宮城県

    WS000008


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/22(木) 13:20:42.27 ID:CAP_USER9.net
    「オルレ」コース整備で申請へ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sendai/6004404001.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    被災地に観光客を呼び込もうと、宮城県は「オルレ」と呼ばれる韓国生まれの
    トレッキングコースを気仙沼市の唐桑半島に整備することになり、
    22日、担当者が韓国を訪れて申請を行います。

    「オルレ」は、地域の文化や歴史に触れながら自然の中を散策する韓国生まれのレジャーで、
    コースに設けられた青い矢印に沿ってゴールを目指すのが特徴です。
    韓国で人気が高まっていることから宮城県は震災で落ち込んだ沿岸部の観光客を増やそうと、
    気仙沼市の唐桑半島にコースを整備することになりました。

    コースは半島の先端部から付け根にかけておよそ15キロを歩くもので、
    リアス海岸や漁港、それに神社などを見ながら、自然や文化に触れてもらうということです。

    オルレのコースを名乗るには本場である韓国・チェジュ島の社団法人から認定を受ける必要があり、
    22日、県の担当者が現地を訪れて申請することにしています。

    オルレの取り組みは平成24年から九州で始まっていて、韓国人観光客だけでなく、
    日本人の観光客も増えているということです。
    宮城県は来年2月からコースをオープンさせたい考えで、認定に向けてアピールを続けていきたいとしています。

    06/22 09:37
    【韓国生まれのレジャー「オルレ」 コース整備で本場韓国・チェジュ島の社団法人から認定を受けるため県職員が現地を訪れ申請へ・宮城】の続きを読む

    WS000231

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/19(水) 12:13:47.81 ID:CAP_USER9.net
    19日午前、宮城県大崎市で、ミサイルが着弾する可能性があるとして、警戒を呼びかける誤った内容の放送が防災行政無線で流れました。
    職員が、事前に音声を確認しようとしたところ、誤って放送してしまったということで、市はおよそ20分後に訂正の放送を行いました。

    大崎市によりますと、19日午前8時半ごろ、市内全域の防災行政無線のスピーカーから、「ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。
    屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください」という誤った内容の放送が流れました。
    放送直後に市の職員が誤りに気付き、およそ20分後に訂正の放送を行いました。

    大崎市は、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることを受けて、19日朝、職員が、事前に録音されていた「ミサイル発射情報」の音声を確認しようとしたところ、誤って放送してしまったということです。
    この放送を受けて市役所には、午前10時半までに住民から550件余りの問い合わせが寄せられたということです。

    大崎市防災安全課は「市民に不安を与え、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。今後、チェック体制を強化し、再発防止に努めます」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170419/k10010953581000.html
    【【宮城】“北朝鮮のミサイル発射。当地区に着弾する可能性あり” 防災行政無線で誤報流れる 大崎市】の続きを読む

    このページのトップヘ