スポーツ

    WS000151


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/17(月) 10:39:25.88 ID:CAP_USER9.net
    ◆RIZIN IN YOKOHAMA―SAKURA― 〇RENA(1回 TKO)ドーラ・ペリエシュ●(16日・横浜アリーナ)

     16日にフジテレビ系でゴールデンタイム2時間枠でディレー中継された「RIZIN IN YOKOHAMA―SAKURA―」(後7時)の平均視聴率が5・4%だったことが17日分かった。

     横浜アリーナで開催された「RIZIN」。瞬間最高視聴率は午後7時の番組スタート時の7・7%だった。

     会場では11試合が行われたが、番組ではダイジェストを除いて6試合を中継。番組でのオープニングマッチは浅倉カンナVSアレクサンドラ・トランシェバ(勝者を先に表記、会場では第2試合)。続いてKINGレイナVSジャジー・ガーベルト(同第5試合)、石岡沙織VSベスターレ・キシャー(同第3試合)。午後8時に那須川天心VSフランチェスコ・ギリオッティ(同第7試合)、堀口恭司VS元谷友貴(同第9試合)と続き、大トリがRENA VSドーラ・ペリエシュ(同第8試合)だった。

     SAKURAのタイトル通り、盛り上がったジョシカク(女子格闘技)の全4試合が放送された。特にRENAの試合は入場シーンから勝利後のマイクパフォーマンスまで完全放送。昨年9月25日の「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント開幕戦」(さいたまスーパーアリーナ)でも、メイン(クロン・グレイシーVS所英男)を差し置いて、RENA VS山本美憂がテレビでの大トリを飾っており、RENA人気に乗っかった編成となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    スポーツ報知 4/17(月) 10:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000104-sph-ent

    【【格闘技】<フジテレビ>RIZIN視聴率は5・4%...瞬間最高は放送開始時の7・7%】の続きを読む

    WS000150


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/17(月) 12:01:29.35 ID:CAP_USER9.net
    16日、TBS「S1」では、「野村克也の辛口ぼやき解説」のコーナーを放送。この日のプロ野球公式戦、巨人対中日戦を気になる試合に挙げると、「小林は今大事な時期を迎えているので、彼の配球術は非常に気になる」と、WBCでも活躍した小林誠司に注目した。

    それでも、3回に小林の打席となり、その打率が.081と表示されると、思わず吹き出した野村氏は「こういうの打率って言うのか。1割ないのに打率じゃないだろ。ただの数字じゃん」とチクリ。初球を打ってサードゴロに倒れると、「カウントによって打ち方変えるってことをしないんだね。自分はキャッチャーのくせに」と切り出し、「まず相手はストライクが欲しいわけだよ。99%外から入ってくるっていうのは読めるじゃん。キャッチャーはキャッチャー。打席に入るとバッターになっちゃう。打席でもキャッチャーやれ」などと助言した。

    また、5回表、ショートゴロに倒れた阿部慎之助が一塁まで全力で走らず、ベースの手前でアウトになるや、野村氏は「阿部も張本になっちゃったな。(一塁まで)走らない」とため息。野球解説者・張本勲氏の現役時代を振り返って、「ピッチャーゴロ打つだろ。一歩も走らない。ベンチに帰っちゃう。日曜に(「サンデーモーニング」で)”喝!”ってやってるだろ。お前にそんなこと言う権利あるか」と、阿部のプレーをきっかけに突然張本氏を厳しく批判した。

    試合は、阿部のタイムリーなどにより巨人の勝利。5人の投手をリードした小林は、ピンチこそ数多くあったものの、完封リレーで勝利をもたらした。試合後、野村氏は「全てに根拠を持ちなさい。1球1球のサインに根拠がなけりゃいけない。素質は十分に感じる。いいキャッチャーになって下さい」と小林にエールを送った。

    2017年4月17日 7時0分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12945191/
    【【野球】<野村克也氏>張本勲氏を厳しく批判!「お前にそんなこと言う権利あるか」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/15(土) 10:16:24.30 ID:9/72tOlS0.net BE:232392284-PLT(12000)
    14日、卓球・アジア選手権<2017年4月9日~4月16日>無錫(中国)で女子シングルス準々決勝が行われ、
    平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)が世界ランク1位の丁寧(中国)をゲームオールの末、撃破!
    14日が誕生日の平野は見事なバースデー勝利を飾り、ベスト4進出を決めた。

    【女子シングルス】
    <準々決勝>
    平野美宇 3-2 丁寧
    3-11/12-14/11-9/16-14/12-10

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00010000-tvtokyos-spo

    家族

    【卓球世界王者の丁寧に勝った平野美宇(17)の血の濃さが凄すぎるwwww】の続きを読む

    WS000111


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/15(土) 09:13:34.71 ID:CAP_USER9.net
    【ロサンゼルス時事】米先住民を侮辱するデザインだと批判の声があった大リーグ、インディアンスのロゴマークについて、マンフレッド・コミッショナーが同球団のオーナーに使用をやめるよう促していると米メディアがこのほど報じた。

     ロゴは赤い顔の部族長が歯を見せて笑っているデザイン。「ワフー」の愛称を持ち、1947年から帽子やユニホームにあしらわれている。ニューヨーク・タイムズ紙によると、コミッショナーはこのロゴが使われないようになることを望んでおり、オーナー側に意思表示をしたという。

     ロゴはナショナル・フットボールリーグ(NFL)のレッドスキンズのチーム名とともに、先住民差別を助長するなどとして人権団体などから抗議を受けていた。

    4/15(土) 8:30配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000016-jij-spo
    【【MLB】差別的ロゴ、廃止促す=コミッショナーがインディアンスに】の続きを読む

    WS000056


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 01:31:21.45 ID:CAP_USER9.net
    12日に引退会見したフィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリスト、
    浅田真央さん(26)に国民栄誉賞を授けるかどうかがネット上などで論議になっている。

    ツイッター上では賞の授与について賛否が分かれており、「日本人のイメージを著しく向上させた功績を称えて、受賞してほしい」
    「日本だけじゃなく世界中から愛され輝き続ける真央さんに当然与えられるべき」「個人的には、国民栄誉賞あげたい」と授与に賛成の声が寄せられている。
    なかには「真央ちゃんと安倍(晋三)さんて顔似てると思ってるので、ツーショット楽しみ」というものも。

    一方で、浅田さんの実績から「世界選手権で結果残しててもオリンピックで金メダル取れなかった時点で受賞は難しいかと
    」「オリンピックでの金メダルが無い人に与えられるモノでは無いと思う」「金メダルをとった荒川静香に贈呈すべき」といった厳しい意見もある。

    国民栄誉賞は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と規定され、
    表彰の対象は「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるもの」と明確な基準がない。
    このため、「国民栄誉賞ってそんなハードル低かったか?」「選考基準を明確にしてほしい」と賞自体の存在意義を疑問視する声もある。

    平成24年に同賞を授与された女子レスリングの吉田沙保里さん(34)は11日のイベントで、「(浅田さんは)国民栄誉賞に値する選手だと思う」と言及。
    菅義偉官房長官は12日の記者会見で国民栄誉賞を授与するかについて「まだ引退を表明したばかりなので具体的な検討はしていない」としたが、「多くの国民が活躍をたたえてきたことは事実だ」と、その偉業をたたえた。

    ■国民栄誉賞受賞者・団体(スポーツ関連のみ、敬称略)

    ・王貞治(プロ野球、昭和52年表彰)

    ・山下泰裕(柔道、59年)

    ・衣笠祥雄(プロ野球、62年)

    ・秋元貢(横綱千代の富士=大相撲、平成元年)

    髙高橋尚子(陸上、12年)

    ・FIFA女子ワールドカップドイツ2011日本女子代表チーム(サッカー、23年)

    ・吉田沙保里(レスリング、24年)

    ・納谷幸喜(大相撲、25年)

    ・長島茂雄(プロ野球、同年)

    ・松井秀喜(同、同)

    ・伊調馨(レスリング、28年)

    産経新聞 4/12(水) 16:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000544-san-spo


    【【フィギュア】<浅田真央引退>国民栄誉賞あげるべき? ネット上では賛否両論 「選考基準を明確に」と賞自体に疑問も】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 10:53:44.22 ID:CAP_USER9.net
    なっても近所でよく見かけます。お弟子さんと散歩したりしていますね。夜はそのままお弟子さんと自宅にいることが多いようだし、地味な暮らしぶりのようです」(近所の住人)

    春場所で大胸筋、二頭筋損傷というケガを負いながらも、奇跡の逆転優勝を飾った横綱・稀勢の里(30)。4月2日から始まった大相撲地方巡業の前半はけがの治療のため欠場。回復に向けて稽古に励む横綱の日常に密着すると、意外な私生活が明らかになった。

    4日、まわしを付けて、都内にある田子ノ浦部屋で本格的な稽古を始めた稀勢の里。正午前になると、部屋の中から出て来た出入りの業者が見物人たちにこう言った。

    「横綱は昼飯を食べてるよ。土俵際の上がり座敷にテーブルを添えて、他のお相撲さんたちと、ちゃんこ食べてた」

    昼過ぎ、タクシーが部屋に来る。稀勢の里は付き人ひとりと後部座席へ。家に直行かと思ったが、タクシーはとあるラーメン屋の前で停まると付け人を促して店へ入って行った。ほどなくして、外に出て来たふたり。「ああ、うまかったなあ!」という横綱の声が、道路の反対側まで聞こえて来た。

    「あそこは横綱の行きつけの店。こってり系、太麺が特徴です。横綱、結構ラーメン通のようですね」(近所の住人)

    横綱は、付き人をそのまま帰してひとりで自宅へ。大きめの通りに面した、白い外壁の8階建てマンションだ。

    「あそこは主に単身者向けの賃貸マンションです。バス、トイレ、キッチンのほかに9畳ほどの広さのリビングがあって、全部で27平米ほど。いわゆる1Kといわれる間取りです。家賃は8万円程度でしょう」(地元の不動産業者)

    まだ独身とはいえ、給料だけで約280万円といわれる横綱にしては、質素な自宅だ。この夜は、部屋の明かりはついたまま。食事は自分で作って食べたようだった。

    翌日は朝8時にタクシーが迎えに来て、部屋へ。それから昼まで稽古。その後、またタクシーで自宅へ戻った。夕方5時半ごろ、マンションからいつもの付き人が出て来た。自炊で出たものなのか、手に生ごみの袋を持って1階のゴミ集積場へ。

    「横綱は、普段は自分の部屋で、付き人に手伝ってもらって自炊することが多いようです。近所で運動する以外では、夜に外出することはほとんどないんじゃないかな」(部屋関係者)

    先代の師匠、鳴門親方(元横綱・隆の里)は健康維持にこだわるプロの料理人並みの特製のちゃんこを作ったが、その味は受け継がれているという。連日の自炊生活でもそのちゃんこを味わっているのだろうか、稀勢の里は次の日の夜も付き人と一緒に過ごしたようだった。

    質素倹約に徹して相撲道に専心せよ、という先代親方の教えを守る稀勢の里。大けがからの復帰も近い。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00010001-jisin-ent

    【【横綱】稀勢の里の質素生活「住まいは1K家賃8万円」】の続きを読む

    WS000025


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 17:10:11.06 ID:CAP_USER9.net
    コーチ、監督として現場で指導に当たるか。テレビなどで解説者、評論家になるか。言い換えれば、現役時代のように取材される対象でいるか、
    それとも、立場を変えて取材する側に回るか。それ以外の道に進む人もいるだろうが、現役を引退した選手の進路は、概ねこの2つに大別される。

    それぞれの立ち位置が入れ替わる場合もある。監督だった人がテレビ解説者、評論家になること、あるいはその逆は、よくある話ではある。
    だが両者の関係は水と油。対峙する関係にあるのが本来の姿だ。緊張関係に包まれているべきものだが、それが脆弱なのが日本だ。解説者、評論家がテレビ等で、鋭いジャーナリスト魂を発揮する機会は少ない。

    最近、ある対談でラモス瑠偉氏が「僕が監督なら、本田圭佑はボランチ」と述べたことが話題を集めたそうだが、むしろ、この程度の話が見出しになることに緊張関係の無さが浮き彫りになる。
    解説者、評論家の肩書きを持ちながら“こっち側”に位置する人に見えてこない。ツワモノが自由に意見するプロ野球との大きな違いだ。
    サッカーの方が野球より数段、感覚的で、見解に違いが生じるのが普通な競技にもかかわらず。残念ながら、エンタメ性の向上に貢献しているとは言い難いのだ。

    監督にとって逆サイドに位置する解説者、評論家は嫌らしい存在だ。天敵のようなものだが、SC相模原の安永聡太郎監督は、その感覚が薄いのか、解説者、評論家もこなすダブルスタンダードを貫いている。

    同チームの監督に就任したのは昨季途中だが、スペインリーグのテレビ解説はいまなお継続中だ。詳しくチェックしたわけではないが、Jリーグの監督では、唯一の存在だと思う。
    大丈夫なのかと心配になる。J3とスペインリーグ。次元が違うことは確かだが、監督と解説者、評論家の次元はそれ以上に違う。監督は評論家であってはマズいのだ。

    このダブルスタンダードを成立させるためには、なにより、相模原のファンの理解が必要になる。よい解説、よい評論をすればするほど「だったらウチのチームで実戦してくださいよ」という話になる。

    昨季、相模原の監督に就任したとき、そのサッカーに注目だ! と、このコラムで述べている。スペインリーグの解説を聞く限り、他の監督より面白そうなサッカーを実戦してくれそうな予感がしたからだ。
    そして実際、就任当初は、日本サッカーには珍しい、おっと思わせる攻撃的なサッカーを披露した。ところが、チームの勝ち点は全く伸びず、順位もずるずると後退。よくない話は、それだけではない。
    シーズン終盤に見たサッカーは、就任当初とは180度異なる、ガチガチの守備的サッカーに激変していた。保身のためにブレてしまったわけだ。それを知る選手には、スペインリーグで解説をする監督の姿がどう映るだろうか。

    安永監督はすっかり辻褄が合わない状態に陥った。口ほどもないヤツと言われても仕方がない、穴があったら入りたい恥ずかしい状態にある。どちらかは辞める。それが普通の感覚だろう。
    番組への露出の仕方としては、ゲストという立ち位置が精一杯。にもかかわらず、評論性の高い解説を臆することなく続けている。

    現Jリーグ副理事長の原博実氏も、協会の技術委員長、専務理事時代、海外サッカーを、解説者の立場で伝えていた。あるとき、話の流れで、アナ氏から日本代表に少し絡む質問を受けたことがあった。
    それに答えるのが解説者、評論家の仕事だが、原サンはそれに答えず体よくスルー。サッカー協会で代表強化に従事する立場なので、当然といえば当然だが、立ち位置の不自然さを露呈させることになった。

    解説者、評論家とは、当たり前だが、サッカーを解説、評論する人だ。そこに、評論される側の人が就くことは、一線を越える行為にあたる。代表監督が、解説者、評論家として活動することと同じだ。
    テレビ解説者としての原サンの喋りは当時、確かに面白かった。本人がその評判に気をよくしていたのか、あるいは喋り好きなのか、定かではないが、立場を弁えれば、そちらの方面の活動は、自粛すべきだったと思う。

    そのダブルスタンダード。まるで異なる名刺を都合よく使い分けている感じだ。ジャーナリスト出身の監督が、監督に就任してもなお、ジャーナリスト活動を展開しているのと同じ理屈。
    監督は評論家ではない。現役の監督がサッカー解説者の座に座り続ける姿と、プロ野球のような、名物解説者、評論家が誕生しない理由、あるいはエンタメ性が誕生しない理由とは密接な関係にある。プロ意識に問題あり。僕はそう思うのだ。

    2017年4月11日 20時16分 杉山茂樹のBLOG
    http://news.livedoor.com/article/detail/12922193/
    【【サッカー】<杉山茂樹>サッカーにプロ野球のような名物解説者、評論家が誕生しないのはなぜか】の続きを読む

    WS000020


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 15:50:29.41 ID:CAP_USER9.net
    フィギュアスケートの浅田真央(26)が12日に都内で引退会見を開き、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をめぐる珍問答がネットで話題になった。

     会見の後半、NHKアナウンサーから「トリプルアクセルに声をかけるとしたら、何と言いますか?」との質問が投げかけられた。これに対して浅田は「えっ? トリプルアクセルに声をかけるんですか?」と苦笑い。少し考えた末に「何でもっと簡単に跳ばせてくれないの…とか」と笑顔で答えた。

     トリプルアクセルを擬人化した質問に対し、ツイッターでは「トリプルアクセル」が、多くつぶやかれた言葉としてトレンド入り。「#トリプルアクセルに声をかける」とのハッシュタグも登場し、大喜利状態となった。

    日刊スポーツ 4/12(水) 13:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-01806455-nksports-spo
    【【フィギュア】<浅田真央も苦笑い!>NHKアナウンサーから「トリプルアクセルに声をかけるとしたら、何と言いますか?」】の続きを読む

    WS000018


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 16:37:14.79 ID:CAP_USER9.net
    http://www.oricon.co.jp/news/2089068/full/
    2017-04-12 14:52

    きょう4月12日は、テレビ東京の開局記念日。秋には東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)に開局した。
    この開局記念日に、ドラマ特別企画『破獄』(後9:00~11:18)が放送される。
    「主演は3年ぶり」というビートたけし演じる看守と、山田孝之が演じる史上最悪の脱獄犯の壮絶な闘いを描いた人間ドラマ。
    というか、もはや映画。地上波のテレビで観られるのはひとえにスポンサーのおかげなのだと、だから視聴率も大事なのだと、突き動かされた。

    原作は故・吉村昭さんの同名小説(新潮文庫)。刑務所を4回脱獄した実在の男をモデルにした小説で、読売文学賞を受賞した。
    ドラマの脚本は『夏目漱石の妻』(2016年、NHK)で第25回橋田賞を受賞した、池端俊策氏。
    監督は、『60歳のラブレター』(2009年)で商業監督デビューし、『神様のカルテ』(11年、14年)、『サクラダリセット』(前篇が公開中、後篇は5月13日公開)などの深川栄洋氏。
    たけし、山田のほか、吉田羊、満島ひかり、橋爪功、寺島進、松重豊、勝村政信、渡辺いっけい、池内博之、中村蒼らが出演する。

    ドラマは、日本軍がハワイ真珠湾を攻撃した翌年の昭和17年6月深夜、秋田刑務所に収監されていた無期懲役囚・佐久間清太郎(山田)が、2度目の脱獄を成功させたところから始まる。
    その情報は、東京・小菅刑務所の看守部長・浦田進(たけし)にも伝えられた。佐久間は前年まで小菅にいて、浦田だけには従順だったが、青森でも破獄した危険人物だ。
    3ヶ月後、浦田の前に佐久間が現れ横暴な秋田の看守を訴えてほしいと言い出す。しかし浦田は通報し、佐久間は北海道・網走刑務所へ収監される。浦田もまた網走の看守長として網走に転任が決まり、2人の闘いが始まる。
    (続きはソースをご覧下さい)







    【【ドラマ】ビートたけし主演ドラマ『破獄』 山田孝之が脱獄犯役を熱演 12日放送】の続きを読む

    WS000016


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 13:50:44.35 ID:CAP_USER9.net
    テレ朝の緊急特番「ありがとう!真央ちゃん」視聴率は5・7%
    スポーツ報知 4/12(水) 10:22配信

     11日にテレビ朝日系で放送された、現役引退を表明した浅田真央(26)=中京大=の緊急特別番組「ありがとう!真央ちゃん」(後7時)の平均視聴率が5・7%だったことが12日、分かった。

     同特番では、5歳でフィギュアスケートに出合い「天才少女」と呼ばれた浅田の、フィギュアブームを巻き起こし、銀メダルで涙を流したバンクーバー五輪や劇的な演技で感動を呼んだソチ五輪など、数多くのドラマを描いた銀盤の歴史を振り返った。

     日本中に、感動、勇気、希望をくれた4000日の密着記録を放送。MCは富川悠太、竹内由恵アナ、ゲストに松岡修造、八木沼純子、織田信成、鈴木明子、小塚崇彦らが出演した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000079-sph-ent




    【【フィギュア/視聴率】テレ朝の緊急特番「ありがとう!真央ちゃん」視聴率5.7% 】の続きを読む

    このページのトップヘ