社会


    WS000004

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/14(金) 15:13:03.49 ID:CAP_USER9.net
    時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。

     2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。

     加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、「信用できない」が67.3%に上り、「信用できる」の11.5%を大きく上回った。首相が説明責任を果たしているかどうかについても、「果たしていない」79.9%に対し、「果たしている」7.1%となり、首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

     内閣を支持しない理由(複数回答)でも、「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。前月と今月だけで14.9ポイント増となった。次いで「期待が持てない」21.9%、「政策が駄目」15.8%の順。内閣を支持する理由(同)は、「他に適当な人がいない」14.1%、「リーダーシップがある」9.0%、「首相を信頼する」6.8%などとなった。

     支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来。支持政党別に見ると、全体の6割を超える無党派層では支持が前月比13.3ポイント減の19.4%となった。自民党支持層でも支持は同13.4ポイント減の70.1%と急落した。

     政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。

     調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000071-jij-pol
    【【時事世論調査】安倍内閣支持29.9%に急落、不支持48.6% 自民21.1%、民進3.8%、公明3.2%、共産2.1%】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/14(金) 12:32:24.06 ID:xUVq2DJ20.net BE:135853815-PLT(12000)
    蓮舫代表は会見が行なわれた当日13日の夜、Facebookでこのように発言、「何を聞いてるのか」と不快感を示すとともに
    「書きたいことの確認質問しかできない記者なのか」と記者の質問に苦言を呈しています。

    蓮舫「今日の記者会見。排外主義や差別主義に屈してプライバシーを公開することはあってはならない、とした上で、私の話をしたところ。
    「党からそうした声をあげる人は排外主義なのか?」と某新聞社記者。何を聞いてるのか。書きたいことの確認質問しかできない記者なのか、と驚いた瞬間。」

    問題の場面で記者と蓮舫代表はこのようなやり取りを交わしていました。

    記者「二重国籍の問題で誠に恐縮なんですけど、蓮舫代表が先程言われた排外主義・差別主義者に言われて公開するのではないという発言をされましたけれども、
    党内では蓮舫さんが説明を二転三転されたという、それで本当に二重国籍の疑惑がないのかということに対する疑問の声というのは、
    マスコミがこの問題を追いかけなくなってからもなお議員さんの方では聞かれておりまして、例えばそういう疑問を持つ声をですね、
    差別主義者、排外主義者と一括りにするような先程の発言があったかなと思うんですけれどもそれについてどうお考えなのかなぁと」

    蓮舫「それは受け止めが完全に間違っています。差別主義者やレイシストの方達の声には私は屈しませんし、
    世の中一般的に(力を込めて)絶対にあってはいけません。それと、党内の声は別です」

    折しも自民党の安倍総裁が都議選前日に「こんな人達に負けない」と演説で発言、これに対する批判が広がっていただけに、
    戸籍謄本の公開を求める人々が一部であるとは言え蓮舫代表が「差別主義者」「排外主義者」などと表現した点や
    これに民進党議員が含まれるのかという点からのコメントを求める質問だったとも受け止められますが、
    「何を聞いてるのか」「書きたいことの確認質問」などと断じた蓮舫代表の書き込みは注目を集めそうです。

    http://www.buzznews.jp/?p=2109660

    蓮舫
    https://www.facebook.com/renho.sha/posts/1100399210092978
    【記者「戸籍謄本公開を求める声、民進党内にもあるけどそいつらも排外主義者なの?」 →蓮舫イライラ】の続きを読む

    WS000050


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/14(金) 14:29:35.96 ID:aY/KVg5f0.net BE:658823198-BRZ(11101)
    アパートで80代の夫婦が死亡 室内のクーラーはOFF

      12日夜、東京・北区のアパートで、80代の夫婦が死亡しているのが見つかりました。
    2人に目立った外傷はなく、警視庁が死因などを調べています。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105302.html
    【年寄りのクーラー嫌いは異常】の続きを読む

    WS000016


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 13:19:41.62 ID:CAP_USER9.net
    法務省は13日、17年半ぶりに再審請求中の死刑囚の執行に踏み切った。確定判決を重視し、死刑囚の中で執行の優先順位をめぐって不公平さを生じさせないようにしたい狙いがある。ただ、死刑廃止を求める市民団体からは反発が出ている。

     西川正勝死刑囚(61)は1991~92年、兵庫、島根、京都の3府県で女性4人を殺害するなどした「警察庁指定119号事件」に問われ、2005年6月に最高裁で強盗殺人などの罪で死刑が確定した。

     関係者によると、西川死刑囚はこれまでに再審請求を複数回行い、その都度、棄却されたが、現在も再審請求中だった。

     西川死刑囚は死刑廃止を求める団体の2008年のアンケートに対し、「弁護側の主張を聞いてくれない点に怒りを覚え、納得いかないので闘っている」と心中を明かしていた。

     法務省はこれまで、死刑の重みを最大限考慮し、再審請求中だったり、事件の共犯者が公判中や逃亡中だったりした場合は、執行を回避する傾向があった。今回の執行で確定死刑囚は125人となり、うち92人が再審請求をしている。

     前回、再審請求中に死刑が執行されたのは1999年12月。法務省内では「罪を受け入れた人が執行され、受け入れない人が執行されないのでは不公平感が生まれる」との声も出ていた。

     一方で、今年6月には当時90…

    残り:526文字/全文:1066文字
    http://www.asahi.com/articles/ASK7F4135K7FUTIL00F.html

    【【社会】再審請求中の死刑執行、反発必至 背景に不公平感?】の続きを読む

    WS000015


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 11:07:47.24 ID:CAP_USER9.net
    日銀が10日開いた支店長会議は近年にあまりないほど、明るい話題の多い場となった。
    生産や個人消費の回復を映すエピソードが多く寄せられ、日銀はこれまで説明してきた「景気好循環のメカニズム」に手応えを感じている。

    ただ、会議では値上げの動きが鈍いことも話題に。
    「これだけ景気がいいのだから、物価もいずれは上がるはず」。確かな証拠はないまま、こう結論づけるしかなかった。

    支店長会議は3カ月に1度開かれる。各… (続きは会員登録をしてお読みいただけます)

    配信 2017/7/13 5:30
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H2J_S7A710C1ENK000/
    【【日銀支店長会議】「これだけ景気がいいのだから、物価もいずれは上がるはず」 「満開」リポートに残る影】の続きを読む

    WS000013


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 11:10:03.20 ID:CAP_USER9.net
    7月13日 11時03分
    平成3年に京都や松江などでスナックの女性経営者4人を殺害した罪に問われ、死刑が確定した西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚と、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害した罪に問われ、死刑が確定した住田紘一死刑囚の死刑が、13日午前、執行されました。
    死刑が執行されたのは、西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚(61)と、住田紘一死刑囚(34)の2人です。

    西川死刑囚は、平成3年の暮れに、京都と松江、それに兵庫県姫路市で、スナックの女性経営者4人を相次いで殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われ、平成17年に死刑が確定していました。

    住田死刑囚は、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害し、遺体を切断して遺棄したなどとして、強盗殺人などの罪に問われ、1審の裁判員裁判で死刑を言い渡されて、平成25年に確定していました。

    裁判員制度の下で死刑が確定し、執行されたのは3例目です。

    第2次安倍内閣発足以降で死刑が執行されたのは、去年11月以来、11回目で、合わせて19人になりました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011056611000.html
    【【社会】死刑囚2人の死刑執行 金田正勝死刑囚と住田紘一死刑囚】の続きを読む

    WS000012


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 11:22:51.36 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000000-jct-bus_all

    景気判断は難しい局面に差し掛かっているようだ。政府は2017年6月の
    月例経済報告関係閣僚会議(22日)で、景気の基調判断を6カ月ぶりに上方修正。
    日銀の6月短観(全国企業短期経済観測調査、7月3日発表)も改善傾向を示している。

    一方で、総務省の5月の家計調査速報(6月30日発表)では消費支出が1年3か月連続で、
    前年同月比マイナス(2016年2月が閏月だった影響を除くと実質1年9か月連続減)になるなど、
    好悪の判断がつきにくい状況なのだ。景気は良いのか悪いのか、良くなっていくのか
    悪くなっていくのか――。

    ■6月の月例経済報告、半年ぶりに判断引き上げ

    6月の月例経済報告は、景気全般についての基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」とし、
    5月までの「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」から
    「一部に改善の遅れもみられる」を削除し、半年ぶりに判断を引き上げた。

    項目別では、設備投資が5月までの「持ち直しの動きがみられる」から「持ち直している」、
    住宅建設は「弱含んでいる」から「このところ横ばいとなっている」、公共投資も
    「底堅い動きとなっている」から「底堅さが増している」に、それぞれ判断を引き上げたが、
    最大の要因は個人消費だ。回復の遅れが指摘され、5月までは「総じてみれば持ち直しの
    動きが続いている」との表現だったが、6月は「緩やかに持ち直している」へと判断を引き上げた。
    自動車販売や旅行、外食が上向きで、直近では百貨店やスーパーなどの小売り統計も
    増勢基調が目立つとして、内閣府は「改善の持続性が確認できた」と説明した。
    好調な企業業績→雇用環境改善→消費拡大、という好循環になってきたという解釈だろう。

    日銀短観も、景況感が「良い」との回答の割合から「悪い」との回答の割合を引いた割合
    「業況判断指数(DI)は、大企業と中小企業のそれぞれ製造業、非製造業の別でいずれも
    前回3月調査を上回り、全体ではプラス12と、2014年3月と並ぶリーマンショック後の最高を記録した。

    ただ、個人消費については弱さを示す数字もある。6月家計調査は、2人以上の世帯が使ったのは
    28万3056円で、物価変動を除いた実質で、前年同月比0.1%減。15か月連続の減少は、
    現行の調査方式となった2001年1月以降では最長になる。

    ■「社会保険料の増加などで可処分所得が増えない」

    消費について、月例報告公表後の記者会見で石原伸晃・経済再生担当相は
    「(消費は)腰折れのリスクがある」と認めた。

    政府が個人消費の判断に使う消費総合指数(内閣府)は上昇を始めているが、その上がり方は、
    バブル景気などの時と比べると極めて緩やか。この間、雇用者所得が「官製春闘」などもあって
    ある程度増えているが、消費総合指数の伸び率は、所得の半分程度にとどまる。
    所得の伸びほど消費が増えていないということで、「社会保険料の増加などで可処分所得が増えない、
    あるいはむしろ減っているため、消費の足を引っ張っている」(エコノミスト)との指摘がある。

    日本の景気を引っ張る柱の一つである海外経済にも不安がある。月例報告は景気の先行きについて、
    「海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」という表現を維持した。
    米国を筆頭に海外経済の好調が日本の輸出や生産を押し上げてきているが、この状況が続くとは
    限らないと、政府自体が懸念しているということになる。

    実際、景気拡大局面が約8年続く米国では、新車販売が減速するなど、変調の気配もある。
    中国も、秋の共産党大会までは無理をしてでも好況を維持するとみられるが、その後の景気息切れを
    懸念する声は根強い。米トランプ政権の対外通商政策の不透明感も相変わらずだ。

    今のところ、日本経済がにわかに失速するような見方は少ないが、楽観もできない情勢となっている。

    【【経済】景気判断「上方修正」が虚しく響く。個人消費は「15か月連続」減】の続きを読む

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 12:21:26.44 ID:CAP_USER9.net
    ■「不適切」と怒りの声

    総合機械メーカーの不二越(富山市不二越本町)が5日、本社の東京一本化を発表した会見の席上、本間博夫会長(71)が採用に関し「富山で生まれ地方の大学に行ったとしても、私は極力採らない」「偏見かも分からないが、閉鎖的な考え方が強い」などと発言した。
    1928(昭和3)年に富山市で産声を上げた不二越。その経営トップが、富山生まれを否定するかのような持論を語り、県内企業、行政関係者は「出身地などでレッテルを貼るのはおかしい」「侮辱だ」などと怒りをあらわにした。学校関係者からは「富山の若者が閉鎖的とは思わない」と戸惑いの声が上がった。

    本間氏は東京都出身、青山学院大経営学部卒。1970年に入社し2009年に社長、今年2月に代表権のある会長に就いた。

    発言があったのは5日、富山市の富山商工会議所ビルで開いた17年5月中間期の決算発表会見。本間氏は、富山と東京の2本社体制から、8月に本社を東京に一本化する理由について、ロボットを核とした事業拡大に向け「最先端の情報や優れた人材を獲得するため」とし「富山に優秀な人材がいないわけではないが、幅広く日本全国、世界から集めたい」と説明した。

    その上で「富山で生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校、不二越。これは駄目です」と述べ、「富山で生まれて地方の大学へ行った人でも極力採りません。
    なぜか。閉鎖された考え方が非常に強いです」と明言。一方で「ワーカーは富山から採ります」とも話した。

    県内の経済団体トップや企業経営者からは、批判や異論が相次いだ。富山経済同友会の米原蕃代表幹事(米原商事会長)は「地方創生の機運が高まる中、時代に逆行している。富山県民を侮辱していると言わざるを得ない」と語気を強めた。

    富山市出身で富山大OBの電子機器メーカー社長と電子部品メーカー社長はそれぞれ「極端な意見で賛同できない」「出身地でレッテルを貼るのは理解しがたく、不適切」などと疑問視した。
    釣谷宏行CKサンエツ社長は「富山県民はまじめで素直。これまでに閉鎖的だと感じたことはない」と話す。

    富山大OBで富山経済同友会特別顧問の中尾哲雄アイザック取締役最高顧問は「富山が工業立県として発展したのは不二越の力が大きい。
    本社一本化は経営判断であり、やむを得ない」と理解を示す一方、県出身者を「閉鎖的」と表現したことは「極めて遺憾。上場している大企業のトップとしてふさわしくない」と苦言を呈した。

    ■不二越経営企画部、県出身者採用「抑制せず」
    不二越は来年春、大学と大学院卒、短大、高卒を合わせて今春より22人多い166人の採用を計画している。同社経営企画部は「採用は人物本位。富山の出身者の採用を抑えるということではない」とした。現在、社員約3千人の多くは富山県出身者で占めるという。北日本新聞は本間氏の発言の真意について取材を申し入れたが、同経営企画部は「コメントを控えたい」とした。

    ◆本間会長の会見発言要旨(抜粋)◆

    不二越は2020年に(売上高)4千億円を目指しており、うち約4割をロボットで担おうとしている。大きな飛躍を狙う中で必要なのは、ソフトウエアの人間だ。特に不二越は機械メーカーのイメージが強く、富山にはまず来ない。富山で生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校、不二越。これは駄目です、駄目です。変わらない。
    ことしも75名ぐらい採ったが、富山で生まれて地方の大学に行ったとしても、私は極力採らないです。学卒ですよ。地方で生まれて、地方の大学もしくは富山大学に来た人は採ります。しかし、富山で生まれて地方の大学へ行った人でも極力採りません。なぜか。閉鎖された考え方が非常に強いです。偏見かも分からないけど強いです。

    閉鎖的な考え方が強いです。いや優秀な人は多いですよ、富山の人には。だけど私の何十年、40年くらいの会社に入ってからの印象は、そういう印象が強いです。ですから全国から集めます。ただしワーカーは富山から採ります。

    ■公正とは言い難い

    富山中央法律事務所の丸山哲司弁護士の話 出身地を採用の判断基準の一つにするのは公正とは言い難く、就職差別につながる。公平な採用選考が重視される中、近年は出生地や本籍、家族構成といった本人の能力や適正とは関係のない事項を尋ねる企業は、減少している。

    ■トップとして不見識

    続く ※全文はソース先で

    北日本新聞 2017年07月13日 05:00
    http://webun.jp/item/7383275
    【【就職/差別】富山生まれの学生「極力採りません」「閉鎖的な考え方が強いです」 本間不二越会長、会見で持論 批判・異論相次ぐ】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:50:45.42 ID:CAP_USER9.net
    日が暮れてから営業する「ナイトプール」が急増中だ。リゾート感のある写真を撮ってインターネット上に投稿できると、若い女性の間で人気に火がついた。
    客層を広げたい高級ホテルや遊園地が、続々とオープンさせている。

    8日午後6時、東京プリンスホテル(東京都港区)のナイトプールが幕を開けた。水着姿の女性たちが水面に浮かせた貝やフラミンゴの形の遊具に座り、東京タワーを背に写真を撮っていた。
    泳ぐ人はいない。会社員の女性(25)は「泳げないけど、写真を撮るために来ました。SNSにアップすると、反応がすごくある」。

    ホテル側も写真映えを意識し、女性ファッション誌の監修でプールサイドを照明で飾った。入場料は女性4200円、男性6千円。昨夏に別の施設で始めて好評で、今夏から広げたという。

    ホテルニューオータニも大阪で15日、東京で21日、千葉・幕張で26日から、それぞれナイトプールの営業を始める。
    東京では2001年に始めたが、人気が出て3年前に広げた。ヤシの木に囲まれたプールサイドでカクテルを提供。DJがダンスミュージックを流すイベントも予定する。

    ナイトプールが広まったきっかけは、11年の東日本大震災後に節電対策で始まったサマータイムだった。
    帰宅が早まるサラリーマンやOLを狙って、東京のホテルが夜のプールをPRしたところ、日焼けの心配をせずに水着で涼めると、若い女性が集まり出した。

    客層の中心が中高年の高級ホテルが若者を取り込む好機とみて、さらに力を入れた。「働き方改革」による残業時間の削減や、各地の海岸で飲酒や酒の販売、機器を使った音楽再生の禁止が相次いだことも、追い風になっているようだ。

    家族連れが中心で若者が手薄なレジャー施設も、ホテルの成功をみて追随し始めた。テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)は昨夏に続いて今年も1日から開催。
    リゾート施設のラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)と温泉旅館の神戸みなと温泉・蓮(れん)(神戸市)は今年初めてオープンした。遊園地のとしまえん(東京都練馬区)は28日、30年ぶりに復活させる。

    博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平氏は「SNSを通した若者の発信力はとても高く、企業には無視できない存在になっている。
    ハロウィーンのように巨大な市場に育つ例もある」と指摘する。(森田岳穂)

    ナイトプールの利用客が投稿用に撮った写真



    写真投稿アプリ「インスタグラム」に投稿するために利用者の女性が「自撮り」した写真東京プリンスホテル



    ホテルニューオータニ大阪のナイトプール



    東京プリンスホテルのナイトプールで「自撮り」を楽しむ女性たち



    配信 2017年7月12日23時22分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK7C4HHBK7CULFA00W.html
    【【SNS】夜のプールは泳ぐより…女性に人気、ホテルや遊園地続々オープン】の続きを読む


    WS000008


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:38:55.44 ID:CAP_USER9.net
    【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーが100万台以上のディーゼル自動車で違法な排ガス操作をしていた疑いがあると12日、有力紙「南ドイツ新聞」が報じた。
    検察が5月にダイムラーの拠点を捜索した根拠になっているという。2008年から16年までに欧州と米国で販売した主力車種が、規制を大きく超過する有害物質を排出していたとしている。

    南ドイツ新聞と2つの公共放送局が捜査令状の文面を入手したという。これによると、高級車「メルセデス・ベンツ」の主力車種や小型商用車などに幅広く搭載されていた2つの型式のディーゼルエンジンが疑われている。
    販売された台数は100万台を超えているとみられる。

    独フォルクスワーゲン(VW)の不正発覚後、ダイムラーは排ガス制御装置を修正するため独自に24万7千台をリコール(回収・無償修理)していたが、それを大きく上回る規模となる可能性がある。

    ダイムラーが本社を置くシュツットガルトの検察当局は、当該エンジンが試験のときだけ窒素酸化物(NOx)などの有害物質を減らす装置を備えていたと疑っている。
    南ドイツ新聞は新車発売時に検査機関から得た型式認証が取り消される恐れもあると指摘している。認証取り消しとなれば所有者への影響も大きくなる。

    配信 2017/7/13 4:20
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN12H2H_S7A710C1000000/
    【【ドイツ】ダイムラー、「ベンツ」など100万台以上で排ガス不正の疑い 独紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ