嫌韓

    WS000220


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/29(土) 18:28:56.03 ID:nFBXeiMI0.net BE:323057825-PLT(12000)
    2017年4月28日、日本のネット上で配信されるニュースへのコメント数十万件を分析したところ、
    「嫌韓」や「嫌中」といった濃厚な排斥意識が浮かび上がったとの結果が韓国でも報じられ、大きな注目を集めている。

    日本の報道によると、立教大の木村忠正教授とニュースサイトのヤフー・ニュースはこのほど、
    2015年4月の1週間にヤフー・ニュースで配信した政治・社会ジャンルなどの記事約1万件と、
    それに対し投稿されたコメント数十万件について共同で調査を行った。

    このうち、人名・地名などの単語の出現頻度では「日本」「韓国」「中国」が上位3つに入り、15位までに範囲を広げて見ると、
    「日本人」のほか「韓」「朝鮮」「謝罪」「慰安」などが入った。
    ここからも分かるように、コメント数では韓国に関わる言葉を含んだものが最も多く全体の20%近くを占め、
    中国関連と合わせると25%を占めた。

    韓国メディアがこの結果を報じるに当たって焦点を当てたのは、「侮蔑的なコメントの8割が韓国関連だった」との内容だ。
    複数の記事がこの点を見出しでうたい、いわゆる「ネット右翼」と呼ばれる人たちが特に盛んに
    こうしたコメントを投稿しているとの分析もあると説明し、「日本のネットの右傾化が深刻だ」と冒頭論じた記事もあった。

    この調査結果を受け、韓国のネットユーザーからは
    「こっちだって日本は嫌いだ」「僕らも日本とは断交したい。もううんざり」
    「日本が嫌韓とか言える立場じゃないはずだ」と、
    例示された「嫌韓コメント」に対抗する声が数多く寄せられている。

    日本のネットにはびこる“嫌韓”コメントの実態に、韓国ネットはどんな反応を示したか?
    http://www.recordchina.co.jp/b176696-s0-c60.html
    【日本人の8割が嫌韓という事実を知った韓国人の反応「日本と断交しよう!」】の続きを読む

    WS000115


    1:愛の世代の前に ★:2017/02/01(水) 12:51:52.88 ID:CAP_USER9.net
    1月30日に発表された産経新聞とFNNの合同世論調査の結果が話題になっています。
    韓国に対する日本政府の措置を「支持する」とした人が80%を超えていただけでなく、多くの結果で日本人の「嫌韓」が浮き彫りになったためです。

    「民進党支持者の79%が賛成」

    この調査は1月28・29日に実施されたと言うことですが、既に紹介した通り(関連記事参照)韓国への措置について80.4%がこれを支持したとされており、
    日韓関係の緊張度合いが高まってからの調査結果としては過去最高となっています。

    しかし、注目されるべき数値はこれだけではありませんでした。
    韓国が日韓合意を守らないのではないかと懸念している人が86%以上に達している他、韓国を信頼できないという人の数も77.9%と大多数に及んでいるのです。

    更に、80.4%が支持したという今回の政府措置について、支持政党別に見ても自民党の86.8%は当然ながら、

    民進党支持者の79.0%、共産党支持者の69.8%もがそれぞれ「支持する」と回答しており、予想以上に国民の間に「嫌韓」が進んでいる実態が浮き彫りになっています。

    「共産党支持者の7割がネトウヨか?」などとも揶揄されたことから調査結果への関心度合いが更に高まっていますが、
    民進党や共産党を支持している層においても大多数が大使の一時帰国やスワップ再開協議の中止といった措置に賛意を示している現状は、
    これまでネトウヨの特徴として捉えられてきた「嫌韓」が政治思想を越えて広がりを見せはじめているということなのかもしれません。

    しかし、日本国内がこのような状況に陥ってしまうのも無理はないと言えます。韓国政府内では竹島に慰安婦像を設置すべきではないといった態度など
    日本側への配慮も見せ始めていないわけではありませんが、複数の次期大統領候補や韓国メディアなどがこぞって日本への強硬姿勢を崩していないためです。

    釜山の慰安婦像問題に解決の糸口は見えていませんが、こうした状況下では日本人の嫌韓は更に進んでしまいそうです。

    http://www.buzznews.jp/?p=2105799
    【【社会】日本人の嫌韓化加速】の続きを読む

    このページのトップヘ