お通し

    WS000048


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/29(日) 10:45:55.48 ID:CAP_USER9.net
    「お通し」めぐり訪日観光客とトラブルも 法的な規制は困難との見解
    2017年10月27日 11時5分 写真:東洋経済オンライン

    勝手に出てきたお通しに疑問を感じたことがある人は少なくないでしょう(写真:kou-aozora/PIXTA ピクスタ)

    居酒屋などで最初に出されてくるお通し。注文した料理が出てくるまでの酒のさかなだ。すぐ出せるように作り置きしてある料理が300円程度の価格で少量提供されることが多い。なかには、1000円を超えるお通しを出す店もある。

    だが、最近の訪日観光客の増加を反映してか、外国人客に提供したお通しについての苦情が増えているという報道も見られる。無料だと思って食べたお通しの代金が会計時になって請求され、トラブルになるというケースだ。

    お通しは日本の文化という人もいる。お通しの語源について、「お客様をお通しした」、あるいは「注文を通した」という意味で出したからともいわれ、関西方面では突き出しともいう。お酒はすぐに提供できるが、料理は時間がかかるので、すぐに出せる1品があったほうがいいという気遣いから誕生したという説もある。それゆえにひと昔前は無料だったという証言も多い。

    お通しは利益確保の手段でもある
    チェーン店などが台頭し居酒屋が大衆化したことで、競争環境は厳しくなった。たとえば、客単価が3000円の店だったら300円のお通しを出せば、その10%を占めるわけだから、利益確保の手段にもなっている。おもてなしの役割を持つお通しが、店側にとって都合のいい売り上げ確保の手段になってしまっている側面もあるのだ。

    「お通しはおもてなしの心。料理人の腕がわかる」「季節感のあるお通しが楽しみ」とった意見がある。しかし、業務用のマカロニサラダや切り干し大根などで300円以上の代金を取る店も目立つ。

    大学生に消費生活上の不満を尋ねると、居酒屋のお通しを挙げる者が少なからずいる。お通しに支払う300~400円は大学生にとっては学食で食べる昼食1回分と同じ。食べたくないもの、嫌いなものでも代金を支払わなければならないのは納得いかないというのが不満の理由だ。

    そこで、私が兼任講師を務める立教大学法学部の消費者法ゼミで2014年に学生たちが都内の大手チェーン居酒屋10店舗を調査し、お通しの価格、内容、断ることができるかなどを調べた。


    お通しの提供は各店によって異なります(写真:jazzman/PIXTA ピクスタ)

    調査の結果、お通しを断ることができる店舗とできない店があり、価格は273円(税込み)から399円(同)だった。

    店舗によっては「お通しをご希望でない場合は遠慮なくお申し付けください」とメニュー記載する店があったり、「当店ではお通し代として380円を頂戴しております。ご了承ください」と提供を半ば強制するお店もあった。このときはチェーン店のみでの調査だが、何の表示や説明もなく提供され、会計時になって金額がわかる店も多い。

    学生を中心にアンケート調査も実施した。お通しの価格が思ったより高かった、嫌いなものやアレルギー成分の含まれたものが出されたことがあるなど、否定的な意見が大半を占めた。

    お通し文化そのものを禁止すべきとする意見はあまりなく、お通し提供の有無、価格、断れるかどうかを事前に表示し、消費者がそれを参考にお店を選べるようにすべきという意見が大半であった。そこで、お通しの制度や価格内容について、ゼミで表示制度の検討を消費者庁と東京都に要望した。現在、こうした表示を義務づける法律や条例はない。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13807572/
    【【日本】居酒屋の「お通し」海外観光客から批判も 】の続きを読む

    WS000138


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/26(日) 19:06:45.87 ID:CAP_USER9.net
    日本を訪れる外国人観光客の中には、居酒屋などで、メニューに表示されていない「お通し代」を徴収されて困惑する人もいるようだ。
    外国人観光客が多く訪れる沖縄県の沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)では、
    トラブルを未然に防ぐために、2016年、居酒屋などへメニューの多言語化を呼びかけた。
    OCVBが運営する「多言語コンタクトセンター」には、
    外国人観光客から「レシートに身に覚えのない代金が入っているが、これは何か」という質問が寄せられていたそうだ。
    呼びかけ後はメニューを多言語化し、お通し代について表記する店舗が増えているという。
    担当者は弁護士ドットコムニュースの取材に対して「昨年、一昨年に比べて、最近は、お通し代をめぐる相談は減っている。
    ほぼ目にしなくなった」と話した。

    お通し代をめぐっては、外国人観光客だけではなく、日本人でも違和感がある人が少なくない。
    ネット上では「お通しはいらない」「日本人でさえ困惑する」という声が上がっていた。
    そもそも法的には、お通しという、自分が注文していないものに対して代金を支払う必要があるのだろうか。石崎冬貴弁護士に聞いた。

    ●店と客の間には「お通し」をめぐる契約が成立している

    飲食店で食事をする際に、法律を意識することはないと思いますが、当然、その際にも契約が成立しています。
    お客さんは、注文したものを食べる権利があり、その代金を支払う義務を負います。
    逆に、お店は、注文を受けたものを調理して、給仕する義務がありますし、その代わりに、食事代をもらう権利があります。
    普段は意識していませんが、飲食店で食事をする際、私たちはそのような契約を結んでいるのです。

    当然、何を注文するかは、お客さんの自由ですが、注文していなくても「お通し」が出てくることは、日本の飲食店において、暗黙の了解になっているところがあります。
    「お通しをください」と言わなくても、お通しを頼んだものとしてお互い理解しているため、成り立っている制度です。

    つまり、居酒屋に入ってお酒を頼んだ時点で、お客さんはお通しを頼んでいる(または、お通しが出されても断らない)し、
    お店も、これに応じてお通しを出す、という契約が成立しているということになります。

    もちろん、お客さんはお通しを断ることもできますが、お店によっては、お通し代が席料を兼ねているなど、
    絶対に頼んでもらう必要がある場合もありますので、お店側が、「お通しを断るお客さんには退店してもらう」ということも可能です。

    ただし、このような共通理解は、文化的背景があって成立するものです。それを知らない外国人に対しても同じことは言えないと思います。
    トラブルの予防という意味でも、外国人向けのメニューには、「お通し代を請求します」と書いておくべきでしょう。

    ●「お通し代」の問題は、欧米の「チップ」と同じ

    「お通し代」の問題は、欧米の「チップ」と同じように考えてよいと思います。
    お通しもチップも、文化を前提とした暗黙の了解に基づくものですので、異なる文化圏の方は理解できませんし、そもそもその存在を知りません。

    東京オリンピックを前に、温泉マークなどの案内用図記号(ピクトグラム)が整理されたり、飲食店の禁煙などの整備が進んでいますが、「お通し」も同様に考えるべきだと思います。
    ちなみにチップも、外国人の旅行客が多い場所では、「チップ不要」などの説明が書いてある場合があります。

    【取材協力弁護士】
    石崎 冬貴(いしざき・ふゆき)弁護士
    神奈川県弁護士会所属。フードコーディネーターなど食品・フード関係の資格も持ち、飲食店支援サイトを運営するなど、食品業界や飲食店の支援を専門的に行っている。

    事務所名:弁護士法人横浜パートナー法律事務所
    事務所名:弁護士法人横浜パートナー法律事務所
    事務所URL:http://food-lawyer.net/

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0326/bdc_170326_6125329651.html
    弁護士ドットコム3月26日(日)9時44分

    【【外食】居酒屋「お通し」に外国人観光客が困惑…注文していないのに、支払う必要は?】の続きを読む

    WS000518


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/17(金) 20:36:38.97 ID:CAP_USER.net
    http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188097.php

    <訪日外国人観光客の増加につれ、クローズアップされる「お通し」トラブル。「なぜ払わなければいけないのか!?」
    という不満の声は、実は外国人だけでなく日本人からも上がっている>

    【シリーズ】外国人から見たニッポンの不思議
    ビザの緩和や免税制度の拡充を背景に増加し続ける外国人観光客。2016年の訪日外国人観光客数は前年比21.7%増で
    2400万人を突破し、4年連続で過去最高を更新するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け
    、さらなるインバウンド市場の拡大を期待する業界も多いことだろう。
    訪日の大きな目的である「グルメ」を提供する飲食業界もそのひとつ。近年では、よりネイティブな食文化を楽しみたいと、
    ガード下や横丁の焼き鳥屋や居酒屋で夕食を楽しむ外国人も増えている。

    【参考記事】訪日外国人の胃袋をつかむ「食」のマッチングサービス
    そんな居酒屋でいま、客である外国人とのトラブルが多発しているという。居酒屋をはじめ、主に酒類を提供する日本の飲食店特有の
    システムである「お通し」に関するいざこざだ。
    昨年末、沖縄の地元紙「琉球新報」が報じたところによれば、外国人観光客向けに沖縄観光をサポートする沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)には、
    居酒屋などのテーブルチャージやお通し代など、メニューに表示がない料金の請求に困惑する外国人から質問が寄せられており、
    同センターが詳細を確認して店側が非を認めた場合、返金する事例もあるのだという。
    店舗側からすれば、お通しは「注文した料理が出るまでの酒のつまみ」であり、「テーブルチャージ」の意味合いも含んだものというのが一般的な認識だ。
    しかし、その金額は300~500円と料理1品と同等であるため、システムを理解していない外国人にしてみれば、
    「頼んでもいない料理になぜ料金を支払わねばならないのか!?」と、不満や憤りを覚えるのも当然だろう。
    英語のネット掲示板では「お通し」は「Compulsory Appetizers」、つまり「強制的な前菜」と翻訳され、たびたび非難の的となっている。

    実のところ、そうした日本特有の「お通しシステム」には外国人はおろか、これまで当たり前のものと捉え享受してきた
    日本人からも非難の声が上がり始めている。2009年にYahoo!が行った意識調査(回答数:76,339票)によれば
    、「お通しは出して欲しい?」という質問に対し、「無料なら出して欲しい」が77%、「無料でもいらない」が17.3%と、実に94.3%が否定的な回答となった。
    来店後、おしぼりと一緒に提供されるお通しは、居酒屋でのお馴染みの光景である。この日本の飲食店特有のシステムであり文化は、
    本当に必要ないものなのだろうか。


    不満の理由は「強制感」「質の悪さ」「説明不足」
    外国人観光客から「強制的な前菜」と非難される、居酒屋のお通し。システムの理解云々以前に、その不満は文化的な背景によるものも大きい。
    欧米ではビジネスをはじめ、ショッピングにレストランでの食事であれ、その売買は売り手と買い手双方の合意に基づく契約が基本となる。

    つまり、料理の内容と価格が適正ならば納得(=合意)し、客は注文し、店は調理する(=契約)という認識であり、
    合意も契約もせぬまま問答無用で提供され、サービスと思いきや会計時に料金を払わされるお通しには納得できないという不満は、
    ある意味、当然の反応といっていいだろう。

    (続きはサイトで)
    【【国内】居酒屋の”お通し”に外国人観光客が困惑「なぜ頼んでもいない料理に料金を払わなければいけないのか!?」】の続きを読む

    otoushi

    【【沖縄】「お通し」って何? 外国人客のトラブル増 店に「多言語化」呼び掛け】の続きを読む

    このページのトップヘ