知事とどう向き合うのか、どう質問するのか(分からない)。今から都政とは何か勉強しているひまは、これから4年間ありません。すぐ仕事ができる人を選んでほしい」と訴えた。

     築地市場の豊洲移転をめぐり都議会で百条委員会が開かれたことにも触れ、「なぜ今まで開かれなかったのか。与党が守っていたからじゃないですか」と指摘。
    「古い古い政治が、古い古い自民党が、これまで知事を守り、知事の言うことを聞き、そのことで陳情を聞かせる。もたれ合いの政治が行われていた」と述べ、
    「この間、数がある自民党や公明党にいた政治家は、自分たちができなかった仕事をわびるところから始めるべきだ」と、対決姿勢を示した。

     ただ同党では、都議選の公認予定者の離党が相次ぎ、当初予定の36人のうち、14人が離党届を出す異常事態。蓮舫氏に先立って演説した公認予定者は
    「たとえ議会の中で(民進党が)少数派になろうとも、きちんと筋を通したい」と、複雑な思いを訴えた。

    物凄い形相でアベ批判をする蓮舫・民進党代表



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-01819682-nksports-soci
    【【蓮舫】野党に「耳傾けようとしない」アベ首相の姿勢を首筋に青筋立て物凄い形相で批判へ】の続きを読む

    このページのトップヘ