子供

    WS000211


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/19(水) 09:24:34.33 ID:yHgGRrdf0.net BE:709039863-(1000)
    福島県の県民健康調査検討委員会のデータによると、「甲状腺がんまたはその疑い」
    の子供が183人。そのうち145人にがんの確定診断が下っている。
    ?確定診断はないが、がんの疑いで手術や検査を待っている子が、さらに38人いると解釈できる。さらに3巡目の検診が行われている。
    ?まだまだ増えるということだ。
    ?これは異常な数なのか。甲状腺の専門医たちもおそらく想定外だったと思う。国
    立がんセンターによると、2010年の福島の小児甲状腺がんは2人と試算している。
    ?1巡目の検査は、2011~2013年にかけて、2巡目は2014~2015年にかけて行われた。現在は3巡目。
    ?大事なポイントはここ。2巡目の検査で「甲状腺がんまたは疑い」とされた子供は68人の中に、
    1巡目の検査で「A判定」とされた子供62人が含まれているということだ。
    ?62人のうち31人は、「A1」で結節やのう胞を全く認めなかった。全くの正常と言っていい。「A2」は、
    結節5.0㎜以下、甲状腺のう胞 20.0㎜以下のごく小さな良性のものである。
    ?甲状腺がんの発育は一般的にはゆっくりである。これが1~3年くらいの短期間に、甲状腺がんになったことは、どうしても府に落ちない。
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49766
    【福島県で小児甲状腺がんの子供が急増している模様 原因わからず】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/09(日) 10:07:32.24 ID:PwFiOIKa0.net BE:214348878-(1000)
    社会問題となった「ポケモンショック」が軍事利用されていた!?

    被害者が1万人を超えた「ポケモンショック」とは?
    問題となったのは第38話「でんのうせんしポリゴン」。主人公たちがコンピュータの世界に入り込む内容であり、
    その世界観の表現に激しい点滅を繰り返す画面効果が多用されていた。
    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170311/E1488800805939.html

    問題の映像



    トラウマ抱えた子がフラッシュバックしたらどうすんの
    【なんでポケモンって「ポリゴン」とかいう子供達何万人も失明された存在放置してんの?普通消すだろ】の続きを読む


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/12(日) 10:31:12.89 ID:CAP_USER9.net
    息子3人を灘中・高校から東大理III(医学部)に合格させた「佐藤ママ」こと佐藤亮子さん=奈良市在住=の長女(18)が
    10日、東大理IIIに現役合格した。子ども4人全員が理IIIに進学することになる。

    長女は洛南高校に在学。
    女性なので兄たちほど体力がないため、無理に詰め込まず、体調を見ながら、佐藤ママがスケジュール管理をしたという。
    目に涙を浮かべながら、佐藤ママは「プレッシャーのある中でよく頑張ってくれました」と話した。

    佐藤ママは元英語教師。専業主婦として3人の息子の受験を成功させた経験を著書「受験は母親が9割」(朝日新聞出版)にまとめ、
    「親が徹底的にサポートすれば子は自分で勉強するようになる」と説いて注目を集めた。

    同書では「勉強机はリビングに」「母が勉強のスケジュールを立てる」
    「遅刻は厳禁。時計は20分早くしておく」「カレンダーを2カ月分貼り、予定を『見える化』」といったノウハウを具体的に紹介。
    さらに、「子が勉強している限り、母は寝ない」「恋愛と受験の両立は難しい。受験は甘くない」
    「子どもの教育に100%の力を注ぎ、家事は余力で」などノウハウの背景にある親の姿勢や考え方も記してある。
    今回の長女の受験でも、参考書選びやオリジナルのノート作りなど、さまざまな支援を続けていた。

    4人全員が“最難関”の理IIIに受かったことについて、「ホッとしました。親の勤めは“満期終了”です」と話した。
    今後については「子どもの受験に悩む親は多いと聞きます。何らかのかたちで、そうした人たちのお役に立てたら」と話している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00000056-sasahi-life

    合格を喜ぶ佐藤亮子さん




    【【社会】「東大3兄弟」の佐藤ママ、長女も東大理III(医学部)に現役合格 “最難関”理Ⅲに子ども4人全員受かる】の続きを読む

    WS000400


    1:記憶たどり。 ★:2017/02/11(土) 05:17:22.14 ID:CAP_USER9.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170210-00000039-jnn-soci

    埼玉県草加市でトラックが歩道に乗り上げ、歩いていた親子が死傷した事故で、
    母親が直前に、子どもを突き飛ばすなどして、かばった可能性が高いことが
    わかりました。

    この事故は、8日昼すぎ、草加市の交差点で、赤信号を無視したトラックが
    別のトラックと車に衝突し歩道に乗り上げ、歩いていた荒井美季さん(38)と
    2歳の次男をはねたもので、荒井さんは死亡し、次男は軽いけがをしました。

    その後の警察への取材で、現場の状況などから荒井さんが直前に次男を
    突き飛ばすなどして、かばった可能性が高いことが新たに分かりました。

    トラックを運転していた八下田誠男容疑者(28)は、10日朝、送検されましたが、
    調べに対し、「いずれ遺族に謝罪に行きたい」などと話しているということです。
    【【社会】草加市の母子死傷事故、母親が直前に子供を突き飛ばし、かばっていたことが判明】の続きを読む

    WS000453


    1:野良ハムスター ★:2017/01/26(木) 09:20:43.62 ID:CAP_USER9.net
    <アイスランドの研究チームが、「より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が1910年から1975年までに減少している」という研究結果を発表した>

     科学技術の進歩や文明の発展によって、人類の生活は、より便利で豊かになってきた。それゆえ、ともすると「現代人は、昔に比べて優れた能力を持っている」と思いがちだが、果たして実際はどうなのだろうか。

     アイスランドの首都レイキャビクでゲノム(DNAのすべての遺伝情報)の収集・分析を行うdeCODE社の研究チームは、2017年1月、「アイスランドにおいて、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が、1910年から1975年までに減少している」との研究結果を、学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」の電子版 で発表した。

     この研究では、1910年から1990年までに生まれたアイスランド人12万9,808名を対象にゲノムを分析。その結果、「学歴の高い人は、平均に比べて子どもが少ない」ことが明らかになった。教育を受ける期間が長くなることで、子どもを持つ時期が遅れることが原因のひとつとして挙げられており、この傾向は、男性よりも女性により強く見受けられる。

     この研究結果について、研究チームは「学歴の高い人ほど子どもが少ないため、アイスランド人が持つ遺伝子の総体、すなわち"遺伝子プール"への寄与が小さく、その結果、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が希少となっている」と考察。この現象は、人類の進化をとめる"負の自然選択"とも考えられ、長期間にわたって継続すると、その影響は人類にとって深刻なものとなるおそれがあるという。

     しかしながら、このような遺伝子群のみが、ヒトの教育レベルに影響を及ぼすわけではない。この研究結果によると、知能指数(IQ)の低下は10年で約0.04ポイントにとどまっており、遺伝子群のみが教育レベルに影響を与えるケースに比べて、その低下の幅は小さくなっている。

     仮に、この研究結果の示した傾向がアイスランドに限ったものではないとすれば、人類の叡智や豊かな文明などを次世代に確実に引き継ぐため、社会的環境など、個々人が先天的に持つ遺伝子群以外の要素を、人為的に制御する必要があるだろう。とりわけ、教育システムの拡充は不可欠。教育機会の開放とその質の改善によって、遺伝子レベルで"負の自然選択"がなされようとも、社会全体の教育レベルを向上させ続けることができるかもしれない。

    松岡由希子

    1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6803.php

    【【科学】学歴の高い人ほど子どもが少ない? 「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」という研究結果】の続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 06:48:03.47 ID:CAP_USER9.net
    先週の16日、画期的な発表があった。

    ?野球とソフトボールで使うグラブやバット、スパイク、ボール、ユニフォームにベース、バッティングマシンなどの用具を扱うメーカー、販売会社21社が一致協力して一般社団法人「野球・ソフトボール活性化委員会」(略称・球活委員会)を設立したというのだ。

    ?参加した21社は50音順で、アシックスジャパン、アディダスジャパン、イソノ運動具店、イモト、エスエスケー、久保田運動具店、ザナックス、三共スポーツ、シウラスポーツ用品、ゼット、ダイワマルエス、デサント、内外ゴム、ナガセケンコー、ハイゴールド、ヒロウン、フラッグ、ベンゼネラル、ミズノ、レワード、ローリングスジャパン。

    ?スポーツ好きなら誰もが知る、ミズノ、アシックス、アディダス、デサントといったメジャーブランドから、知名度は低いもののグラブやボール、ベースなどしっかりとした品質の用具を職人気質で作ってきたメーカーが名を連ねている。

    ?こうした会社同士が手を組むことは通常では考えられない。言うまでもなくシェアを争うライバル同士だからだ。が、その恩讐を超えて団結をし、野球・ソフトボールの振興活動を行なおうというわけだ。

    ?こうした異例ともいえる動きが起こった背景には、子どもたちの野球離れがある。

    ?高校球児は減っているわけではない。高野連の統計による全国の高校硬式野球部員数を見ると、野球が日本で最も人気があるスポーツだった1980年代は12万人から14万人を推移。それが2002年には15万人を超え、以降も増え続けた。そして3年前の2014年には史上最多となる17万312人を記録。この年を境に減少に転じたが、昨年も16万7000人超の高校球児がいた。1980年代前半と比べると、4万人近くも多いのだ。

    ?これはやはり甲子園という目標があるからだろう。もちろん甲子園に出場できるのは、ひと握りの野球エリートであり、大多数の高校球児もそれはわかっているだろうが、青春の1ページに「甲子園を目指して頑張った」という思い出を刻みたいに違いない。というわけで当面は高校の野球部員数が大きく減ることはなさそうだ。

    ?ただし、その下の年代、小学生と中学生の野球離れは深刻だ。少子化の影響で、どの競技でも若年層の競技人口が減っているが、とくに野球はその傾向が顕著なのだ

    まず小学生。全日本軟式野球連盟には小学生を対象とした学童チームというカテゴリーがあるが、1970年代には全国に2万を超える登録チームがあったが、現在は1万2000あまりに減っている。次に中学生。中学校の部活を統轄する日本中学校体育連盟(中体連)の統計によれば、2001年度には全国に32万人を超える中学軟式野球部員がいたが、昨年度は18万5000人ほど。15年間で13万人以上も減っているのだ。

    ?ちなみに中学のサッカー部員は2001年が約22万2000人だったのが、昨年は約22万8000人。少子化にもかかわらず増えている。野球よりもサッカーを選ぶ中学生が増えたといえる(グラフ参照)。



    小中学生は言うまでもなく次代を担う層だ。この部分の野球離れが進めば、やがては高校球児の減少につながる。それが続けば、甲子園に対する信奉も薄れるかもしれないし、そこから先の大学、社会人、プロと続く野球界全体の人気低迷にもつながりかねない。

    ?とくに、そのマーケットを頼りにする業者は売上などから、そうした流れを感じ取る。だからこそ業界横断型の組織が生まれ、野球・ソフトボール活性化のために知恵を出し合い、ともに行動するという思い切った決断がなされたに違いない。

    ?参加企業を見ると、それが画期的なことだとわかる。たとえばナガセケンコー、内外ゴム、ダイワマルエスの3社はいずれも軟式ボールとソフトボールのメーカーだ。同業者としてのつながりはあるだろうが、営業現場では商売敵であり、連携することなど考えられなかったはずだ。グラブやバット、スパイクなどの用品メーカーも同様だろう。それを乗り越えさせたのだから、現状への危機感がうかがえる。
    【【野球】子どもの野球離れ深刻、用品メーカー21社が「球活」を開始 「野球」よりも「サッカー」を選ぶ中学生が増えた】の続きを読む

    WS000561


    1: ツームストンパイルドライバー(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/01/04(水) 20:05:00.17 ID:ZCC+7NuU0.net BE:695656978-PLT(12000)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161231-00000005-pseven-life&p=2

    93歳・佐藤愛子氏 自著が売れて「それじゃ日本は滅びます」

    高度成長のころまでの日本人は、働け働けでしゃかりきに生きていましたが、ゆとりができてからあれこれ考えるようになりましたね。
    損をしたくないとか、楽に儲けようとか、変わっていった気がします。私は社会評論家じゃないので詳しくはわかりませんが、漠然とそう感じます。
    .

    「本が売れたからってなんぼのもんじゃい」という感じをはっきり言って私は持っていて(笑い)。そう言うと本を買って読んでくれた人への感謝がないのかと思われるけど、「読まれる」のは一番うれしくてありがたいことですよ。
    .

    「テレビに出たら本が売れる」とか言われると、気に入らないのよ。われながらそこは偏狭で、金を手で受け取るのも嫌がったという先祖のじいさんの霊がついてるんじゃないかしら。
    .

     ただ、出版社の人が、売れてほしいというのはわかります。相手の立場というのがわかるのも九十歳になったからで、若いときは全然わからなかったですね。
    .

     怒り方だって、これでも昔よりはだいぶ、怒りが持続しなくなったんですよ。かつてのうちの夫婦喧嘩なんて壮絶で、
    亭主が集めていたサボテンの鉢を片っ端から投げ合って、たまたま居合わせた友達が「まったくここのうちはかなわんよ」と言いながら掃除をしてたぐらいですから(笑い)。
    【両親がいつもケンカしてた家庭あるある】の続きを読む

    このページのトップヘ