動物

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/21(金) 09:20:56.88.net
    https://hbol.jp/146859

    ヒアリは人間活動にとって大きな害を与える、生物種世界の侵略的外来種ワースト100ランカーだ。
    ヒアリにはお尻に針をもち、一度に数回刺してアルカロイド系の毒を注入する。日本にはいない
    タイプのアリだ。刺されると火傷のような痛みを伴うことから、fireantsという名がつけられている。

     今年の6月、そのヒアリが初めて日本で見つかった。まず神戸で確認されたあと、名古屋、大阪、
    東京、そして横浜でも次々にヒアリが発見され、連日のようにメディアで報道されている。

     ヒアリは人的被害のほか、農作物を荒らしたり、電気系統に入り込んで故障させるなど、甚大な
    経済的被害を与える。ここまでヒアリに関心が集まるのは、やはり、「殺人アリ」とよばれるヒアリが
    どの程度の健康被害をもたらすのか、多くの人が不安に感じているからだろう。

    ヒアリは攻撃的で、自分たちの巣が壊されたりすると、襲い掛かってくる。アメリカでは、たびたび
    ヒアリに刺されて死亡するケースが報告されている。2016年には、ある女性が干し草の上で
    電話をしている時にヒアリの群れに襲われて亡くなった。この女性は、その前の日に亡くなった
    自分の母親の葬式の段取りをしているところだった。

    ヒアリの被害は、屋内でも起こりうる。1990年には、モーテルのベッドで就寝していた69歳の男性が
    ヒアリの群れに襲われた。吐き気を訴える男性の声に、気付いた妻。妻が電灯をつけてシーツを
    はがすと、ヒアリの群れが夫の体を繰り返し刺していた。この男性は病院に運ばれたが、
    しばらくして死亡した。

    また、死亡したケースではないが、老人ホームなどで寝ていたお年寄りがヒアリの大群に襲われ、
    1000回以上刺されたという報告もある。

    ハチとは違い、ヒアリは音を立てないので、襲われるまで気付くことが難しい。ヒアリは狭い隙間からでも
    侵入することが可能なので、家の隙間から入ってこれるため、就寝中に襲われることもあるのだろう。
    もっとも、屋内でヒアリに襲われるケースは、かなり稀のようだが。

    誤報の発端は日本語書籍

    それでは、ヒアリに刺されて死ぬリスクは、実際にどの程度のものだろうか。

    日本語で読める唯一のヒアリ本である『ヒアリの生物学』は、アメリカでヒアリに刺される人は
    年間1400万人であり、毎年100人ほどが死亡する、という説を紹介している。日本ではスズメバチに
    刺されて死ぬ人が年間20人ほどおり、この説は、もともとはアメリカで出版された『FireAnts』という
    本の一節を引用したものだ。

    環境省や東京都の公式ウェブサイトでも、この「年間で100人死亡」とする説を引用していた。
    だが実は、この説を裏付けるデータについては、探しても見つからないのである。筆者も独自に
    文献を調べてみたが、年間100人がヒアリで死亡するとするデータは見当たらなかった。

    そして、文献を調査してわかったのは、1998年までに、累計で44名の死亡が確認されていた、
    ということだった。この数字は、かなり少なく見積もられたものではある。ただ、年間100人というのは、
    少し多すぎる数字にも感じる。もっとも、仮に100人が死亡するとしても、ヒアリに刺されて死ぬ可能性は
    0.001パーセント以下であり、交通事故で死亡するリスクよりもはるかに低い。

    先日、ようやく環境省も「ヒアリで年間100人が死亡するという説は確認できなかった」という声明を出した。
    環境省や東京都のウェブサイトからも、この文言は撤回されている。

    だが困ったことに、この環境省の声明を受けて、一部の報道機関が「ヒアリによる死亡例はない」
    とする誤った情報を流してしまった。この情報は現在もネット上で拡散し、少なくない人々が
    「ヒアリで死ぬというのはウソだった」と信じているようにみえる。

    政治も経済でもそうだが、物事は0か1かに分けられるものではない。ヒアリによる死亡リスクもしかり。
    情報を発信する側も、それを受けとる側も、そこを注意しなければならない。
    【【毒アリ】「ヒアリでの死亡例はない」は誤報。少なくとも44人の死亡を確認。寝ているあいだに大群に襲われ1000回以上刺されたケースも】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/11(火) 09:54:49.77 ID:CAP_USER9.net
    福井県小浜市川崎2丁目で6月、住民ぐるみで育てる「地域猫」の猫小屋として置かれていた発泡スチロールが放火された事件。
    一帯では捨て猫が多く、不妊去勢手術を施す地域猫活動は重要だが、理解を得られていない面もあるようで、
    事件はこれがエスカレートしたものである可能性がある。漁業関連施設の多い地域だけに猫を迷惑がる人が出るのも無理はなく、
    捨て猫に歯止めがかからない中、根本的な解消は難しいのが現状だ。

     小浜、おおい、高浜の3市町では「若狭地域猫の会」が2011年から、野良猫が増えないよう不妊去勢手術を施し、
    地域ぐるみで育てる地域猫活動を続けている。

     同会の知原初美代表は、事件に対し「下手したら死んでいた」と憤りをあらわにした。猫小屋には雄猫2匹が住んでおり、
    うち1匹を狙って火が放たれ、発泡スチロールの猫小屋が半分に溶けていた。

     「ガスバーナーのようなもので、猫に危害を加えようとして火をつけたに違いない。でないとあんな溶け方はしない」(知原代表)。
    以前にも、猫小屋を水浸しにするなど嫌がらせが続いていたという。

     同会が3市町で登録している地域猫は109匹(2016年末時点)。このうちの3割が、事件のあった小浜市川崎の猫だという。
    同地域は魚市場や海が近くにあり、住宅が少ないことから「猫を捨てやすいのでは」と知原代表は分析する。

     同会は実質、知原代表1人で運営。不妊去勢手術にかかる費用は全て自己負担だ。野良猫に与える餌代や治療費なども全て担い、
    年間約100万円はかかるという。また年齢的に活動を続ける体力に不安もある。「費用に退職金を充ててきたが、
    もう底を突く。体力的にも私が先に倒れてしまう」(知原代表)。

     福井市、永平寺町、坂井市は6月から、不妊去勢手術費用の一部助成を始めた。福井県でも費用の助成を秋から始める方針。
    猫を捨てる人とのいたちごっこの中、行政の支援は欠かせないといえる。

     同会の活動により事件のあった地域の野良猫は徐々に減少している。地域猫をかわいがる人も少なくないが、
    ふん尿を迷惑がる人も多いという。近くで働く80代男性は「猫がいて迷惑している。ここには魚を売る場所も多く衛生的にも良くない」と話す。

     放火するのは論外だが、うろつく猫に納得できない人がいても不思議はない。ただ地域猫は住民が協力しての管理が必要。
    「なんとか猫の一生を全うさせたい」という活動の考えは貴く、持続させるためには住民に理解を持ってもらうしか手だてはないようだ。

    ソース 福井新聞
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/214123
    画像 6月に猫小屋が放火され、けがを負った猫(若狭地域猫の会提供)



    放火された発泡スチロールの猫小屋(左)=6月19日、福井県小浜市川崎2丁目




    【【福井】「地域猫」は迷惑なのか? ネコ小屋が燃やされるなど嫌がらせ続く】の続きを読む

    WS000058


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/19(月) 22:15:55.94 ID:YvD0dciW0.net BE:323057825-PLT(12000)
    強い毒を持つ南米原産のアリ、ヒアリが、神戸港に陸揚げされたコンテナの中だけでなく、新たにコンテナ置き場でも見つかったことを受けて、
    市は捕獲用のトラップを周辺の450か所に新たに設置するなど調査を進めています。
    ヒアリは強い毒を持つ南米原産のアリで、刺されると呼吸困難などのショック症状を起こして死に至ることもあります。

    先月26日に神戸港で陸揚げされ、兵庫県尼崎市に運ばれた中国、広東省からのコンテナの中から数百匹が国内で初めて見つかり、
    さらに今月16日には、コンテナが5日間保管されていた神戸港のコンテナ置き場でもおよそ100匹が見つかっていました。

    神戸市はヒアリが周辺に広がったおそれもあるとして、害虫駆除の専門業者とともに19日、コンテナ置き場の周辺に捕獲用のトラップを設置するなど、調査を進めています。
    トラップは粘着剤がついたプラスチック製の板で、市では新たに450か所に設置し、ヒアリがいないか確認することにしています。

    神戸市みなと総局海岸防災課の青位宙係長は「ヒアリが広がっていないか、チェックして、市民の安全を確保したい。見つけた場合、すぐに連絡してほしい」と話していました。

    ヒアリの捕獲用トラップ 新たに450か所 神戸
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022781000.html
    【猛毒蟻ヒアリ、どんどん見つかる!日本本土は既に手遅れかwwwwwww】の続きを読む

    WS000053


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/17(土) 06:20:46.13 ID:CAP_USER9.net
    ウサギ死なせ捨てた疑い書類送検

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/1074331501.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    去年11月、土浦市のホームセンターで購入したウサギをたたいて死なせて
    死骸を捨てたとして、41歳の会社員の男が動物愛護法違反などの疑いで書類送検されました。

    書類送検されたのは阿見町の41歳の会社員の男です。
    警察によりますと、この会社員は去年11月、土浦市のホームセンターで
    生まれたばかりのウサギを購入したあとたたいて死なせ、阿見町のスーパーマーケットの駐車場に
    捨てたとして、動物愛護法違反と廃棄物処理法違反の疑いが持たれています。

    近所に住む人が駐車場でウサギの死骸を見つけて警察に通報し、その後、
    現場付近の聞き込み捜査などでこの会社員が浮上したということで、調べに対して
    「就職活動がうまくいかず、むしゃくしゃしていた」
    などと容疑を認めているということです。

    06/16 20:40
    【ウサギを購入した後たたいて死なせ、駐車場に捨てた会社員を書類送検 「就職活動がうまくいかず、むしゃくしゃしていた」(41)】の続きを読む

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/15(木) 12:03:45.89 ID:CAP_USER9.net
    秋田県仙北市の山中で5月末、女性が血を流して死亡しているのが発見された。遺体の状況からクマに襲われたとみられるが、クマよけ用の鈴を付けていたにもかかわらず被害に遭った。昨年は関東や関西地方の住宅地にもクマが出没しているが、惨劇を回避するにはどうすればいいのか。

     国道から30メートルほど入った山林で見つかった秋田県の女性(61)の遺体には頭部や腕、肩など上半身を中心に引っかかれたような傷が複数残されていた。女性はクマよけ用の鈴を2個付けており、鳴らしながら山に入っていたという。

     仙北市と地元住民で作る協議会は例年、市内の山林で1000円の入山料を徴収しタケノコ採りを許可していた。市の担当者は「今年も1日から山林を解放する予定だったが、逆に山に入らないよう呼びかけることになった」と話す。

     本州と四国の一部に生息するツキノワグマは、オスで最大1・5メートル、体重は60~100キロ程度。走るスピードは時速50キロに達し、鋭いツメで垂直の壁もよじ登る。

     出没地域は東北だけにとどまらない。5月には強盗致傷容疑の男らが栃木県内の山中に逃げ込んだところクマに遭遇、追跡中の警察と挟み撃ちになり逮捕された。昨年5月には、神奈川県相模原市の国道沿いのラーメン店のドアにクマが体当たりする騒動も。兵庫県でも昨年、集落にクマが近づくケースが増え、狩猟禁止を解除した。

     野生動物の生態・行動に詳しい元近畿大教授で宇部市ときわ動物園園長の宮下実氏は、クマによる事故が続発する理由を「里山が失われたため」だと指摘する。「昔は、農家が管理する里山がクマの住む山と、人間の住む街との『緩衝地帯』の役割を果たしていたが、現在はタケノコなどクマの好物を残したまま放置されている。タケノコ採りに出かけた人が事故に遭うのは、かつての里山がほとんどだろう」

     駆除にあたるハンターの高齢化や減少も問題だという。宮下氏は「クマは、鉄砲の音や火薬、ワナに使われる鉄のにおいなど自然にないものに敏感で恐れを抱く。こうしたものに触れる機会が減ったことで、人間とクマが遭遇する機会が増えているのかもしれない」と話す。

     宮下氏は、事故を避けるにはクマの生息地に立ち入らないことが一番だというが、「山菜採りなどを行う場合は、クマよけの鈴の音が常に鳴るように腕に取り付けるなど、自分の存在をクマに知らせ続けることだ」とアドバイスする。

     鈴やラジオの音を恐れない「新世代クマ」が登場しているとの見方もある。秋田県自然保護課は「クマは学習能力が高いので、人間が持っているリュックサックの食べ物を食べるなどしたことで、鈴の音を聞いて逆に人間に近づくクマも例外的にいるようだ。一度人間を襲ったクマはまた襲うとも言われているので、過去に被害があった地域は要注意だ」としている。

     昨年事故が起きたのもまさにいまの季節。注意しすぎても損はない。

    2017.6.15 11:48 産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170615/afr1706150004-s1.html
    【【生き物】「新世代クマ」の恐怖 鈴やラジオの音を怖がらない 関東、関西にも出没】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/15(木) 13:21:13.66 ID:CAP_USER9.net
    地域猫、地域犬などの考えが根付いており、窮地にある動物に手を差し伸べる人々が大勢いるトルコで先日、困り果てた野良猫が人間の病院に助けを求める出来事があった。

    ある日のこと、とある人間の病院の外で必死に鳴いていた1匹のメス猫。
    実は彼女は出産がうまくいかず、痛みに苦しみながらも人の手を借りるため病院を訪れたのだ。
    猫がどうしてこの病院を訪れたのかはわからない。
    病院が痛いところを治してくれるということを知っていたのかどうかはわからない。

    とにかく痛いし、おなかの子供を救いたい。
    そんな一心で訪れたのが人間の病院だったのである。

    ■出産がうまくいかず、病院を訪ねた身重の猫

    ある病院のスタッフが外で苦しそうに鳴く猫の声を耳にした。
    すると病院の入口に1匹の猫を発見。

    その大きなおなかを見て、妊娠していることを悟ったスタッフ。
    安全な出産場所を探していたんだな、と思い院内に招き入れた。

    ■産みたいけど産めない。助けを求めてやってきた

    しかし彼女が求めていたのは出産場所ではなかった。
    出産がうまくいかず痛みに耐えかね困り果てた末、助けてもらいたい一心でここにやってきていたのだ。
    心優しいスタッフに院内に入れてもらってからも、「助けて!おなかの子が大変なの!」と鳴きながら必死に訴えていたのだ。

    猫の異変を察知したスタッフはついに難産に気がついた。
    そこで大急ぎで動物病院に彼女を搬送した。

    ■無事4匹の赤ちゃんが無事誕生!

    動物病院に到着した彼女は、診断で自然分娩には多くの問題を抱えていることがわかった。
    すぐさま獣医は帝王切開にとりかかった。
    幸いなことに手術は順調に進み、頑張った彼女はようやく健康な4匹の子猫の母となった。

    母親も出産に耐え、徐々に元気を取り戻していった。
    母子たちはすべて保護され、施設では彼らを家族に迎えてくれる家庭を募集しているという。

    ■頼ってくれてありがとう。無事で良かった!ネットでは大反響

    このニュースはネット上で広くシェアされ、海外掲示板imgurではこんなコメントが上がっていた。

    ・頭の良い猫だ!
    ・猫「人間よ!私には援助が必要だ!」
    ・全員同じ里親に引き取ってもらえたらいいなぁ~
    ・病院に赤ちゃん連れの人がいるのを知ってて行ったとか?
    ・猫が大好きだから、ありがとうって言いたい。心があったかくなったよ
    ・トルコの人は猫の愛しかたを知っているんだな
    ・猫は人間の使い方をちゃんと心得てるからね。じき支配者になるはず・・

    難産に苦しみ、人間を頼り病院にやってきた母猫。
    この出来事に関わった人々は、困ったときに行くべき場所をちゃんと知っていた母猫の賢さをほめたたえているという。
    野良猫を地域猫として扱い、彼らの自由を尊重しながら手を差し伸べるトルコ。
    母猫が人間がいる施設を選択したのは、地元の人と野良猫が良い関係を築いている証なのかもしれない。

    動画:



    写真:手術を乗り切りったばかりの母猫と子猫





    http://karapaia.com/archives/52240774.html
    【【国際】「助けてください!ここ病院ですよね?」 人間の病院に助けを求めにやってきたトルコの妊婦猫、帝王切開の手術成功】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/12(月) 09:04:57.41 ID:CAP_USER9.net
    奈良県内で狩猟免許を取得している女性が2016年度末時点で62人と、過去最多に上っていることが、県への取材で分かった。

    ハンター不足による鳥獣被害が取り上げられたり、野生鳥獣の肉を使ったジビエ料理が注目されたりしている中、狩猟に関心を寄せる「狩りガール」が急速に増えているとみられ、
    狩猟免許取得者を増やそうと取り組む県の担当者も「思った以上で、うれしい驚き」と喜ぶ。【矢追健介】

    県内を含め、山に囲まれた紀伊半島内陸では古くから狩猟が盛んだ。県によると、記録が残る1979年度以… ※続く 残り725文字(全文964文字)

    イノシシの解体を体験する女性=奈良県提供



    配信 2017年6月11日 17時31分(最終更新 6月11日 19時06分)
    毎日新聞 続きは会員登録をしてご覧になれます
    https://mainichi.jp/articles/20170612/k00/00m/040/017000c
    【【ハンター】狩猟免許 狩りガール急増で最多 “ジビエ”人気背景に】の続きを読む

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/05(月) 01:49:15.33 ID:CAP_USER9.net
    不妊・去勢手術の後、再び元の地域に…野良猫の繁殖制限、本格的にスタート 神戸市 - 産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300010-n1.html


     野良猫の増加を抑え、殺処分数を減らそうと、4月に施行された「神戸市人と猫との共生に関する条例」に基づく繁殖制限事業が本格的に始まった。市などでつくる推進協議会は29日、同市兵庫区で不妊・去勢手術を施すため、野良猫の捕獲作業にあたった。手術した猫は元の地域に戻されるため、実際に野良猫が減る効果が表れるのは数年後とみられるが、近隣住民からは安堵の声も漏れた。

     全国で初めて野良猫の繁殖制限に特化した条例に基づき、市と市獣医師会などは4月に推進協議会を設立。今月25日までに、市民から「野良猫が多い」といった情報提供が17件、野良猫を世話している団体から「不妊・去勢手術の支援がほしい」という要望が17件あった。このうち、市内8カ所が野良猫の「繁殖制限対策区域」に選定された。

     この日は兵庫区内の対策区域で、地域住民やボランティアら12人が、野良猫が多く出没する空き家前などに、エサを入れた捕獲用ケージ約20台を設置。約1時間半で12匹が捕獲され、須磨区の動物病院へ運ばれた。不妊・去勢手術の後、再び元の地域に戻される。

     近くで食堂を営む樋口昌子さん(65)は「知らない間に野良猫が店に入ってくることがあり、困っていた。猫の数が減ってくれれば」と期待を寄せた。市生活衛生課動物衛生担当課長の竹原孝弘さん(47)は「不妊・去勢手術だけでなく、適切な餌やりや糞(ふん)尿(にょう)の処理といった野良猫の管理も大事。地域全体で野良猫をコントロールすることが理想だ」と話した。
    【【神戸】不妊・去勢手術の後、再び元の地域に…野良猫の繁殖制限、本格的にスタート】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/04(日) 22:28:56.23 ID:CAP_USER9.net
    盲導犬同伴を断られた事例



    「犬は絶対ダメ」盲導犬利用者の6割、入店拒否など経験

     昨年4月に障害者差別解消法が施行されてから1年あまり。いまだ多くの補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)利用者が、入店拒否などの法で禁じる「不当な差別」を受けていることが補助犬育成団体の調査などで分かった。盲導犬利用者では6割に上った。

     盲導犬の育成に取り組む公益財団法人アイメイト協会が2~3月、同協会が育成した盲導犬の利用者248人を対象に、法施行後の昨年4月~今年2月に「差別的な扱い」にあったかを聞いた。回答した121人のうち6割にあたる75人が「ある」と答えた。

     最も多かったのは飲食店での入店拒否で、57人が経験していた。スーパーなどの商業施設で10人、宿泊施設で9人が入店・宿泊拒否、タクシーの乗車拒否も9人いた。

    (朝日新聞デジタル 2017年06月04日 16時43分)
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/04/story_n_16943798.html

    【【障害者差別解消法】「犬は絶対ダメ」盲導犬利用者の6割が、入店拒否などの差別経験】の続きを読む

    このページのトップヘ