学校

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/26(月) 07:10:29.59 ID:CAP_USER9.net
    インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場
    石塚翔子2017年6月25日19時43分

     希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。
    中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している。

     愛知県の県立高校の男子生徒(16)は、名古屋市内の中学2年生だった2014年12月、病院で1型糖尿病と診断された。
    インスリンが膵臓(すいぞう)で作られない病気で、生活習慣と関係のある2型と異なり、自分の免疫が誤って膵臓の細胞を攻撃することなどで起こる。
    15歳未満の年間発症率は10万人に2・25人とされる。

     高血糖が続くと将来腎不全や失明などの合併症が起こる恐れがあり、1日4、5回、注射などでインスリンを補い、血糖値を調節することが欠かせない。
    生徒は学校に事情を説明し、危なくないと考えて昼食前に教室で打つことにした。他の生徒も理解してくれた。

     だが、中学3年生になると新しい担任教諭から教室での注射を禁じられた。「トイレで打って」と言われたこともある。生徒はトイレはいやだと訴え、保健室で打つことになった。
    当時の教頭によると、学校側は安全で衛生的な場所として保健室がいいと判断したという。生徒は「隠れるようにして注射はしたくない」と思い、学校での注射を黙ってやめてしまった。

     事情を知った母親(46)が注射は危なくないと学校側に説明。主治医は学校に出した診断書に「注射は生命の維持に不可欠。場所を限定しないよう配慮を求める」と付記、市教委にも相談したが事態は改善しなかった。
    当時の教頭は取材に「今思えば注射と聞いて構えてしまい(本人やほかの生徒の)安全を考え過ぎた面もあるかもしれない。もっと本人の思いを聞いてあげたら良かった」と語った。

     生徒によると、高校でも教室で…(残り:693文字/全文:1467文字)

    男子生徒が使っていたペン型のインスリン注射器。出ている針の長さは4ミリ程度。注射は1、2分で終わるという



    インスリンを補給するポンプ。男子生徒が手元の機器を操作すると、腹部につけた針からインスリンが注入される=愛知県内



    続きは会員登録で読めます
    http://www.asahi.com/articles/ASK6T5TZFK6TPLBJ002.html
    【【1型糖尿病】インスリン注射「トイレで打って」学校側が生徒の教室での注射を禁じる・・・理解進まぬ教育現場】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/30(日) 10:48:31.75 ID:bWK/dc2x0
    美良生(みらい)を育てながら、理想と現実を感じています。
    「障害者と健常者、共に生きていこう」
    「だれもが過ごしやすい世の中に」
    と語られる一方、現実は6歳で分けられる。
    小学校の通常の学級、特別支援学級、特別支援学校の
    どれかに選別されるところから教育って始まる。
    「まぜこぜ」の社会をめざすのに、
    なぜ初めからまぜこぜじゃないんだろう。
    すごく不思議です。

    画像 美良生(みらい)



    http://www.asahi.com/amp/articles/ASK4Q74K1K4QUTIL01X.html
    【ダウン症児の母「健常者と知的障害者で勉強テストする学校を分ける意味がわからない。皆同じ人間」】の続きを読む

    WS000516


    1:的井 圭一 ★:2017/01/29(日) 08:52:55.69 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)


    1月27日、はてな匿名ダイアリーに「学校はFAXを廃止してください」という記事が投稿されました。
    投稿者は「小学校の入学説明会に行ってきたんだが」と切り出し、「『欠席遅刻早退の連絡は必ずFAXで送信してください』だそうな」と驚愕しています。

    「朝の忙しい時に電話が鳴るのは大変だろう」と一定の理解を示した上で、こう書き込んでいました。

    「メールもだめだという。FAXじゃないと受け付けないとおっしゃる」 「レガシーインターフェイスの、20世紀においていくもののはずの、FAX以外は受け付けないのだという」


    投稿者は、お陰で「年に数回あるかないかの学校への連絡のためだけに、固定電話を引いてFAX本体を買わないといけなくなりました」と嘆き、
    「神様、お願いです。この世からFAXを消し去ってください」と訴えています。

    ネット全盛の現在、今さらFAXしか受け付けないとはなんとも理不尽な話です。
    FAXどころか固定電話すら無い家庭も増えていますから、この為にわざわざ設置する手間や費用を考えると投稿者の嘆きはよく分かります。

    また、FAXはコンビニでも出せますが、投稿者の自宅からコンビニまでは自動車で5分ほどかかり、発熱した子どもを置いてわざわざ車で出かけるのも無理という説明も頷けます。

    この記事はすぐに300以上のブックマークが付き、大勢の人がコメントを寄せました。

    「自分の便利さを確保するためなら、他人の不便さを厭わない。わかります」 「さすがにFAXは無いと思うので、自らがモンペとなって断固戦おう」

    中には、「そんなこと言われても電話する。それでダメって言われたことない。というか、ダメって言われても困らないからね。だって子ども、熱出してるんだもの」と強気の人も。

    投稿者の悩み自体は、安価なネットFAXサービスが紹介されたことで一応解決したようです。
    それでも、所定のフォーマットがあってそれに親が手書きし、スキャンしてPDFにして送るという手間はかかります。

    近所の児童に連絡ノートを渡す「駅伝スタイル」も今時どうなの?

    ほとんどの人が投稿者に同情的な中、学校側の立場でこう指摘する人もいました。

    「この親は自分の事だけ考えているが、FAXだと事務室が全校生徒の遅刻・欠席状況を掴めるためだ。
    その情報が打ち合わせの後に教師にくる。この方が静かで、学校はうまく流れていく。闘いの朝、親の長電話が一番困る」

    その他のコメントでは、「うちは連絡帳を近所の子どもに託す」と報告する人が多くみられました。筆者も小学生の子どもがいますが、連絡帳ではなく指定の用紙に記入して、
    やはり近所の子どもにお願いする方式です。FAXがない家庭に配慮するならこれがベストかと思いましたが、少子化の昨今、こんな不満も挙がっています。

    「FAXならまだまし。近所に連絡ノートを託すという駅伝スタイルしかダメです。同学年がマンションにいないし、あまり親しくない家庭に早朝お伺いして頭下げてお願いするわけです。都内です。つらい」

    効率的なやり方としては、事前に保護者のアドレスを登録してメールで一括管理するなど、といった方法も考えられます。
    集団においては、すべての人が満足する方法にするのは難しいですが、技術の進歩に合わせてベストを模索していきたいものです。

    キャリコネニュース 2017.1.28
    https://news.careerconnection.jp/?p=30666
    【【話題】「この世からFAXを消し去ってください」匿名ブログが話題に 小学校の欠席連絡はFAXのみ メール不可】の続きを読む

    1:孤高の旅人 ★:2016/12/26(月) 09:48:26.88 ID:CAP_USER9.net
    学校・公園に無線LAN…授業や災害時に活用
    読売新聞 12/26(月) 7:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00050106-yom-bus_all

     総務省は2020年までに、全国の公立学校や自治体が運営する公園、博物館など約3万か所に公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を整備する方針を固めた。

     
    【【無線LAN】学校・公園約3万か所に無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」…授業や災害時に活用 総務省】の続きを読む

    このページのトップヘ