不倫


    WS000030


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:755986669-PLT(12000).net
    第48回衆院選は22日に投票、即日開票され、自民党が公示前勢力に迫る289議席を獲得し、
    国会運営を主導できる絶対安定多数(261)を単独で確保した。

    注目候補では、不倫疑惑が報じられ民進党を離党した山尾志桜里氏(43)が自民前職との大接戦を制し議席を守った。
    “みそぎ”を済ませた形の山尾氏は、会見で因縁の週刊誌に再び突っ込まれる修羅場もあった。

    週刊文春で既婚の倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫疑惑が報じられた山尾志桜里氏は、
    わずか834票差で薄氷の勝利をつかんだ。

    一連の不倫疑惑の逆風は「感じなかった」そうで「必要な説明はやってきた。
    公私のラインは引かせてもらっています。
    (今回の結果を受け)一定の有権者の信託をいただいたと思っています」と強気に言い放った。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/805084/
    【禊ぎ(ちぎりとは読まない)の山尾さん、不倫については「感じなかった」と発言会場が沸く 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/03(火) 12:16:32.50 ID:CAP_USER9.net
    今年もいろいろと国会議員が週刊誌を騒がしたが、議員の恋愛スキャンダルが噴出するたびに必ずといっていいほど出てくるのが細野豪志氏と山本モナの名前。

     細野と言えば、今回の衆議院解散にあたって、いち早く民進党を離党し、政治団体『日本ファーストの会』を設立した若狭勝氏と合流。その後、小池百合子東京都知事が代表となった新党『希望の党』の結党メンバーに名前を連ねた。

     遡ること'06年の10月。当時、細野は35歳。民主党若手のホープと呼ばれ、党の政策調査会長代理を務めていた。

    「将来、党を背負って立つと言われていました」(一般紙社会部記者)

     一方、モナは、大阪のテレビ局を退社してフリーとなり上京。TBSの『NEWS 23』のキャスターを務めていた。地方局出身のフリーアナウンサーがいきなり看板報道番組に抜擢されることなどそうそうあることではない。彼女がどれだけ期待されていたかがわかる。その二人がFRIDAYに激写されたのだ。しかも“路チュー”を。

     それから10年以上もたつのに、なぜ彼らの話が蒸し返されるのか。そのワケは撮られた写真と山本モナにあった。

     掲載された写真は、都内のレストランから食事を終えて出てきた二人の姿を捉えたもの。足取りも軽く、よほど楽しい会食だったのか、それともこれから始まる甘美な夜を思ってなのか口角は上がりっぱなし。そして女性から顔を寄せていき男性の唇に……。二人の高揚感が伝わってくる写真だった。

     千載一遇の“路チュー”写真は、被写体がスタイルのいい美男美女であり、路地裏の街燈の明かりが妙に雰囲気を醸し出していて、まるで映画のポスターのよう。

    「フランス映画のワンシーンを切り取ったみたいで、張り込み写真として、あれほど“魅惑的”な一枚は見たことがないです(笑)。一度見た人は脳裏から消えないでしょうね」(スポーツ紙カメラマン)

     写真のインパクトが強すぎて、“路チュー”と言えば、この二人のことを連想する人は多い。

     しかし、細野はすでに妻子がいたから二人の関係は不倫となる。当然だが、その代償は大きかった。モナは東京進出の足掛かりとなるはずだった番組に数回出演しただけで、すぐに長期休養。そして結局は降板してしまった。細野は党の役職からすべて降ろされるはめに。

     その後、モナは3か月間の謹慎を経て、テレビ復帰を果たし、'08年7月にはフジテレビの情報番組『サキヨミ』でキャスターに復帰したのだった。ところが、再び不倫デート写真を撮られてしまうのだが……。

     細野はスキャンダル発覚後、民主党時代には内閣府特命担当大臣や環境大臣など重職を歴任。民進党では代表代行を務めたが、

    「不倫報道が出た後、ネットなどでは『モナ男』と揶揄されるようになり、子どもの運動会の日に不倫が発覚したものですから、頑張って政治パフォーマンスをしても『モナ男運動会』なんて言われてしまいました。

     モナさんようなハーフの女子アナやキャスターはいますが、フェロモンたっぷりの容姿から行動まで、あれほど“魔性のイメージ”を持った人はこれまで見たことありません。印象的な名前の字面と相まって、彼女の存在感は強烈です。相手がモナさんじゃなかったら何度も蒸し返される話じゃなかったでしょうね」(一般紙政治部記者)

     彼の「希望」は、もちろん選挙に勝ち“路チュー写真”と“魔性の女”の呪縛から解放されること⁉

    <芸能ジャーナリスト・佐々木博之>

    2017年10月3日 11時0分 週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13697167/

    写真

    【【話題】<細野豪志氏>なぜ出てくる度に山本モナとセットで蒸し返されてしまうのか?】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/29(金) 13:37:56.20 ID:CAP_USER9.net
    50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優の斉藤由貴が、母親役でレギュラー出演しているNHK Eテレ「高校講座 物理基礎」の出演を辞退したことが28日、同局から発表され、各スポーツ紙が報じている。

    各紙によると、26日に斉藤の所属事務所から辞退の申し出があったそうで、すでに収録済みの11月22日放送分を最後に降板。
    その後は斉藤抜きで放送されることになるという。ただし、NHKオンラインに掲載中の同番組は、通信教育の受講者の学習機会確保のため、掲載を継続するという。

    W不倫を認めて以降、斉藤は21日に来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演を辞退。出演していたCM2本も降板し、
    木曜レギュラーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」への出演は無期限で休止となってしまった。

    「ネットニュースではW不倫の話題に紛れるように、出演した公開中の映画『三度目の殺人』の関連記事が掲載されているが、同作での好演がまったく話題になっていない。
    所属事務所の公式サイトではまだ公開されていない撮影済みの映画2本が告知されているが、女優業での今後のスケジュールは白紙になってしまった。
    事務所も斉藤本人もここまでW不倫のダメージがあるとは夢にも思わなかっただろう」(芸能プロ関係者)

    そんな中、発売中の「女性セブン」(小学館)が、斉藤が「西郷どん」を降板した余波を報じている。

    同誌には今年3月、「週刊文春」(文芸春秋)で21歳年下の元ホステスとの不倫を報じられ、7月に釈明会見を行った渡辺謙が出演。

    斉藤の降板により、「渡辺謙はどうなんだ」という批判の声が集まりかねないため、渡辺は非常に苦しい立場に追い込まれてしまったというのだ。

    今後、渡辺が登場する機会があれば、確実に斉藤の降板について質問が飛びそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359843/
    2017.09.29 12:20 リアルライブ



    斉藤由貴「白い炎」





    【【芸能】ついに仕事がなくなった斉藤由貴】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/23(土) 11:11:34.79 ID:CAP_USER9.net
    --既婚男性との密会が報じられている4日間、誰とどこで何をしていたのか。なぜその場所を会う場所に選んだのか。男性のマンションで会ったと報道されているが、男性側の家族はいたのか

     「本当に繰り返しになるが、言及した一私人である今回名前の挙がった弁護士さん、何より家族、本当に普通の、一般の人が突然こういった報道に触れて、どれだけ辛い嫌な思いをしたか。今もなお暮らしていくにあたり、いろいろな生活の支障があると推測するので本当に申し訳なく思っている。その中で今の質問だが、例えば報道以降、さまざまなメディアを通じていろいろな報道をされた。私も悩んだ。こういった内容の報道に政治家はどこまで説明責任を負うべきなのかということを、今回突きつけられた。そういう中で、ひとつひとつのことを私が新たな主張を重ねたり、付け加えたりすれば、さらに先方の家族にも私の家族にも、またいろいろな心痛や心労、生活上の支障も恐らく続くのではないだろうかということを推察をしている。そういう中で、私としては7区の有権者の皆さんに、今日も『何でも聞いてください』という形で尋ねてもらい、その上で私も答えられる限りのことを7区の地元の皆さんには答えた」

     「恐らく選挙があり、近々投票という日を迎えるのだと思う。7区の有権者の皆さんに今回の報道について、政治家の説明責任はどうあるべきなのか。その責任を7区で挑戦する私は果たしているのか、いないのか。もちろん選挙なのでこれまで地域の皆さんと積み上げた国会での成果、今こういった一強政治への受け皿が求められる中で、私がその受け皿たり得るのか、たり得ないのか。期待してもらえるのか、もらえないのか。そういったことを有権者一人一人の物差し、一人一人の判断、最終的には通信簿をつけてもらいたいと思っている」

    --質問にまったく答えていない。4日間、どこで誰と何をしていたのか

     「今、言ったとおりだ。今ここでさらに私自身の新たな主張を付け加えたり、重ねることは控えさせてもらいたいと思う。その上で、こういった報道における政治家の説明責任はどうあるべきなのか。そしてそれに私が応えているのか、いないのか。政治家として積み上げてた成果、そして安倍一強体制に対して私がその受け皿の期待たり得るのか、たり得ないのか。そういったことを7区の皆さんに判断してもらいたい」


    全文はリンク先で(1/13ページ)

    山尾志桜里衆院議員と記者団とのやりとり詳報 自身の不倫疑惑を聞かれ「相手の家族の心労になる」
    http://www.sankei.com/politics/news/170922/plt1709220051-n1.html



    【【会見】山尾志桜里衆院議員 自身の不倫疑惑を聞かれ「相手の家族の心労になる」「7区の皆さんに判断してもらいたい」】の続きを読む

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/11(月) 12:45:51.87 ID:CAP_USER9.net
    斉藤由貴との不倫認めた!男性医師が告白「2012年から5年」報道後に関係解消
    9/11(月) 9:38配信

    不倫認めた!写真週刊誌に女優・斉藤由貴(50)とのW不倫を報じられた横浜市でクリニックを経営する
    50代の男性医師が11日、日本テレビ系「スッキリ!!」にVTR出演し、不倫関係にあったと認めた。

    男性医師が同番組のリポーター・阿部祐二氏(59)に「真相を語りたい」と連絡してきたことから
    10日に独占直撃が実現した。75分にわたるインタビューで医師は「出会いは診察に来た7年前」と説明。
    「2012年から5年間、不倫関係にあった」と男女の関係があったと認めた。
    医師は「僕らの年代はほぼ(斉藤の)ファンなんじゃないか」とアイドル時代からのファンだったという。

    医師は「女優さんという華やかな仕事と、母親としての育児や家庭のことを両立する姿に賛同した」
    と斉藤に引かれた理由を語ったが、一線を越えるきっかけについては
    「欲ではなかった気がする。言葉で語れるものではない」と名言を避けた。

    不倫関係があったときの心境については「若いころにファンだった女優が、突然近くに現れた。
    僕が抱いているその方のイメージになってもらいたかった」とコメント。
    阿部リポーターから「演出を手がけた感じ?」と聞かれると
    「うつむきかげんで小さな声で話していた斉藤さんが、自分で自信を持てるようになった。
    いろんなお仕事をされて、その作品を見るとうれしい限りです。僕の気持ちって、そういうところです」
    と振り返った。

    医師は妻や子供たちにすべてを話し、謝罪したが「ズタボロ状態」だという。
    また斉藤とは不倫報道後に話し合い、関係を解消した。斉藤について「彼女はけうな才能を持っている」と話し
    「今でも、僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ、今の僕には、もうそれはできません」と話した。

    これまで不倫関係を否定してきた斉藤の事務所は、同番組の取材に対し
    「急なことなので、今はコメントできない」と回答している。

    9/11(月) 9:38配信 東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000002-tospoweb-ent

    【【芸能】男性医師、斉藤由貴との不倫関係を認める 「2012年から5年間」、報道後に関係解消】の続きを読む


    WS000043

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/08(金) 08:35:25.20 ID:CAP_USER9.net
    民進党の山尾志桜里元政調会長(43)は7日、週刊文春に既婚の男性弁護士との不倫疑惑が報じられた責任を取り、大島敦幹事長に離党届を提出した。山尾氏はその後の記者会見で「(男性弁護士と)男女の関係はない。しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、おわび申し上げる」と述べた。

    2017.9.7 20:51更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070040-n1.html

    -------------------------------------------------------------------------

    ■<民進党>離党届提出の山尾氏、読み上げた文書全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000105-mai-pol

    離党届を提出した民進党の山尾志桜里元政調会長(43)が読み上げた文書全文は以下の通り。

     本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆様、愛知7区地元有権者の皆様、ともに闘ってきた同士でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆様、同僚議員、自治体議員、民進党の党員・サポーターの皆様に、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。

     本当に申し訳ありません。

     今回の事態を受けて、本日離党届を幹事長に提出してまいりました。

     この週刊誌に記載のある倉持弁護士には、憲法問題や共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして、具体的な政策の立案・起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業をお手伝いいただいてきました。

     こうした政策立案や質問作成などの打ち合わせと具体的な作業のため、倉持弁護士とは頻繁にコミュニケーションをとってまいりましたし、こうした打ち合わせや作業は、二人の場合もそれ以上の複数人である場合もありました。打ち合わせ場所については、双方の事務所や会食の席上である場合が相当多数回ありますが、同弁護士のご自宅の場合もありました。

     また、本件記事記載のホテルについては、私一人で宿泊をいたしました。

     倉持弁護士と男女の関係はありません。

     しかし、誤解を生じさせるような行動でさまざまな方々にご迷惑をおかけしましたこと、深く反省しおわび申し上げます。

     そのうえで、このたび、民進党を離れる決断をいたしました。

     まずは、冒頭に記載しましたとおり、国民の皆様、地元有権者の皆様、支援者の皆様、民進党同僚議員、自治体議員、党員・サポーターの皆様に改めておわびを申し上げます。

     また、とりわけ前原・民進党新代表には、新しい執行部を立ち上げるタイミングで、多大なご迷惑をおかけすることになったこと、先日の党大会で、党再生のために結束を誓い合った仲間の皆様の思いに、水を差す形になってしまったことに、心からおわび申し上げます。

     私は、民主党・民進党に育てられ、職責を果たすためのたくさんのチャンスをいただき、落選中も含めて支え続けていただきました。私自身、約10年前に政治の世界に挑戦を決めたときから現在にいたるまで、この国に必要な2大政党制の一翼を担う使命を負っているのは民主党・民進党であると確信し、離党を考えたことはこれまで一度もありません。感謝の気持ちでいっぱいであるのと同じだけ、苦しく・悲しい思いがあふれます。

     民進党が掲げてきた理念、取り組んできた政策への思いは今も変わりません。

     しかし、まもなく始まる臨時国会、国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました。

    平成29年9月7日 衆議院議員 山尾志桜里

    ----------------------------------------------------------------------

    交際相手とされた倉持麟太郎弁護士のコメント全文 「男女関係なかった」
    http://www.sankei.com/politics/news/170908/plt1709080007-n1.html
    【【民進党】山尾元政調会長 離党届提出 「男女の関係はない」と記者会見で釈明 (全文あり)】の続きを読む

    WS000002


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:565421181-PLT(13000).net
    「週4回密会」文春報じる 動画も公開 山尾氏はコメントせず


    民進党の山尾志桜里元政調会長(43)と既婚の男性弁護士(34)との不倫疑惑を、7日発売の
    週刊文春が報じることが分かった。前原誠司代表は新執行部で山尾氏の幹事長就任を内定
    していたが、不倫疑惑が報じられることが明らかになり、起用を断念した一因になったとみられる。

     文春によると、山尾氏は2日夜、男性と都内のホテルに宿泊した。8月28日夜も男性が管理
    する都内のマンションに泊まり、翌朝帰宅してから永田町に向かった。

    文春は「週4回密会」とし、2人が別々にホテルやマンションに入る写真も掲載。
    山尾氏への取材を撮影した動画を6日にインターネットで公開した。

     山尾氏は夫との間に長男(6)がおり、男性にも妻子がいる。

    http://www.sankei.com/politics/news/170906/plt1709060041-n1.html
    【【パコリーヌ】 民進党の山尾志桜里さん43歳 毎週4回も不倫中出しセックス ※生理の日は除く】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/07(木) 02:47:47.41 ID:CAP_USER9.net
    前原誠司新代表率いる民進党で幹事長に一度は内定したものの、9月5日の両院議員総会当日、一転無役となった山尾志桜里衆院議員(43)。
    前代未聞の人事撤回の背景には、「週刊文春」9月7日発売号に掲載される山尾氏の「禁断愛」の記事があるという。

    9月2日、幹事長に内定した夜、山尾氏は都内の高級ホテルにひとり姿を見せた。
    白いシャツにデニムパンツというラフな格好で現れ、チェックイン。
    それから約20分後、黒いキャリーケースを引いたイケメン男性がホテルのエントランスに姿を見せた。

    この男性はテレビのコメンテーターなどでも知られる弁護士の倉持麟太郎氏(34)だ。
    赤ワインやビールを買い込んだ彼は、彼女が待つ36階のダブルルームへと消えて行った。
    2人がチェックアウトしたのは翌日早朝のことだった。

    「9月3日、週刊文春から取材をうけた後、山尾氏は前原氏から事情聴取を受けた。
    山尾氏は『そのようなことはありません』と頑なに否定したそうです。
    一度は代表代行に据える方針に決まりかけましたが、結局、前原氏はスキャンダルから守り切れないと判断。
    山尾氏の執行部入りを断念しました。
    両院総会にヒラ議員として出席した山尾氏は明らかに不満げな様子でした」(民進党関係者)

    「週刊文春」取材班は、9月1日の代表選の最中を含め、2人の密会を週4回確認している。
    山尾氏の事務所は文書で次のように回答した。
    「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」。

    YouTubeの「週刊文春公式チャンネル」では直撃時の映像を配信中(



    )。
    「週刊文春」9月7日発売号では、デートの様子、2人への直撃取材を写真つきで詳報している。

    ■ 写真
    山尾氏の夫は東大の同級生



    後部座席にはチャイルドシートが…

     

    週刊文春 2017/09/06 16:00
    http://bunshun.jp/articles/-/4013

    【【週刊文春】山尾志桜里 幹事長撤回の理由は「9歳下弁護士との禁断愛」(動画あり)】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 19:51:53.59 ID:CAP_USER9.net
    前原誠司新代表率いる民進党で幹事長に一度は内定したものの、9月5日の両院議員総会当日、一転無役となった山尾志桜里衆院議員(43)。
    前代未聞の人事撤回の背景には、「週刊文春」9月7日発売号に掲載される山尾氏の「禁断愛」の記事があるという。

    9月2日、幹事長に内定した夜、山尾氏は都内の高級ホテルにひとり姿を見せた。
    白いシャツにデニムパンツというラフな格好で現れ、チェックイン。
    それから約20分後、黒いキャリーケースを引いたイケメン男性がホテルのエントランスに姿を見せた。

    この男性はテレビのコメンテーターなどでも知られる弁護士の倉持麟太郎氏(34)だ。
    赤ワインやビールを買い込んだ彼は、彼女が待つ36階のダブルルームへと消えて行った。
    2人がチェックアウトしたのは翌日早朝のことだった。

    「9月3日、週刊文春から取材をうけた後、山尾氏は前原氏から事情聴取を受けた。
    山尾氏は『そのようなことはありません』と頑なに否定したそうです。
    一度は代表代行に据える方針に決まりかけましたが、結局、前原氏はスキャンダルから守り切れないと判断。
    山尾氏の執行部入りを断念しました。
    両院総会にヒラ議員として出席した山尾氏は明らかに不満げな様子でした」(民進党関係者)

    「週刊文春」取材班は、9月1日の代表選の最中を含め、2人の密会を週4回確認している。
    山尾氏の事務所は文書で次のように回答した。
    「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」。

    YouTubeの「週刊文春公式チャンネル」では直撃時の映像を配信中(



    )。
    「週刊文春」9月7日発売号では、デートの様子、2人への直撃取材を写真つきで詳報している。

    ■ 写真
    山尾氏の夫は東大の同級生



    後部座席にはチャイルドシートが…



    週刊文春 2017/09/06 16:00
    http://bunshun.jp/articles/-/4013

    【【週刊文春】山尾志桜里 幹事長撤回の理由は「9歳下弁護士との禁断愛」(動画あり)】の続きを読む


    WS000011

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/24(木) 12:20:50.83 ID:CAP_USER9.net
    7月27日発売の『週刊新潮』で橋本健神戸市議との不倫疑惑が報じられた今井絵理子参議院議員。
    その今井議員の“キス疑惑画像”がインターネット上に流出し、再び波紋を広げている。

    「画像は複数点あり、赤外線カメラで盗撮したかのようなモノクロ写真です。
    自動車のなかで今井似の女性と、橋本氏にも見える男性が、抱擁したりディープキスしているものです。
    ふたりは週刊新潮に新幹線の車内で手をつないでいる写真を掲載されただけに、十分ありえる状況でもあります」(全国紙社会部記者)

    すでにネット上では“本物か否か”の真贋騒動に発展している。

    「まとめサイトや各種掲示板などで検証作業が進められています。
    画像に写っている車のボディーと橋本氏の車を比較したり、写っている男女の顔の輪郭まで本物と比較するなど、かなり細かい分析がされています。
    ネット上ではおおむね“本物の可能性が高い”との結論に達しているようです」(同・記者)

    ■ 議員を続けるのも限界、その後はどうする?

    今井は2004年に音楽バンド『175R』ボーカルのSHOGOと結婚して1男をもうけたが、2007年に離婚している。
    その後、シングルマザーで障害を抱える子供の母親として政治に参画するという姿勢を打ち出し、2016年7月の参議院選挙で初当選した。

    不倫疑惑発覚後に、双方は不倫を否定し、今井は文書で橋本氏から交際の申し込みを受けたことは認めつつも、「一線を越えてはいけないと思っていた」と強調した。
    「参院選出馬直前には、交際していた中学校の同級生が那覇で風俗店を経営し、中学生少女にみだらな行為をさせたとして逮捕歴があったと報じられるなど、男性関係が危なすぎるところを露呈しています。

    この男性を含めた複数の男性とのベッド写真も存在すると され、もう国会議員として限界を迎えるでしょう。
    ただ、議員を辞めると、解散と再結成を繰り返している『SPEED』の芸能活動をするしかなくなるでしょうが、同じSPEEDメンバーの上原多香子も、夫のTENNさんの2014年の自殺が、上原と俳優の阿部力との不倫疑惑が原因だと報じられ、渦中の人になっています。
    今井、上原ともども芸能活動再開は厳しい状況です」(芸能関係者)

    最早、SPEEDで活動することは不可能に近いだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/29213
    【【芸能】今井絵理子「車内キス疑惑画像」流出】の続きを読む

    このページのトップヘ