天皇陛下

    WS000283


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/21(金) 11:59:04.53 ID:CAP_USER9.net
    天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、与党が示した骨子案について民進党が19日、与党に修正を求めた。
    「天皇陛下の退位に関する皇室典範特例法」とした法案名の「天皇陛下」を「天皇」に変更するよう主張。

    法案の内容に関しても、陛下が退位の意向をにじませた昨年8月の「お言葉」に触れるよう要求した。関係者が明らかにした。与党と民進党の溝が鮮明となり、
    法案提出に向けて調整が課題だ。

     民進党の馬淵澄夫・党皇位検討委員会事務局長が自民党の茂木敏充政調会長に伝えた。法案名の「退位」を「退位等」とすることも提案した。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017041901001673.html
    【【特例法案】 民進党、法案名の「天皇陛下」を「天皇」に変更するよう与党に修正を要求】の続きを読む

    WS000209


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/29(水) 13:03:05.11 ID:CAP_USER9.net
    http://www.sankei.com/smp/life/news/170328/lif1703280024-s1.html
    産経
    2017.3.28 08:02

     天皇陛下の譲位をめぐり、首相官邸と宮内庁の溝が広がっている。昨夏の天皇陛下の「お気持ち」表明を受け、官邸は宮内庁との意思疎通の改善策を講じてきたが、不協和音は絶えない。政府は5月の連休明けにも、一代限りで譲位を認める特例法を含む譲位関連法案の国会提出を予定し、平成30年の譲位実現に向け準備が本格化するだけに、一層の連携が求められる。



     25日午後7時。安倍晋三首相は東京都渋谷区富ケ谷の私邸で、NHKが「天皇陛下は退位後に皇太子さまと住まい入れ替え」などを報じたのを知り驚愕(きょうがく)した。

     譲位に関する有識者会議でも俎上(そじょう)に載せておらず、まさに寝耳に水。首相はすぐに関係者に問い合わせたが、官邸内で検討した形跡はなかった。官邸筋は「宮内庁が既成事実化を図り、NHKにリークしたのだろう」と打ち明けた。

     菅義偉官房長官も27日の記者会見で不快感を隠さなかった。

     「全く承知していない。どういう根拠で報道されているのか全く分からない。そうした報道が出ること自体おかしい。報道されたことは全くあり得ない」

     譲位をめぐり、首相官邸は「天皇は国政に関する権能を有しない」と定めた憲法4条に抵触せぬよう「国民の総意」で譲位を実現すべく腐心してきた。その一環として衆参両院正副議長による意見集約を優先させ、17日に特例法を柱とした見解がようやくまとまった。有識者会議も法案策定に向け、本格議論を始めたばかりだった。

     今後も同様の事案が続けば、法案成立そのものも危ぶまれる。官邸側は宮内庁から事情を聴き、防止策を検討するという。

     宮内庁との溝が表面化したため昨年9月、官邸は宮内庁次長を内閣危機管理監を務めた警察庁出身の西村泰彦氏に交代させ、事務次官会議にも出席するようになったが、連携の悪さは相変わらず。産経新聞が今年1月に「新元号は平成31年元日から」と報じた際も、宮内庁は「元日に譲位に関する行事を設定するのは難しい」と異論を表明した。(田北真樹子)

    【【天皇陛下譲位】「皇太子さまと住まい入れ替え」官邸、寝耳に水 宮内庁と溝】の続きを読む

    WS000159


    1:腐乱死体の場合 ★:2017/01/18(水) 08:24:56.76 ID:CAP_USER9.net
    「元日即位だと不眠不休になる」 宮内庁から異論も

    2017年1月18日05時09分
    http://www.asahi.com/articles/ASK1K5QJMK1KUTIL041.html?iref=comtop_8_06


    写真・図版
    天皇陛下の年末年始の主な行事
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170117005012.html


     天皇陛下が退位した場合、新天皇の即位や新元号のスタートはいつになるのか。
    区切りのいい1月1日とする政府の方向性に、宮内庁の西村泰彦次長が異議を唱えた。
    なぜ元日ではダメなのか。ほかにどんな選択肢があるのか。

    元日の譲位「難しいと考える」 宮内庁次長
    天皇陛下の退位をめぐる議論

     西村次長の発言の背景には、元日が皇室にとって行事が集中する特異な日であるという事情がある。

     元日は宮中祭祀(さいし)の四方拝に始まり、皇族方や三権の長を迎える新年祝賀の儀などの行事が続く。
    「どれも皇室にとって重要で、両陛下が大切にしてきた行事」(宮内庁幹部)だ。翌2日には5回の新年一般参賀があるほか、
    年末年始は12月23日の天皇誕生日から、1月中旬の歌会始の儀まで儀式や行事が連日続く。
    「もし元日の即位となったら年末年始と不眠不休になる」「準備作業がおろそかになりかねない」との声が宮内庁職員からあがっていた。
    幹部の一人は「新年行事を大切にする両陛下のお気持ちや、準備に関わる宮内庁全体の総意をきちんと示そうということになった」と説明した。

     菅義偉官房長官は17日の記者会見で、宮内庁の西村泰彦次長の発言が天皇陛下の意向を踏まえたものか問われ
    「『一般論』と西村次長が言っているから、その通りじゃないですか」と述べた。首相官邸幹部は、西村氏の発言について
    「宮内庁の事務方としては当たり前」と指摘。元日の皇室行事が立て込んでいることなどから、元日に皇太子さまが新たな天皇に即位し、
    その日に合わせて改元するのは現状では困難との訴えだと受け止める。

     政府内では改元時期の候補として天皇誕生日の12月23日や新年度の4月1日も挙がる中、
    カレンダーなどの印刷物やコンピューターのシステム改修など国民生活への影響を最小限に抑えるための「元日改元」が有力視されている。
    官邸幹部は「きりのいいところで改元するというのが、一つの考え方だ」と話す。
    改元に伴う社会の混乱を避けるため、新元号は、皇太子さまの即位よりも前倒しして発表する方向で検討している。
    【「元日の即位となったら年末年始と不眠不休になる」 新天皇の即位や新元号のスタートはいつになるのか なぜ元日ではダメなのか】の続きを読む

    このページのトップヘ