動物

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/18(月) 21:55:04.42 ID:CAP_USER9.net
    広島県世羅町別迫の観光農園「ラ・スカイファーム」で毎秋人気を集めている恒例のクリ拾いが中止になった。今夏にガの一種・クスサンが大量発生し、クリの木の葉が食い荒らされたことが原因で、同園は「木を植えてから30年ほどになるが、こんな事態は初めて」と肩を落としている。

    ラ・スカイファームでは約10ヘクタールの広大な敷地のうち、6・5ヘクタールにウメと一緒に12品種のクリが植えられている。現在数百本があり、毎年9月21日にクリ拾いの受け付けを始め、10月上旬まで県内外から多くの観光客が訪れる。

    異変が起きたのは5月下旬。クスサンの幼虫が現れ始め、6月上旬には10センチほどに成長し木を覆い尽くすようになった。「一本の木に優に100匹を超えるほどいた」と同園代表の石井稔恵さん(73)。大量のクスサンにより、シーズンが来てもクリの実はほとんどならなかった。

    倉敷市立自然史博物館によると、クスサンは一匹の雌から最低数十個の卵を産み、限られた個体が成虫になる多産多死の特徴を持つ。今回の大量発生には、人為的な要因や気候の変化など何らかの理由で、クスサンの体内に巣食う寄生バチが生息しづらかったり、昨秋の産卵期にクスサンの成虫が集まりやすかったりする環境に変化していたことが考えられるという。

    同園は無農薬を徹底している。石井さんは「採れたクリを安全に食べてもらおうと思って育てている。来年以降も農薬を使うようなことはしたくない」と話し、懸命に対策を検討している。

    実がなっていないラ・スカイファームのクリの木。クスサンによる被害は深刻だ



    クスサンが羽化したサナギの跡



    配信(2017年09月18日 14時03分 更新)
    山陽新聞
    http://www.sanyonews.jp/article/598750/1/
    【【広島】「ガ」大量発生でクリ拾い中止 クリの実ほとんどならず 世羅の観光農園、初事態に落胆】の続きを読む


    WS000031

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:844761558-PLT(13051).net
    さかなクンに賛同の声 「日本の自然と心壊さないで」ミサイル発射へ悲痛な叫び

    さかなくんはフェイスブックで「これ以上 私たち日本の自然とたいせつな心を壊さないで!!」とつづったほか、「安全第一で!!どうが穏やかでいられますように 2017年平成29年 9月15日金曜日 AM7:15 さかなクン」と記した直筆メッセージを投稿した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13616820/
    【金正恩 ついに怒らせてはいけない人を怒らせてしまう】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:886559449-PLT(22000).net
    超激レア映像!ケニアでアルビノじゃない「白いキリン」が発見される!

    キリンと言えば、黄色と黒の縞模様が特徴的で、首の長い面白い動物として知られております。
    もちろん動物園でもゾウやライオンと並ぶ人気者ということは言うまでもありません。そんなキリンは、
    自然界でも普通にあの状態のまま生活しており、自慢の長い首で高い場所にあるエサを独り占めです。
    そんな中奇妙なキリンが発見されました。

    今回発見されたのはケニアの白すぎるキリンです。確かに見た目は他のキリンよりも明らかに白く、
    もはやキリンとは思えないような風貌をしております。しかも親子で真っ白ということで何らかの
    遺伝的な病気を抱えている可能性もあります。掲載元の記事ではこのキリンは「白斑」に苦しんでいるということで、
    一般的にメラニン色素の欠落によって肌が白くなる「アルビノ」ではないとのことです。

    素人目にはその違いはよくわからないのですが、目が赤くなっていない点を踏まえるとたしかにアルビノでは
    ないようですね。

    この白いキリンは大変珍しく、目撃証言はあるものの、このように映像に残されているというのは
    超激レアなのだということです。

    映像を見る限り、比較的仲間と仲良くやっているようで、仲間はずれにされているという状況ではないのが、幸いです。

    一度見てみたいものではありますが、彼らも白い体に悩んでいるかもしれませんので、あまり見世物に
    するのも良くないのかもしれませんね。

    http://www.yukawanet.com/archives/5267164.html

    【【動画】 真っ白なキリンが神々しすぎてもはや霊獣と言っていいレベル】の続きを読む

    WS000049

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 16:47:06.82 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000059-asahi-soci

    身近な水場で見つかるアメリカザリガニは外来種だ。魚や虫など在来の生き物を食い荒らす
    厄介者を、駆除する試みもある。捕まえるだけでも楽しいけれど、ちょっともったいない。
    せっかくだから、食べてみませんか?

    8月の青空の下で、子どもたちの歓声が響いた。

    「とれた!」「釣れたー!」

    神奈川県小田原市の田園地帯。造園業の沖津昭治さん(75)が在来種のミナミメダカなどを
    守ろうとつくった水田ビオトープに、家族連れら約60人が集まり、ザリガニとりが始まった。
    主催の市民団体が用意したのはごく簡単な仕掛けの釣りざお。エサのスルメを固定する
    針金と重りをつけた糸を、長さ2メートル弱の細い竹棒に結んだだけだ。

    小学生らが次々と釣り上げる。市内から来た平井謙真くん(4)も、初めはこわごわ見守るだけ
    だったザリガニを、トングでつかめるように。バケツに入れて回収するため、あちこち走り回った。
    父親の真吾さん(39)も夢中で糸を垂らし、照れ笑いしながら「子どもはほったらかしです」。

    アメリカザリガニの原産地は米国南部。日本には食用ウシガエルのエサとして1927年に
    持ち込まれた。田んぼや流れの穏やかな水路などにすみ、汚れた水にも耐えられる。
    繁殖力も強く、日本全国に広がった。メダカなどの小魚のほか、ホタルやトンボの幼虫を食べる。
    水草を切ったり食べたりして、生き物の隠れ場所も奪う。

    このビオトープでザリガニ駆除が始まったのは2007年ごろ。県の調査によると、駆除がされていない
    近くの水路では1平方メートルあたり2~3匹が生息しているが、ビオトープでは同1匹未満。
    大きな個体も減り、メダカなどへの影響は小さくなったと考えられるという。

    2時間ほどで釣りは終了。バケツを持ち寄って数えると、オス119匹、メスが109匹。
    体長数~10センチ程度のザリガニがその場で調理された。

    尾の先をちぎり、黒い「背わた」を引き抜く。塩を入れたお湯で数分ゆでると、赤黒い殻が
    鮮やかな赤色に変わった。

    あら熱がとれてから手で殻をむき、尾の部分の身を口に放り込む。臭みはなく、
    味はエビやカニとそっくりだ。胸の部分にある「ミソ」をなめてみると、濃厚な風味が鼻に抜けた。

    素揚げもある。熱したサラダ油で数分、殻がオレンジに近い赤に染まった。こちらも臭みはなく、
    もっと香ばしい。

    鳥取県南部町でも自然観察指導員の桐原真希さん(43)が希少種を守るため、市民と一緒に
    アメリカザリガニを釣って食べる催しを8年ほど続けてきた。ふつうのエビと同じようにチャーハンや
    パスタの具などとして使えるという。

    「北欧などでは一般的食材。その価値を知った人にどんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」
    【【食材】アメリカザリガニはカニの味。茹でれば臭みもなし。「どんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」】の続きを読む


    WS000014

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/02(土) 04:00:05.20 ID:CAP_USER9.net
    まったく反省していないようだ。

    「猫はふん尿が臭く、爪研ぎをする。有害動物の駆除なので法律違反にはならない」

     捕まえた野良猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして殺したとして、27日、警視庁保安課に動物愛護法違反容疑で逮捕された税理士の大矢誠容疑者(52=さいたま市見沼区)はそう話し、悪びれる様子はないという。

     大矢容疑者は昨年4月~今年4月にかけ、埼玉県深谷市の廃屋で、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたり、バーナーであぶったりして殺した疑い。その虐待の様子を動画共有サイトに投稿し、ネット上の“動物虐待マニア”から「神」などと呼ばれていたというから、まったくどうかしている。

     関係者などによると、大矢容疑者は2012年8月ごろ、埼玉県北本市に税理士事務所を開いたという。

    「大矢さんはもともと税務署員で、川越や上尾(税務署)にいたなんて話を本人から聞いたことがあります。要するに“OB税理士”ですね。何でも川越時代には、あまりに強引すぎる税務調査で地元の商工会から抗議されたという噂も耳にしています」(知人)

     税理士は最難関の国家資格のひとつといわれるが、一般的に、税務署に23年以上勤務した「国税従事者」は試験が免除され、指定の研修を受けさえすれば税理士の資格を取得できる。大矢容疑者も税務署のOB税理士というわけ。

     別の関係者は「まさかって感じです」とこう続ける。

    「大矢さんは仕事ぶりも手堅くて真面目そのもの。動物を虐待するなんて……とてもそんなタイプには見えない。仕事も順調だったようですよ。何かトラブルを抱えてストレスがたまっていた? そんな話は聞いたことがない」

    私生活では、15年3月にマイホームを新築したばかりだった。

     それなのに、大矢容疑者は今年4月までの約1年半に、目を覆いたくなる残虐な方法で少なくとも12匹の猫を虐待していたというから、心の闇は深そうだ。

    「動物愛護法違反は最大で2年以下の懲役、または200万円以下の罰金です。執行猶予付きでも禁固以上の有罪判決が確定すると、税理士の登録は抹消、つまり仕事ができなくなりますが、罰金刑の場合は抹消されません。税理士を続けられます」(税理士会関係者)

     大矢容疑者が悪びれないわけだ。

    配信2017年8月30日
    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/212541/1
    【【動物虐待】猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶって逮捕 52歳税理士、逮捕されても強気な理由】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 13:26:28.12 ID:CAP_USER9.net
    ザックリ概要
    ・7月18日に米国アラバマ州で同国通算5例目のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が発生
    ・日本のBSE問題に取り組む生活衛生・食品安全部が、7月11日に廃止
    ・日本政府は米国産牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置


    以下記事本文

    BSE感染牛が発生していた…安倍政権、牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置
    「Thinkstock」より



    ビジネスジャーナル 文=小倉正行/フリーライター 2017.08.26
    http://biz-journal.jp/2017/08/post_20331.html

     7月18日に米国アラバマ州で同国通算5例目のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が発生した。感染牛は11歳の肉用雌牛で非定型BSEとされているが、詳細は調査中となっている。日本では、一部の専門紙以外まったく報道されていない。2003年に米国でBSE感染牛が発見された時は、米国産牛の輸入全面禁止措置が取られたが、今回は米国産牛肉輸入にもまったく影響を与えていない。
     
     これと時期を同じくして、食の安全問題に総合的に取り組んできた厚生労働省の生活衛生・食品安全部が、7月11日に施行された同省組織再編によって廃止された。これもほとんど報道されず、国民は知らされていないが、国民の食の安全にとっては多大な影響を与えることである。
     今回廃止された厚労省の生活衛生・食品安全部は、01年に日本でBSEが発生し、これまでの食の安全の管理に欠陥があったとして、リスク評価を専任とする食品安全委員会の設置を柱とする食品安全基本法が成立した03年に設置された。当時の新聞はこう報じている。
    「厚生労働省は、二十日、『医薬局』を『医薬食品局(仮称)』に改める方針を固めた。現在医薬局の中に『食品保健部』が設置されているが、局として食品の安全確保に取り組む姿勢を明確にする。食品保健部は『食品安全部(仮称)』に改める」(02年9月21日付日本経済新聞より)
    「食品安全基本法の成立をにらみ、縦割り行政を厳しく批判された農水、厚労省は対応部局の新設や改組を急ぐ。(略)農水省は七月にも職員約三百人で構成する『消費安全局』を新設する。(略)厚労省も職員を増員した上、食品保健部を『食品安全部』に改称」(03年5月16日付同紙)
     要するにBSE発生を許したそれまでの食品安全行政を抜本的に改める食品安全基本法に対応するために、それまでの食品保健部を食品安全部に組織変更したのである。BSE発生を二度と許さない食品安全行政の確立が、食品安全部の誕生の由来なのである。

    ●生活衛生・食品安全部を廃止した理由

     では、いったいなぜ厚生労働省は、この時期に突然、生活衛生・食品安全部を廃止したのであろうか。厚生労働省の発表文書では、次のように説明されている。
    「今回の組織再編は、保健医療分野の技術革新や国際保健上の課題と、『働き方改革』などの内閣の重要課題に的確に対応するために厚生労働省内の組織を再編したもの。『医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部』については、組織再編の全体整理の中で『職業安定局派遣・有期労働対策部』等とともに廃止した」
     要するに、保健医療課題と安倍政権の「働き方改革」に対応するために、生活衛生・食品安全部を廃止したということ。今や、厚労省としては行政の優先度は保健医療課題や「働き方改革」のほうが、食品安全より高いということなのである。厚労省は、生活衛生・食品安全部をなくす代わりに専任の審議官(大臣官房生活衛生・食品安全審議官)を設置したとしているが、とても代わりうるものではない。
     今回の生活衛生・食品安全部廃止は、食品安全行政の冬の時代の始まりの可能性が高い。BSE対策については、もうすでにBSEの全頭検査体制はなくなり、月齢制限もなくなってしまっている。農水省の消費・安全局や食品安全委員会も今のまま存続できるのかどうか、予断を許さない。今後の食品安全行政の動向を注視していかなければならない。
    【【米狂牛】BSE病感染牛が発生していた…安倍政権、牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置】の続きを読む

    WS000046


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/29(火) 13:06:02.39 ID:CAP_USER9.net
    ◆シー・シェパード、調査捕鯨妨害を打ち切り 「日本に太刀打ちできない」

    反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」は29日、日本の調査捕鯨に対して毎年行ってきた妨害活動を打ち切ると発表した。
    日本の軍事力や経済力に太刀打ちできなくなったと説明している。

    AFPBB News 2017年08月29日 10:23
    http://www.afpbb.com/articles/-/3140785
    【【反捕鯨】シー・シェパード、調査捕鯨妨害を打ち切り 「日本の軍事力や経済力に太刀打ちできなくなった」】の続きを読む

    WS000043

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/29(火) 14:09:16.03 ID:CAP_USER9.net
    野良猫虐待、ネットに動画=容疑で税理士の男逮捕-警視庁

     捕獲した野良猫に熱湯を掛けたりガスバーナーであぶったりして殺したとして、警視庁保安課は29日までに、動物愛護法違反容疑で、税理士大矢誠容疑者(52)=さいたま市見沼区御蔵=を逮捕した。
    虐待の動画をインターネット上に投稿していたといい、「猫はふん尿が臭く爪研ぎをする。有害動物の駆除なので法律違反にはならない」と話しているという。


     逮捕容疑は2016年4月~17年4月、埼玉県深谷市の廃屋で、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたりバーナーであぶったりして殺した疑い。
     同課によると、大矢容疑者は今年4月までの約1年半に、少なくとも12匹の猫を虐待。一連の行為を撮影し、動画共有サイトに投稿していた。インターネット掲示板「2ちゃんねる」では、虐待マニアから「神」と呼ばれていた。動画を見た人が警視庁に通報して発覚した。(2017/08/29-12:32)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900607&g=soc
    【猫に熱湯を掛けたりバーナーであぶったりして○した動画を投稿していた税理士の男逮捕…2ちゃんねるの虐待マニアからは「神」と呼ばれる】の続きを読む

    WS000014


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/24(木) 13:39:03.48 ID:PO/a5hMi0.net BE:899382504-2BP(1000)
    先週、母親からはぐれてスペインの海岸に迷い込んだイルカの赤ちゃんが海水浴客に「触ったり写真を撮られたり」して死んだという記事を掲載した。

    「イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死」
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8233.php

    このときイルカの救助に駆け付けた動物愛護団体が、ホームページに追加の「犯行写真」を掲載した。
    それを見ると、「触る」などと生易しいものではない。
    上に乗る、大勢で胴上げのように持ち上げるなど、人間たちが小さなイルカをよってたかってなぶり殺しにしている衝撃の記録だ。

    この写真が本物ならば、同団体がイルカは「数百人」の群衆に殺された、と言っていたのもあながち誇張ではなかったことになる。
    群集心理というにはあまりに痛ましい。先週の時点では使えなかったが、今は「なぶり殺し」以外の言葉が浮かばない。

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8286_1.php
    【【画像】スペインの海岸に迷い込んだ可愛いイルカの赤ちゃん、数百人のウェーイ系に玩具にされて殺される】の続きを読む

    このページのトップヘ