インタビュー

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:194767121-PLT(13001).net
    18日、日本テレビ「NEWS ZERO」では「プロ7年目 斎藤佑樹(29) ”ハンカチ王子”の現在」として、北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹のインタビューを放送した。

    甲子園のヒーローから早稲田大学のエースになった斎藤は、2010年のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、プロ入りを果たすと、2年目には開幕投手に。
    順風満帆にきているように見えた斎藤だったが、2年目を5勝で終えるとケガにも悩まされ、その成績は徐々に下降の一途をたどる。

    「本当に怖いもの知らずで、それこそ打たれるはずないと思って投げてたんで。打たれないと思っていたところが簡単に打たれるってなった瞬間にやっぱり甘い世界ではないと感じました」。
    番組のカメラにこう切り出した斎藤は、「腐りかけた時期ももちろんありますし、例えば違う仕事をしていたらどうなんだろうとか。俺の居場所はここじゃないのかなって思う瞬間も何回かありました」と言葉を続けた。

    また、2016年にはチームが日本一に輝くも、この年の斎藤は1勝もできず。優勝旅行を辞退し年明けにはグアムで自主トレを行った。それでも今季の成績は1勝3敗で
    防御率は8.18と不本意なもの。崖っぷちの29歳は、プロ野球選手の平均引退年齢が29.6歳(2016年NPB調べ)と伝えられると、「引退とかクビとかというのはもちろん感じているというか頭の中にはある」という。

    それでも「それは自分がやった後についてくる、出てくる話でまだ勝負できるうちにそんなことは考える必要はない」と前向きに語ると、「ダメでもそれに向かっていく。
    挑戦し続ける。僕らはダメだったらクビ切られるだけ。そこまで本当に勝負し続ける。だから諦めたらダメ」などと自分に言い聞かせるように語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13491585/
    【斎藤佑樹「引退とかクビは、もちろん感じている」】の続きを読む

    WS000050


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/27(土) 14:50:02.72 ID:9Y42eptD0.net BE:723460949-PLT(13000)
    【AERA】前川喜平はウソつきか? インタビューで答えた“総理と加計の関係”

    「出会い系バーはテレビのドキュメンタリー番組で知った。経済的に困窮した女性
    が朝まで居場所代わりに使ったり、そこで見つけた男性客に体を売ってお金を稼いだり
    している実態は衝撃的だった。実際に生の声を聞きたくて足を運び始めた」
     多いときは週に1度のペースで店に通い、女性たちの身の上話に耳を傾けた。女性たちの
    多くが、両親の離婚や学校の中退を経験していることを知った。
    「この状態を何とかしなければという思いは、仕事の姿勢にも影響した。高校無償化や
    大学の給付型奨学金などに積極的に取り組んだ。私は貧困問題が日本の一番の問題だと思っている」
     前川さんは辞任後、二つの夜間中学校の先生、子どもの貧困・中退対策として土曜日に
    学習支援を行う団体の先生として、三つのボランティア活動をしている。最近、子どもたちに
    因数分解をわかりやすく教えるため、『とってもやさしい数学』という学習参考書も買った。
    https://dot.asahi.com/aera/2017052600095.html?page=2

      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    JC買春疑惑の前川事務次官、ガチのロリータだった! 退職後、中高生に連日夜の教育を施していた事を週刊誌がスクープ
    http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1495844429/

      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    竹下郁子/Ikuko Takeshita @i_tkst
    なぜ記事の内容と正反対の見出し(?)が立っているのか。2chってそういう場所なの?
    【アエラが出会い系バー通いの前川の擁護記事 ⇒ 嫌儲板が「ガチロリ」でスレ立て ⇒ アエラ記者がお怒り!】の続きを読む

    WS000224


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/19(水) 11:36:51.57 ID:CAP_USER9.net
    テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)で18日、同番組のキャスター・富川悠太アナウンサー(40)が、元SMAPの木村拓哉(44)に独占インタビューした模様が放送された。

    木村は、29日に全国公開される主演映画「無限の住人」に関することにとどまらず、昨年の大晦日で解散したSMAPやファンへの思いについても素直な気持ちを語った。

    「(「無限の住人」を)撮影している最中はまだSMAPの木村さんだったんですよね?」という富川アナのひと言から、木村が「解散」について口を開いた。
    「ご自身で違った感覚はありますか?」と問われると、「どこかやっぱり去年までは自分が漕いでなくても、
    自分がちょっと力を抜いても、動いてなくても、なんか推進力ってあったような気がするんですけど、
    2017年からは推進力は自分次第だなって思うようになりましたね」。言葉を選びながら話す表情はまだ複雑に見える。

    続けて「なんか不思議な感じはありましたね。変な話、大晦日にNHKホールにいないっていうのはすごい不思議な感覚でしたね」。
    1991年に初出場して以来、01年と04年をのぞき15年まで計23回出場してきた
    「NHK紅白歌合戦」に触れながら“変化”を語った。当日は「紅白見たり、他を見たりとか」して過ごしたという。

    28年間続いたSMAPとしての活動がなくなったことについては「なくなったっていうよりかは、
    その形状がなくなっただけで、やってきたことは事実ですし、自分の中でなくなるというものではないので…。
    変に深刻になるようなメンタリティーでいると、逆にいろんな事を望んでくれた人に失礼だし」と話した。

    富川キャスターの「37万人のファンが(解散中止を願う)署名をしたということで、奈良市の人口より1万人多いんですよ」の言葉には、
    「そういう気持ちをいただいたにもかかわらず、状態としては今の状態になったので、
    なんか逆に自分がこれから現場で表現させていただく中で、そういう人たちに対する“お返し”をしていかないといけないなって気持ちはありますね、正直」と表情を引き締めた。

    さらに「ほんとに皆さんの、いろんな方々の一部にしていただいてたっていうのは本当に感謝しないといけないと思うし、
    その感謝をちゃんと体現していかないといけないなという状態ですね」とファンへの気持ちを語った。

    今後については「これからも、もっともっと欲張りにアンテナを張って、感じるものをいっぱい感じないと」と抱負を述べ、
    「何かに秀でてるわけじゃないので。『よし行けた!』っていう自分の中であまり合格は出せない」と謙虚だった。

    昨年4月から「報ステ」の2代目キャスターに就任した富川アナが、自身について「私は一度も合格点を出していないです」と語ると、
    「だから続けられるんじゃないですか?」と木村。柔らかい表情になって「どこかでどういう風が吹くかわからないので、強い風が吹いたら、しならないとダメ。折れちゃいます」と、
    目の前にある満開の桜の木を見上げながら、富川アナと自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

    富川アナはスタジオで「(インタビューを始める前に)打ち合わせをと言ったら、『打ち合わせいらないっすよ。何でも聞いてください』って。
    素直な気持ちを話してくれたんだなという印象を受けました」とインタビューでの木村について語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12954492/
    2017年4月19日 8時5分 スポーツ報知
    【【芸能】木村拓哉「報ステ」で「解散」語る…「何でも聞いてください」】の続きを読む

    WS000129

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/08(土) 10:55:20.88 ID:qvoK7Tot0.net BE:579854523-(1000)
    1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった和歌山毒物カレー事件。
    当時、10歳だった林真須美死刑囚(55)の長男(29)が初めてテレビのインタビューに応じた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794159-nksports-soci
    【カレーがどうやっても不味い 火を止めてからルーを入れた 野菜炒める・炒めないもやった これ以上何をどうすれば…_| ̄|○ [579854523]】の続きを読む

    1:餡子先生 ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 13:52:21.53 ID:CAP_USER9.net
    韓国紙、東亜日報は7日、安倍晋三首相の昭恵夫人のインタビュー記事を掲載した。慰安婦問題などで日韓関係がこじれる中、「どんなことがあっても韓国は日本にとって大事な国」と語った。

     韓国では、歴史問題などで強硬姿勢が目立つ安倍首相への好感度は低いが、昭恵夫人は日韓交流行事に積極的に参加するなど「知韓派」として知られる。

     同紙によると、インタビューは1月19日、首相官邸で行われた。昭恵夫人は山口県下関市と姉妹都市の韓国・釜山市の交流に触れ「政府間で問題があっても国民同士が仲良く過ごすことが大事」と強調した。

     インタビュアーは日韓関係に関する記事も多く書いている許文明論説委員。日韓が「互いの悪い点より良い点を見て学ぶべきだという(昭恵夫人の)言葉に共感した」などと記事を総括した。(共同)

    (続きは以下のソースでお願いします。)
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/amp/170207/wor1702070015-a.html

    安倍昭恵総理夫人(荻窪佳撮影)

    【【話題】首相夫人の安倍昭恵さん「どんなことがあっても韓国は日本にとって大事な国、国民同士が仲良く過ごすことが大事」】の続きを読む

    このページのトップヘ