役割

    WS000290


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/21(金) 09:57:39.83 ID:hrnaQ8Gw0.net BE:837857943-PLT(16930)
    ネット上で「PTA早くなくなれ」という投稿が話題になっている。

    平日の活動なんて「できるわけない」と嘆き
    はてな匿名ダイアリーに18日、「PTA早くなくなれ、なくしてしまえ」という投稿が寄せられた。

    投稿者は抽選でPTAの役員になってしまい、集まりの日に仕事を休めないと言ったところ、「皆やってきたことなのに、なんでできないんだ」
    「仕事を休むのが当たり前」と言われたそうで、

    みんな同じライフスタイルじゃないんだから専業主婦基準の平日日中なんてできるわけねーだろ。平日家にいる母親何%いるんだよ。

    職場に今日PTAの役員会議がありまして、休ませてくださいって言ったらクビにされそうな空気理解してくれよ。

    社会の役割と教育の役割の板挟み。死にそう。

    と嘆いている。

    「時代に合っていない」と訴え

    「何か月もかけてベルマーク等を集めてベンチが買えましたって…。必要なら学校が公的機関に申請して金出してもらうのが筋だろう」と述べ、こう訴えた。

    こんな皆が嫌がる集まりに何の意味があるの。誰が見てもやってる内容なんて非合理にもほどがあるでしょ。

    皆働いていて、子供が1人で夕食を食べる時代に合っていないとして、「PTAなくなれ、なくしてくれ。もう嫌、全てを辞めたい」と嘆いている。

    ネットに「同意」という声が続々
    この投稿に対して、ネット上には「親の意見を束ねる団体は必要」「何様のつもり」「権利だけ振り回して、義務を放棄する人が増えている」
    「休めない職場が問題なのでは」という意見が。

    しかし一方で、「おっしゃる通り」「同意。怖い、心配、無理です」「働き盛りに求められる要件が多すぎる」「無理ゲーじゃね?」
    「子どもを人質に脅されてるみたいなもん」「日本の闇」となど、投稿者に賛同する意見が続々と投稿されている。

    昨年にはタレントの菊池桃子さんが1億総活躍国民会議で「働くお母さんたちにとって、PTA活動というものが難しい」と提言し、大きな話題になった。

    ◆「PTAなくなれ」と訴えるブログ
    PTA早くなくなれ、なくしてしまえ

    https://irorio.jp/nagasawamaki/20170420/396849/
    【「PTA早くなくなれ」との投稿が話題 ネット上で賛同する声】の続きを読む

    WS000145


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/24(金) 13:11:37.63 ID:CAP_USER9.net
    平昌オリンピック・パラリンピック組織委員会の李熙範委員長は15日、在日言論人との懇談会を開いた。

    李俊揆駐日韓国大使は、「平昌五輪の成功のためには日本の役割は重要だ。
    競技運営や興行面での協調・参加がうまくいっている」と述べた。

    李委員長は直接プレゼンテーションを行い、経済・文化・環境・平和・ICT(情報通信技術)を
    活用した五輪の実現に向けて、順調に準備が進んでいるとアピールした。
    テスト大会はフィギュアスケートの人気が高く、
    日本から英文のホームページ経由でチケットを購入する人が多いと説明した。

    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=82299&thread=01r04
    【【平昌五輪】駐日韓国大使 「平昌五輪の成功のためには日本の役割は重要だ」】の続きを読む



    1:的井 圭一 ★:2017/02/06(月) 14:04:52.12 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)


    参議院調査室が指摘したオーケストラの「役割」

    日本には現在、いくつのプロのオーケストラがあるかご存知だろうか。公益社団法人日本オーケストラ連盟の2014年度時点のデータによると、33のプロ・オーケストラが活動している。
    しかし、その経営基盤は脆弱だ。日本のプロ・オーケストラの実態を参議院調査室の「調査と立法」2016年12月号の「日本のオーケストラの課題と社会的役割」から見ていこう。


    日本では、年間に約3800回の演奏会が行われ、約425万人が来場している。しかし、経営基盤は脆弱で国や地方からの公費助成なしには活動が困難な状況にある。
    14年度のプロ・オーケストラの公演に要する人件費や事業活動に関する支出は約263億8900万円。

    一方、収入は約270億円あるものの、演奏収入は約142億2700万円しかなく、大幅な赤字状態だ。これを補っているのは、国・地方自治体の支援66億1100万円、民間支援53億6800万円などだ。

    日本のプロ・オーケストラの経営形態を大別すると、(1)特定団体による支援(2)自主運営型(3)地方自治体の支援(4)地方自治体の文化振興財団等が運営――の4つに分類することができる。

    (1)の特定団体による支援では、NHKから約14億円の交付金を受けているNHK交響楽団や読売新聞社等から約15億円の事業契約金収入のある読売日本交響楽団などが当てはまる。

    (2)の自主運営型では、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等など、多くのプロ・オーケストラがこれに当たる。
    収入は、演奏収入が大半で、残りは民間からの寄附等というところが多く、定期会員を中心としたチケット収入のため、経営基盤が脆弱だ。

    (3)には札幌交響楽団、群馬交響楽団などで地方自治体から補助金を受けているケースが多い。

    (4)は比較的に新しい形態で、石川県音楽文化振興事業団が石川県立音楽堂と共に運営を行っているオーケストラ・アンサンブル金沢、
    兵庫県芸術文化協会が運営するホール専属の兵庫芸術文化センター管弦楽団、京都市音楽芸術文化振興財団が京都コンサートホールと共に運営する京都市交響楽団などがある。

    プロ・オーケストラがベースとしている都市を見ると、人口と同様に東京都には9つ、大阪府には4つ、愛知県には2つと大都市に集中しているのがわかる。
    これを人口比で見ると東京都は約145万人につき1つのプロ・オーケストラが、大阪府は220万人につき1つ、愛知県は250万人につき1つの割合となる。
    また、北海道のように538万人の人口がありながら、札幌交響楽団1つしかない地域もある。

    ちなみに、海外の主要都市と比較すると、米国ニューヨーク市は人口約800万人で主要なオーケストラはニューヨークフィルしかない。
    1つのオーケストラに対し人口が多い(観客が多い)ことが、経営基盤を安定させているのかといえば、そうではない。
    英国ロンドン市も同じく約800万人だが、オーケストラは5つあり、人口割合で見れば約160万人につき1つとなっており、東京都などと大差はない。

    どうやら、日本のプロ・オーケストラの経営基盤が脆弱なのは、欧米のオーケストラが地域社会と深く結び付き、都市のシンボル的な存在になっているのに対して、
    日本の場合には地域社会との結び付きが弱いのも、ひとつの要因のようだ。言われてみれば、日本人の多くがクラシック音楽に親しむのは、年末の風物詩ともなったベートーヴェンの「第九」公演ぐらいしか思いつかない。

    しかし、近年ではオーケストラが地方自治体とフランチャイズ契約を結ぶなど連携することで、その地域のホールで定期演奏会を行うケースが増加してきている。
    こうした形で、プロ・オーケストラが地域に馴染み、地域文化の一翼を担うようになっていくことは、非常に望ましいことだ。

    プロ・オーケストラの存在は、文化水準を計る尺度のひとつでもある。そのためにも、プロ・オーケストラの経営が安定し、素晴らしい演奏が行えるような環境作りは重要な問題だろう。





    PRESIDENT Online 2017.2.6
    http://president.jp/articles/-/21196
    【【文化】赤字どうする?日本のオーケストラ 日本人は年末の「第九」くらしかクラシックを聴かない】の続きを読む

    このページのトップヘ