スポーツ

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/09(日) 19:00:57.42 ID:ZDWOD/3p0 BE:299336179-PLT(13500)
    米大リーグ・ドジャースの前田健太投手(29)が2017年7月8日(日本時間)にインスタグラムへ投稿した画像に「旭日旗」が写っていたことに、韓国のネットユーザーから批判が相次ぐ騒ぎがあった。

     問題となった投稿は、前田投手が8日の登板で好投し勝ち投手になったことを報告するもの。そこには、旭日旗が描かれたハチマキを頭に締めて笑顔を浮かべるトレーナーとのツーショット写真が掲載されていた。

    ■韓国ネット「謝罪や再発防止を要求できる」

     前田投手は8日に本拠地で行われたロイヤルズ戦に先発登板し、5回1失点と好投。今シーズン7勝目(4敗)を飾った。前田投手は同日に更新したインスタグラムで、

      「4-1で勝ちました!7勝目。前回から修正して投げる事ができました!」

    と勝利を報告。併せて、チームのロッカールームの中でスタッフと二人で笑顔を浮かべるツーショット写真を掲載し、

      「写真はトレーナーのジョニー。笑今日、試合前のルーティンを手伝ってくれました!笑 神風のハチマキをつけて待ってました。笑」

    と紹介した。この写真でジョニー氏は、「神」「風」という二文字の間に旭日旗が描かれたハチマキを頭に締めていた。

     こうした投稿は、韓国の大リーグファンが集まるネット掲示板「MLBPARK」で紹介され、物議を醸すことになった。この掲示板上には、

      「前田健太には本当に失望した」
      「もう応援できない」
      「ドジャースに謝罪や再発防止を要求できる事案だ」
      「西洋人(=ジョニー氏のこと)は何も知らなかっただろうし、前田がプレゼントしたんだろう」

    といった批判的な投稿が100件以上寄せられている(原文はいずれも韓国語、編集部で翻訳)。また、ドジャースには韓国のリュ・ヒョンジン選手も所属していることから、
    「リュ・ヒョンジンに配慮しろ」といった意見もみられた。
    韓国スポーツ紙でも「旭日旗ハチマキで議論」と報道

     今回の前田投手の投稿は、韓国の日刊スポーツ紙「スポーツワールド」(ウェブ版)でも、7月9日配信の「ドジャース前田、旭日旗ハチマキで議論...ネットユーザー『正気か』」と題した記事で報じられている。

     韓国ネットユーザーの批判は上述の掲示版だけにとどまらず、前田投手のインスタグラム上にも寄せられ、なかには日本語で前田投手を批判するユーザーも出ていた。

     こうした動きを受け、前田投手は9日朝までに問題となった投稿を削除している。だが、それでも一部のユーザーの怒りは収まらないようで、他の投稿に対しても、

      「あなたが旭日旗をアップロードしたことに失望しました」
      「旭日旗再び使用しないでください」

    といった批判的なコメントが寄せられている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000009-jct-soci

    マエケンが即削除したインスタ画像

    【【韓国の方々に不快な思いさせてすみません…】 マエケン「旭日旗」インスタに韓国で批判殺到!即削除】の続きを読む

    WS000121

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/07(金) 23:46:26.17 ID:CAP_USER9.net
    (セ・リーグ、ヤクルト8-9広島、12回戦、広島8勝4敗、7日、神宮)ヤクルトは九回に5点差をひっくり返され、6連敗で借金は3年ぶりの20に達した。
    引き揚げる真中監督には客席から罵声が浴びせられ、不満を爆発させた一部のファンが試合後、クラブハウスに謝罪を求めて押しかける事態となった。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170707/swa17070723040006-n1.html
    【【野球】ヤクルト大逆転負けにファン罵声、謝罪求めてクラブハウスに押しかける事態】の続きを読む

    WS000120


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/08(土) 08:55:22.06 ID:CAP_USER9.net
    錦織圭がロベルト・バウティスタ=アグに1-3で敗れる!! ウィンブルドン 3回戦

    [錦織圭]
    9位
    日本
    27歳
    178cm

    [ロベルト・バウティスタ=アグ]
    19位
    スペイン
    29歳
    183cm


    錦織圭 1-3 ロベルト・バウティスタ=アグ

    4-6
    6-7(3ー7)
    6-3
    3-6


    http://live.tennis365.net/wimbledon17/2017/21/








    【【テニス】錦織圭がロベルト・バウティスタ=アグに1-3で敗れる!! ウィンブルドン 3回戦】の続きを読む

    WS000111


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/07(金) 08:19:05.38 ID:CAP_USER9.net
    ◆中日4―3ヤクルト(6日・ナゴヤドーム)

     ナゴヤドームの観衆が再び2万人の大台を割った。

     この日の観衆は1万9839人。同ドームでの中日の公式戦で2万人を割り込むのは、
    実数発表になった2005年以降は、

     ▼6947人 2010年6月16日の日本ハム戦

     ▼1万9739人 2017年7月4日のヤクルト戦

     に続く3度目。

     しかし、前述の日本ハム戦は、中止になった地方開催試合の代替。2日前のヤクルト戦も、
    台風3号の接近による大雨で一部の鉄道が運行を見合わせたため、客足が伸びなかったことが
    原因とされた。

     残券1万6500枚、最下位・ヤクルトとの平日ナイターという条件は2日前と同じ。
    ただし、この日は晴天だった。ナゴヤドーム職員は
    「チームがそれなりに勝っているのに、この数字は、はっきり言ってショック。
    同一カードで(事実上の)歴代ワースト1、2位ですから。台風の影響で来られなかった方は
    100人だけだったんですかね」と危機感もあらわだ。

     チームは主催試合で8連勝。7日からのDeNA戦で3連勝すれば今季初のAクラス入りとなる。
    お立ち台で「今のドラゴンズは負ける気がしない。何とか食らいついて(DeNA戦も)
    3連勝できるように頑張りたい。応援よろしくお願いします!」と絶叫した京田の
    熱い呼びかけに、イマイチ熱が入らない竜党は応じるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000253-sph-base
    【【野球】<中日>ナゴヤドーム、また観衆2万割れ…球場職員「勝っているのにこの数字はショック」】の続きを読む

    WS000012


    4:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/04(火) 15:00:53.92 ID:Op6saqHY0.net
    >なぜか坂本は罵倒し続けたB子さんを連れ出している

    どんだけ女に飢えてんだよw
    シーズン中なのにさ
    【【野球】<巨人軍「坂本勇人」>キャバクラで横柄な態度 !キャバ嬢に「ブス」「彼は超オレ様キャラ。態度が横柄で飲み方も汚ない」】の続きを読む

    WS000043


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/02(日) 08:00:38.86 ID:CAP_USER9.net
    現在フリーとなっている日本代表FW本田圭佑にトルコからオファーが届いているようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が独占で報じた。

    本田は6月30日をもってミランとの契約を満了。3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることが決定している。

    ここまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのレバンテなど数多くのクラブが興味を示していたが、ついに具体的なオファーを提示してきたクラブがあったという。
    報道によると、トルコのガラタサライがすでに年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、現在フリーの本田の返事を待っているようだ。

    ガラタサライは昨シーズンの国内リーグを4位で終え、来季は予選からヨーロッパリーグ出場権を手にしている。

    以前から移籍に関しては「面白くて行きたいと思えるクラブがあるかどうか」と語ってきた本田。
    ガラタサライに加入すれば、欧州の舞台でミランと顔を合わせる可能性もある。
    ヴェスレイ・スナイデルやナイジェル・デ・ヨングといったスター選手に加え、トルコ代表選手も在籍しており、本田にとって「成長」を望める場でもあるが、どのような決断を下すことになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000031-goal-socc

    【【サッカー】本田圭佑にトルコ強豪クラブからオファー…年俸2億円超の2年契約か】の続きを読む

    WS000038


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/02(日) 05:13:35.87 ID:CAP_USER9.net
    サッカー“しか”やらない子は、どうなるのか? 小俣よしのぶ(後編)

    前編ではフィジカルコーチ・小俣よしのぶ氏に、「スキャモンの発育曲線」「ゴールデンエイジ理論」など、日本で蔓延するフィジカル知識の危うさについて語っていただいた。後編はより踏み込み、「幼少期から単一スポーツに取り組むことの是非」について論じていただいている。

    ■「サッカーが日本の子どもをダメにする」の真意

    ――小俣さんは以前「サッカーが日本の子どもをダメにする」ということをFacebookでお書きになっていました。この発言の真意を教えてください。

    小俣 前編でも申し上げたとおり、現在は競技の低年齢化が起こっています。それでサッカースクールに行くと、子どもができるサッカーしか教えないわけですね。これも前編で申し上げましたが、運動と体育とスポーツの意味は異なります。その文脈でいうと、低年齢からサッカー“だけ”をやることが、身体運動として適切かどうかを考える必要があります。
     
    現に、サッカーしかできない子が出てきているわけですから。いま私が教室で経験しているのですが、小学生でサッカーやってる子は腕立て伏せもできないし、腕立て伏せの姿勢すら保てないんです。腕が震えて、尻がたれてしまう。
     
    ――そんなに極端な状況があるんですね。
     
    小俣 これは、サッカー教室やクラブの特性もあります。例えば練習時間が60分として、その中ですべてのサッカーのスキル練習をやらなければいけませんから、フィジカルや基礎的運動をやっている暇がないんです。さらに、ボールを使わない練習をしてしまうと、ビジネスとして成り立たない。そして子どもがいやがる事は絶対やらない。「ボールを使って楽しませようとする」のがサッカースクールです。
     
    一人一個ボールが用意されているわけで、その時点で奪い合いが起きません。強く蹴る事も要求されないですし、リフティングとボール操作性のトレーニングしかやれない。結果どうなるかというと、これは自分の担当しているクラスの話ですが、小学校5年生の子がいて体も大きいんですが、腕が蚊トンボのように細い。握力も、10kgしかないんです。

    ――握力10kgというと、7歳児ぐらいのレベルですね。

    小俣 それに、走る時に腕が振れないですね。手をカマキリみたいな形にさせてしまう。腕立て伏せをきっちりさせれば、一年も経てばしっかりと腕が振れるようになり、走るフォームも変わってきます。
     
    これは極端な例ではありません。こういう子どもは、たくさんいます。サッカーはあくまで一例にすぎず、野球もそうなのですが、単一競技しかやらないと体力や運動能力が低下してしまうということです。特にサッカーは上半身を使わないまま行くので、中学レベルになると体の当たりが入ってふっとばされる。そうして当たりが強くない子はイヤになって辞めてしまい、身体の大きな子だけが残ってしまうのです。

    ■リオ五輪選手より、高校球児のほうが大きい

    ――小学校4年生位になると急激に競技人口が減るのは、フィジカル勝負でいやになった子がやめてしまうからなのでしょうか。
     
    小俣 それもあると思います。実際、リオ出場選手(各国の集計)の身体形態データをみると、特に日本代表選手は身体が小さく参加国内で下から二番目でした.
     
    ショックなのは、その年の夏の甲子園に出場した強豪校の球児の方が全然大きいことです。ある意味、高校球児がサッカー日本代表になれば、身体の大きさではアジアの平均より上に行くんですね。
     
    競技の選抜を行なうとき、最も重要なのは身体データなんです。競技ごとに適した身体形態があります。身長や体重、体型など、その中でも身長が重要で、次にその競技にあった体型。体型が決まれば、体重が決まります。そもそも、日本サッカーは世界基準に達していない。これから身長がいきなり10センチ伸びるか? と言ったらそうではないですよね。だから、野球に流れていく子どもを引っ張っていくしかありません。
     
    本来日本で身長が180センチを超える子は全体の1%ほどです。しかし、甲子園に行けば200人くらいゴロゴロいる。彼らが全員サッカーをやれば、フィジカルの基本的な問題はクリアーできます。


    ■日本のフィジカルトレーニングの問題点

    記事全文
    https://victorysportsnews.com/articles/4339/original

    【【サッカー】サッカーしかやらない子は、どうなるか? 「サッカーが日本の子どもをダメにする」の真意】の続きを読む

    WS000037


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/02(日) 09:43:41.55 ID:CAP_USER9.net
    7/2(日) 9:41配信
    スポーツ報知

    野球評論家の張本勲氏(76)が2日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、30日(日本時間1日)に本拠でのヤンキース戦でメジャー初登板を果たしたアストロズの青木宣親外野手(35)に「喝」を入れた。

     青木は、4―10と試合の大勢が決した9回に急きょ6番手としてマウンドに上がった。日向高(宮崎)時代は投手だったが、ヤクルト時代も含めプロ初登板。1イニングを2四球と1安打で3失点となった。

     この起用に張本氏は「喝だ。青木を起用した監督」と切り捨て、さらに「青木にも喝」と厳しい口調で断じた。「草野球じゃないのよ。アメリカ野球にもがっかりしたね。こんな野球やっちゃダメになるね」と怒りを爆発させた。

     司会の関口宏(73)が「捨て試合だから」と向けたが「関係ないよ。入場料払っているんだから。全部返還した方がいいよ」と観客へ失礼にあたるとの持論を展開し「青木も断らなきゃ」と主張した。

     青木について「学生時代、ちょっとピッチャーやったことあるんだけど、あれだけ満座の前で大恥かいている。やめてもらいたい」と苦言。その上でかつて1996年の日本のオールスターゲームで打者・松井秀喜の場面でイチローが投手に起用され、セリーグの野村克也監督が代打に投手の高津臣吾を送ったことを引き合いに出し「田中マー君が向こうのベンチにおったから、田中マー君がバッターボックスに立てば、私は、あっぱれやろうと思った」と展開。「最後に「あんなふざけたことされたんじゃ、米国行く人いなくなるよ」と指摘していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000057-sph-ent
    【【野球】張本勲氏、青木のメジャー初登板に喝「草野球じゃない」「入場料返還すべき」】の続きを読む

    WS000072


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/30(金) 10:05:01.59 ID:CAP_USER9.net
    【SPORTS BAR】

     顔を引きつらせ、ジロッとにらめつけるシーンがあった。

     女子プロゴルファー、吉田弓美子である。先週のアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)の予選ラウンドで、韓国の“セクシー・クイーン”アン・シネと同組になった。

     「カシャ、カシャ、カシャ、カシャ…」

     その瞬間、ものすごい勢いでシャッター音が鳴り響いた。主役はアンである。いつものようにボールを打つ姿がターゲットではない。ストレッチする姿、日焼け止めのスプレーをかけるなど、ほんのちょっとの“動き”にカメラマンが反応していたのだ。

     あるグリーン上ではアンが靴を脱ぎ、逆さにするシーン。どうやら小石が入ったようだが、珍場面にまたシャッターの放列である。

     「すみません、シャッター音、やめてください」。吉田が思わず叫んだのだった。

     メディアが殺到した。たとえば2日目の取材登録は69人。通常のスポーツ部門以外の登録は、情報番組などのテレビクルーを含めたカメラマンが11人。メディアは“旬の素材”を追い求める。

     スター出現はどの業界においても好材料であるが、副産物である“大騒ぎ”も付いてくる。その際、取材する側のマナーにも問題もあるだろうが、“カヤの外”にされた同伴競技者には、迷惑でありストレスになりがちであるのもわかる。

     そういえば…。男子プロで石川遼が登場したときもそうだった。

     大挙してギャラリーが押し寄せた。ゴルフのルールも知らない。マナーも知らない。同伴競技者のプレーがまだ残っているのに、石川のプレーが終わると大民族移動…。「オレは遼とは回りたくない」と言い出す選手もいたほどだ。

     石川は、しかしすぐに周囲を気遣った。簡単なパットを残しても“お先に”をせず、最後にプレーした。“藍ちゃんフィーバー”の時の宮里藍もそうだった。

     アンの場合、見られる魅力に酔いしれて?そこまで気が回っていない。日本参戦して3試合目、それも致し方ない。

     もっとも、些細なことでプレーを崩してしまうようでは、本物のプロフェッショナルではない。

     「ゴルフ場へ足を運んでもらうファンが増えることはいいことです。選手もメンタルに強くなってもらいたいですね」

     ある女子プロ協会幹部の言葉である。ファンやメディアの傍若無人な行動はいただけない。しかし、嘆いてばかりでは未来はない。スター出現を好機ととらえ、どう発展させるか。そんなプラス思考を持ちたい。 (産経新聞特別記者・清水満)


    2017年6月29日 17時6分 ZAKZAK(夕刊フジ)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13269064/
    【【ゴルフ】<ありえないタイミングのシャッター音>吉田弓美子叫び!「やめて」 “旬”に大騒ぎするメディアの功罪】の続きを読む

    WS000044


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/28(水) 23:15:48.28 ID:CAP_USER9.net
    6/28(水) 23:11配信

    スポニチアネックス

     西武・森慎二投手コーチが28日午後零時10分、福岡市内の病院で多臓器不全のために死去した。42歳だった。

     球団は前日の27日、病気療養のために休養することを発表。西口文也2軍投手コーチ(44)が、代わって1軍に合流したばかりだった。渡辺久信シニアディレクター(51)は「検査などをしている状況で、まだ病名は分からない」と話していたが、その矢先の突然の死去となった。

     森コーチは新日鉄君津から96年ドラフト2位で西武に入団。入団1年目からリリーフとして頭角を現し、00年には23セーブを記録。02、03年には最優秀中継ぎ投手賞にも輝いた。通算成績は431試合で44勝44敗50セーブ、防御率3・39。15年に西武の2軍投手コーチに就任し、昨季途中から1軍コーチを務めていた。
    【【訃報】西武・森慎二投手コーチ死去 42歳】の続きを読む

    このページのトップヘ