ヤマハ

    WS000028


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/02(土) 22:03:58.07 ID:CAP_USER9.net
    ヤマハが生産終了を相次いで発表 40年のロングセラー車種も (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00010004-bfj-bus_all
    9/2(土) 15:29配信

    ヤマハ発動機は9月1日、「SR400」や「ドラッグスター」、「セロー250」など9車種の生産終了を相次いで発表した。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

    生産終了が発表されたのは以下の9車種。

    **
    SR400
    セロー250
    ドラッグスター400
    ドラッグスタークラシック400
    トリッカー
    マグザム
    VOX デラックス
    アクシス トリート
    BW'S
    **

    同日、公式Twitterとホームページにて発表された。ファンからは「古き良き思い出が消えていく」など悲しむ声や、「ヤマハどうした」と驚きの声も上がっている。

    ヤマハはTwitterで「本日は、ヤマハバイク生産終了のお知らせを多数しました。欲しくてたまらなくなった方は、在庫を販売店にお問合せのうえ、お早めにお買い求めください。いま所有されているオーナー様は、大事に乗り続けていただけると嬉しいです」と投稿した。

    今回、生産終了が発表された機種の中でもっとも歴史が長いのは「SR400」。

    同機種は、1978年に“ビンテージ・アクティブ・カジュアル”をコンセプトに発売開始。2008年に販売30周年を迎えたが、自動車排出ガス規制強化に対応できず、同年9月に一時生産を終了。翌2009年に排ガス規制に対応した設計を加え、販売再開した。

    販売当初から大きなデザインの変更がない、ヤマハのロングセラー車種のひとつである。規制に対応した新型車両が発売されなければ、約40年の歴史に幕を閉じることになる。

    2015年7月に公布・施行された「バイクの排出ガス規制」強化により、国内メーカーの車、バイクのラインアップが大きく変化していた。

    9月1日からは「平成28年排出ガス規制」対応適応となり、同日までに適応できない現行バイクは販売できなくなり、各社のモデルは岐路に立たされていた。


    【【バイク】ヤマハ、生産終了を相次いで発表 「SR400」「ドラッグスター」「セロー250」など9車種】の続きを読む

    WS000601

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/16(火) 01:21:45.21 ID:olvn/Uoq0 BE:353536565-PLT(13122)
    日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、
    「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。
    音楽教室の演奏、曲味わうため? JASRACに猛反発
    JASRACは来年1月の徴収開始を目指し、
    教室を運営する各社に使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、意見があれば回答するよう要請している。
    使用料規定は7月にも文化庁に提出する予定だ。
    これに対し、ヤマハや河合楽器製作所など教室側は2月、「音楽教育を守る会」を結成し、JASRACに対し「演奏権は及ばない」とする反論を各社が送付した。
    さらに使用料規定を出さないようJASRACに指導することを文化庁に要請し、要請に賛同する署名も約3万人分集めた。
    同会は今月30日の会合で訴訟の原告団に参加するよう約350の会員社に呼びかけるが、ヤマハによると複数社が参加を検討しているという。
    訴訟により、使用料率など金額の多寡が問題でなく著作権がそもそも及ばないと訴える狙いだ。
    著作権法は、公衆に直接聞かせたり見せたりする目的で演奏する「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。同会側は「技芸の伝達が目的で聞かせることが目的でない」と主張。
    JASRACは「人気曲を使い、魅力を生徒が味わっている以上、聞かせることが目的」と反論している。
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5H5DV7K5HUCVL01R.html
    【【朗報】ヤマハ、カスラックを提訴へ】の続きを読む

    WS000135


    1: フルネルソンスープレックス(徳島県)@\(^o^)/ [VI]:2017/02/02(木) 09:46:10.59 ID:moULHYdW0.net BE:844761558-PLT(13051)


    ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、
    日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。
    徴収額は年間10億~20億円と推計。
    教室側は反発しており、文化庁長官による裁定や
    JASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi
    【JASRAC、音楽教室から著作権料徴収へ・・・教室の生徒も「公衆」に当たると判断】の続きを読む

    このページのトップヘ