生活

    WS000022


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/24(月) 11:19:27.57 ID:CAP_USER9.net
    日本人が最もウナギを食べるとされる土用の丑(うし)の日が今年は、25日と8月6日にやってくる。
    かば焼きでおなじみのニホンウナギは昨年より若干安くなっているが、稚魚の密漁は後を絶たない。専門家からは、資源管理の強化を求める声が上がっている。

    7月中旬、イオンスタイル碑文谷(東京都目黒区)。ウナギのバルーンで飾られた一角に、つややかなかば焼きがたくさん並んでいた。
    鹿児島産の養殖モノは標準サイズで1パック1780円。養殖に使うための稚魚の漁が始まった昨年12月ごろの漁獲が安定し、昨年より200円ほど安いという。

    購入した主婦(67)は「夏バテ対策で食べたくなった。まだまだ手が出しにくいけど、資源が減っているなかでは仕方がないと思う」と話した。
    国際自然保護連合が2014年にニホンウナギを絶滅危惧種に指定し、消費者にも資源に対する理解は広がりつつある。

    6月下旬、専門店「うなぎ高瀬」(東京都八王子市)の「土用の丑の日は休業します」という店内の貼り紙を、客がツイッターに投稿した。
    多くの客が訪れることで丁寧な接客が難しくなるほか、稚魚の減少に触れて「資源を大切に守り、日本の食文化『鰻(うなぎ)』を未来に残したい」などと理由が書かれていた。

    「ごもっとも」「みんなで少しずつ我慢を」。リツイート(転載)は1カ月弱で1万件を超え、好意的なコメントが相次いだ。
    中山佳和社長(40)は「私たちができるのは取扱量を減らすこと。常連さんも休業を後押しして下さり、資源を守ろうという機運は高まっていると感じる」。

    残り:733文字/全文:1390文字

    配信 2017年7月24日10時48分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.asahi.com/articles/ASK7P55HJK7PUTIL03G.html
    【【明日は土用の丑】今年は2回 「ウナギ守るため」休業の店も】の続きを読む

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/23(日) 00:12:15.65 ID:CAP_USER9.net
    本格(乙類)焼酎に比べスッキリとしてクセのない味わいが特徴で、ホッピーや酎ハイなどの割り材と相性が良い「甲類焼酎」。その販売量が、東日本と西日本では「圧倒的」に違うこと、ご存じだろうか。

    「大五郎」で知られるアサヒビール(東京・墨田区)の広報担当者によれば、「弊社の甲類焼酎の売上のうち、約85%が東日本です」。また、「宝焼酎」の宝ホールディングス(京都市)でも、甲類焼酎の売上は「8:2」で東日本が多いという。なぜ、ここまで売上に大きな差が出ているのだろうか。J-CASTニュースが探ってみると......。

    販売量は「西に向かって減っていく」

    甲類焼酎とは、糖蜜などの原料を何度も蒸留し、雑味の無い高純度のアルコールを精製して作ったもの。低コストによる大量生産が可能なため、本格焼酎と比べて基本的に安く販売される。2リットル、4リットルの大容量ペットボトルでもお馴染みで、「家計に優しいお酒」とのイメージが強い。

    芋や麦など原料の風味が強い本格焼酎よりもクセのない飲み口で、サワーや酎ハイなど様々な割り材との相性もピッタリ。カロリーも少なく、糖質やプリン体も含まれていないことから、ここ最近の「健康ブーム」の面からも注目を集めている。

    そんな甲類焼酎について、J-CASTニュースが2017年7月13日に大手メーカー3社に販売動向を聞くと、どの担当者も「西日本よりも、東日本で売れています」と口を揃える。アサヒビールの担当者は、

    「ここ数年の売上傾向で、ざっくりした数字ではありますが、弊社の甲類焼酎の売上は、約85%が東日本です」

    と話す。また、宝ホールディングスの担当者は、

    「愛知までを東日本と区分すると、売り上げの比率は単純計算で8対2で東日本が多くなります」

    と説明。また、甲類焼酎で知られるある酒造メーカーの担当者は、「うちの場合、甲類焼酎は北海道や東北地方で売れていて、そこから西に向かってグラデーションのように徐々に減っていきます」としていた。

    東日本で「甲類」が売れるワケ

    話を聞いた3社は、いずれも全国で甲類焼酎を展開している。にも関わらず、なぜここまで販売量に差がつくのか。

    焼酎の歴史や販売動向に詳しいある業界関係者は取材に対し、

    「理由はさまざまですが、一つに、物流の関係で昔は関東には本格焼酎があまり入って来なかった点があります。そこで関東では、ホッピーや酎ハイなど甲類焼酎を使った『割り材文化』が流行したんです」

    と話す。一方で、地理的な面で早くから本格焼酎に親しんでいた関西では、「一昔前までは、麦の本格焼酎で酎ハイを作っていた」という。

    全文はURL先でどうぞ
    https://www.j-cast.com/2017/07/22303350.html
    【【酒】宝焼酎も大五郎も...甲類焼酎は「西低東高」 東日本だけで8割売上、なぜ?】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG.net
    ある地域の食事内容が「ヤバい!」――こんなツイートが2017年7月10日に投稿され、話題になっている。

    ではここで、実際どんな食事なのか、見てみよう。



    これは関西では一般的とされる、ご飯と、お好み焼きなどの「粉もん」や、焼きそばなどの「麺類」を一緒に食べるという、
    ボリューム満点な「炭水化物だらけ」の食事を撮影したものだ。関西では普通でも、これを関東の人が見ると「どれがおかず?」
    と疑問や違和感を感じてしまう場合が多いようだ。

    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/246336.html
    【「これが関西の食事だ!」 →関東人「おかずはどれ?」】の続きを読む

    WS000023


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/20(木) 12:10:09.34 ID:CAP_USER9.net
    荒川水系の取水制限 21日から20%に引き上げ
    7月20日 12時00分

    東京都と埼玉県に水を供給している荒川水系は雨が少ない影響でダムの貯水量が引き続き
    平年を大きく下回っていることから、関東地方整備局などは21日から
    荒川水系の取水制限をこれまでの10%から20%に引き上げることを決めました。

    荒川水系では雨が少ない影響で流域のダムの貯水量が平年を大きく下回り、
    関東地方整備局などは今月5日から10%の取水制限を行っています。
    荒川の上流部では今月5日以降も雨の少ない状態が続き、荒川水系の4つのダムの貯水量は、
    20日午前0時現在で4529万トンと平年の59%にとどまっています。

    このため関東地方整備局などでつくる協議会は20日、さいたま市で会合を開き対応を協議した結果、
    荒川水系の取水制限を21日午前9時から20%に引き上げることを決めました。
    荒川水系で20%の取水制限が行われるのは平成6年以来23年ぶりです。

    荒川水系からは東京都に全体の4%、埼玉県に全体の32%の水が供給されています。
    関東地方整備局は20%の取水制限を行っても一般の家庭への影響はないとしていますが、
    今後も雨の少ない状況が続けば取水制限をさらに強化する可能性もあるとして
    引き続き節水に協力するよう呼びかけています。

    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170720/k10011066101000.html
    【【渇水対策】荒川水系の取水制限、21日から20%に引き上げ…国土交通省・関東地方整備局】の続きを読む

    WS000021


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/20(木) 10:44:05.30 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00010002-nishinpc-soci

    「迷惑を及ぼす行為はいたしません。特に犬・猫等の動物の飼育は行いません」-。
    北九州市営住宅に入居する際に交わされる承諾書に、はっきり明記されているルールだが、
    規則を守らない住人が後を絶たない。承諾書には「違反した場合は、直ちに退去の勧告を
    受けても異議の申し立ては行いません」という文言もあるものの、迷惑行為で強制退去
    させること自体のハードルが高いため、解決は難しい。「モラルに任せるしかない」と
    市関係者が頭を抱える現状を探った。

    「ベランダに置いていたゴミ箱を、首輪を付けた猫が漁っていた」。小倉南区内の市営団地に
    住む女性(74)は憤る。1人暮らしの女性は昨年5月、1階に入居したが「ベランダにおしっこを
    されたり、寝室のベッドに侵入されたりと散々な状況」という。犬を散歩させている住人も度々目撃し
    「ルールで決まっているのに、なぜ平然と破れるのか。正直者が不利益を被るのは許せない」。

    この団地では、1階ベランダ下の敷地に無許可で野菜や花などを植える“無断菜園”も複数ある。
    野菜を植えていた女性(86)は「10年ぐらい前から栽培している。注意されていないからやめない」。

    北九州市によると、市営住宅は約3万3千棟あり、入居率は89・1%。犬猫などペット関連の
    昨年度の苦情は440件で、畑などの無断耕作は121件あった。市は違反を確認する度、
    ペットの他人への譲渡や耕作地撤去を口答や文書で促してきた。「度重なる警告でも改善が
    見られない場合は期限を区切って明け渡しを求めるが、応じない際は民事裁判で争うほかない」
    (市)という。ただ、裁判を通じての退去例は市内ではこれまでないという。

    ちなみに、市内の民間集合住宅などを管理する不動産会社の男性は「通常、ペット禁止物件で
    違反が見つかれば、退去勧告をした上で、従わなければ強制退去も実行可能」と話す。
    それでも、市関係者は「民間(の物件)では、違反が確認されれば(契約期間の)更新制度があるので
    強気に出られる。しかし、更新の仕組みがない市営団地はそんな手も打てない」と漏らす。

    市営団地は低所得者へのセーフティーネットとしての福祉的役割も担っている。市関係者は
    「我慢強く入居者に指導し、より住みやすい環境づくりに励むほかない」と話した。
    【【地域】「なぜ平然とルール破れるのか」市営団地で規則破り横行。ペット飼育、勝手に菜園。頭を抱える市職員。北九州市】の続きを読む

    WS000015


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/20(木) 09:19:54.58 ID:CAP_USER9.net
    https://www.j-cast.com/kaisha/2017/07/20303638.html?p=all

    うだるような暑さに、食欲も落ちがちな季節がやってきた。お昼はさっぱりとした
    蕎麦や冷やしうどんか、それともスタミナをつけられる鰻や焼肉か──。

    サラリーマンにとっては日々の楽しみとなるランチだが、悲しいかな、
    予算の都合上「何を食べるか」の選択肢は限られているようだ。

    ■圧倒的多数に「お弁当派」

    新生銀行の「2017年 サラリーマンのお小遣い調査」(4月7~9日調査。契約や
    派遣を含む会社員とパート・アルバイトの男女2714人が回答)によると、男性会社員の
    毎月のお小遣い額(昼食代含む)は、平均3万7428円という。

    これは1979年の調査開始以来、2番目に低い金額。ちなみに、最低は1982年の3万4100円だった。

    このお小遣いの中から、ランチにいくら使っているかというと、1日の昼食代の平均は590円。
    年代別にみると、20代が593円、30代が553円、40代が582円、50代が633円となった。

    女性会社員のお小遣いは全体で平均3万3951円だが、20代は4万2123円と男性会社員の
    50代とほぼ同じ水準。女性の昼食代は、全体平均が581円。20代が583円、30代が686円、
    40代が548円、50代が504円だった。

    男女とも、「ほぼワンコイン」がランチ代だ。

    その一方、昼食の内訳トップ3をみると、男性会社員は「持参弁当」が34.3%。
    「購入した弁当」22.1%、「社員食堂」が18.6%という結果に。

    女性会社員は、50.9%が「持参弁当」で、「購入した弁当」は21.2%、「社員食堂」は9.6%と、
    弁当を持参する人が半数を超えた。

    優雅に「外食」を楽しんでいるのは男性が16.2%、女性が8.5%と、意外に少ないようだ。

    ■ランチはお財布にも精神的にもストレスなく食べたい

    ツイッターをみても、

    “「(手づくり弁当の写真とともに)3連休に向けてランチ代節約なり」
    「今日のランチは自家製カレー(昨日の夕食)を弁当箱につっこんできたw」
    「今日のランチは節約してファミレス。でも、これでドリンクバーたのんでも610円はありがたい」
    「僕の金銭感覚だと、ケチった日のランチ→牛丼500円以内、食欲ない日→栄養ドリンク200円以内、
    通常時→ハンバーガー1000円以内、贅沢時→イタリアン1000円以上3000円以内」

    などと、おのおの工夫を凝らして節約している様子がうかがえる。

    なかには、

    “「ボスとランチしながら新事業についての打ち合わせ。ご馳走様でした」
    「銀座で仕事だったので、ギンザ シックスを訪れました。ビジネスミーティングでランチを。
    ゆったりとしたテーブルのレイアウト。なかなか落ち着けるお店でした」

    などと、仕事がらみで豪勢なランチを食べている人もいるようだが、

    “「ビジネスランチとか接待は気を遣うし、食べ物の味がしないから、食べた気にならないですよねぇ」

    といった声も。

    午後の活力を養うランチは、お財布にも精神的にもストレスなく食べるのが一番かもしれない。
    【【ごはん】みんな、何を食べているの?サラリーマンのランチ代590円】の続きを読む

    WS000014

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/20(木) 09:36:55.81 ID:CAP_USER9.net
    生活保護を受けている人を扶養できる可能性のある親族に自治体がどう対応しているのか、厚生労働省が実態調査に乗り出すことになった。扶養する経済力があるのに不適切に扶養義務を逃れている場合の対応について、改善させる狙い。調査は秋までに始める。

     厚労省が19日に開かれた自民党の部会で明らかにした。生活保護法では、民法で扶養が義務づけられている親族から援助を受けることが生活保護に「優先して行われる」と規定している。ただ、親族が扶養できるのに生活保護受給者への援助を断った場合でも、受給の判断には影響しない。

     一方、生活保護問題対策全国会議事務局長の小久保哲郎弁護士は「調査が保護を受けさせない『水際作戦』に使われ、必要な保護が行き届かなくなる恐れがある」と懸念している。

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK7M7391K7MUBQU01W.html
    【【ナマポ】生活保護の「扶養義務」を調査へ】の続きを読む

    WS000005


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/19(水) 11:56:10.93 ID:CAP_USER9.net
    7/19(水) 7:46配信
    朝日新聞デジタル

     公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

     年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

     18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000017-asahi-soci


    【【高齢社会対策】年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/19(水) 12:13:21.19 ID:PLOnktDJ0.net BE:837857943-PLT(16930)


    健康意識の高まりなどを受け、喫煙をする人は減少中との話がある。その実情を厚生労働省が2017年6月に発表した
    「国民生活基礎調査の概況」(※)から確認する。

    次に示すのは男女別、そして年齢階層別の喫煙率。例えば男性で20~24歳では27.1%との値が出ているが、
    これは20歳から24歳の男性全体のうち27.1%が喫煙していることを意味する。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20170719-00073457/
    【喫煙率は男性31.1%・女性9.5% 結構吸ってるでしょ?どこもかしこも禁煙にするな】の続きを読む

    このページのトップヘ