北朝鮮

    WS000007


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/19(木) 09:39:08.08 ID:CAP_USER9.net
    【ソウル時事】北朝鮮の対米関係団体は18日、報道官声明を出し、米韓海軍が16日から朝鮮半島周辺で始めた合同海上演習について、「緊張局面を最悪の爆発限界線へと追い込んでいる」とした上で、「われわれ独自の超強力対応措置」が十分に準備されており、「適切な自衛措置が任意の時刻に断行される」と威嚇した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信が19日、伝えた。

    声明を出したのは「北侵核戦争演習反対全民族非常対策委員会」と称する団体。米原子力空母「ロナルド・レーガン」などが参加した演習を「危険千万な軍事的挑発」「国家武力完成の終着点へ向けたわれわれの前進を阻もうとする断末魔的なあがき」と決め付け、「予想外の時刻に想像できない打撃に直面することを覚悟しなければならない」と警告した。

    配信(2017/10/19-08:39)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101900320&g=int
    【【北朝鮮】米韓海上演習に反発 「超強力措置を準備、任意の時刻に断行される」と威嚇 】の続きを読む

    WS000020


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:422186189-PLT(12015).net
    北朝鮮、性能向上させたICBM発射計画
    2017/10/9 19:02

    北朝鮮が発射実験を計画のICBM、推進力強化で到達距離など性能高めたものと北朝鮮訪問終えたロシア議員。

    https://this.kiji.is/290062049588970593?c=39546741839462401
    【【速報】 北朝鮮、まもなくICBM発射 / ロシア政府発表】の続きを読む


    WS000045

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/08(日) 18:55:51.41 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮 米西海岸射程のミサイル発射準備か
    10月7日 16時57分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171007/k10011171351000.html

    北朝鮮を訪問したロシアの議員団が、北朝鮮が近く、アメリカ西海岸にも到達可能な、新たな長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにし、今月10日の朝鮮労働党の創立記念日を前に、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。

    ロシア国営通信によりますと、ロシア議会下院の極右政党「ロシア自由民主党」の議員団は、今月2日から6日までの日程で北朝鮮を訪れ、政権の幹部らと会談しました。

    訪問を終えた議員団のひとり、モロゾフ議員は6日、「北朝鮮は新たな長距離ミサイルの発射実験を準備している。計算式を用いて、ミサイルはアメリカ西海岸にも到達可能だと示した」と述べ、北朝鮮が近く、長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにしました。

    モロゾフ議員によりますと、北朝鮮は、ミサイルの弾頭を大気圏に再突入させ、制御する技術を確立したと主張し、軍事的な士気も十分に高かったということです。

    北朝鮮では、今月10日が、朝鮮労働党創立72年の記念日で、これに合わせて指導部が、核や弾道ミサイルの開発を進めるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長をたたえ、さらなる権威づけを図ると見られていることから、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。
    【【北ミサイル】北朝鮮 米西海岸射程のミサイル発射準備か 10日を前に各国は新たな軍事挑発の動きを警戒】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/27(水) 08:51:22.67 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮のレーダーの探知範囲



    米空軍の戦略爆撃機B1BとF15戦闘機が23日に北朝鮮東方の国際空域を飛行した際、北朝鮮軍の早期警戒レーダーが稼働していなかったと軍事関係筋が明らかにした。北朝鮮は深刻な電力難でレーダーが十分稼働していない。米側の突然の飛行もあり、満足な対応ができなかった模様だ。

    米爆撃機、北朝鮮東方を飛行 「今世紀で最も北まで」

    韓国の国家情報院も26日、北朝鮮軍が緊急発進(スクランブル)などの対抗措置を取らなかったと国会情報委員会に報告した。同委所属議員らが明らかにした。米国は北朝鮮の反応について「突然で驚いたようだ。反応がないのは中ロと協議しているからではないか」と韓国側に説明し、中ロにB1B接近を確認した可能性を示唆した。米側は、北朝鮮がB1Bの飛行経路を理解していないと判断し、経路を公表したという。

    米韓関係筋によれば、米側は事前に韓国にB1Bなどの飛行計画を通報。海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えて北上するため、韓国軍は参加せず、米軍単独での飛行になったという。

    韓国軍などによれば、B1Bは… 残り:1213文字/全文:1635文字

    配信2017年9月27日03時03分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.asahi.com/articles/ASK9V7WWZK9VUHBI00V.html

    【【北朝鮮】米国の「B1B、F15戦闘機爆撃機」にレーダー稼働せず 深刻な電力難原因か スクランブルの対抗措置も取れず】の続きを読む

    WS000023


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/24(日) 17:03:33.27 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮、長続きしない=米大統領が警告

     【ワシントン時事】トランプ米大統領は23日、北朝鮮の李容浩外相が同日行った国連総会での演説について「ちびロケットマン(金正恩朝鮮労働党委員長)の考えを繰り返したのであれば、彼らは長くないだろう」とツイッターで警告した。

     北朝鮮は核実験などを受けて国際的な経済封鎖に直面。トランプ氏は北朝鮮が核・ミサイル開発を継続すれば、体制維持が困難になると示唆したとみられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000031-jij-n_ame
    【【国際】北朝鮮、長続きしない=トランプ米大統領が警告】の続きを読む

    WS000010

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/23(土) 08:33:08.34 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮のリ・ヨンホ外相が太平洋上での水爆実験に言及したことについて、専門家は、北朝鮮が太平洋に向けて核爆弾を搭載したミサイルを発射し、公海の上空で爆発させるやり方で核実験を行うのではないかという見方を示しました。

    原子核工学が専門で核爆弾の構造に詳しい東京工業大学先導原子力研究所の澤田哲生助教は、太平洋上での核実験のために北朝鮮が核爆弾を飛行機や船舶で運ぼうとすると、アメリカなどによって阻止されると見られることからミサイルに搭載して太平洋に発射する可能性が高いと指摘しました。

    澤田助教によりますと、北朝鮮がこれまでに行った核実験の威力から推定すると、上空数キロの高さでの爆発であれば、爆風や放射性物質による影響を抑えられると見られるということです。
    そのうえで「実害を抑えたうえで爆発させるというデモンストレーションを行うことで、特にアメリカに対し自分たちの実力を示すことができる」と述べ、北朝鮮が今月15日に北海道の上空を通過して弾道ミサイルを発射したように太平洋上にミサイルを発射し、公海の上空数キロの高さで爆発させるやり方で核実験を行うのではないかとの見方を示しました。

    また澤田助教は「過去に太平洋上で行われた実験では、事前に通告して周辺海域に漁船や一般の船舶が入らないようにしていたが、北朝鮮が同様の通告をするかどうか疑問を感じる」と述べ、漁船などが操業している海域で核実験が行われることに懸念を示しました。

    配信9月22日 19時14分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152621000.html
    【【北朝鮮】水爆実験 「太平洋に向けてミサイル発射、公海の上空で爆発させて核実験か」専門家】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/23(土) 12:02:38.35 ID:CAP_USER9.net
    9/23(土) 8:43配信

     米国のドナルド・トランプ大統領は21日(現地時間)、北朝鮮と貿易および金融取引を行う第三国の個人や機関を制裁できる「セカンダリー・ボイコット」を全面施行する行政命令に署名した。核・ミサイル挑発を強行する北朝鮮を圧迫するため、中国・ロシアとの正面衝突も甘受するという意味だ。先に米国は2015年まで、イランについてセカンダリー・ボイコットを施行していた。

     トランプ大統領は21日、ニューヨークで開かれた韓米日首脳会議で「今回の行政命令は、北朝鮮と商品・サービス・技術を取引する機関や個人を狙ったもの。外国金融機関は、北朝鮮と取引するのか、さもなくば米国と取引するのか、はっきり選択すべき」「新しい行政命令は、致命的な(核)兵器を開発しようとする北朝鮮の収益の源泉を断つだろう。(北朝鮮に対する)寛容は今こそ終わるべきだ」と語った。

     また22日にトランプ大統領は、米国に向け「史上最高の超強硬対応措置を取る」と公言した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長を「いかれたやつ(mad man)」と強く非難した。トランプ大統領はこの日、ツイッターに「金正恩は、自分のところの住民を飢え死にさせることもためらわない、明らかにいかれたやつ。彼はかつてない試練にさらされるだろう」と書き込んだ。

     今回の行政命令は、北朝鮮との重要な貿易取引に関連する外国金融機関を、米国政府が制裁できるようにした。北朝鮮と取引する金融機関をドル取引から排除し、国際金融市場から退場させるのだ。また北朝鮮の港や空港に出入りした船舶・飛行機は、米国への入港・着陸が180日間禁止される。さらに、北朝鮮の建設・エネルギー・漁業・情報技術(IT)・医療・鉱業・繊維・運送産業と関連がある機関・個人を制裁する内容も盛り込まれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000393-chosun-kr
    【【北朝鮮危機】アメリカが「セカンダリー・ボイコット」(北朝鮮と貿易および金融取引を行う第三国の個人や機関を制裁できる)を全面施行へ】の続きを読む

    WS000055


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/23(土) 11:32:39.27 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮のリ・ヨンホ外相が太平洋上での水爆実験に言及したことについて、専門家は、北朝鮮が太平洋に向けて核爆弾を搭載したミサイルを発射し、公海の上空で爆発させるやり方で核実験を行うのではないかという見方を示しました。

    原子核工学が専門で核爆弾の構造に詳しい東京工業大学先導原子力研究所の澤田哲生助教は、太平洋上での核実験のために北朝鮮が核爆弾を飛行機や船舶で運ぼうとすると、アメリカなどによって阻止されると見られることからミサイルに搭載して太平洋に発射する可能性が高いと指摘しました。

    澤田助教によりますと、北朝鮮がこれまでに行った核実験の威力から推定すると、上空数キロの高さでの爆発であれば、爆風や放射性物質による影響を抑えられると見られるということです。
    そのうえで「実害を抑えたうえで爆発させるというデモンストレーションを行うことで、特にアメリカに対し自分たちの実力を示すことができる」と述べ、北朝鮮が今月15日に北海道の上空を通過して弾道ミサイルを発射したように太平洋上にミサイルを発射し、公海の上空数キロの高さで爆発させるやり方で核実験を行うのではないかとの見方を示しました。

    また澤田助教は「過去に太平洋上で行われた実験では、事前に通告して周辺海域に漁船や一般の船舶が入らないようにしていたが、北朝鮮が同様の通告をするかどうか疑問を感じる」と述べ、漁船などが操業している海域で核実験が行われることに懸念を示しました。

    配信9月22日 19時14分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152621000.html

    【【北朝鮮】水爆実験 「太平洋に向けてミサイル発射、公海の上空で爆発させて核実験か」専門家】の続きを読む

    WS000001


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/21(木) 11:29:41.24 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000079-san-pol

    国連総会に出席中のトランプ米大統領が19日午後(日本時間20日午前)、
    米ニューヨークの国連内で開かれた昼食会で、安倍晋三首相に
    「北朝鮮を封じる上では力が必要だ」と伝えていたことが分かった。
    複数の政府関係者が明らかにした。

    トランプ氏はこれまでも公の場で北朝鮮に関して「軍事的行動は間違いなく
    選択肢に含まれる」などと発言してきたが、軍事行動の可能性を安倍首相に
    示唆した内容が明らかになるのは初めて。

    トランプ氏は「シンゾーには力がある」と述べ、米軍が軍事攻撃に踏み切った際の
    日本の協力や後方支援などへの期待を示した。一方で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)
    大統領については「力に欠ける」と指摘し、北朝鮮に融和的であることへの懸念が
    依然強いことをにじませた。

    トランプ氏はまた、同日の国連総会一般討論演説で、米国が軍事攻撃に踏み切れば
    「北朝鮮は完全に破壊される」と発言したことについて、安倍首相に「北朝鮮は日本を
    焦土に変えると言った。驚くべき声明だ。尋常ではない相手に国連演説で厳しい
    言葉を述べた」と説明した。

    北朝鮮は8月9日の朝鮮中央通信で、米領グアムへの中距離弾道ミサイルの発射計画を
    表明した際、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と伝えていた。

    昼食会はグテレス国連事務総長が主催した。政府関係者によると、安倍首相は
    トランプ氏の強い意向で隣に座ったという。
    【【国連】トランプ米大統領「シンゾーには力がある。北朝鮮を封じるには力が必要だ」。昼食会の席上で安倍首相に軍事協力への期待示す】の続きを読む


    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/21(木) 12:05:50.07 ID:CAP_USER9.net
    朝日新聞デジタル

     韓国政府は21日、国際機関を通じて北朝鮮に計800万ドル(約9億円)の人道支援を行うことを決めた。南北関係などを考慮して実施時期を決めるとしているが、国際機関の事業計画に合わせて年内にも行われる見通し。北朝鮮の軍事挑発が続くなかでの支援には疑問の声も出ていた。

     人道支援の内訳は、国連世界食糧計画(WFP)の栄養強化事業450万ドルと、国連児童基金(ユニセフ)のワクチン・医療品支援事業350万ドル。いずれも妊婦や児童らが対象。韓国統一省の諮問機関、南北交流協力推進協議会が21日の会議で、同省が検討していた事業を承認した。

     韓国による支援を巡っては、菅義偉官房長官が14日、「圧力をそぎかねない行動は避ける必要がある」と指摘。安倍晋三首相も15日の文在寅(ムンジェイン)大統領との電話協議で支援時期を問い合わせていた。(ソウル=牧野愛博)

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9P3C2FK9PUHBI00N.html?iref=sp_new_news_list_n
    【【韓国】北朝鮮に9億円の人道支援決定 年内にも実施へ】の続きを読む

    このページのトップヘ