社会

    WS000002


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 02:22:59.40 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000536-san-pol

    公明党の山口那津男代表は14日、自民党の衆院選候補者らの応援のため、
    仙台市や福島市、盛岡市で街頭演説を行った。

    仙台駅前での街頭演説で山口氏は野党について「(立憲民主党の)代表は
    枝野幸男氏、顧問は菅直人氏。2人は東日本大震災でしっかり対応できなかった。
    名前だけ変えて政党をやると言っても信頼できるわけがない」などと指摘。
    震災当時の首相だった菅氏と官房長官だった枝野氏が要職を務める
    立憲民主党を批判した。

    北朝鮮問題については「北朝鮮の暴走をなんとしてでも止めなければならない。
    世界が力を合わせて最終的に話し合いで解決する。わが国は世界の国々と
    連携を強めていく」とし、「誰がリーダーであるか分からないような状況では
    遅れをとってしまう」と自公政権の継続を訴えた。

    【【衆院選】公明党の山口代表「菅氏と枝野氏は震災に対応できなかった。信頼できるわけがない」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 09:12:57.74 ID:CAP_USER9.net
    希望の党候補の応援に駆け付け、「ガンバロー!」と拳を突き上げる同党代表の小池百合子都知事(左)と民進党の前原誠司代表=13日午後、東京都品川区



    希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、都内で、民進党の前原誠司代表と衆院選公示後初めて一緒に街頭演説に臨み、希望の党候補への支援を呼びかけた。選挙戦に入ってからの党の失速に危機感を募らせる小池氏は「改革保守」の存在意義を訴えたが、お膝元の首都・東京でも聴衆の反応は7月の東京都議選と比べて冷ややかになっている。(大橋拓史、広池慶一)

     ◆激戦区で共同演説

     小池、前原両氏が街頭に立ったのは、東京3区(品川区など)にあるJR大井町駅前。同3区は、衆院解散の直前に民進党から希望の党に移った松原仁氏と、自民党の石原宏高氏の両前職が競り合う激戦区だ。

     マイクを握った小池氏は切々と訴えた。

     「序盤戦で厳しい評価が下っている。(与党に)大勝ちさせて日本はどうなるのかと思う人は、希望の党に希望を寄せてほしい」

     都議選で産経新聞社が実施した出口調査によると、3区内でトップだった支持党派は小池氏が率いた「都民ファーストの会」で、自民、公明両党の支持者を足しても都民ファーストが上回った。希望の党の候補者は、多くが「小池マジック」の再来を頼りにした。大井町駅前には冷たい雨まじりの中でも約300人の聴衆が集まった。ただ、都議選の熱狂的な雰囲気とは明らかに違っていた。

     小池氏は、民進党を事実上解党した前原氏を「身を捨てながら新時代を築こうという決断に心から敬意を表す」と持ち上げ、民進出身者に「踏み絵」を踏ませた希望の党を「一つの旗印の下に集結する改革保守」とも誇ってみせた。

     逆に安倍晋三首相(自民党総裁)を「何かを隠さないといけないから選挙をする」「このまま『安倍一強』政治を続けてはいけない」と批判したが、「都政に専念しろ」とのヤジも飛んだ。

     ◆前原氏には解任論

     希望の党の失速は前原氏の求心力低下にも直結する。民進党出身者を含む多くの希望の党候補の苦戦が伝えられ、「名を捨てて実を取る」(前原氏)という合流の目標が遠のきつつあるからだ。党内では衆院選後に前原氏の代表解任を模索する動きも起き、足元はおぼつかない。

     「合流は安倍首相の『一強政治』を倒すためだ。しっかり小池氏とタッグを組んで頑張っていく」

     小池氏に先立って演説した前原氏はこう強弁したが、聴衆の反応は小池氏のときよりも乏しかった。

                       ◇

     ■牙城の10区で自民が猛攻

     自民党は、小池氏の衆院議員時代の選挙区だった東京10区に攻勢をかけている。10区は小池氏の側近で希望の党結党時のメンバーである若狭勝氏が受け継いだ。これに対し自民党は、前回は比例代表候補だった前職、鈴木隼人氏を擁立、7月の都議選で「都民ファーストの会」に惨敗した「リベンジ」の象徴区と位置づけ、菅義偉官房長官や小泉進次郎筆頭副幹事長らが続々と現地入りしている。

     13日には、小池氏に近いといわれている党都連会長の鴨下一郎元環境相が豊島区に入り、「自民党は小池氏が知事になって混乱したが、立て直したい」と訴え、支援を呼びかけた。

     都内の選挙区から立候補する自民党候補は「街頭で『小池氏に負けるな』という激励をたくさん受ける」という。都民ファーストを離党した都議が自民党候補を支援する動きも出始めている。(沢田大典)

    配信10/14(土) 7:55
    産経ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000058-san-pol
    【【希望の党】衆院選 小池マジックからさめる都民 夏の熱狂一転「都政に専念しろ」のヤジも】の続きを読む

    WS000001


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 07:23:43.56 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000282-sph-soci

    「口は災いの元」で批判にさらされた「魔の2回生」の2人が、対照的な選挙戦を
    繰り広げている。元秘書に対する暴言、暴行が報じられ、自民党を離党して
    埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は有権者一人一人にひたすら
    謝罪を繰り返し、改めて支持を訴えるドブ板選挙。その徹底ぶりに、対抗陣営からは
    “恐怖”の声も上がる。一方、度重なる放言が話題となった東京16区の自民前職・
    大西英男氏(71)は「下町のトランプ」よろしくマイペースの演説を続けている。

    街頭演説の予定場所に選挙カーが止まった瞬間、ドアが開き「みそぎの白」の
    上下スーツを着た豊田氏が飛び出して来た。

    「真由子ちゃ~ん」「頑張って!」の声も飛ぶ中、ビラを手に駆け寄ると一人一人と
    固い握手を交わし、まずは「お騒がせしました」と謝罪。続けて「よろしくお願いします」
    と深々と頭を下げる。周囲にスタッフは誰もいない。人混みに歩み寄り、はいずるように
    して支援を訴える姿を「みすぼらしい選挙」と自嘲した。

    元秘書の男性に対し「このハゲーッ!」などと暴言を吐いたことが報じられて自民を離党。
    同時に、支持者も離れた。演説を聴いていた60代の男性は「あんな言葉にだまされちゃいけねえ…」
    と自らに言い聞かせるかのようにつぶやいた。「『このハゲーッ』の人、出てるんだ」
    としらけた表情で歩き去るカップルも目に付くなど、豊田氏を否定する有権者も多い。

    だが、元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙を見たライバル陣営は、
    笑って見てはいられないようだ。豊田氏の陣営は組織なし、動員なしだが、街頭演説の
    集客力は候補者中トップクラス。

    豊田氏が初当選した際にも戦った維新の新人・青柳仁士氏(38)は、豊田氏の“人気”を
    目の当たりにした。「公示日前日に(選挙区内の)和光市市民体育祭があって、各候補者が
    集まった中、一番人気が豊田さんだった」と振り返った。

    「個人の候補者の名前を挙げるつもりはありませんが…」と話した希望の党の新人・
    吉田芳朝氏(43)も「良識がある人がそろっているのが埼玉4区。私は信じています」。
    暗に豊田氏と彼女を支援する人たちを批判したのは、意識している証拠だろう。

    演説では「私の唯一の財産は皆さんとの信頼の絆。切れてしまった人とは絆を結び直し、
    つながっている人はもっと太く、強くさせていただきます」と話しつつ、衆院2期の実績を
    アピールした豊田氏。その言葉が有権者に届いているのか、それとも単なる「怖いモノ見たさ」
    なのかは、投票結果が明らかにしてくれる。

    埼玉4区は、朝賀英義(67)=共新=、青柳仁士(38)=維新=、吉田芳朝(43)=希新=、
    穂坂泰(43)=自新=の4氏も立候補している。


    街頭演説中には涙をこらえるしぐさも見せた豊田真由子氏



    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507972464/
    1が建った時刻:2017/10/14(土) 09:40:59.52
    【【ハゲーっ!】元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙。圧倒的集客力を見せる豊田真由子氏に対抗陣営が危機感】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 09:04:25.32 ID:CAP_USER9.net
    関東地方や福島県の高校で野球部のバットやボールが相次いで盗まれ、茨城県水戸市の男2人が逮捕された事件をめぐって、証拠品を押収した栃木県警の「陳列技術」がインターネット上で反響を呼んでいる。

    公開された押収品の野球用具は、まるで記念館や博物館の「展示」のように美しく並べられていた。これにツイッターで、「スゴすぎる」「職人の仕事」などと驚嘆の声が相次いだのだ。なぜ、そこまで力を入れて陳列したのか。J-CASTニュースは、押収品を公開した宇都宮東署の副署長に話を聞いた。


    「まるで記念品」のように陳列された押収品(宇都宮東警察署提供)



    ■「記念品コレクションの公開みたい」

    話題の発端となったのは、関東地方(神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬)と福島の計6県の計20高校で、硬式野球部の野球用具が大量に盗難された事件だった。盗まれた野球用具は全校あわせてボール9300個、バット31本、グラブ16個に及んだ。

    この連続盗難事件に関連して、栃木県警などは2017年10月2日、埼玉県内の高校から金属バット12本とボール120個を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで茨城水戸市に住む男2人を逮捕した。この男2人が残りの盗難事件にも関与していると見て、捜査を進めている。

    こうした事件をめぐって、押収品の野球用具を公開した宇都宮東署が、インターネット上で思わぬ注目を集めることに。10月2日にマスコミ向けに展示した押収品の陳列方法が、「スゴすぎる」と話題になったのだ。

    土で茶色く汚れたボールはピラミッド状に高く積み上げられ、箱に入った新品のボールは「縫い目」まで綺麗に揃っている。さらに、2本の金属バットは斜めにクロスする形で配置。まるで、展示品を並べているかのような気合いの入れようなのだ。

    こうした押収品の様子は、事件を報じたニュース番組や新聞記事(ウェブ版)の報道で紹介された。するとツイッターやネット掲示板には、

    “「盗品の並べ方に捜査員のセンスを感じる」
    「ピラミッドという発想はなかなか出てこない」
    「陳列キレイすぎんだろ、職人の仕事」

    といった驚嘆の声が相次いで寄せられた。なかには、「記念品コレクションの公開みたい」「もはや野球博物館並みの並べ方」といった意見も出ていた。

    ■「業務に支障が出ない範囲で作業した」

    いったい、なぜここまで綺麗に押収品を陳列したのか。宇都宮東署の生田目(なばため)謙一副署長は4日のJ-CASTニュースの取材に、「証拠品は丁寧に扱うのが基本ですが」とした上で、

    “「今回の事件では、高校球児がいつも練習で使っているボールやバットが盗まれました。球児の汗や涙が染みこんだ野球用品を、ただ雑然と『押収品』として並べるのでは、被害に遭われた皆さんに申し訳ない、そう考えました」

    と話した。

    生田目副署長によれば、今回の野球用品の陳列にあたったのは、刑事1課の捜査員2~3人。陳列にかかった時間は30分ほどで、「通常の業務に支障が出ない範囲で作業した」とした。ボールをピラミッド状に積みあげるために、木材を使って専用の土台を組んだという。

    なお、2つあるピラミッドを作るのに使ったボールは計770個(一山385個)。縫い目を揃えたボールは計168個に及んだという。

    今回、インターネット上で陳列のテクニックを称賛する声が相次いでいることについて聞くと、生田目副署長は、

    “「警察が証拠品を大切に扱っているということが、皆さんに伝わる機会になったならば幸いです。そういう意味では、いい仕事ができたんじゃないでしょうか」

    と笑っていた。

    配信2017年10月2日13時31分
    J-CASTニュース
    http://www.asahi.com/articles/ASKB23DKPKB2UTNB005.html

    関連ニュース
    高校野球部のボールなど大量窃盗容疑 6県で被害多発(2017年10月2日)
    http://www.asahi.com/articles/ASKB23DKPKB2UTNB005.html

    押収された硬式球など=栃木県警宇都宮東署



    【【栃木県警】野球部ボール大量窃盗事件 押収品バット・ボールの陳列テクが「スゴすぎ」 なぜここまで?宇都宮東署幹部に聞いた 】の続きを読む

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 08:12:43.08 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000090-jij-pol

     衆院選(22日投開票)の論戦に最近の株高傾向が影響を与えている。与党は経済政策「アベノミクス」の成果だと訴え、消費税増税と増収分の使途変更を正当化したい考え。これに対し、野党側は「好景気の実感はない」として、消費税増税の凍結を前面に掲げる。希望の党は公約した大企業の内部留保課税をトーンダウンさせるなど、政策の「生煮え」を露呈させた。
     安倍晋三首相(自民党総裁)は14日、香川県坂出市で街頭演説し、「株価も上がり、きのうは21年ぶりの高値になった。年金は株式市場で運用しているから、皆さんの年金財政はしっかりとしたものになっている」と強調。アベノミクスを一層加速させる考えを示した。
     首相はまた、子育て世代への支援を強化する「全世代型社会保障」を目指すと改めて主張。2019年10月に消費税率を10%に引き上げて財源を確保することが前提の公約だが、増税の是非が論争の的になるのを避けたいためか、この日は増税に言及しなかった。
     一方、公明党の山口那津男代表は福島市で演説し、消費税増税時に軽減税率導入を実現するとアピール。増税に反対する野党を「少子高齢化社会の将来に責任を持たない政党だ」と非難した。
     希望の党の小池百合子代表は神戸市での街頭演説で、アベノミクスについて「これだけやっているのに(成果が)まだまだ不十分」と批判。規制改革や情報公開を徹底し、「無駄遣い削減」で財源を捻出する考えを示した。
     希望は公約で、消費税増税を凍結する代わりに、大企業の内部留保への課税を検討すると明記した。しかし、経済界から「法人税との二重課税になる」と激しい反発を受けると、小池氏は一部メディアのインタビューで「課税にこだわらない」と事実上修正。公約が十分に練られていなかったことが浮き彫りとなった。
     共産党の志位和夫委員長は東京都内の演説で、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある。その財源で教育や子育て、若者に予算を付ける」と主張した。
     立憲民主党の枝野幸男代表は都内で「豊かな者をさらに豊かにしても格差が拡大するだけ」とアベノミクスを問題視。最低賃金引き上げなどによる「分厚い中間層の再生」を唱えた。
     日本維新の会は、国会議員の定数・報酬削減などで財源をつくり、消費税増税に頼らない教育無償化を訴えている。
    【【共産党】志位和夫、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある」と主張 】の続きを読む

    WS000021


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 08:49:28.57 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171014-00000044-sasahi-pol

    10月22日投開票の衆院選は、鳴り物入りで登場した希望の党のまさかの大失速により、
    与党の圧勝となる展開が各社の世論調査で予測されている。

    希望の命運を決めた決定的な瞬間と指摘されているのが、9月29日の会見での
    小池百合子東京都知事の〝排除発言〟だ。

    民進党からの合流組の一部を「排除いたします」と笑顔で言い切った姿がテレビで
    繰り返し報じられると、小池氏や希望の党のイメージは一気に悪化してしまった。

    小池氏自身も10月13日に出演したテレビ番組で「きつい言葉だった」と悔やんでいる。

    小池氏から「排除」発言を引き出す質問をしたのは、『検証・小池都政』(緑風出版)などの
    著書があるフリージャーナリストの横田一(はじめ)氏だ。

    当日のやり取りをこう振り返る。

    「いつも厳しい質問をするためか、会見で手を挙げても小池氏に指名してもらえなく
    なっていましたが、なぜか半年ぶりに当てられたのがあの日でした。民進党から希望への
    公認申請者は排除されないという前原誠司代表の話と小池氏の話が食い違っていたので、
    素朴な疑問をぶつけた。『排除』発言を聞いた時は、ああ、本性が出たなと。『寛容な保守』を
    うたいながら、なんと愚かな発言をするんだと思いました」

    経緯を詳しく振り返ってみよう。舞台となったのは、都知事の定例会見で毎週金曜日の
    午後に、東京都庁(新宿区)の6階にある記者会見室で行われているものだ。

    小池氏からの発表を聞いた後、記者との質疑応答が行われるが、その日は挙手した
    記者たちの中から横田氏が指名された。

    横田氏:「フリーの横田です。前原代表が昨日、(民進党の両院議員総会で)所属議員向けに
    希望の党に公認申請をすれば排除されないという説明をしたんですが、一方で知事は、
    安保、改憲を考慮して一致しない人は公認しないと。言っていることが違うと思うんですが、
    前原代表を騙したんでしょうか。それとも共謀して、そういうことを言ったんでしょうか」

    小池氏:「すみません。横田さん。そのご質問は、この後、ちょっと場所を転換して、お答えを
    させていただいた方が良いのではないかと思いますし、独特の言語を使っておられるなと
    今思ったところでございます。(中略)私は今、都知事としての会見をやっているわけですから、
    ちょっと待ってくださいね」

    このやり取りには説明が必要だろう。

    小池氏は定例会見では都知事の立場で受け答えをするため、都民ファーストの会特別顧問や
    希望の党代表としての質問は受け付けないルールになっている。

    このため、会見後に非公式の取材というかたちで政党関係の質問を受けることになっている。

    定例会見と違って都のホームページでのネット中継もされず、議事録にも掲載されないという
    違いはあるが、同じ取材陣が同じ会見室の同じ席から質問をするため、実質は同じようなものだ。

    ともあれ、このような理由で小池氏は回答を一旦、保留。

    その数分後に非公式取材に転んじると、小池氏は待ち構えていたかのように最初に横田氏を
    「逆指名」した。
    【【マスコミ】悔いても悔やみきれない「排除」発言を引き出したジャーナリストが語る小池百合子の油断 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/14(土) 06:53:13.92 ID:CAP_USER9.net
    発見まで、自殺の決行から4日がたっていた。首吊りによる遺体は、相当に腐敗が進んでいた。研究室のドア近くで、その変わり果てた姿と対面した課長職の女性が、切り裂くような悲鳴を上げたのも当然だ。

     現場には、家族宛と学部長宛の遺書があった。

    「人を人とも思わぬ非道を許せない。一死をもって抗議する」

     学部長に対しては、そのような激烈な怒りの言葉が綴られていた。

     これが複数の関係者から語られた、現場の状況である。さらに関係者たちの話を総合すると、N先生の死の背景には、雇用をめぐる大学側とのトラブルが浮かび上がってきた。

     N先生は、東京工科大学の特任講師だった。2015年6月12日、N先生が自殺を遂げたのは、同大学八王子キャンパス研究棟Cの自室研究室である。

     どんな企業や団体でも、構成員が死亡すれば訃報が公表されるのが当然である。だが東京工科大学では、N先生の訃報は公表されなかった。むしろ箝口令が敷かれ、N先生の死は隠蔽され続けている。そして今、彼が使っていた研究室では、何が起こったかまるで知らない新たな教員が仕事をしている。

    ~略~

     N先生が東京工科大学に着任したのは、2012年10月。「特任教授募集」に応募したのだが、採用されてみると「特任講師」であった。N氏は講義を持たず、学生の就職指導を専門に行う講師を務めた。多かれ少なかれ、どこの大学でも就職率を気にするが、東京工科大学でもその傾向はあり、教員のボーナスにも影響するという。就職できそうもない学生にきつく当たったり、受かるところに無理矢理にでも就職させて、自分の研究室の就職率を上げている教員も少なくないという。

     N先生のもとに相談に来るのは、そうした研究室から弾き飛ばされかねない、就職力の弱い学生だ。そもそも就職する意思がなく「働きたくない」と口にする学生に対し、N先生は働くことの意義を一から説いた。昼食時間でも、学生が訪れれば相談に応じた。

     2014年11月12日、大学の最高議決機関である大学評議会で、N先生の雇用契約の延長が発議され、同年11月には雇用契約を2018年9月までとすることが承認された。

     だが、年が明けた1月、N先生は学部長から「今年で辞めていただく」と告げられた。N先生は、不当に雇い止めがあった場合に備えて、労働基準監督署への相談・申告、労働審判の件、弁護士への相談などの準備のため、その証拠保全に努めた。

     それが3月になると、学部長より「これからも、ずっとよろしくお願いします」と言われ、仕事が続けられ、家族を養っていくこともできるとN先生は安堵した。

     しかし6月12日、学部長より突然「9月で辞めていただく」と告げられた。普段は温厚なN先生が、あまりの理不尽さに怒鳴ったという。N先生が自分の研究室で自殺を遂げたのは、その夜だ。

     その日の夕方、夫人は「今日は大学の近くに泊まる」とN先生からの電話を受けていた。翌週になっても帰って来ず連絡もないために、夫人が大学に連絡したのが6月16日。午前9時過ぎ、N先生は変わり果てた姿で発見された。

     N先生の研究室のドアには、面談予約していた学生向けに「キャリアサポートセンターで相談に乗ります」とのみ記された紙が貼られた。

     学内広報に訃報は載らず、箝口令が敷かれ、N先生の死は隠蔽された。それから2年がたった今、N先生の存在そのものが無き者のようにされている。

    続きます

    http://biz-journal.jp/i/2017/10/post_20914_entry.html

    【【社会】東工大が「学内で起きた職員の凄惨な自殺」を隠蔽…背景に雇用をめぐるトラブルか 】の続きを読む

    WS000001


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/14(土) 02:17:53.82 ID:CAP_USER9.net
    経ニュース2017.10.13 23:14更新
    http://www.sankei.com/politics/news/171013/plt1710130066-n1.html

     希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日夜のBSフジ番組で、民進党出身者を公認するにあたり政策や理念が合わなければ「排除する」と言及したことについて「きつい言葉だったと思う」と述べた。発言は強引な印象を与え、希望の党が失速する一因になったとされる。

     小池氏は、民進党出身者らの再結集を模索する参院民進党の動きを「政治不信の極みになる」と批判した。「参院の皆さんは今度は自分の選挙がある。そこを見ていることが透けてみえる」とも指摘した。

     また、衆院選公約に掲げた「2030年までの原発ゼロ」達成のため、原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所でも再稼働を認めないケースがありうるとの認識も示した。

     衆院選後に自民党と大連立を組む可能性については同日、都庁で記者団に「ありません。政策が実現できるよう、是々非々の対応で進めていく」と否定した。

    1がたった日時:2017/10/14(土) 00:01:40.92
    前スレ【衆院選】希望・小池百合子代表「排除する」発言を「きつい言葉だった」「民進党再結集」構想を「政治不信の極み」と批判
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507906900/
    【【衆院選】希望・小池百合子代表「排除する」発言を「きつい言葉だった」「民進党再結集」構想を「政治不信の極み」と批判】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/14(土) 02:13:45.43 ID:CAP_USER9.net


    ワンセグ機能付きの携帯を持っているだけで、受信料を支払う義務があるのかどうか。大阪で注目の司法判断が示されました。

    訴えによりますと、原告の男性(51)は去年、転居する際、テレビ受信機を知人に譲ったため、NHKに解約を届け出ましたが、NHKは男性がワンセグ機能付きの携帯電話を所有していることを理由に解約を拒否。

    男性は「ワンセグは一切、利用していない」として前払いした受信料の返還を求めていました。大阪地裁は13日、「ワンセグ携帯を使用できる状態に置いておくことも『受信設備の設置』に含まれ、契約義務がある」として男性の訴えを退けました。

    配信2017/10/13 18:51
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000112115.html

    【【NHK受信料】ワンセグ機能付き携帯 持ってるだけで、受信料「契約義務ある」-大阪地裁】の続きを読む

    WS000018


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/14(土) 10:16:37.13 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000508-san-l11

    埼玉県行田市内の国道17号を車で走ると、「鉄剣タロー」と書かれた古い看板が目に入る。
    昨今にわかにブームとなっている食品自動販売機でうどんなどを提供するオートレストランだ。
    店内には「インベーダーゲーム」や「ストリートファイター」といったゲーム機が並び、
    昭和後期から平成初期のゲームセンターを想起させる。

    ■24時間365日

    同店で稼働している自販機は10台(飲料含む)で、主な商品は天ぷらうどん、チーズバーガー、
    ハムサンドの3つ。うどんは300円で、他2つは220円。うどんの自販機に300円を投入すると、
    「調理中」という文字とともに完成までの時間が表示される。出てきたきたうどんは温かく
    食べやすい温度で、だしの効いたスープの味が心地よい。

    ゲーム機はほとんどが20年以上前の機種で、最近のゲームセンターではめったに見かけないもの
    ばかりだ。時代背景なのかマージャンのゲームが多くなっているが、「ボンバーマン」など
    ポピュラーなゲームもある。当時の雰囲気を漂わせており、遊べばもちろんのこと、遊ばずとも
    懐かしさを感じられる。

    店内で出会った武蔵村山市の製造業、西森諒さん(24)は「以前ツーリングしていたときに
    来たことがあって、気に入ったのでもう1度来てみた。うどんがおいしかった」と言いながら、
    店内の風景をカメラに収めていた。

    他にもカメラを持参する人が散見された。レトロな雰囲気は訪れた客を魅了するに留まらず、
    映画などのロケ地として使われることも多い。

    ■苦境乗り越え

    行田市といえば、埼玉古墳群から出土した鉄剣が有名だが、同店は同市を象徴する「鉄剣」と
    長男につける名前の「太郎(タロー)」から、同市で一番親しみやすい店を作ろうと名付けられた。
    開店した昭和63年ごろまで24時間365日食事が取れる食品自販機は国道沿いなどに点在し、
    人々に親しまれていたが、平成に入るとコンビニエンスストアが急増し、次々と姿を消していった。

    同店では食品自販機は不調だったが、ゲームコーナーの売り上げで埋め合わせていた。
    ところが、平成22年、県警の立ち入り検査があり、ゲーム機の一部が風営法に抵触するとして、
    50台以上が撤去され窮地に立たされた。

    一方そのころ、懐かしさからか食品自販機がメディアに取り上げられるようになり、希少価値も
    相まって人気が再燃。同店の売り上げも数十倍に跳ね上がった。今では常連客も、メディアを見て
    新規に訪れてくる客も増えた。

    ■文化残した「惰性」

    「自分ができることで報いることができるなら必ずやる」。同店の女性管理人(63)はそんな心構えで
    日々の仕事に取り組んでいる。

    冷凍庫が故障したアイスの自販機と同型のものを客が見つけてきたときには、群馬県まで出向いて
    交渉した。数カ月かけて買い取ることができたが、冷凍庫を取り出すことができず、かといってそのまま
    使用することもできない事態に。なんとか通電し、ルーレットが光る古い自販機を見て「勇気が出た」。
    「これを見た人にも何かを感じてもらえれば」とメーンのコーナーから少し離れた場所に置いてある。
    少しでも来店者に楽しんでもらうためだ。

    一時期の文化ともいえる国道沿いのオートレストランを守り続けてきた理由について管理人は
    「惰性かな」と笑う。同店は、多くの人に愛される同市の名所になりつつある。

    【鉄剣タロー】埼玉県行田市下忍315の1。定休日なし。24時間営業。入場自由。
    JR高崎線吹上駅からバスで10分。東北道東松山IC、加須ICから約20キロ。国道17号熊谷バイパス沿い。
    【【文化】食品自販機のオートレストラン、希少価値も相まって人気が再燃。売り上げ数十倍に。埼玉・行田市の鉄剣タロー 】の続きを読む

    このページのトップヘ