話題

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 10:24:29.00 ID:570nkye90.net BE:738130642-(1000)
    くまのプーさんのハイテクお世話ぬいぐるみ誕生!口元にラッパやバナナを近づけるとおしゃべり!

    子どもたちにも大人気の「くまのプーさん」と一緒に遊んだり、おやつをあげたり、寝かせてあげたり、お世話あそびが楽しめるぬいぐるみが登場!
    タカラトミーより「おしゃべりだいすき!ずっとおともだち くまのプーさん」が、2017年4月13日(木)から
    全国の玩具専門店や「タカラトミーモール」などで発売です!!
    本アイテムは、付属の小物でお世話遊びを楽しむことができる「くまのプーさん」のおしゃべりぬいぐるみ。
    RFID(近距離無線通信)・傾きセンサーを搭載しており、
    付属の3種類の小物をそれぞれ口に近づけると、センサーが反応して、小物の種類や使った回数に応じたおしゃべりをしてくれます!
    ボタンやスイッチでの細かな操作が必要ないので、小さなお子さんでも1.5歳から簡単に遊ぶことができます。
    セリフは「お腹いっぱい。次はお昼寝の時間かな」「ねぇ、ラッパで遊ぼうよ」「がんばったら、おなかがすいちゃった」など60種類以上を収録!
    お世話遊びを通じて「遊んで」「食べて」「寝て」といった、普段の子どもたちの生活をそのまま「くまのプーさん」にしてあげることができます。
    繰り返し遊ぶことで、言葉に興味を持ち始め、生活習慣や会話、やさしい気持ちを身につけることができますよ。

    http://hobby.dengeki.com/news/366625/







    【くまのプーさんのハイテクぬいぐるみが発売。口元にバナナを近づけるとプーさんがおしゃべりしてくれる機能あり】の続きを読む

    WS000051


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 10:27:26.44 ID:CAP_USER9.net
    (CNN)
    米オハイオ州の刑務所で服役中の受刑者数人が手薄な監視の隙を突いて
    コンピューター2台を組み立て、刑務所を管轄する州保護矯正局(ODRC)の
    ネットワークに不正アクセスしていたことが13日までに分かった。
    当局がこのほどまとめた報告書で明らかになった。


    2台のコンピューターは同州マリオン郡の刑務所で
    天井裏に隠されているのが2015年に見つかり、州監察局が調査に乗り出していた。


    コンピューターを調べた結果、別の受刑者の情報を使ったクレジットカードの申し込みや、
    ポルノ閲覧、税金還付詐欺に関する調査、自家製ドラッグの製造法、
    メッセージ送受信などの記録が残っていた。


    さらに、刑務所内の複数カ所に出入りできる
    通行証を発行させることにも成功していた。


    事態が発覚したのは、1日当たりの許容限度を超えて
    ODRCのネットワークを使っているコンピューターについて、
    警報が出たことがきっかけだった。
    刑務所の業務を委託されていた元職員のパスワードなどが盗まれ、
    問題のコンピューターで使われていたことも分かった。


    受刑者たちは、古い電子機器を解体してリサイクル部品を回収する刑務所内の活動を通じ、
    古いコンピューター部品を入手していたという。


    調べに対し、
    受刑者2人がコンピューターを組み立てて天井裏に置いたことを認めたとされる。
    このうちの1人は、監視態勢が極めて手薄だったことから、
    刑務所内でコンピューターを持ち運ぶことができたと供述しているという。


    ODRCは報告を受け、内容を徹底検証した上で再発防止に努めると表明した。

    Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-35099714-cnn-int
    【【米国】受刑者がパソコンを「自作」、刑務所内でポルノも閲覧】の続きを読む


    WS000050

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 08:48:12.12 ID:CAP_USER9.net
    【ニューヨーク=稲井創一】オーバーブッキング(過剰予約)による乗客への対応で批判を浴びている米ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス最高経営責任者(CEO)は12日、米テレビ番組に出演し、
    強制退去させられた乗客に対して重ねて謝罪を表明。
    再発防止に全力を尽くすとして辞任の可能性を否定した。12日のユナイテッド株は1%安と続落した。

    ムニョス氏は「現場の人々は常識を備えているにもかかわらず、その常識に基づいて問題は解決されなかった」と話し、
    無理やり引きずり下ろした対応は不適切だったと強調した。「常識で対応できるよう改めなけれならない。
    2度とこうした事態が発生してはならない」と謝罪と反省の弁を繰り返した。

    今回のトラブルを契機に米航空会社で頻発するオーバーブッキングへの批判も米国では出ている。
    デルタ航空のエド・バスティアンCEOは12日の2017年1~3月期決算電話会見で「(オーバーブッキングは)妥当なビジネスの慣習。
    問題はオーバーブッキングの状況をいかにコントロールするかだ」と述べた。

    バスティアン氏はオーバーブッキング抑制のための特段の対応はせず、オーバーブッキングを巡る規制なども必要ないとの見方を示した。

    配信 2017/4/13 8:22

    日本経済新聞 ニュースサイトを読む
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN13H1J_T10C17A4000000/


    【【ユナイテッド航空】CEO、辞任を否定 株安続く -オーバーブッキング規制は否定】の続きを読む

    WS000049


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 10:09:30.53 ID:uidJk9in0.net BE:194767121-PLT(12001)
    中古本販売大手のブックオフが業績不振に苦しんでいます。10日には社長交代の人事を
    発表しましたが、業績回復の見通しは立っていません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000002-wordleaf-bus_all
    【ブックオフ苦しい!助けて!確かにアマゾンで1円の本買っちゃうなぁ。】の続きを読む

    WS000047


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 10:24:52.99 ID:PeyK92tn0.net BE:837857943-PLT(16930)
    広がる「ポテチショック」 オークションで10万円も
    カルビー、休売前倒し

    2016年の北海道産ジャガイモの不作を受けて、ポテトチップスが店頭で品薄になる「ポテチショック」が広がっている。買いだめする消費者が多く、
    カルビーは12日、「ピザポテト」3品の販売休止日を22日から12日に前倒しすると発表した。一部のオークションサイトでは10万円近くで
    出品される例もあるなど、店頭などの混乱は続きそうだ。

    カルビーと湖池屋のポテトチップスが品薄になることが伝わった10日以降、スーパーなどの店頭で消費者の買いだめが起きている。
    首都圏の食品スーパーでは10~11日の売り上げが前年に比べて2倍近くに跳ね上がった。オークションサイトではカルビーの
    商品が高額で取引されている。あるサイトでは数袋で9万8000円で出品された。

    慶応義塾生協藤沢店(神奈川県藤沢市)は学生にポテトチップスのセールを月内に実施すると告知したうえで「高額な転売や
    闇ポテチにはくれぐれもご注意ください」と注意喚起した。

    ポテトチップスは幅広い世代で人気の商品だけに、スーパーからは「販売を続ける製品の供給はきちんと続けてほしい」との声が聞かれる。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12HMG_S7A410C1TI5000/?n_cid=NMAIL001
    【ポテチがオークションで1袋10万円でワロタwwwwwwwww】の続きを読む

    WS000046


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 09:08:16.26 ID:KYsLdJ8jr.net BE:821450594-(1000)
    プロが若い女性に撮った写真見せると「下手ですね」と不機嫌に その発言の身勝手な理由に唖然とする

    visual-material @vm_nishijima
    (写真とアプリ 1/3)
    特に若い女性の間で写真アプリ依存というか、現実との乖離が進行してるように思う。
    以前、どんな風に撮れているのか見せて欲しいと言われたので、デジカメ背面モニターで見せたところ、「違う!これは私の顔じゃない!写真撮るの下手ですね」と不機嫌さを露わにされた。

    彼女は自分のスマホを取り出し、「これ。これが私の本当の顔なの。
    どうしてこういう風に可愛く撮れないの?」と見せてきたのは、アプリ(BeautyPlus)で修正されまくった画像だった…。
    私は返答の言葉に詰まり、どうしたものかと思案を巡らせた。

    原型を留めないほどの肌修正と輪郭補正、ドギついほどの彩度と強コントラスト、写真というより限りなく絵画に近い表現がもはや「普通」になりつつある時代。
    ある種の危機感を覚えるが、変化を受け入れつつも新しい映像表現を開拓しなければならない地点に来たように感じる。


    加工されて可愛くなった自分がその人の「真実」であり、本当の顔はむしろ偽物に見えてしまうというのです。
    そんな気持ちを抱いてしまうだけならまだしも、プロのカメラマンに文句を言うのはどうなのでしょうか。

    この「現実との乖離」はこれからますますひどくなっていくのでしょうか。

    https://hashmedia.net/15817/2
    【プロ写真家「撮れました」女性「下手糞!こんな風に可愛く撮れないの!?(加工自撮り写真を見せてくる)」プロ(こんな女性増えたな…)】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/13(木) 07:35:55.29 ID:QHSIbqa8r.net BE:147096374-(1000)
    拳ラーメン @kobushi_ramen
    今、ドロ写って流行りつつあるのですか?他のお客さんに迷惑がかからなかったらいいけど…。
    その辺は配慮して欲しいですね。店側としたら(笑)



    すけこ @kimmun19761001
    まだそんなのに出会した事は無いですが、食べてる横でソレやられたら気分いいモノではないですね。
    撮影者のラーメンに埃が入るのは勝手ですがコチラのラーメンにもし埃入ったら責任取ってもらわないとね。

    拳ラーメン
    返信先: @kimmun19761001さん
    横のお客さんに注意された事も実際にあったみたいです。
    店側はもちろん、お客さん同士が揉めると全体的に良い事では全く無いので。

    各務希 @kagamihope
    ド、ドロ写?スープのドロっと加減を撮影することと思った(笑)

    拳ラーメン
    返信先: @kagamihopeさん
    ドローンで飛ばして撮るみたいなので、それでドロ写だと思います。
    実際は椅子に乗って撮られてるみたいですけど(。-∀-)

    ソース
    https://twitter.com/kobushi_ramen/status/852004880138948609
    【【悲報】椅子の上に立ってラーメンを俯瞰的に撮影する"ドロ写"がラヲタの間で流行 → ラーメン屋がTwitterで苦言】の続きを読む

    WS000026


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 17:18:14.32 ID:CAP_USER9.net
    テレビの情報番組やワイドショーをつけると、様々な肩書きの「コメンテーター」たちが政治から芸能ニュースまでアレコレと意見を述べている。
    しかし専門的でもなければ意外性があるわけでもない、どーでもいい“うす~い”コメントばかり聞かされて、視聴者もいいかげんウンザリしてきているのではないだろうか。

    舛添要一・前東京都知事の問題以降、情報番組やワイドショーでは政治を扱うことも増えている。
    ところが、「森友学園」問題では、取材は菅野完氏のようなフリージャーナリストに頼るばかり。

    スタジオではコメンテーターたちがわいわいと騒いでは、「国有地払い下げ」への関与が疑われる政治家、国有地を売却した近畿財務局や、
    小学校設置を認可した大阪府などにはあまり向かずに、籠池泰典・前理事長を批判したり茶化したりするような発言ばかりが目立った。

    そうなってしまう背景を、ネット番組「ニューズオプエド」のプロデューサー・アンカーを務めるメディアアナリスト上杉隆氏はこう推測する。

    「記者やディレクターらが面倒な取材に出るよりも、コメンテーターを使うほうが制作費、経費が安く済みます。
    つまり、ギャラの安い事務所のお笑い芸人や、番組で顔を売って講演で稼ぐ評論家だと廉価でベストというわけです」

    そんなテレビ局と出演者がもたれ合う関係の末に、「51年間の人生の中で国会中継初めて見ましたね」と
    『モーニングショー』(テレビ朝日系)で言い放つ長嶋一茂氏が、コメンテーターとして森友問題を語るような不思議な事態が起きてしまうのではないか。

    “素人代表として必要”との声もあろうが、保育所の待機児童問題を取り上げた『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、“2児の母”の松嶋尚美が、

    「(収入が)大丈夫な層からは月2000円でも3000円でも上げて、先生たちのお金に回すことができないのかな」

    と発言したことが、所得によって保育料が変わる制度を知らないまま意見していると批判を呼んだ。本当に彼らが素人代表と言えるのか。

    そうした日本の番組は外国人からは奇妙に映っているという。英字サイト「トウキョウ・リポーター」のブレット・ブル編集長もこう話す。
    「政治や経済ニュースを扱う番組にコメディアンが出てきたり、経済専門家が芸能ニュースにコメントしたりするのは、欧米では受け入れられないでしょう。

    米国では、ニュースにしっかりとした分析を提供するために、コメンテーターは基本的にはその分野の専門家が担当する。
    そうすることで視聴者はニュースを正しく、深く理解できます」

    では“専門家”にコメントさせればいいかといえば、そうならないのも日本のテレビの不思議なところ。
    森友問題では、「専門家」として政治ジャーナリストや政治評論家たちも登場したが、こんな違和感があった。

    時事通信社特別解説委員で政治評論家の田崎史郎氏は、『ひるおび!』(TBS系・3月13日放送)で、
    「(土地の)ゴミ処理にどのくらいかかるか“ある人”が試算したんです。そしたら10億円かかると言う。(値引きした)8億円で済まない。財務局から見るとうまく売り抜けた」
    と、“ある人”の試算をソースに、“珍解釈”を披露。

    情報番組に引っ張りだこだった元TBS政治部記者の山口敬之氏も、昭恵夫人が籠池夫人と交わしていたメールについて、
    「最後のメールは昭恵夫人なりのお別れのメッセージ」(テレ朝系『モーニングショー』・3月20日放送)

    昭恵夫人付きの職員が籠池氏に送っていたファックスについては、
    「谷(査恵子氏)さんのファックスは非常に完璧な答えだったよね、というのが内閣府と官邸の受け止めなんですね」(フジ系『直撃LIVE グッディ!』・3月29日放送)。

    まるで政府の代弁者かのように昭恵夫人や内閣府、官邸の感情を語るのだ。

    NEWS ポストセブン 4/12(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00000025-pseven-ent
    【【テレビ】<TVのコメンテーター>外国人には奇妙!「政治や経済ニュースを扱う番組にコメディアンが出てきたり・・・」】の続きを読む

    WS000025


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 17:10:11.06 ID:CAP_USER9.net
    コーチ、監督として現場で指導に当たるか。テレビなどで解説者、評論家になるか。言い換えれば、現役時代のように取材される対象でいるか、
    それとも、立場を変えて取材する側に回るか。それ以外の道に進む人もいるだろうが、現役を引退した選手の進路は、概ねこの2つに大別される。

    それぞれの立ち位置が入れ替わる場合もある。監督だった人がテレビ解説者、評論家になること、あるいはその逆は、よくある話ではある。
    だが両者の関係は水と油。対峙する関係にあるのが本来の姿だ。緊張関係に包まれているべきものだが、それが脆弱なのが日本だ。解説者、評論家がテレビ等で、鋭いジャーナリスト魂を発揮する機会は少ない。

    最近、ある対談でラモス瑠偉氏が「僕が監督なら、本田圭佑はボランチ」と述べたことが話題を集めたそうだが、むしろ、この程度の話が見出しになることに緊張関係の無さが浮き彫りになる。
    解説者、評論家の肩書きを持ちながら“こっち側”に位置する人に見えてこない。ツワモノが自由に意見するプロ野球との大きな違いだ。
    サッカーの方が野球より数段、感覚的で、見解に違いが生じるのが普通な競技にもかかわらず。残念ながら、エンタメ性の向上に貢献しているとは言い難いのだ。

    監督にとって逆サイドに位置する解説者、評論家は嫌らしい存在だ。天敵のようなものだが、SC相模原の安永聡太郎監督は、その感覚が薄いのか、解説者、評論家もこなすダブルスタンダードを貫いている。

    同チームの監督に就任したのは昨季途中だが、スペインリーグのテレビ解説はいまなお継続中だ。詳しくチェックしたわけではないが、Jリーグの監督では、唯一の存在だと思う。
    大丈夫なのかと心配になる。J3とスペインリーグ。次元が違うことは確かだが、監督と解説者、評論家の次元はそれ以上に違う。監督は評論家であってはマズいのだ。

    このダブルスタンダードを成立させるためには、なにより、相模原のファンの理解が必要になる。よい解説、よい評論をすればするほど「だったらウチのチームで実戦してくださいよ」という話になる。

    昨季、相模原の監督に就任したとき、そのサッカーに注目だ! と、このコラムで述べている。スペインリーグの解説を聞く限り、他の監督より面白そうなサッカーを実戦してくれそうな予感がしたからだ。
    そして実際、就任当初は、日本サッカーには珍しい、おっと思わせる攻撃的なサッカーを披露した。ところが、チームの勝ち点は全く伸びず、順位もずるずると後退。よくない話は、それだけではない。
    シーズン終盤に見たサッカーは、就任当初とは180度異なる、ガチガチの守備的サッカーに激変していた。保身のためにブレてしまったわけだ。それを知る選手には、スペインリーグで解説をする監督の姿がどう映るだろうか。

    安永監督はすっかり辻褄が合わない状態に陥った。口ほどもないヤツと言われても仕方がない、穴があったら入りたい恥ずかしい状態にある。どちらかは辞める。それが普通の感覚だろう。
    番組への露出の仕方としては、ゲストという立ち位置が精一杯。にもかかわらず、評論性の高い解説を臆することなく続けている。

    現Jリーグ副理事長の原博実氏も、協会の技術委員長、専務理事時代、海外サッカーを、解説者の立場で伝えていた。あるとき、話の流れで、アナ氏から日本代表に少し絡む質問を受けたことがあった。
    それに答えるのが解説者、評論家の仕事だが、原サンはそれに答えず体よくスルー。サッカー協会で代表強化に従事する立場なので、当然といえば当然だが、立ち位置の不自然さを露呈させることになった。

    解説者、評論家とは、当たり前だが、サッカーを解説、評論する人だ。そこに、評論される側の人が就くことは、一線を越える行為にあたる。代表監督が、解説者、評論家として活動することと同じだ。
    テレビ解説者としての原サンの喋りは当時、確かに面白かった。本人がその評判に気をよくしていたのか、あるいは喋り好きなのか、定かではないが、立場を弁えれば、そちらの方面の活動は、自粛すべきだったと思う。

    そのダブルスタンダード。まるで異なる名刺を都合よく使い分けている感じだ。ジャーナリスト出身の監督が、監督に就任してもなお、ジャーナリスト活動を展開しているのと同じ理屈。
    監督は評論家ではない。現役の監督がサッカー解説者の座に座り続ける姿と、プロ野球のような、名物解説者、評論家が誕生しない理由、あるいはエンタメ性が誕生しない理由とは密接な関係にある。プロ意識に問題あり。僕はそう思うのだ。

    2017年4月11日 20時16分 杉山茂樹のBLOG
    http://news.livedoor.com/article/detail/12922193/
    【【サッカー】<杉山茂樹>サッカーにプロ野球のような名物解説者、評論家が誕生しないのはなぜか】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/12(水) 16:34:27.47 ID:7lB2fJC1d.net BE:347424933-(1000)
    東京・池袋。中堅私立大学の夜間部に通う、菅野舞さん(仮名、20歳)と待ち合わせた。文化系サークルに所属し、昼間は中小企業でデータ入力のアルバイトをする。アルバイトは時給1000円だ。
    後期試験が終わった晩冬は、稼ぎ時となる。いつものように夕方までアルバイトし、さらに20時からお小遣いをくれる中年男性に会う。

    「その男性に合わせるからわからないですけど、たぶんエッチもすると思いますよ」

    彼女は当たり前のように、そう言う。風貌は茶髪、地味な服装で、どこにでもいる普通の女子大生だ。大学近くの家賃7万円のアパートに1人暮らし。
    親はいない。児童養護施設育ちで仕送りはなく、どうしてもおカネは足りない。悩んだ末に大学1年春から性風俗、そして2年から特定の中年男性を相手に売春する。

    ■「仕送り」額は減少を続けている

    彼女は今年1月25日にアップされた記事(21歳医大生が「売春」にまで手を染めた事情)を読んで、われわれに連絡をしている。

    「あの医大生の女の子の記事に対して非現実的、ウソみたいなコメントがたくさんあった。私もそうですけど、今の大学生とか若い子たちの中では、効率的におカネを稼ぐ、稼がざるえないって環境って普通にあることじゃないですか。
    全然、特別なことではない。だから、私も今の状況を話したら、作り話とか言われるのかなとか。そういう興味で連絡しました」

    現在、私大生の貧困は深刻だ。全学生の51.3%(平成26年度学生生活調査)が奨学金を借り、親からの仕送り額は減少を続ける。
    自宅外学生の親の仕送り額は、1994年の12万4900円から2016年には8万5700円と減少し(東京私大教連調べ)、仕送り額から家賃を引いた平均生活費は1日当たり790円となっている。

    親元を離れる地方出身の大学生、特に私大生はアルバイトをしないと生活どころか、生きていけない状況なのだ。
    そのような厳しい状況の中で、親世代の世帯収入は下がり続け、学費の上昇は続き、授業の出席は厳しい。経済的に追い込まれている大学生を理不尽に使うブラックバイトが大問題となっている。
    現在の大学生には、“レジャーランド”と揶揄されたかつてのように遊びほうける余裕はない。

    「詳しくはないですけど、コメントされている方々の時代は恵まれていたんですよね。だから、学生が風俗に身を落とす意味がわからないというか。
    風俗で働いていると、中年のお客さんですごく見下してくる人は多い。“どうして、こんな仕事をするの??ブランド物が欲しいの?”みたいな。
    そんなのおカネのために決まっているじゃないですか。わからないなら、わからないで別にいいし、理解してほしいとも思わない。けど、違和感はありますよね」

    菅野さんには、親はいない。仕送りはゼロ円だ。大学を卒業するためには、4年間の学費と生活費のすべてを自分で稼がなければならない。
    高校2年生のときに進学を決意して、アルバイトをして貯金した。高校と児童相談所の反対を押し切って、上京。受験して、進学した。夜間部を選んだのは授業料が安いからだ。

    ■入学してすぐに風俗に行った

    一般的な大学生が時給アルバイトで稼げるのは、せいぜい月10万円が限界だ。菅野さんの収入は奨学金と合わせて月16万4000円、家賃を支払ったら残るのは9万円程度。
    そこから携帯、光熱費、交通費、食費を支払えば、おカネはほとんどなくなる。親のいない彼女は、さらに学費がかかる。

    「アルバイトだけでギリギリの生活はできます。けど、どうしても学費が払えない。それは高校生の頃からわかっていたことなので、1年生の春には風俗に行きました。池袋のデリヘルです。1本1万円の店で、出勤は週1日くらい。
    稼げるのは月6万~10万円程度かな。風俗で稼いだおカネは、全部貯金して学費にしました」

    地元は地方。経済的に無理して上京、進学した。それなりに覚悟があったので、18歳で風俗嬢になっている。その事実を淡々と語るが、知らない男性に性的サービスをする風俗の仕事は精神的に厳しいという。

    「1日出勤するだけで精神的にきます。もう、次の日は動けなくなるほど、疲れる。割に合わないです。
    やっぱり後ろめたさがあって、おカネのためだから仕方ないとか、売れるもの売って何が悪いっていう言い分もあるけど、やっぱり社会的に認められていない一面が居づらくさせるというか
    。知らない男性を相手に、こういうことしなくちゃ自分は生きていけないって現実が苦しい。あと、カラダが痛い」

    (以下省略)



    http://toyokeizai.net/articles/-/166937
    【【悲報】売春で学費を稼ぐ貧困女子大生の悲しい現実…カラダを売らないと学生生活を維持できない】の続きを読む

    このページのトップヘ