ヘイトスピーチ

    WS000295


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/04(木) 18:44:37.48 ID:CAP_USER9.net
    インターネットTVで動画を生放送するため京都を訪れていた韓国人の俳優が、木屋町のラーメン店で差別的な言葉を投げかけられていたことがわかりました。映像はネット上で広まり、日韓両国で批判の声が上がっています。

    「ここいいですね、ここ行こうか」(ユ・ミンソンさん)
    韓国人の俳優、ユ・ミンソンさん。先月末、スマホで自分を撮影しながら夜の京都を散歩し、その様子をネット上で生放送していました。

    「居酒屋ですか?」(ユ・ミンソンさん)
    訪ねたその店はラーメン店。するとカウンターにいた客とみられる男性が…
    「ファッキン・コリアン」(男性)

    ミンソンさんに差別的な言葉を投げかけた男性。さらに立ち上がり、店の入り口までやってきたかと思うと…

    「ファッキン・コリアンや、ゴーアウトや」(男性)
    「ハハ…」(ユ・ミンソンさん)
    「ハハちゃうねんアホ」(男性)

    その場では笑顔をつくり、店を後にしたミンソンさん。生放送の視聴者に向け悔しさを露わにします。

    「あーマジかよ!日本語ができなくて、お前みたいな奴がいるから日本が悪口を言われるんだと言ってやりたかったけど、日本語ができなくて…日本語ができなくて言えなかった。あー我慢しなきゃ」(ユ・ミンソンさん)

    現場は京都有数の繁華街、木屋町。MBSはラーメン店に取材を試みましたが、いまのところ連絡が取れない状態が続いています。
    ネット上では一連の様子を録画した動画が拡散され、日韓両国で批判の声が上がっています。

    「韓国の大手新聞、朝鮮日報もこの件を取り上げた記事を出しています。
    記事の本文を見ると漢字で『嫌韓』、韓国が嫌われている、という文字が見えます」(神崎智大記者リポート)

    ミンソンさんは「日本好き」を公言し、日本各地の観光地などをたびたび訪問。現地で出会った日本人女性と旅行を楽しむ動画などをネット上に数多く投稿していました。
    今回の一件について京都で聞いてみると…

    「かわいそう、差別アカンと思います。日本人として恥ずかしい」(女性)
    「ああいうことをやるのは一部の人だと思うので、それが全体の印象だと思われるのは嫌だなと」(女性)

    3日、MBSの取材に応じたミンソンさんはこうコメントしています。

    「これまで出会ったのはいい日本人が多かった。1人の個人によって、自国のイメージが変わることがあるということを皆に知ってほしい。
    今後も、韓国と日本がもっと友好関係になれるよう努めたいです。日本の方には、私に悪口した人を許してほしい」(ユ・ミンソンさん)

    配信 05/03 19:59

    MBSニュース
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20170503/00000057.shtml
    【【京都】ラーメン店でヘイト被害の韓国人俳優 「私に悪口した人を許してほしい」 MBS取材に応じる】の続きを読む

    WS000021


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/28(火) 11:37:23.77 ID:CAP_USER9.net
    ニュース女子「捏造、虚偽ない」 MXテレビが見解
    2017年2月28日 07:30

    東京MXテレビ ニュース女子 北部訓練場 ヘリパッド のりこえねっと ヘイトスピーチ 基地反対運動 BPO

     沖縄の基地反対運動をテロリストに例えるなどとした内容を放送し問題になっている東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、同局が27日、ホームページ上で「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法および放送基準に沿った内容だった」とする見解を発表した。同局が問題の番組について見解を出すのは初めて。一方、基地反対運動に参加する市民や有識者からは「完全に虚偽がある。事実と異なる点に答えていない」などと批判の声が上がった。

     同局は見解で「一部報道機関で、本番組が捏造・虚偽である、沖縄ヘイト、人権侵害であるなど、本番組の内容や事実、放送の意図とかけ離れた報道がされている」と指摘し、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会の審議結果を待たずに公表した理由を説明した。

     番組が、外部制作会社の「持ち込み番組」であることに触れ「内容のチェックはしている」とした。

     一方で「過激な活動家に焦点を当てるがあまり、適法に活動している方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現だったことは否めず、遺憾」とした。再取材を行うが「調査および取材を丁寧に実施する」ため、放送までに数カ月かかるとした。

     番組で「テロリストの黒幕」であるかのように報道された「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんの代理人・金竜介弁護士は

    「一つ一つ事実と異なると指摘している部分に対し、全く答えていない。テレビ局として無責任だ」と批判した。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-452116.html
    【【沖縄】辛淑玉の代理人のキム弁護士がニュース女子のMXテレビを批判「テレビ局として無責任だ」】の続きを読む

    WS000256


    1:ゆず湯 ★:2017/02/06(月) 09:40:06.48 ID:CAP_USER9.net
    法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を、要望があった二十三都道府県の約七十自治体に提示したことが、同省への取材で分かった。
    「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

    対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県など十三自治体が判断基準や具体例を示すよう要望。
    憲法が保障する表現の自由を尊重する観点から、集会やデモでの公共施設使用を不許可とする判断は難しく、対応に苦慮する自治体のニーズに法務省が応えた形だ。

    法務省人権擁護局は「ヘイトスピーチは新しい人権問題。
    具体例を参考に実情を踏まえた対策を取ってほしい」とし、十三自治体以外にも要望を受けて提供している。

    具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。
    さらに「○○人は日本を敵視している」などのように、差別的な主張の根拠を示す文言があったとしても、排斥の意図が明確であれば該当すると明示した。

    ヘイトスピーチを事前に規制する施策の策定を目指す川崎市の担当者は「参考にしたい」と話す。
    この問題に詳しい神原元(はじめ)弁護士は「法務省が示した具体例は、ヘイトスピーチの本質である『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だと明記している」と指摘。

    「対策法をより実践的に解釈している点で意義がある」と話している。
    法務省が具体例を公表せず自治体の要望で提供する対応にとどめていることについて、対策法に詳しい弁護士は「法律の抜け道を研究されることを防ぐためではないか」と推測している。

    ■「ヘイトスピーチのない社会を」川崎の市民団体 条例制定を訴え

    在日コリアンらの排斥を掲げるヘイトスピーチに反対する川崎市を中心とする市民グループ「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は四日、結成一周年記念集会を川崎区で開き、全国に先駆けた人種差別撤廃条例の制定を訴えた。二百七十人が参加した。

    神奈川県日韓親善協会連合会会長の斎藤文夫元参院議員は「市民一人一人が声を上げ、川崎からヘイトスピーチのない多文化共生の社会を」と宣言。
    ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイトデモは差別の対象となる当事者だけでなく地域を、社会を壊す。
    私たちには人と社会と地域を守り抜く義務がある」と講演し、条例制定の必要性を訴えた。

    ネットワークは昨年一月結成。
    昨年末に市人権施策推進協議会が福田紀彦市長へ提出した公共施設でのヘイトスピーチの事前規制を求める報告書を受け、市は今秋までに公共施設の利用制限に関するガイドラインを作成する。



    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017020502000108.html

    【【「韓国人は日本を敵視している」もヘイト】 法務省がヘイト法解釈で対応苦慮の自治体にキーワードを具体例を提示】の続きを読む

    WS000194


    1:豆次郎 ★:2017/02/05(日) 05:53:15.15 ID:CAP_USER9.net
    法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

     対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県などが判断基準や具体例を示すよう要望していた。

    https://this.kiji.is/200528855354017268?c=39546741839462401

    【【国へ帰れはヘイト】法務省がヘイト法解釈で具体例 対応苦慮の70自治体に提示 「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示】の続きを読む

    WS000692


    1:継続スレッド作成依頼1063-536@チンしたモヤシ ★:2017/01/11(水) 04:23:09.12 ID:CAP_USER9.net
    【時代の正体取材班=石橋学】ヘイトスピーチ解消法で許されないものとされる「不当な差別的言動」ついて法務省が昨年末にまとめた基本的な考え方の詳細が9日、分かった。
    どのような言動が該当するかは背景や文脈、趣旨を「総合的に考慮して判断」する必要があるとした上で典型例を挙げている。ヘイトデモ・街宣が多発している川崎市など全国13自治体に示した。

     昨年6月の解消法施行後、同省人権擁護局内に新設されたヘイトスピーチ対策プロジェクトチームが作成した解消法に関する「参考情報」に盛り込まれ、12月27日に各自治体へ送付された。

     解消法が定義している差別的言動を①危害の告知など脅迫的言動②著しい侮辱③地域社会からの排除をあおる言動―の3類型に分け、典型例を示した。

     ①には「○○人は殺せ」「○○人を海に投げ入れろ」「○○人の女をレイプしろ」を挙げ、②には蔑称で呼んだり、ゴキブリなどの昆虫や動物、モノに例えたりする言動が該当し得るとした。隠語や略語、伏せ字を使うケースがあることから文脈や意味合いを踏まえる必要があるとした。

     ③には「○○人はこの町から出て行け」「○○人は祖国へ帰れ」「○○人は強制送還すべき」を例示。加えて、条件や理由を付けて正当な言論を装う例がみられると指摘。
    「○○人は全員犯罪者だから日本から出て行け」「○○人は日本を敵視しているのであるから出て行くべきだ」のように、付された理由が意味をなさず、排除する趣旨にほかならない場合は該当するとの見解を記した。

     また、解消法は保護対象を「適法に居住するもの」と表記しているが、国会審議での答弁や付帯決議を示し、「不法滞在者等に対する『不当な差別的言動』であれば許されるとする趣旨ではないとされている」との留意点も付記。在日米軍に対する批判など政治的言動も該当しないとしている。

     一方、同じ文言でも状況や背景、前後の文脈により趣旨や意味が変わり得ることから、一律の判断基準を設けるのは困難との考えも示し、個別具体的な状況を踏まえた判断が必要としている。
    同省人権擁護局はさらに「挙げているのはあくまで現段階での典型例。新たな事例の発生も想定され、更新することもあり得る」と話す。

     解消法は国と自治体に対策の実施を求めており、自治体からはヘイトスピーチの判断基準や具体例を求める声が上がっていた。なかでも川崎市は全国に先駆け公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドラインの策定を表明したばかり。
    規制する言動をどう定義するかが今後の課題となっている。市人権・男女共同参画室の担当者は「共通の理解の仕方が整理されたのは良かった。ただ、現在進行形の問題であり、国には継続的な情報提供と事例の充実を求めたい」としている。

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12152-223747/

    【【差別的言動】「○○人は全員犯罪者だから出ていけ」やゴキブリ等に例える言動もヘイト…法務省が指針、在日米軍への批判は対象外★4】の続きを読む

    1:Japanese girl ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 10:37:04.66 ID:CAP_USER9.net
    共産党の池内さおり議員 オスプレイ事故で在日米軍に「日本から出て行け」

    14日、共産党の池内さおり衆院議員が自身のTwitter上で、オスプレイ事故を起こした在日米軍の態度を厳しく批判した。

    ことの発端は、米軍輸送機のオスプレイが13日夜、沖縄県名護市東海岸付近の浅瀬に不時着し大破した一件にある。

    【【Twitter】「アメ公帰れ!」共産党・池内さおり議員 歌詞を引用し在日米軍を厳しく批判】の続きを読む

    このページのトップヘ