ドローン

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:837857943-PLT(16930).net
    深刻な人手不足が続く新聞販売業界で、店から遠く部数も減少傾向にある過疎地域への戸別配達を維持していくため、
    小型無人機「ドローン」を活用する取り組みが動き始めた。産経新聞などを扱う韮崎新聞販売センター(山梨県韮崎市)が
    ドローンの開発を手がける「XYZ(エクシーズ)」(東京都新宿区)に依頼し、試験機を完成させた。韮崎滑空場で27日、
    実物の新聞を搭載したデモフライトが公開された。

    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/171027/ecc1710272134002-n1.htm
    過疎地域への新聞配送の実用化に向けて実施されたドローンのデモフライト

    【ドローンで過疎地域へ新聞配送 山梨で実証実験 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/18(火) 12:50:50.99 ID:1t0hyh7td.net BE:347424933-(1000)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010000-sorae_jp-sctch
    NTTドコモは4月17日、360度に広告などを表示できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したと発表しました。
     
    似たような全面に広告を表示できる気球型ドローンはこれまでも登場してきましたが、本ドローンは環状のフレームにLEDを並べ、LEDを高速回転させることで映像を表示します。
    つまり、LEDの残像で映像を表現しているのですね。また映像の表示位置も変えることが可能となっています。
     
    ドローンの最大直径は約88cmで、重量は3.4kg。ディスプレイは縦144ppiと横136ppiと若干解像度が低い気もしますが、実際の表示を見るときちんと世界地図が表示できていることがわかります。
     





    【【画像】ドコモが開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」が凄い、めっちゃ近未来感がある 360度に画像を表示】の続きを読む

    WS000183


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/06(月) 10:41:26.06 ID:NaKDrA6s0.net BE:323057825-PLT(12000)


    ドローンの活躍の場は広がり続けているが、同時にドローンを悪用するケースも増えている。
    中国ではこのたび、女子高生寮を盗撮していたと思われるドローンが目撃され、物議を醸した。
    学校側は「セキリティ対策を講じる」と表明しているが、そう簡単に対処できる問題でもないようだ。

    中国メディア・合肥晩報によると、ことの発端は2月15日21時ごろ、安徽省合肥市の某高校の女子学生寮付近を飛行する1機のドローンが確認されたことだった。
    寮にいた女子高生のAさんが言うには、学生寮は5階にあり、当時は多くの学生がベランダの扉を開け放し、雑談や遊びに耽っていたという。

    そんなとき、ベランダ近くにいたAさんの頭上でブンブンと鳴り響く音が聞こえてきたそうで、外を見ると建物から3メートルほど離れた場所を飛行するドローンを発見。
    Aさんは驚き、寮は一時騒然となった。

    学生たちを驚かせたのは、発見されたドローンは逃走するどころか、かえって近づいてきたことで、最短で腕1本分程度の距離まで接近。
    Aさんらはすぐに学校の保衛科に連絡し、学生のひとりがほうきを持ち出し、ドローンを叩き落とそうとしたことで、やっとその場から離れていったという。

    しかし、その約2分後、ドローンは再び登場する。今度は隣の寮のベランダ付近で10数秒間ぐるぐると回り続け、やっと闇に消えていったそうだ。

    Aさんの寮にはカーテンが備え付けられておらず、外からは“丸見え”の状態であったとのこと。
    ひとまず今後のためにカーテンやシートを貼り付けることで対処したそうだが、今後いつ再びドローンが飛んで来るかはまったく予想ができず、
    安心できない日々を送っているという。

    学校側は「パトロールを強化する」と表明しているが、一方で「人間がパトロールしたところで夜に飛行するドローンにどう対応するというんだ?」という疑問の声も少なくないようだ。

    ドローンで女子高生寮を盗撮か
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0303/nrn_170303_2871796006.html
    【ドローンで女子高生寮を盗撮  その後、闇夜に紛れてドロンと消える】の続きを読む

    このページのトップヘ