ダウンタウンDX

    WS000077


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/07(水) 07:43:24.52 ID:CAP_USER9.net
    6月1日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に女優の夏菜(28)が出演。酔っぱらったときのエピソードを明かし、ダウンタウンの松本人志(53)らを驚かせる場面が見られた。

     今回の放送では、“似たもの芸能人赤裸々ノンフィクション”というテーマで、夏菜の他、女優の高橋ひとみ(55)らが私生活を語った。番組開始から20分ほどたった頃、夏菜が6年前に同番組に出演したときに紹介された、ゲームが好きすぎて1日中パソコンに向かっている姿が再び流され、NHK連続テレビ小説『純と愛』で主演を務めてから、女優として充実した日々を送ってきたと説明された。

     その後、“自宅で夜な夜な◯◯にハマる”というコーナーでは、現在の夏菜はゲームに加えてワインにもハマっていることが報じられ、ソムリエ試験のためにワインの品種を替え歌にして覚える姿がVTRで流れた。

    スタジオで夏菜は「(ワインを)1人で1日に1、2本空ける」と語り、さらに「すごい酔っぱらっちゃって、植木鉢に突っ込んだり、電車に乗って埼玉の山奥の指扇(さしおうぎ)らへんまで行った」と告白。続けて終点で駅員から起こされたものの、またホームのベンチで寝てしまい、両親に捜索願を出されたことがあると明かした。

    「それぐらいお酒が好き」と語る夏菜だったが、この日、俳優の高橋克実(56)から「酔うと頭皮の匂いを嗅いできたり、頭を舐められたりする」と、クレームを受けたばかりの高橋ひとみからも、「私よりヒドい」とあきれられてしまう。さらに松本から「(酔って)オッサンの頭皮、吸うてるかも分からん」とイジられ、出演者たちから爆笑されていた。

     しかし、夏菜がエピソードを語る中での「埼玉の山奥の指扇」という発言が、埼玉県民をザワつかせてしまう。ネットでは「大宮から3駅だよ」「地元ですが、指扇に山はありません」「指扇は終点駅じゃないから、駅員に呼び止められない」などと、埼玉県民とみられるユーザーの書き込みが続出していたのである。

     放送後、夏菜は自身のインスタグラムで、「ダウンタウンDXみてくださってありがとうございました。指扇、山奥じゃないよってたくさんの方から言われました。笑笑 ごめんなさい、同じ埼玉県民なのに…。あのときは酔っ払いすぎてて山奥に見えたのです。指扇だったのかもちょっと実はちゃんと覚えてない…。すみません。何かの時と勘違いしちゃってるかも。その時の印象で話しちゃいました。失礼しました。あれはどこだったんだろう」と、コメント。騒ぎの沈静化を図っていた。

    「埼玉県は東京へのアクセスが良いためか、県民は自分の住んでいるエリア以外はよく知らない人が多いんですよ。夏菜さんも、なんとなく埼玉の奥っぽいと考え、よく知らずに指扇と言ってしまったのかもしれませんね」(情報誌ライター)――発言にはご注意を!

    2017年06月07日 06時00分 公開
    https://taishu.jp/detail/28084/
    【【テレビ】<夏菜>「指扇は山奥」発言が炎上し、埼玉県民に謝罪!「あのときは酔っ払いすぎてて山奥に見えたのです」】の続きを読む

    WS000500

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/12(金) 07:07:03.49
    11日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が、ベッキーに同情する場面があった。

    番組では「ガチ密着SP」と題し、ベッキーやノンスタイルの井上裕介に密着取材した。井上の密着VTRでは、謹慎生活から復帰した直後の、舞台の様子も追っていた。

    VTR後、司会のダウンタウン・浜田雅功が「アレ(井上の様子を)見ててどう思いました?」と、ベッキーにコメントを求めた。
    ベッキーは納得したような様子で「色んなところ共感しましたよ、気持わかるって思いました」とコメント。
    続けて「井上さんの一件で、本当に運転気をつけるようになりました」と話し、「私は自分の反省も活かしたいし、人の反省も活かしたい」「(井上さん)ありがとう」と、真剣な表情で語った。

    すると、松本人志は「どっちかと言うと、ベッキーは当て逃げされたほうや」とベッキーに同情し、笑いを誘っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13050399/
    2017年5月12日 6時50分 トピックニュース
    【【芸能】ダウンタウンの松本人志がベッキーに同情「当て逃げされたほう」】の続きを読む

    このページのトップヘ