地震

    WS000001


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/20(火) 23:33:57.56 ID:CAP_USER9.net
    20日午後11時27分ごろ地震がありました。現在、震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。震度5強が大分県南部。震度4が熊本県阿蘇地方、大分県中部、大分県西部、宮崎県北部平野部。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024421000.html?utm_int=news_contents_news-genre-new_001
    【【地震】大分県で震度5強】の続きを読む

    WS000546


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/13(土) 22:46:00.88 ID:CAP_USER9.net
    なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。
    戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。
    その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。
    13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。

    ■“大地震のクセ”が九州北部で……!

    2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータベース化し、日本で巨大地震が起こる際の法則を見つけた。
    それが以下のようなパターンだ。

    1. それまで地震がほとんどなかったところで、M2~4の地震が連続して発生。
    2. 約60日前後の静穏期。
    3. M2~M4程度の地震発生。
    4. 半日~3日後に巨大・大地震が発生。

    3年前に比べると若干変更が加えられているが、最新の研究成果によって見直しがなされたようだ。いずれにしても高橋氏は、この法則によって日本のみならず南米各国やフィリピン、ソロモン諸島で発生した数々の地震発生を予測し、的中させてきた。
    そして今回、高橋氏が九州北部に注目したきっかけは、3月13~21日に福岡県北西沖で4回発生した震度1~2の地震だった。

    この地域では珍しい、7カ月ぶりの地震だ。さらに4~5月にかけては、西之島新島(小笠原諸島)の噴火や桜島の噴火などの火山活動も目立つようになった。
    これらの状況を踏まえ、高橋氏は次のような警告を発しているのだ。

    「火山の状況と経験則を鑑みれば、福岡北部で地震があってもおかしくありません。
    連休明けの5月13日前後が要警戒です」(日刊ゲンダイ、同上)

    ■過去の巨大地震発生パターンに合致

    念のため、実際に日本を襲った巨大地震が、高橋氏が語る巨大地震発生のパターンに当てはまっているのかどうか、まとめておきたい。
    順に、発生時期・地震名(規模)・前兆揺れと回数・静穏期・直前揺れ、となる。

    1995年1月 阪神・淡路大震災(M7.3) 3カ月ぶり2回 69日 半日前
    2004年10月 新潟県中越地震(M6.8) 2カ月ぶり8回 45日 半日前
    2016年4月 熊本地震(M7.3) 4カ月ぶり2回 64日 2日前
    2017年5月 九州北部(??) 4カ月ぶり4回 約55日経過 ??

    もちろん、最下段は現在進行中の事態となるが、じっくり見てほしい。
    3月の連続地震から約60日間の静穏期を経て、今月13日頃にM2~4程度の地震(直前揺れ)が起きれば、いよいよ半日~3日後(13~16日)には九州北部で大地震が発生するということだ。
    なお、現時点では、まだ福岡県北西沖で直前揺れに該当する小規模地震は起きていない。

    ■科学界、宗教界、超能力分野、陰謀論界隈が同時警告!

    福岡県で起きた大地震といえば、2005年3月20日の福岡県西方沖地震(M7.0、最大震度6弱)が記憶に新しい。
    この時は、負傷者約1,200名、住宅全壊約140棟という、福岡市付近では有史以来の最大規模となる被害をもたらした。

    同地域において、もしもこれを上回る規模の地震が起きたら、極めて甚大な被害が懸念される。
    また九州北部といえば、昨年4月の熊本地震から約1年を経たタイミングでもある。
    これから、さらに大きな地震が被災地を襲うということなのだろうか?

    残念ながら今年、九州北部を大きな地震が襲うという警告の声は、高橋氏のみならず多方面で上がっていることをお伝えしなければならない。
    過去の記事で紹介したように、今年は九州北部にある3つの神社の粥占で「地震に注意」と出ている。

    また、科学者や占い師たちも「今年中に“西日本大震災”が起きる」と次々に指摘しているのだ。
    さらに、月と日の数字を足して「18」になるタイミングには大きな異変が起きるという陰謀論的な分析もあるうえ、今月13日といえば、かの有名な「ファティマの予言」で第三次世界大戦が勃発するともいわれている不穏な日でもある。
    科学界から宗教界、超能力分野、そして陰謀論界隈に至るまで、これほど多くの専門家たちが今年中に九州で大地震が発生し、さらに5月13日には何かが起こるとしている以上、特に現地に住んでいる人々は改めて防災意識を高めていただきたい。

    http://tocana.jp/2017/05/post_13159_entry.html
    http://tocana.jp/2017/05/post_13159_entry_2.html
    http://tocana.jp/2017/05/post_13159_entry_3.html
    【【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致】の続きを読む

    WS000174


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/25(土) 15:37:34.71 ID:MstXSxpU0.net BE:837857943-PLT(16930)


    2月19日夜、千葉県東方沖を震源とするM5.4、最大震度4の地震が発生した。実は、この地震を予測していた機関がある。それは、
    電気通信大学名誉教授の早川正士氏を所長とする「地震解析ラボ」だ。同機関が運営する有料サイト「予知するアンテナ」では、
    2月11日~18日に、茨城県・千葉県などでM5.0程度(内陸の場合)あるいはM5.5程度(海底の場合)の地震が起きると予測していたのだ。

    そして現在、早川氏は「27日までに東北・北関東・九州などでM5前後の地震が起きる」と警告している。過去の的中例とともに、早川氏の最新予測を解説する。

    ■早川氏の地震予測手法と実績

    まず、早川氏の地震予測理論について説明しておこう。地震発生の1週間ほど前、地下で地殻のヒビ割れが起きるが、
    それに伴い発生する電磁波が地表に出て、大気上層部の電離層で反射し、再び地上で受信される。この電磁波が発生する際の
    異変を各地の観測所で捉えて、地震発生を予測するというものだ。

    そして、早川氏の名を一躍有名にしたのが、昨年の熊本地震(M7.3)を予測していたことだった。

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201702_post_12454.html
    【【緊急警告】2月27日までに茨城・福島・千葉で大地震が起きる!! 熊本地震を予知した有名学者が断言!】の続きを読む

    WS000145


    1:野良ハムスター ★:2016/12/13(火) 14:01:43.68 ID:CAP_USER9.net
    今月7日、インドネシア西部のアチェ州でM6.5の地震が発生し、100人以上が死亡、家を失った数万人の被災者は現在もシェルター生活を余儀なくされている。遠いインドネシアを襲った最悪の自然災害であるが、我々日本人も決して安心してはいられない。なんと、今回インドネシアで発生した地震はさらなる大災害の予兆に過ぎないかもしれないというのだ!
    【【緊急警告】クリスマス直前に「マグネター星震」が地球を直撃 M10以上の超巨大地震と大津波が発生して人類滅亡】の続きを読む

    1:転載したら抗議に行くよ@Ttongsulian ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 13:04:12.68 ID:CAP_USER.net


    7日、インドネシアのスマトラ島北部アチェ州で、地震により倒壊したモスク(イスラム礼拝所)

    インドネシア・スマトラ島北部アチェ州で7日午前、強い地震があり、地元当局者に
    よると、少なくとも18人が死亡した。死者の中には子供も含まれ、AFP通信は
    倒壊したがれきの中に数十人が閉じ込められた恐れがあると報じた。

     米地質調査所(USGS)によると、地震の強さはマグニチュード(M)6.5。地震の
    揺れで少なくとも10棟の建物や二つのモスク(イスラム礼拝所)が倒壊。特に被害の
    大きかったピディジャヤ県では、多数の住宅が被災したほか、道路にも大きな亀裂が
    入り、病院は治療を受ける人であふれた。AFP通信は「店や住宅が崩れ落ちて、
    人が中にいる」と訴える地元当局者の声を伝えた。

    2016/12/07 12:30
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120700362&g=int

    【【インドネシア】スマトラ島北部アチェ州でM6.5の地震、18人死亡=店や住宅倒壊[12/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ