海外

    WS000050


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/09(月) 12:11:06.78 ID:EEx6G/540 BE:533895477-2BP(2001)
    北方領土の共同経済活動 日本の2回目調査は今月下旬に

    ロシア外務省は、日本とロシアの平和条約の締結に向けた重要な一歩とされている北方領土での共同経済活動をめぐって、日本の官民の代表団による2回目の現地調査が、今月下旬に行われる見通しを明らかにしました。
    これは、ロシア外務省のザハロワ報道官が4日の記者会見で明らかにしたものです。
    それによりますと、北方領土での共同経済活動をめぐって、日本の官民の代表団による2回目の現地調査が今月下旬に行われる見通しで、現在、日本政府と調整しているということです。

    北方領土での共同経済活動は、去年12月に行われた日ロ首脳会談で、安倍総理大臣とプーチン大統領が平和条約の締結に向けた重要な一歩になるとして協議を始めることで合意したもので、ことし6月には1回目の現地調査が行われました。
    先月行われた日ロ首脳会談では、共同経済活動で優先的に取り組む事業として、海産物の養殖や風力発電の導入、それにごみの減量対策など5項目に絞り込まれました。
    このため、2回目の現地調査では、こうした事業に関わる企業から話を聞くなど、具体化に向けた可能性を探るものと見られます。
    ただ、共同経済活動を行うにあたって日本は、両国の法的な立場を害さない特別な制度を設けるよう求めているのに対し、ロシアはあくまでも自国の法律のもとで行う姿勢を崩しておらず、実現に向けて課題も残されています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171005/k10011168121000.html
    【政府「北方領土問題のロシア側の態度がおかしい。返還論のへの字も言わなくなった」】の続きを読む


    WS000045

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/08(日) 18:55:51.41 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮 米西海岸射程のミサイル発射準備か
    10月7日 16時57分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171007/k10011171351000.html

    北朝鮮を訪問したロシアの議員団が、北朝鮮が近く、アメリカ西海岸にも到達可能な、新たな長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにし、今月10日の朝鮮労働党の創立記念日を前に、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。

    ロシア国営通信によりますと、ロシア議会下院の極右政党「ロシア自由民主党」の議員団は、今月2日から6日までの日程で北朝鮮を訪れ、政権の幹部らと会談しました。

    訪問を終えた議員団のひとり、モロゾフ議員は6日、「北朝鮮は新たな長距離ミサイルの発射実験を準備している。計算式を用いて、ミサイルはアメリカ西海岸にも到達可能だと示した」と述べ、北朝鮮が近く、長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにしました。

    モロゾフ議員によりますと、北朝鮮は、ミサイルの弾頭を大気圏に再突入させ、制御する技術を確立したと主張し、軍事的な士気も十分に高かったということです。

    北朝鮮では、今月10日が、朝鮮労働党創立72年の記念日で、これに合わせて指導部が、核や弾道ミサイルの開発を進めるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長をたたえ、さらなる権威づけを図ると見られていることから、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。
    【【北ミサイル】北朝鮮 米西海岸射程のミサイル発射準備か 10日を前に各国は新たな軍事挑発の動きを警戒】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/06(金) 10:52:21.68 ID:CAP_USER9.net
    全米ライフル協会が銃規制を勧告 世論に先手
    朝日新聞:2017年10月6日10時22分
    http://www.asahi.com/articles/ASKB62CS3KB6UHBI00N.html



    米バージニア州にある全米ライフル協会(NRA)の本部=ロイター




     銃規制強化に反対する米国有数のロビー団体「全米ライフル協会」(NRA)は5日、米史上最悪となったラスベガス乱射事件後に初めて声明を出し、
    容疑者が銃撃に使った全自動(フルオート)銃のように高速連射が可能となる装置を「追加の規制を課すべきだ」と政府に勧告した。

     共和党に強い影響力を持つNRAが限定的ではあるが、規制容認に転じたことで、銃規制がわずかに進展する可能性が高くなった。

     今回の乱射事件で容疑者は、1発ずつしか発射できない半自動小銃を全自動で連射できるように改造できる「バンプストック」と呼ばれる装置を使っていた。
    現行法では全自動銃の所持は厳しく規制されているが、半自動小銃とバンプストックは規制対象ではない。

     NRAは声明で
    「(バンプストックなどの)装置が合法かどうか、直ちに再考するよう『アルコール・たばこ・火器局』に要請している。半自動小銃を全自動のような性能にしてしまう装置には追加の規制が課せられるべきだ」と述べた。

     民主党は4日にバンプストックを規制する法案を提出したばかり。
    NRAとしては、より厳しい規制を求める世論が大きくなる前に手を打った形だ。法規制ではなく行政措置で対処したい思惑もあるようだ。
    【【ラスベガス乱射事件】全米ライフル協会が銃規制を勧告 世論に先手】の続きを読む

    WS000005


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:618588461-PLT(36669).net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000500-san-cn

    あるIT起業家の死が中国社会で波紋を呼んでいる。
    男性は婚活サイトで知り合った女性と結婚したが、わずか1カ月余りで離婚。
    その後、インターネット上に女性の非道を訴える“遺書”を残して自殺した。男性に何が起きたのか-。(中国総局 西見由章)

     2000万人のユーザーがいたとされる中国の無料通話アプリ「WePhone」。
    その開発者である蘇享茂氏(37)が9月7日、建物の屋上から飛び降りて自ら命を絶った。
    中国紙の新京報によると蘇氏は前日、ネット上に残した文書の中で、婚活サイトで知り合い離婚した女性から多額の慰謝料や不動産の譲渡を要求され、金が用意できずに追い込まれていたことを告白していた。

     文書によると、離婚した元妻は「WePhone」が法律上グレーゾーンだと非難し、おじが警察官であることを利用して「サービスを停止させて罰金を科し、破産させる」と脅迫していたという。

     元妻は蘇氏の「脱税行為」も指摘。
    離婚にあたり、精神的苦痛に対する慰謝料として1000万元(約1億6千万円)と、リゾート地である海南省三亜のマンションの譲渡を要求していたと蘇氏は訴えている。

    蘇氏は7月18日に署名された離婚協議書もネット上で公開した。
    協議書は蘇氏が無条件で三亜のマンションを女性に譲渡しなければならないと規定。
    また蘇氏は無条件で1000万元の慰謝料を女性に支払うとし、うち未払いの340万元については120日以内に支払うことを要求。
    実行できなければ毎日10万元(約160万円)の利息が発生すると明記されている。

     蘇氏が死去した2日後に遺族が発表した声明によると、蘇氏は9月7日の早朝5時ごろ、「元妻の嫌がらせに耐えられず」飛び降り自殺を図った。
    死亡する数時間前には元妻からの脅しと非難のメッセージが次々と届いていたという。

     蘇氏と元妻は今年3月に婚活サイトで知り合い、6月7日に結婚した。
    蘇氏は妻に海南のマンションや電気自動車を買い与えるなどしたが、1カ月余り後の7月18日には離婚が成立した。

     蘇氏は、結婚後に元妻の態度が豹変したと主張。
    また蘇氏は初婚だったが、元妻は過去に短期間の結婚歴がありながら婚活サイトも元妻もその情報を蘇氏に知らせていなかったという。
    【婚活サイトがヤバい!成婚→1ヶ月で離婚→慰謝料1億6000万→男は用意できず自殺】の続きを読む

    WS000051


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/04(水) 13:27:48.28 ID:CAP_USER9.net
    (CNN) ナチス・ドイツに占領されたオランダのアムステルダムで隠れ家にいたアンネ・フランクは、なぜ見つかってしまったのか――。

    「アンネの日記」の作者を死に追いやったその経緯について、
    米連邦捜査局(FBI)の元捜査員率いるチームが調査に乗り出した。

    調査を率いるのはかつてFBIでコロンビアの麻薬犯罪組織を追っていたビンス・パンコーク氏。
    未解決事件の捜査に関する手法や、この10年の間に開発されたデータ分析ソフトウェアを駆使して、
    「誰がアンネ・フランクを裏切ったのか」という史上最大級の謎に挑む。

    当時10代だったドイツ人少女のアンネは、父オットー・フランクが過去にオフィスとして
    使っていたアムステルダム市内の建物の隠し部屋に潜んでいた。
    フランク一家は別のユダヤ人の一家とともに2年以上も隠れていたが、
    1944年8月、ドイツ秘密警察のゲシュタポに発見され、強制収容所に送られた。

    アンネは第2次世界大戦が終結する直前、15歳の時にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所で死亡。
    生き残った父のオットーは1947年にアンネの日記を出版した。

    オランダ警察は戦後、オットーの要請を受け、フランク一家を裏切った人物を突き止める捜査に着手した。
    オットーは、倉庫の作業員が居所を明かしたのではないかと疑っていたが、捜査でも結論は出なかった。

    アムステルダムのアンネ・フランク・ハウスは昨年、隠れ家は情報提供に基づいて捜索されたのではなく、
    ゲシュタポによって偶然発見された可能性があるという調査結果を公表している。

    これに対して今回の調査では、発見に至るまでの出来事を再現するとともに、
    これまでにフランク一家を裏切った可能性が指摘されてきた「容疑者」30人全員について調査する。

    アンネの日記や当時の記録からも情報を収集し、専用ソフトウェアでデータをスキャンして容疑者を絞り込む。
    調査チームは捜査員のほかデータ分析やプロファイルの専門家、歴史家、犯罪学者などで構成。
    一般からも情報を募り、俳優を使って過去の目撃証言や容疑者の発言を再現してもらう。

    アンネ・フランク・ハウスの協力も得て、同プロジェクトは映像で記録され、クラウドファンディングを通じて資金集めを行う。
    パンコーク氏はCNNに寄せた談話の中で、2005年にアムステルダムを訪れた際に、
    「事件はまだ解決されていないと聞かされて驚いた」と動機を語っている。
    同氏の父は第2時大戦に従軍し、強制収容所の解放にもかかわっていたという。

    データ解析のためのソフトウェアは、人工知能(AI)を専門とするオランダのソフトウェア会社が提供する。
    調査の進捗(しんちょく)状況についてはパンコーク氏がインターネットで報告する予定。
    隠れ家にいたフランク一家が発見されてから75年目に当たる2019年8月4日までに成果の発表を目指す。

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35108278.html

    アンネ・フランク

    【【国際】アンネ・フランクを裏切った人物は? 元FBIが捜査に着手】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/03(火) 09:25:58.21 ID:CAP_USER9.net
    アメリカ・ラスベガスで、1日、銃の乱射事件があり、これまでに59人が死亡、500人以上がけがをし地元のメディアは、アメリカで起きた銃の乱射事件としては過去最悪だと伝えています。
    乱射したと見られる男は現場近くのホテルの部屋で死亡しているのが見つかり、警察は、動機などについて調べています。

    アメリカ西部ネバダ州ラスベガス中心部にあるホテルやカジノなどが入った複合施設の近くで1日午後10時すぎ、銃の乱射事件がありました。

    警察によりますと、これまでに59人が死亡し、527人がけがをしたということです。

    一方、日本の外務省によりますと、これまでのところ、日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

    警察は、近くのホテルの32階の部屋で死亡していた64歳のスティーブン・パドックという名前の男が、通りを隔てた屋外のコンサート会場に向けて銃を乱射したと見て調べています。
    現場では、当時、カントリーミュージックのコンサートが行われていて、会場の広場には音楽のステージのほか、出店や娯楽設備が並び、周辺にはおよそ2万人がいたということです。
    男は先月28日からホテルに滞在し部屋からは銃器10丁以上が発見されたほか、自宅からも複数の武器が見つかったということで、動機などについて調べています。

    地元のメディアはアメリカで起きた銃の乱射事件としては過去最悪だと伝えています。

    ■乱射したと見られる男の兄弟は

    乱射したと見られる男の兄弟が、フロリダの自宅前でメディアの取材に応じ、「信じられない。とても驚いていて、どうしてこうなったのか全く理由がわからない」と話しました。

    男性によりますと、男は仕事を退職後、よくカジノやショーをみるためにホテルに行っていたということです。そのうえで、「彼はごく普通の男で政治や宗教上で秘密にしていることもなかったと思う。捜査には全面的に協力したい」と話していました。

    ■ISが犯行主張 警察「つながり確認できていない」

    過激派組織IS=イスラミックステートはインターネット上に文書の声明を出し、「ISの戦士が銃撃によっておよそ600人を死傷させた」として、ISによる犯行だと主張しました。

    声明では犯行の理由について、イラクやシリアでISへの軍事作戦を続けているアメリカ主導の有志連合に報復しろという、指導者のバグダディ容疑者の呼びかけに応じたものだと説明しています。
    また、この声明に先立って、ISとつながりのあるメディアは、銃を乱射したと見られる男は数か月前にイスラム教に改宗していたと伝えました。

    しかし、ISによる今回の事件への関与を裏付ける具体的な証拠は、声明などでは示されておらず、実際に関わったのか、それとも、事件に便乗して存在をアピールしようとしているのかははっきりしません。

    アメリカの警察もこれまでのところ、今回の事件とISとのつながりは確認できていないとしています。

    ■血液の提供呼びかける

    ※省略

    ■ホテルの宿泊客は大学施設に避難
    ※省略

    避難していた人たちのうち日本人の男性のグループは、IT関連の会合に出席するために1日、ラスベガスに到着したということです。
    男性らは事件があったとき、ホテルの1階にあるバーにいて、周りの人たちが出口に殺到し、さらに武装した警察官が建物に入って来るのを見て異変に気がついて避難しました。
    そして、しばらくホテルの外で待機したあとに、バスで大学施設に移動するよう指示を受けそのまま夜を明かしたということです。

    男性は、「いまだに実感がわかない。いまは早く、無事に日本に帰りたいというのが本音です」と疲れた表情で話していました。

    以下全文はソース先で

    10月3日 4時22分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171003/k10011165871000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a
    【【米国】ラスベガスの銃乱射事件 59人以上死亡527人以上けが 「米史上最悪の死者数」】の続きを読む

    WS000145


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/02(月) 12:31:06.77 ID:CAP_USER9.net
    スペイン北東部のカタルーニャ州で行われたスペインからの独立の賛否を問う住民投票について、州政府は、暫定的な集計の結果、独立賛成が90%以上の圧倒的多数を占めたと発表しました。これに先立ち、プチデモン州首相は一方的な独立の宣言に踏み切る構えも見せていて、中央政府との対立が深まり、混乱がさらに広がることが予想されます。

    スペイン第2の都市、バルセロナを中心とするカタルーニャ州で1日行われたスペインからの独立の賛否を問う住民投票について、地元州政府は、暫定的な集計結果を発表しました。
    それによりますと、州政府が投票資格があるとしたおよそ534万人の住民のうち、42%余りにあたる226万人が投票し、このうち、独立賛成が圧倒的多数の90%以上を占めたということです。

    バルセロナ中心部のカタルーニャ広場では、州政府の発表が伝えられると、集まっていた独立を支持する大勢の住民から大きな歓声が上がりました。

    開票結果の発表に先立ち、カタルーニャ州のプチデモン州首相は「われわれはみずから未来を決め、国家を持つ権利を得た。この結果を州議会に報告し、法律に沿って手続きを進める」と述べ、独立の宣言に踏み切る構えを見せました。
    これに対して、スペインのラホイ首相もテレビで演説を行い、「住民投票は行われなかった」と断言して、改めて憲法違反で無効だとする姿勢を強調しました。

    今回の投票をめぐっては、中央政府が憲法違反だとして警察が一部の投票所の封鎖などに踏み切ったことから、住民との衝突に発展し、州政府はこれまでに844人が病院で手当てを受けたと発表しています。
    今後、カタルーニャ州が一方的な独立宣言を行う事態となれば、中央政府との対立が決定的となり、混乱がさらに広がることが予想されます。

    ■カタルーニャ広場で大歓声

    バルセロナ中心部にあるカタルーニャ広場には、独立を支持する多くの人が集まり、住民投票の開票結果が発表されるのを待ちました。
    広場に設置された大型のスクリーンで独立賛成が圧倒的多数を占めたと発表されると、集まった人たちからは大歓声が上がっていました。
    そして、カタルーニャ州の歌を合唱し、大型スクリーンにカタルーニャ語で「新しい国」という言葉を映し出して開票結果を祝っていました。

    19歳の大学生は「中央政府によって多くの人が投票できなかったことを考えれば、すばらしい結果です。独立に向けた動きにとって大きなプラスになります」と話していました。
    別の学生は「独自の予算を持って本当の独立が実現してほしい」と話していました。
    会社員の男性は「とてもうれしいです。警察が止めようとしましたがカタルーニャの人々が自分たちの権利のために立ち上がりました。これで新しい国が誕生します」と興奮気味に話していました。

    配信10月2日 8時49分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171002/k10011164741000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【スペイン】速報・カタルーニャ州住民投票 「独立賛成が90%以上」】の続きを読む

    WS000144


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/01(日) 23:16:00.31 ID:CAP_USER9.net
    世界最高峰のG1「第96回凱旋門賞」(芝2400メートル)は1日、フランス・パリ郊外のシャンティイ競馬場で行われた。日本から遠征したサトノダイヤモンド(牡4=池江厩舎、父ディープインパクト、母マルペンサ)とサトノノブレス(牡7=池江厩舎、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ)は敗れ、日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇はまたもお預けとなった。

     今年の凱旋門賞は昨年に引き続きロンシャン競馬場が改修中のためシャンティイ競馬場での開催。前哨戦のフォワ賞(G2)で4着と6着に敗れたサトノダイヤモンド、サトノノブレスは、本番でも1920年の創設から優勝を独占してきた欧州馬の“壁”を破ることはできなかった。

     同レースに日本馬が出走したのは昨年のマカヒキ(14着)に続き2年連続。1969年のスピードシンボリの初参戦以来、昨年までに延べ20頭が出走し、1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、12、13年のオルフェーヴルの2着が最高だった。今年出走した2頭の父ディープインパクトも06年に3位入線しながら失格となった。

     鞍上のC・ルメール騎手は初めての凱旋門賞制覇ならず。1999年にフランスで騎手デビュー。15年にM・デムーロ騎手とともに、外国人として初めてJRA騎手免許を取得し、フランスの騎手免許を返上した上で日本で騎乗を続けている。管理する池江師は12年オルフェーヴル(2着)、アヴェンティーノ(17着)、13年オルフェーヴル(2着)に続いて3度目の挑戦だったが、勝利を手にすることはできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000137-spnannex-horse
    【【凱旋門賞】日本馬初優勝ならず!サトノダイヤモンド&ノブレス敗れる】の続きを読む

    WS000116


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/01(日) 06:14:28.89 ID:CAP_USER9.net
    http://news.livedoor.com/article/detail/13686239/

    韓国紙「東亜日報」は9月30日、北朝鮮の首都平壌ピョンヤンにある兵器工場から最近、複数のミサイルが運び出されたと報じた。

     韓国政府関係者の話としている。北朝鮮が、10月10日の「朝鮮労働党創建記念日」を前に、新たな弾道ミサイル発射の準備に入った可能性がある。

     韓国のKBSテレビも9月29日、この兵器工場から最近、ミサイル数発が搬出されたと報じた。情報当局は中距離弾道ミサイル「火星12」か大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の可能性が高いと判断しているという。北朝鮮は8月と9月に計2回、日本上空を通過させて太平洋に「火星12」を落下させた。

    「火星14」を太平洋に向けて発射すれば初めてとなる。

    【【北朝鮮】複数のミサイル搬出、10月10日の「朝鮮労働党創建記念日」を前に、新たな弾道ミサイル発射の準備に入った可能性】の続きを読む

    WS000106


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:468394346-PLT(15000).net
    韓国の情報機関・国家情報院は、アメリカが、B1戦略爆撃機を北朝鮮の
    沖合まで飛行させた際、北朝鮮が「対応できなかった」との見方を示した。
    国家情報院から報告を受けた国会議員によると、アメリカが23日に
    B1戦略爆撃機を北朝鮮の東方沖の国際空域まで飛行させた際、
    北朝鮮は何の措置も取らなかった。その理由について国家情報院は、
    「真夜中の飛行を予想できず、レーダーでもはっきり捉えることができなかった」と分析し、
    北朝鮮が「対応できなかった」との見方を示した。北朝鮮はその後、軍用機を
    移動させて東側の警戒を強化したという。
    また、北朝鮮が来月10日に朝鮮労働党の創建記念日を控えていることを念頭に、
    国家情報院は来月の弾道ミサイルの発射を「相当警戒している」としている。

    http://www.news24.jp/articles/2017/09/26/10373573.html
    【米がB1戦略爆撃機を飛行させてもスクランブル発進出来ない北朝鮮(笑)】の続きを読む

    このページのトップヘ