動物

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 09:10:52.33 ID:d/3YkuYP0 BE:659060378-2BP(4000)
    デレステ



    2



    動画
    http://fast-uploader.com/file/7063581252156/7B5DA711-F13C-4608-85EB-14C914A823E9.MOV

    ミリシタ



    2



    動画
    http://fast-uploader.com/file/7063581449674/trim.DFF84D82-789F-4B16-AE4B-2D37FFDFF927.MOV

    http://
    【デレステとミリシタを比べた結果が凄いと話題(画像あり) 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/13(金) 03:07:21.22 ID:CAP_USER9.net
    クマが出た栃尾小。市内ではクマの被害が相次いでいた=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾



    パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

    ■校庭に迷い込んだクマ

     校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

     しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

     通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

     「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

     ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

     発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。

    ■学校での射殺、県外から批判が

     クマは射殺されたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

     集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射殺された事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

     翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

     児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。

     これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

     市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。

    >>2以降に続く

    配信2017.10.12 15:30
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

    【【岐阜】「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声/高山市・栃尾】の続きを読む

    WS000003


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:292723191-PLT(19081).net
    サンマの記録的不漁を受けて岩手県の老舗食品加工会社「岩手缶詰」(釜石市)は
    4日までに、宮古工場(宮古市)の操業を11月末で休止することを決めた。
    原料となるサンマの価格高騰で採算が維持できなくなった。
    従業員88人のうち地元採用の76人は解雇する。

    宮古工場は、サンマのかば焼きや水煮の缶詰を専門に製造し、大手メーカーに卸してきた。
    だが、原料調達や採算確保が困難となり、本年度の製造量は9月末現在、
    1616トンで前年同期(2189トン)を下回っていた。

    国内の今年のサンマ漁獲は、2年連続で過去最低を記録した2015、16年をさらに
    下回る不漁が見込まれる。岩手県では浜値(9月)が1キロ当たり430円
    (過去10年の平均は143円)と高騰していた。

    岩手缶詰総務グループの藤原裕一次長は「メーカーから仕事をもらう立場では、
    製品への価格転嫁にも限界がある。従業員の再就職には全力を尽くしたい」と話した。
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171005_33009.html
    【サンマ不漁で岩手の缶詰工場が操業停止、76人解雇】の続きを読む

    WS000144


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/01(日) 23:16:00.31 ID:CAP_USER9.net
    世界最高峰のG1「第96回凱旋門賞」(芝2400メートル)は1日、フランス・パリ郊外のシャンティイ競馬場で行われた。日本から遠征したサトノダイヤモンド(牡4=池江厩舎、父ディープインパクト、母マルペンサ)とサトノノブレス(牡7=池江厩舎、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ)は敗れ、日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇はまたもお預けとなった。

     今年の凱旋門賞は昨年に引き続きロンシャン競馬場が改修中のためシャンティイ競馬場での開催。前哨戦のフォワ賞(G2)で4着と6着に敗れたサトノダイヤモンド、サトノノブレスは、本番でも1920年の創設から優勝を独占してきた欧州馬の“壁”を破ることはできなかった。

     同レースに日本馬が出走したのは昨年のマカヒキ(14着)に続き2年連続。1969年のスピードシンボリの初参戦以来、昨年までに延べ20頭が出走し、1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、12、13年のオルフェーヴルの2着が最高だった。今年出走した2頭の父ディープインパクトも06年に3位入線しながら失格となった。

     鞍上のC・ルメール騎手は初めての凱旋門賞制覇ならず。1999年にフランスで騎手デビュー。15年にM・デムーロ騎手とともに、外国人として初めてJRA騎手免許を取得し、フランスの騎手免許を返上した上で日本で騎乗を続けている。管理する池江師は12年オルフェーヴル(2着)、アヴェンティーノ(17着)、13年オルフェーヴル(2着)に続いて3度目の挑戦だったが、勝利を手にすることはできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000137-spnannex-horse
    【【凱旋門賞】日本馬初優勝ならず!サトノダイヤモンド&ノブレス敗れる】の続きを読む

    WS000053


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net
    新海誠監督によるオリジナル長編アニメ「君の名は。」をハリウッドで実写映画化する企画が進行中であることが明らかになった。
    配給の東宝によれば、米パラマウント・ピクチャーズ、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットが実写映画化権を獲得し、
    現在は東宝、パラマウント・ピクチャーズ、バッド・ロボットの3社が、共同開発を行っている段階だという。

    ハリウッド実写版のスタッフは、バッド・ロボットのエイブラムスとリンジー・ウェバーがプロデュースを担当し、
    「メッセージ」で第89回アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが脚本を執筆する。
    オリジナルのアニメ版でプロデューサーを務めた川村元気氏も、引き続きプロデューサーとして参加している。

    2016年8月に公開された「君の名は。」は、心と体が入れ替わる不思議な夢を通してお互いの存在を知った高校生の男女が、運命に翻ろうされる姿を描いた。
    国内興行ランキングでは公開から29週連続でトップ10入りを果たし、興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録した。

    新海監督は、ハリウッドでの実写映画化に対し「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。
    そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──
    そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」と話している。



    「君の名は。」ハリウッドで実写映画化!J・J・エイブラムスらがプロデュース
    http://eiga.com/news/20170928/2/
    【「君の名は。」がハリウッドで実写映画化!】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/18(月) 21:55:04.42 ID:CAP_USER9.net
    広島県世羅町別迫の観光農園「ラ・スカイファーム」で毎秋人気を集めている恒例のクリ拾いが中止になった。今夏にガの一種・クスサンが大量発生し、クリの木の葉が食い荒らされたことが原因で、同園は「木を植えてから30年ほどになるが、こんな事態は初めて」と肩を落としている。

    ラ・スカイファームでは約10ヘクタールの広大な敷地のうち、6・5ヘクタールにウメと一緒に12品種のクリが植えられている。現在数百本があり、毎年9月21日にクリ拾いの受け付けを始め、10月上旬まで県内外から多くの観光客が訪れる。

    異変が起きたのは5月下旬。クスサンの幼虫が現れ始め、6月上旬には10センチほどに成長し木を覆い尽くすようになった。「一本の木に優に100匹を超えるほどいた」と同園代表の石井稔恵さん(73)。大量のクスサンにより、シーズンが来てもクリの実はほとんどならなかった。

    倉敷市立自然史博物館によると、クスサンは一匹の雌から最低数十個の卵を産み、限られた個体が成虫になる多産多死の特徴を持つ。今回の大量発生には、人為的な要因や気候の変化など何らかの理由で、クスサンの体内に巣食う寄生バチが生息しづらかったり、昨秋の産卵期にクスサンの成虫が集まりやすかったりする環境に変化していたことが考えられるという。

    同園は無農薬を徹底している。石井さんは「採れたクリを安全に食べてもらおうと思って育てている。来年以降も農薬を使うようなことはしたくない」と話し、懸命に対策を検討している。

    実がなっていないラ・スカイファームのクリの木。クスサンによる被害は深刻だ



    クスサンが羽化したサナギの跡



    配信(2017年09月18日 14時03分 更新)
    山陽新聞
    http://www.sanyonews.jp/article/598750/1/
    【【広島】「ガ」大量発生でクリ拾い中止 クリの実ほとんどならず 世羅の観光農園、初事態に落胆】の続きを読む


    WS000031

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:844761558-PLT(13051).net
    さかなクンに賛同の声 「日本の自然と心壊さないで」ミサイル発射へ悲痛な叫び

    さかなくんはフェイスブックで「これ以上 私たち日本の自然とたいせつな心を壊さないで!!」とつづったほか、「安全第一で!!どうが穏やかでいられますように 2017年平成29年 9月15日金曜日 AM7:15 さかなクン」と記した直筆メッセージを投稿した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13616820/
    【金正恩 ついに怒らせてはいけない人を怒らせてしまう】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:886559449-PLT(22000).net
    超激レア映像!ケニアでアルビノじゃない「白いキリン」が発見される!

    キリンと言えば、黄色と黒の縞模様が特徴的で、首の長い面白い動物として知られております。
    もちろん動物園でもゾウやライオンと並ぶ人気者ということは言うまでもありません。そんなキリンは、
    自然界でも普通にあの状態のまま生活しており、自慢の長い首で高い場所にあるエサを独り占めです。
    そんな中奇妙なキリンが発見されました。

    今回発見されたのはケニアの白すぎるキリンです。確かに見た目は他のキリンよりも明らかに白く、
    もはやキリンとは思えないような風貌をしております。しかも親子で真っ白ということで何らかの
    遺伝的な病気を抱えている可能性もあります。掲載元の記事ではこのキリンは「白斑」に苦しんでいるということで、
    一般的にメラニン色素の欠落によって肌が白くなる「アルビノ」ではないとのことです。

    素人目にはその違いはよくわからないのですが、目が赤くなっていない点を踏まえるとたしかにアルビノでは
    ないようですね。

    この白いキリンは大変珍しく、目撃証言はあるものの、このように映像に残されているというのは
    超激レアなのだということです。

    映像を見る限り、比較的仲間と仲良くやっているようで、仲間はずれにされているという状況ではないのが、幸いです。

    一度見てみたいものではありますが、彼らも白い体に悩んでいるかもしれませんので、あまり見世物に
    するのも良くないのかもしれませんね。

    http://www.yukawanet.com/archives/5267164.html

    【【動画】 真っ白なキリンが神々しすぎてもはや霊獣と言っていいレベル】の続きを読む

    WS000049

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 16:47:06.82 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000059-asahi-soci

    身近な水場で見つかるアメリカザリガニは外来種だ。魚や虫など在来の生き物を食い荒らす
    厄介者を、駆除する試みもある。捕まえるだけでも楽しいけれど、ちょっともったいない。
    せっかくだから、食べてみませんか?

    8月の青空の下で、子どもたちの歓声が響いた。

    「とれた!」「釣れたー!」

    神奈川県小田原市の田園地帯。造園業の沖津昭治さん(75)が在来種のミナミメダカなどを
    守ろうとつくった水田ビオトープに、家族連れら約60人が集まり、ザリガニとりが始まった。
    主催の市民団体が用意したのはごく簡単な仕掛けの釣りざお。エサのスルメを固定する
    針金と重りをつけた糸を、長さ2メートル弱の細い竹棒に結んだだけだ。

    小学生らが次々と釣り上げる。市内から来た平井謙真くん(4)も、初めはこわごわ見守るだけ
    だったザリガニを、トングでつかめるように。バケツに入れて回収するため、あちこち走り回った。
    父親の真吾さん(39)も夢中で糸を垂らし、照れ笑いしながら「子どもはほったらかしです」。

    アメリカザリガニの原産地は米国南部。日本には食用ウシガエルのエサとして1927年に
    持ち込まれた。田んぼや流れの穏やかな水路などにすみ、汚れた水にも耐えられる。
    繁殖力も強く、日本全国に広がった。メダカなどの小魚のほか、ホタルやトンボの幼虫を食べる。
    水草を切ったり食べたりして、生き物の隠れ場所も奪う。

    このビオトープでザリガニ駆除が始まったのは2007年ごろ。県の調査によると、駆除がされていない
    近くの水路では1平方メートルあたり2~3匹が生息しているが、ビオトープでは同1匹未満。
    大きな個体も減り、メダカなどへの影響は小さくなったと考えられるという。

    2時間ほどで釣りは終了。バケツを持ち寄って数えると、オス119匹、メスが109匹。
    体長数~10センチ程度のザリガニがその場で調理された。

    尾の先をちぎり、黒い「背わた」を引き抜く。塩を入れたお湯で数分ゆでると、赤黒い殻が
    鮮やかな赤色に変わった。

    あら熱がとれてから手で殻をむき、尾の部分の身を口に放り込む。臭みはなく、
    味はエビやカニとそっくりだ。胸の部分にある「ミソ」をなめてみると、濃厚な風味が鼻に抜けた。

    素揚げもある。熱したサラダ油で数分、殻がオレンジに近い赤に染まった。こちらも臭みはなく、
    もっと香ばしい。

    鳥取県南部町でも自然観察指導員の桐原真希さん(43)が希少種を守るため、市民と一緒に
    アメリカザリガニを釣って食べる催しを8年ほど続けてきた。ふつうのエビと同じようにチャーハンや
    パスタの具などとして使えるという。

    「北欧などでは一般的食材。その価値を知った人にどんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」
    【【食材】アメリカザリガニはカニの味。茹でれば臭みもなし。「どんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」】の続きを読む


    WS000014

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/02(土) 04:00:05.20 ID:CAP_USER9.net
    まったく反省していないようだ。

    「猫はふん尿が臭く、爪研ぎをする。有害動物の駆除なので法律違反にはならない」

     捕まえた野良猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして殺したとして、27日、警視庁保安課に動物愛護法違反容疑で逮捕された税理士の大矢誠容疑者(52=さいたま市見沼区)はそう話し、悪びれる様子はないという。

     大矢容疑者は昨年4月~今年4月にかけ、埼玉県深谷市の廃屋で、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたり、バーナーであぶったりして殺した疑い。その虐待の様子を動画共有サイトに投稿し、ネット上の“動物虐待マニア”から「神」などと呼ばれていたというから、まったくどうかしている。

     関係者などによると、大矢容疑者は2012年8月ごろ、埼玉県北本市に税理士事務所を開いたという。

    「大矢さんはもともと税務署員で、川越や上尾(税務署)にいたなんて話を本人から聞いたことがあります。要するに“OB税理士”ですね。何でも川越時代には、あまりに強引すぎる税務調査で地元の商工会から抗議されたという噂も耳にしています」(知人)

     税理士は最難関の国家資格のひとつといわれるが、一般的に、税務署に23年以上勤務した「国税従事者」は試験が免除され、指定の研修を受けさえすれば税理士の資格を取得できる。大矢容疑者も税務署のOB税理士というわけ。

     別の関係者は「まさかって感じです」とこう続ける。

    「大矢さんは仕事ぶりも手堅くて真面目そのもの。動物を虐待するなんて……とてもそんなタイプには見えない。仕事も順調だったようですよ。何かトラブルを抱えてストレスがたまっていた? そんな話は聞いたことがない」

    私生活では、15年3月にマイホームを新築したばかりだった。

     それなのに、大矢容疑者は今年4月までの約1年半に、目を覆いたくなる残虐な方法で少なくとも12匹の猫を虐待していたというから、心の闇は深そうだ。

    「動物愛護法違反は最大で2年以下の懲役、または200万円以下の罰金です。執行猶予付きでも禁固以上の有罪判決が確定すると、税理士の登録は抹消、つまり仕事ができなくなりますが、罰金刑の場合は抹消されません。税理士を続けられます」(税理士会関係者)

     大矢容疑者が悪びれないわけだ。

    配信2017年8月30日
    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/212541/1
    【【動物虐待】猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶって逮捕 52歳税理士、逮捕されても強気な理由】の続きを読む

    このページのトップヘ