北朝鮮

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:896590257-PLT(21003).net
    朝鮮半島で「戦争起きない」 韓国大統領、就任100日会見で
    2017年08月17日 12:37 発信地:ソウル/韓国

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、就任100日を迎えて行った記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐって緊張が高まっている
    朝鮮半島について「戦争は起きない」と述べた。
    文大統領は「韓国国民は総力を挙げて朝鮮戦争の廃墟から国を再建してきた」と述べるとともに、「私は何としてでも戦争を回避する」「全国民が
    戦争は起きないと信じて疑わないでほしい」と強調した。
    北朝鮮が米領グアム周辺へのミサイル攻撃を検討していると威嚇したことをめぐり、朝鮮半島情勢は米朝間の舌戦のエスカレートとともに一触
    即発の緊迫した状況となっている。
    しかし文大統領は、韓国政府には同盟国である米国の軍事行動を阻止する事実上の拒否権があると主張。「わが国の同意なくして、朝鮮半島
    で軍事行動を決定できる者はいない」との認識を示すとともに、「米国とトランプ大統領は対北朝鮮でいかなる対応を取ろうとも、韓国と協議し、
    同意を得てから決断を下すと言明している」と語った。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3139474

    ソウルで反米デモを行う人々(2017年8月14日撮影)



    【韓・ムン大統領「朝鮮半島で戦争は起きない」 ←なんでそんなこと言い切れんねん】の続きを読む

    WS000041


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/15(火) 11:11:35.50 ID:CAP_USER9.net
    【ソウル】北朝鮮の国営メディアは15日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせると決めたと報じた。ただ、「米国が極めて危険で無謀な行為を続けるならば」、金氏は考えを変える可能性があるとくぎを刺した。

    先週は、北朝鮮とドナルド・トランプ米大統領との間で脅迫の応酬が見られたことで米朝間の緊張が高まっていたが、今回の報道を受け緊張は和らぐ可能性がある。

    配信 2017 年 8 月 15 日 09:13
    ウォールストリートジャーナル
    http://jp.wsj.com/articles/SB12459435050661554049504583331003779198738

    他ソース
    北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止、米紙報道 (08/15 08:52)
    http://www.traderswebfx.jp/news/default.aspx?newscode=623025&dispmode=list&page=1


    【【北朝鮮】北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止 米紙報道】の続きを読む

    WS000025


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:135853815-PLT(12000).net
    米国が妄動続ければミサイル発射
    金正恩氏「もう少し見守る」

     【平壌共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は14日、朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察し、グアム周辺へのミサイル発射計画について報告を受けた。
    「愚かで未熟な米国の行動をもう少し見守る」として挑発行為をやめるよう要求。
    「米国が朝鮮半島周辺で危険な妄動を続けるなら、既に宣言した通り重大な決断を下す」と述べ、計画実行を示唆した。
    朝鮮中央通信が15日伝えた。

     ミサイル発射準備が整ったことを示すと同時に、直ちには発射に踏み切らない姿勢を見せ、米国に政策の転換を迫った形だ。

    https://this.kiji.is/269965632875382264
    【【悲報】北朝鮮「もう少し見守る」】の続きを読む

    WS000014


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/14(月) 22:21:06.19 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮が挑発、政府機関紙に「米本土を目標に発射待機」


     核・ミサイル開発をめぐりアメリカと北朝鮮の間で威嚇の応酬が続くなか、北朝鮮は12日、「アメリカ本土を目標に発射待機状態に入っている」などと
    アメリカをさらに挑発しました。
     北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、「我々に手出ししないのが上策だ」と題する論評を発表しました。
    論評は北朝鮮が先月行ったICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に言及したうえで、「すでに我々の軍はアメリカ本土を目標の中にとらえて発射待機状態に
    入っており、最後の攻撃命令を待っている」などと警告しました。
     北朝鮮は9日、“グアムの周辺に向けて弾道ミサイルを発射する作戦を検討している”と発表していました。
    今回の論評では、さらにアメリカ本土への攻撃も示唆するなど、北朝鮮による挑発は緩まる気配を見せていません。


    ソース:TBS
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3129059.htm
    【【北朝鮮】「米本土を目標に発射待機」】の続きを読む

    WS000016


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/13(日) 04:47:42.65 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮が挑発、政府機関紙に「米本土を目標に発射待機」


     核・ミサイル開発をめぐりアメリカと北朝鮮の間で威嚇の応酬が続くなか、北朝鮮は12日、「アメリカ本土を目標に発射待機状態に入っている」などと
    アメリカをさらに挑発しました。
     北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、「我々に手出ししないのが上策だ」と題する論評を発表しました。
    論評は北朝鮮が先月行ったICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に言及したうえで、「すでに我々の軍はアメリカ本土を目標の中にとらえて発射待機状態に
    入っており、最後の攻撃命令を待っている」などと警告しました。
     北朝鮮は9日、“グアムの周辺に向けて弾道ミサイルを発射する作戦を検討している”と発表していました。
    今回の論評では、さらにアメリカ本土への攻撃も示唆するなど、北朝鮮による挑発は緩まる気配を見せていません。


    ソース:TBS
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3129059.htm

    【【北朝鮮】「米本土を目標に発射待機」】の続きを読む

    WS000046


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/12(土) 00:09:11.59 ID:CAP_USER9.net
    武力行使に反対=独首相
    8/11(金) 22:30配信

     【パリ時事】ドイツのメルケル首相は11日、ベルリンで記者会見し、トランプ米大統領が北朝鮮のミサイル発射計画をめぐり「軍事的解決の準備は万全だ」とツイッターで投稿したことについて「軍事的な解決はあり得ない」と述べ、武力行使に反対する考えを示した。

     現地のメディアが伝えた。

     メルケル首相は、米国と北朝鮮の双方から過激な発言が相次いでいることについて「過激な言葉の応酬も解決には貢献しない」と指摘。その上で「ドイツは非軍事的な解決に強く関与していきたい」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000082-jij-eurp

    【【国際】ドイツのメルケル首相「軍事的な解決はあり得ない」 トランプ大統領の「軍事的解決の準備は万全だ」との投稿について】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/09(水) 05:21:21.39 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)
    [ベッドミンスター(米ニュージャージー州) 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、北朝鮮が米国をこれ以上脅かせば「世界がこれまで目にしたことのないような炎と猛威に直面することになる」とし、同国をけん制した。

    トランプ大統領は記者団に対し「米国をこれ以上脅かさないようにすることが、北朝鮮にとり最善の策だ」と語った。

    大統領の発言を受け、S&P総合500種は下落。ドルは対円で下げ幅を拡大し、110.35円をつけた。


    Reuters 8月 9日 5:06 AM JST
    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN1AO2A0


    【【国際】トランプ「世界がこれまで目にしたことのないような炎と猛威に直面することになる」 北朝鮮をけん制】の続きを読む


    WS000027

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/07(月) 07:24:11.64 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮の労働新聞(電子版)は6日付の論説などで、「我が国はどんな制裁や圧力も水泡に帰すようにする。敵対勢力は、制裁と圧力で驚かせないと知るべきだ」と強調した。「米国が核と制裁で手出しする日には、米本土が想像もできない火の海の中に陥る」とも警告した。

     韓国銀行(中央銀行)によれば、昨年の北朝鮮の実質国内総生産(GDP)成長率は前年比3・9%増。厳しい制裁にもかかわらず、2008年の3・1%以来8年ぶりに成長率が3%を超えた。韓国貿易投資振興公社(KOTRA)によれば、韓国を除く対外輸出額も、昨年は4・6%増加。制裁対象の石炭が前年比12・49%、亜鉛が同148・9%、それぞれ増えた。

     韓国・IBK企業銀行の曺奉鉉(チョボンヒョン)研究委員は、新たな国連制裁決議について「完全に履行すれば15億ドル程度の輸出減が期待できる。全面禁輸なら民生品だから輸出が可能という言い訳も効かない」と指摘。北朝鮮貿易の92・5%を占める中国がどこまで履行するかが課題との見方を示した。

     北朝鮮関係筋によれば、北朝鮮…
    2017年8月7日5時3分
    http://www.asahi.com/articles/ASK863R5WK86UHBI00C.html
    【【安保理決議】北朝鮮「手出しすれば米本土が火の海」、制裁決議に反発】の続きを読む

    WS000036


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/05(土) 01:52:07.60 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮が7月28日、再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)を日本海に向けて発射した。
    実戦配備までのカウントダウンが始まっている。

    4月から米国との緊張状態に入り、日本でも「戦争が始まる」と騒がれたものの、政治的理由から全面戦争はやはり起きないとの見方が強まり、ニュースも下火となった。
    しかし7月末、tocana編集部に「各国の戦力・研究状況」を入手している情報筋から「早くて8月中に全面戦争が始まる可能性がある。トランプ陣営から何かしらの発表があるだろう。今のうちに警告しておいた方がいい」という情報がもたらされた。

    そして8月1日、米共和党の重鎮、グラム上院議員が、NBCテレビの番組で、トランプ大統領が「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)による米への攻撃を目指し続けるのであれば、米国と北朝鮮の間の戦争は避けられない」と語ったと明らかにした。
    これはtocanaに情報を寄せた人物の忠告が的中したことになる。

    そこで、今回はその時に聞いた話を簡単にまとめておく。

    「4月以降、戦争は起きないというニュースが広がりましたが、そういう時こそ戦争は始まります。
    第一次世界大戦、盧溝橋事件、ウクライナ危機、ルーマニア革命など、多くの戦争がちょっとしたことがきっかけとなって突然戦争が始まっています。
    ですから、今回北朝鮮が再びICBMを発射してしかも技術力を向上させていたことは、アメリカにとっては十分戦争を起こす引き金となるでしょう。
    よくニュースを見ていればわかるとおり、アメリカがイラク北部から手を引いたり、ティラーソン国務長官がロシアに一週間滞在しているのは、対北朝鮮戦争を見すえたものだと考えられます。
    私が聞いた話では、8月15日~9月。特に、9月5日~7日の周辺に戦争が始まる可能性があるといいます。
    起きる可能性は60%。高まっているのは確実です。
    新型攻撃空母『ジェラルド・R・フォード』を出動させるといわれていますが、現在ハワイに向かっているという情報があるので、慎重にみておいた方がいいでしょう。
    戦争が始まるとしたら、トマホークミサイルを撃ちこむことから始まるでしょう」(情報筋)

    「戦争を利用して、トランプは支持率を上げる目的があるでしょう。
    北朝鮮に拘束されていたオットー・ワームビア氏が亡くなったこともあり、世間の心情に訴える戦争の口実もできました。
    また、もしも戦争が起きたら、100%韓国が巻き込まれて大きな打撃を受け、多くの犠牲者を出してムン・ジェイン政権は崩壊するでしょう。
    同様に中国やロシアにも問題が飛び火しますから、世界は混乱します。
    当然日本にも被害が及び、難民が3千万人以上押し寄せると考えられています。
    難民が増えれば文化的背景に起因するトラブルも当然増えますし、財政にも余裕がない中で、難民に手厚い生活資金が支給される点についても、議論が出てくるでしょう。
    当然テロの可能性も高まります」(情報筋)

    この人物によると、トランプの周辺事情に混乱がおきない限り、9月に戦争が始まらずとも、今年中に起きる可能性は十分あるとのこと。
    これまで口だけだったトランプが、いよいよ重い腰を上げる日が来るのだろうか、支持率を上げるどころか政権が崩壊する可能性もあると思うが……。
    豚を撃ち殺したことがきっかけで戦争一歩手前の状態となった「ブタ戦争」もあるだけに、今後も小さな情報でも見逃さずにニュースを追っていきたい。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14055_entry.html
    【【話題】8月15日~9月7日に米朝戦争勃発の可能性大 政治関係者が衝撃暴露!日本に難民が3千万人以上押し寄せる】の続きを読む

    WS000017


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/02(水) 12:44:22.87 ID:CAP_USER9.net
    米共和党のリンゼー・グラム上院議員は1日、トランプ大統領が北朝鮮の核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル開発を阻止するため、北朝鮮との「戦争」も辞さないと述べたとNBCテレビの番組で発表した。共同通信が伝えた。

    グラム氏が話したことによると、トランプ氏が「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と語ったという。グラム氏は、北朝鮮がICBM開発を続けるなら「軍事力行使は避けられないだろう」と述べた。

    サンダース大統領報道官はこの声明に対して1日の記者会見で「大統領は北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止する必要性を明確に語ってきた」と説明し、軍事力行使を含む「全ての選択肢」が使えると強調。

    北朝鮮の朝鮮中央通信は7月29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を28日深夜に行い「成功した」と発表した。

    https://jp.sputniknews.com/politics/201708023950787/

    【【国際】トランプ大統領、北朝鮮との戦争辞さぬ構え 「大勢が死ぬ」】の続きを読む

    このページのトップヘ