出生数

    WS000013


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/19(月) 08:06:45.01 ID:MwzRahqs0 BE:886559449-PLT(22000)
    出生数が初めて100万人を下回る 一方、少子化対策「こども保険」の認知度は?


     小泉進次郎氏らは、保育や幼児教育を無償にするため、現在の社会保険料に上乗せして
    資金を集める「こども保険」を提案しているが、その認知度は低迷しているようだ。

     厚生労働省が6月2日に発表した「平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の結果」によると、
    平成28年に生まれた子どもの数は97万6,979人で、初めて100万人の大台を割り込んだ。
    過去のピークは第1次ベビーブームだった昭和24年の269万6,638人で、第2次ベビーブームの
    昭和48年には209万1,983人まで回復したものの、その後は減少傾向が続いていた。直近では
    平成27年が100万5,677人で5年ぶりに増加したが、平成28年には過去最低の水準まで減少した。

     1人の女性が一生に産む子供の平均数を示す平成28年の合計特殊出生率は1.44で、前年の
    1.45から低下した。過去の推移をみると、平成17年には過去最低の1.26まで低下したものの、
    その後は緩やかながら上昇傾向にあった。直近では平成25年が1.43、平成26年が1.42、平成27年が1.45で推移していた。

    http://blogos.com/article/229439/
    【もしかしてなんだけど、今の社会ってド底辺と上級国民しか子供産んでないんじゃね?】の続きを読む

    WS000345


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    http://www.sankei.com/life/news/170504/lif1705040016-n1.html

    子供の数1571万人、36年連続減 少子化加速、東京のみ増

    「こどもの日」を前に総務省が4日まとめた人口推計(4月1日時点)によると、外国人を含む14歳以下の子供の数は前年より17万人少ない1571万人で、36年連続の減少となった。

     総人口に占める割合は12・4%で43年連続の低下。比較可能な統計がある昭和25年以降、人数、割合とも過去最低を更新し、少子化が加速している状況が浮かんだ。ピークだった29年の2989万人の半減に近い。

     内訳は男子が805万人、女子が767万人。都道府県別(平成28年10月1日時点)の数を1千人単位で比較すると、増えたのは東京のみ。沖縄は横ばいで、他の45道府県は減少。

    人口に占める割合は沖縄が17・2%で最も高く、秋田の10・3%が最低だった。総務省の担当者は「出生数は東京では微増だったが、全国的には減少傾向となっているため」とみている。
    【少子化加速36年連続減少 結婚出来ない子供もいない人間はなんの為に存在してるのか・・・】の続きを読む

    WS000369


    1:曙光 ★:2016/12/22(木) 09:05:29.27 ID:CAP_USER9.net
    厚生労働省が近く公表する2016年の人口動態統計年間推計で、同年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)が98万1000人と推計されることがわかった。

     前年の100万5677人(確定数)から2万人以上減った。出生数が100万人を割り込むのは、統計を取り始めた1899年以降、初めて。少子化に歯止めがかからない状況を改めて浮き彫りにしている。

     人口動態統計の年間推計は、出生数や死亡数などについて1~10月の増減率などを基に、11、12月分を予測して算出している。

     出生数が減少している背景には、第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の女性が40歳代半ばにさしかかったことや、平均的な初婚年齢が上昇していることがある。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20161222-OYT1T50005.html

    【【少子化】出生数、初の100万人割れ…16年は98万1000人、前年から2万人以上減少】の続きを読む

    このページのトップヘ