スポーツ


    WS000042

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:902871952-PLT(12000).net
    【巨人】球団が沢村に謝罪…施術ミスで神経麻痺
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000101-sph-base

    > 「外的要因によるもので、はり治療によって長胸神経麻痺となり、
    > 前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性が考えられる」との所見を得たという。
    【はり治療の科学的な根拠って証明されてるの?】の続きを読む

    WS000001


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/08(金) 15:14:22.59 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ中継の多様化が進んでいます。去る8月29日、英・パフォームグループが提供するDAZN(ダ・ゾーン)の会員数が1年で100万人を突破したとの報道がありました。ライブコンテンツの切り札として注目を浴びるスポーツ中継の隆盛と放映権高騰はまだまだ続くのでしょうか? OTTと呼ばれる動画配信サービスはどこに向かっているのでしょう? 横浜DeNAベイスターズ前社長の池田純氏が、スポーツ中継をめぐるサービスの変化とその影響について語りました。

    DAZN会員数が100万人突破! 隆盛を誇るOTTサービス

     海外でもインターネットを介したマルチデバイスを主戦場に移しつつあるスポーツ中継の波が、一気に日本にも押し寄せています。昨夏、Jリーグと10年間で約2100億円という大型契約を結んだ英・パフォームグループの動画配信サービスDAZNは、NTTドコモとの提携、相次ぐ有料コンテンツの放映権獲得で攻勢をかけています。

     Jリーグとの契約が強調されますが、DAZNは、先月末行われた“世紀の一戦”、メイウェザー対マクレガーを日本独占ライブ配信するなど、さまざまなスポーツの放映権を次々に獲得しています。

     DAZNやスポナビライブをはじめとするスポーツ中継配信サービスは、インターネットの接続環境の進化によって登場した「テレビに代わるメディアの在り方」を示すコンテンツ供給方法としても注目を集めています。

     日本でも、Netflix (ネットフリックス)やHulu(フールー)、Amazonプライムなどの配信サービスが一般的になりつつありますが、こうしたサービスはOTT(over-the-top)サービスとしてドラマや映画、音楽、そしてスポーツといったコンテンツを取り込み、急激に普及が進んでいます。

     かつてはCATV(ケーブルテレビ)の国として、4大スポーツをはじめとするスポーツ中継のためにチャンネルごとに契約する文化が根付いていたアメリカにも、CATVとの解約を表す“コードカッティング”という流行語が生まれるなど、OTTの波が押し寄せています。

     日本ではDAZNが“黒船”として大きな話題を呼びましたが、アメリカでもサッカー専門OTTサービス、「fuboTV」が、Northzoneや21世紀フォックス、スカイ、Scripps Networks Interactiveなどから総額5500万ドル(約61億円)を調達したと米フォーブス誌が報じています。

    9/8(金) 12:10配信 victory
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00010002-victory-spo
    【【ライブ配信】<DAZN会員数が100万人突破>隆盛を誇るOTTサービス.Jリーグは10年間で約2100億円の大型契約。プロ野球は、倍は狙える?】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:232392284-PLT(12000).net
    中田ジャパン、強豪ブラジルにフルセットの勝利!30年ぶりに連勝/バレー

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000550-sanspo-spo

    【女子バレー 美人を切り捨てブスばっか集めたら強くなったwww】の続きを読む

    WS000052


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/08(金) 12:31:12.04 ID:CAP_USER9.net
    9年ぶりのJ1復帰を目指すジェフユナイテッド千葉は、今季、いままでにない大改革を進めている。

     エスナイデル新監督が率いるチームは、極端なまでのハイラインで守り、猛烈なハイプレスをかけ続ける。前にも後ろにも、とにかく走るのだ。夏場でも、その運動量が落ちることはない。なぜ、そこまで走れるのか――。

     監督は「そこにミステリーはない」と言葉に力を込める。厳しいフィジカルトレーニングを課しているのは想像に難くないが、それだけではない。強度の高い練習をこなす体作りから見直し、徹底して食事改善に取り組んでいるのだ。

     現役時代、イタリアのユベントス、スペインのレアル・マドリーなど、欧州の名門クラブでプレーしてきた元アルゼンチン代表にとっては、当たり前のことを当たり前にしているだけだという。

    脂身、濃い味、白米が並ぶ食事に監督があ然。

     きっかけは、シーズン開幕前の沖縄キャンプだった。

     「なぜこんなに味付けが濃くて、脂っこいものが多いんだ!」

     エスナイデルは、宿泊ホテルのビュッフェ形式のレストラン会場であ然とした。

     テーブルに置かれたメイン料理は脂身のある牛肉、味付けされた豚肉に皮の付いた鶏肉、それに濃い味付けの魚まで……。

     パスタのソースも選び放題で、おかずもよりどりみどり、まさにリゾートホテルで食事を楽しむそれだった。選手の皿を見ると、牛肉、豚肉、鶏肉などがてんこ盛り、さらに白米まで添えられているのを見ると、ふつふつと怒りが込み上げてきた。

     「これはアスリートの食事ではない!」

     欧州の一線で活躍してきたプロフットボーラーの常識では、考えられないメニューだった。

     「私が要求するフィジカル的な負荷に対応できるようにするためには、食事から改善しないといけない。食事の質をもっと上げるべきだ。栄養価の高いものを摂り、無駄な脂肪は摂る必要はない」

    監督から毎日のように届く調理法のリクエスト。

     体脂肪率は、12%以下にすることを徹底。監督は現役時代から信頼を置くアルゼンチン在住のフィジカルトレーナーの助言を受けながら、すぐに「食事改革」を断行した。高橋悠太GMをはじめ、チームスタッフに有無も言わさず、献立の変更を指示。沖縄キャンプ2日目からメイン料理は1種類のみとなり、パスタのソースも消えた。食事の手配をするマネジャーの福島佑馬は、監督に言われるがままにホテル側へ細かくオーダーした。

     「肉の脂身を全てカットし、素焼きでお願いします。豚肉は一切なし。パスタはゆでるだけで大丈夫です。ソースはなしで、粉チーズとタバスコだけを置いてください。フルーツ、ドライフルーツ、ナッツ、ヨーグルトは用意してほしいです」

     ホテルからは「本当にそれでいいのですか?」と確認されたという。

     主食の白米も玄米へ変更。これが大変だった。ホテルには用意がなく、自前で調達することに。福島マネジャーは高橋GMと一緒に沖縄のスーパーマーケットを駆け回り、数日かかって3軒からキャンプ全日程分の玄米を購入した。ホテルに持ち込むと、調理場では玄米を炊いたことがなく困惑。一度試し炊きして、水の加減なども確認した。

     舞台裏でてんやわんやの大騒ぎをしているなかでも、監督からは毎日のように脂を使いすぎない調理方法や味付けまで細かいリクエストがきた。福島マネジャーは、「ホテル側に急で無理なお願いもした」と申し訳なさそうに話す

    つづく

    9/8(金) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00828827-number-socc
    【【サッカー】<ジェフ千葉>消えた脂身と白米...エスナイデル監督が持ち込んだ食事革命が凄い!「体は商売道具、ケアして当然」】の続きを読む

    WS000037


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/08(金) 06:56:22.69 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のハリルホジッチ監督(65)が7日、W杯出場を報告した日本協会で取材に応じ、
    「現時点ではW杯で戦えない。特にJリーグの選手は強くならないといけない。
    今この時点から準備してほしいと伝えました」と、選手に対して個々のレベルアップに着手するよう命じたことを明かした。

    また、数日中にも故郷のボスニア・ヘルツェゴビナに一時帰国する。
    豪州戦後に言及した家族の問題によるものだが、「私的な理由なので」とだけ話した。10月の日本代表戦は指揮をとる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000017-dal-socc
    9/8(金) 6:05配信
    【【サッカー】ハリル監督「現時点ではW杯で戦えない。特にJリーグの選手は強くならないといけない。」 国内組に奮起求める】の続きを読む



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 19:28:07.05 ID:CAP_USER9.net
    蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」
    2017年9月5日21時56分

    プロレスラーの蝶野正洋(53)が5日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)で、
    頸髄完全損傷で医師から回復の見込みがないと診断されたプロレスラー・高山善廣(50)についてコメントした。

    蝶野は「事故があったことは聞いていましたけど、こういう状況だってはっきり伝わってこなくて…
    (頸髄)完全損傷ですか? 取り返しがつかない形になってる」と話した。
    さらに「高山君は、先輩から後輩から、業界で信頼のある選手です。今も支援していこうという形が
    選手間の中で出てきましたので、是非回復を」と願った。
    「彼は新日本のリングで、一度脳梗塞って言う形で長期の欠場をして、そこから復帰をして、
    本当に不屈の闘志を持っている人ですから、是非頑張ってもらいたい」とエールを送った。

    またプロレス業界全体での事故防止の取り組みを問われると
    「使う側(団体)がそういうルールを作るしかないと思う。選手は多少のケガを押してでも、
    無理をしてでも、自分をアピールして出る。使う側が見極めて、規制を作らないと止めようがないと思う」
    と話した。

    「(高山選手は)キャリア25年以上。そういう選手になると古傷があります。
    本人達もリングに上がる前は怖いんです。ただ、リングに上がったら、そういった制御がなくなっちゃうところがある。
    今回はリング上で起きた事故ですけど、業界全体、プロモートする側、
    使う側がルールっていうのをかけないと止まらないと思います」と訴えた。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170905-OHT1T50170.html
    蝶野正洋

     

    【【プロレス】蝶野正洋、高山善廣のケガに「取り返しがつかない。団体が規制を作らないと止まらない」】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 22:27:09.38 ID:CAP_USER9.net
    阪神 0 1 0  0 0 0  1 1 0  0 0 .  3
    広島 0 0 0  0 0 0  0 3 0  0 1x  4

    バッテリー
    広島:中村祐、ブレイシア、中崎、今村、一岡- 磯村、會澤
    阪神:岩田、桑原、マテオ、高橋、藤川、岩崎、石崎- 坂本

    本塁打
    阪神:中谷 2回表 19号ソロ
    広島:

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20170906-03.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2017090603/score

    明日の予告先発
       広島 - 阪神
    ジョンソン   秋山拓巳
    http://npb.jp/announcement/starter/
    【【野球】セ・リーグ C4-3T[9/6] 連夜のサヨナラ広島M10!8回丸安部適時打同点!11回會澤サヨナラ打! 阪神3点差守れず】の続きを読む

    WS000052


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 19:53:20.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑(31)のパフォーマンスに厳しい声が飛び交った。ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦。先発したが精細を欠き、前半終了とともにベンチに退いた。

     7年前、南アフリカW杯を控えながら低迷していた代表の中で、当時絶対的な司令塔だった中村俊輔を追い落とし、救世主となった本田。今度はその本田が「かつての中村俊輔のよう」といった声がインターネット上にあふれており、世代交代の波が押し寄せている。

    ■前園真聖「今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」

     2017年9月6日未明(日本時間)のサウジ戦はW杯予選の最終戦。2-0で勝利した8月31日のオーストラリア戦では出番がなかった本田だが、右ウィングで先発出場した。

     だが、フィジカルの強さを生かした前線でのボールキープや、高精度のパスといった持ち味は発揮できなかった。MF柴崎岳ら味方との連携でもズレが目立ち、右サイドバックの酒井宏樹とのコンビも機能しなかった。試合中からツイッター上では「1人だけ遅い」「重くて遅いのが目立ってしまった」「スピードについていけてないな...」と厳しい声が目立った。

     前半43分には、最終ラインまで下がったMF山口蛍に対し、内側に絞って引きながら縦パスを受けた本田だが、トラップで凡ミス。自陣内でボールを奪われてショートカウンターになり、あわや失点のシーンにつながった。本田はハーフタイムでFW浅野拓磨と交代した。

     元日本代表の前園真聖氏はツイッターで、「本田が前半で交代。サイドのポジションがDFの裏に飛び出す動き、ドリブルで仕掛ける役割が代表で必要ならば、今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」と、パフォーマンスの低調ぶりを指摘した。

     本田の現状を見て多くの人が思い出したのは、7年前のことだったようだ。南アフリカW杯直前の2010年、司令塔として君臨していた中村俊輔だったが、相次ぐケガやコンディショニングの影響で精細を欠き、岡田武史監督(当時)は「俊輔外し」の大ナタを振るった。そして代わって定着したのが当時23歳の本田だった。本田はセンターFWとして南アW杯で鮮烈の2ゴールをあげ、明確な「世代交代」を起こした。

    「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」

     南アW杯開幕時点の中村は31歳で、今の本田も31歳。サウジ戦後、ツイッター上では

      「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」
      「怪我で劣化の一途をたどった南アフリカ直前の中村俊輔を思い出した。本田好きだったんで悲しい。ここまでかな」
      「決定的に解ったのは本田はハリルのサッカーにはマッチしないと言う事。かつて岡田監督が中村俊輔を外したように。今回は本田が中村俊輔の立場になる番だろう」
      「俊輔のラスト(南ア)W杯の再現になっぞ!世代交代、自らも繰り返すのか」
      「本田さんは、かつての中村俊輔のようになるか」

    といった声が続々とあがった。

     一方、本田はケガのため所属するパチューカ(メキシコ)でのデビュー戦が8月下旬までずれ込んでおり、調整の時間は不十分だった。ハリルホジッチ監督も「本田は今トップコンディションではない。ゲーム感を取り戻してほしい」とし、もともと「45分の前提で使った」としている。また、サウジ戦は0-1で敗れたが、失点は本田が退いた後半18分。前線でタメをつくれる本田の能力を依然評価する向きもあり、

      「このタイミング(編注:後半20分あたり)で本田投入したかったなー。ポゼッション出来る時に」
      「本田外して攻撃は活性化したと見るか、逆に失点したと見るかは検討の余地ありだわ」
      「今日は本田入れるなら、やっぱり柴崎のところだったな」

    と、起用方法への言及もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000010-jct-ent
    【【サッカー】本田圭佑が「かつての中村俊輔のよう」 7年前の世代交代「自らも繰り返すのか」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
    8月下旬、台北で開かれた大学生の国際大会「ユニバーシアード」では、日本代表選手団が金メダル獲得数37個で参加国中1位となる大活躍をみせた。
    この輝かしい成績のほかに注目を集めたのは、選手たちによる公園の清掃活動だ。
    台湾では「これぞスポーツマンシップ」と称える声が相次いだ。

     8月29日、選手村が置かれる新北市林口区地域のFacebookグループ「林口大家族」に参加するユーザが投稿した写真には、
    「JAPAN」のロゴつきTシャツを着た日本選手たちが、ほうきとちり取りを手に、公園を清掃している様子が収められていた。

     また別の写真を、蔡淑君 ・新北市議が「素晴らしいです」とコメントをつけて投稿。
    台湾のネットユーザは「これを『お国柄』というのでは」「これぞスポーツマンシップ」
    「見習うべき」「台湾人は顔面から汗をかくわ(恥ずかしい)」
    「日本の成功は道徳教育にある。清潔な環境は人々を守り、周囲に感動を与える」と、
    選手たちの行動を称えたり、清掃に対する自省の念を示すコメントが続いた。

    「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ
    http://www.epochtimes.jp/2017/09/28289.html

    【「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ】の続きを読む

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/01(金) 10:02:59.93 ID:OcAQMzDXa.net BE:455679766-2BP(2001)
    世代交代を求める声に待ったをかける長友佑都 「真司や圭佑が出ていたら…」

    継続してこの戦い方を続けるのであれば、ボールテクニックに秀でる本田や香川よりも、
    ボールがないところでもハードワークを続けられる浅野、井手口の方が適任だろう。
    過去8試合、W杯やW杯予選で一度も勝てなかったオーストラリアに完勝した後、
    このまま一気に世代交代を進めるべきではないかという声も、多くあがっていた。

    そうした声に待ったをかけるのが、先制点をアシストした長友だ。
    長友自身、「球際で戦える選手、1対1に強い選手、走れる選手があれだけ出ていて、こういうサッカーができました。
    新たな日本のサッカーのスタイルが、もしかしたら確立されていくのかもしれません」と、この日の戦いぶりに大きな手ごたえを感じていた。

    だが同時に、同年代の本田や香川が出ていたら、もっと違った戦い方ができていたとも主張する。「若い選手たちがこれだけ頑張ってくれて、今日も結果を残せましたが、
    真司や圭佑が出ていたら、もっと試合をコントロールできていただろうし、もっと落ち着かせる場面があったと思います。
    結局、今日もオーストラリアにボールを持たれて、(パスを)回されるというシーンが、後半も含めてたくさんありました。あそこで圭佑や真司がいたら、落ち着かせて、タメもできた。
    もっと良いサッカーができていたのではないかと、個人的には思っています」と、持論を展開した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00010000-victory-spo
    【長友さん、選手起用に苦言「本田や香川がいればもっといいサッカーができた」】の続きを読む

    このページのトップヘ