芸能

    WS000028


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/14(水) 06:35:21.48 ID:CAP_USER9.net
    17歳の少女との飲酒、淫行によって無期限の活動停止となった俳優の小出恵介(33)が、問題を起こしたとされる5月9日以降も、複数回にわたって少女に会っていたことが13日、分かった。少女の知人などによると「この日のことが凄くうれしかったのか、SNSなどに喜んで公開していて、その後も“彼と会った”と言っていました」という。

     複数の証言を総合すると、2人は5月9日以降に2、3回会ったという。小出は所属事務所に「LINE」などの少女とのやりとりを提出していることから、事務所側も不適切な関係が1回だけではなかったことを把握しているとみられる。

     少女は問題となった5月9日の小出との一夜について写真誌「FRIDAY」の取材に「本当に最悪でした」と振り返っている。その後も複数回会っていることから、“何のために会っていたのか”という疑問が浮上しているが、知人らは「その理由は分からないが、彼と会って喜んでいたのは事実」とした。少女が小出に500万円を要求したことについては「誰かが彼女をそそのかしたのではないか」と話している。

     少女は今後発売される週刊誌の取材に答えており、所属事務所はその内容を確認した上で小出が会見するかどうかを判断するとみられる

    スポンサー 6/14(水) 6:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000075-spnannex-ent
    【【芸能】<小出恵介>淫行後も少女と複数回会っていた…事務所側も不適切な関係が1回だけではなかったことを把握か】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/14(水) 07:56:24.64 ID:ZO+lNKRn0.net BE:837857943-PLT(16930)
    音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が、療養中の妻でglobeボーカルのKEIKO(44)と散歩する写真をツイッターで公開し、ファンを喜ばせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-01838999-nksports-ent

    【小室哲哉がKEIKO散歩写真公開、ファン喜びの声】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/12(月) 22:04:59.54 ID:CAP_USER9.net
    波瑠(25)が、NHKの朝の連続ドラマ小説『あさが来た』で培った好感度を急落させたばかりか、
    ネットなどで猛バッシングを浴びる風評被害に苦しんでいる。

    すべての始まりは、ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)に出演したこと。

    一部のメディアでは、共演する東出昌大の危ないキャラクターが、“第二の冬彦さん”などと評判になっているドラマだが、
    最近は東出以上に波瑠の方が注目を集めるようになってしまったという。

    「波瑠は、東出との結婚生活に満足せず、学生の頃に片思いをしていた男と愛欲に満ちた不倫生活を送る人妻・渡辺美都役なんです。
    ところが、この美都の行為があまりにゲスだとバッシングを浴びてしまったんですよ」(芸能プロ関係者)

    なんと放送元のTBSには、役柄を混同した視聴者からのクレームが殺到しているというから驚きだ。

    「ドラマ内で波瑠が演じる美都を本人だと信じ込んでいるようです。やっぱり年配の女性からの抗議が多く、
    『不倫は認めない』とか、『同性として絶対に許せない』といった意見が大半を占めています」(放送作家)

    当初、スタッフや波瑠の関係者らは、ドラマが視聴者のハートを鷲掴みにした結果だと喜んでいたという。
    ところが、回を重ねるごとに視聴者のリアクションが、ヤバい方向に走り出したというのだ。

    「好感度の急落が止まらないんです。最近はネット民も彼女の超リアルな演技を勘違いしている。
    バッシングしているサイトに波瑠の写真がアップされているため、マイナスのイメージが刷り込まれています」(芸能プロ関係者)

    波瑠が今作で失った好感度だが、金額に直すととんでもない額になるという。
    「1億円の規模になるのでは…。理由はCMが激減するためです。これでドラマの視聴率がよかったら、まだ救われるんですが…。
    ヒロインオファーも好感度が急落しているので、今後は激減する」(芸能関係者)

    まさに不運としか言いようのない話だ。

    掲載日時 2017年06月12日 12時00分
    http://wjn.jp/article/detail/2996031/

    写真

    【【芸能】<波瑠>好感度の急落が止まらない 追い詰める風評被害 役柄を混同した視聴者からのクレームが殺到!】の続きを読む

    WS000126


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/13(火) 10:45:47.51 ID:CAP_USER9.net
    「嫌と言ったのに3回も避妊具なしで射精されて、冷静になったらやっぱり不安になってきたんです。そのストレスで生理も遅れて。二度と彼とセックスしては
    ダメだと思いました」
     
    そう告白するのは、A子さん(30)。篠原涼子似の元主婦だ。2年半前、28歳のときに小出恵介(33)から執拗に口説かれ、一夜を共にしたと言う。
    写真週刊誌で17歳少女との「不適切な行為」を報じられた小出。A子さんは「記事を読んで驚きました。あまりに自分の場合と似ていたので……」とため息を
    ついた。
     
    「小出くんとの出会いは14年の秋。芸能界で働く友達に誘ってもらった飲み会に行ったら、彼がいたんです。最初は彼のことが誰だかわからなかったんです。
    するとかなり酔った彼が私の側に来て、『アイ・アム・アクター(俳優)。アイ・アム・ケイスケ』って言ってきて。それで彼が小出恵介だと気付きました」
     
    翌日から、こまめにLINEでメッセージが来るようになったという。
     
    「彼の“自撮り”画像がよく送られてきました。その年の12月にカラオケに誘われて、深夜0時に待ち合わせすることになりました。彼の男友達が駅まで迎えに
    来てくれて、カラオケ店に行くと、彼はもうベロベロ。ソファの上でピョンピョン飛び跳ねて歌っていました。私が隣に座るとすぐキスをしてきて、
    嫌がっても動じないんです。いっぱいキスされて。でも正直、人気俳優の彼に憧れもあったし、このままエッチすることになるのかなとは思っていました」
     
    夜中の3時半に店を出ると、小出はA子さんを連れてタクシーに乗り込んだ。着いた先は小出の自宅。東京・世田谷区内のオシャレなメゾネットタイプの
    マンションだった。
     
    「玄関を入ったら、もうそこが寝室でびっくりしました。すぐベッドに押し倒してこようとしたんで、『いや!』って拒んだら、
    『冗談だよ。シャワー浴びて来るけど、一緒に入る?』」
     
    シャワーを出ると、すぐにベッドに連れ込まれた。
     
    「またいっぱいキスされて、すぐに挿入されて……。コンドームをつけてくれなくて、前戯もほとんどしないんです。やりたいだけの動物みたいな感じで、
    “私、何してるんだろう”って思いました」
     
    そして、さらに信じられないことが――。
     
    「『お腹に出していい?』って聞いてくるんで『うん』って言ったら、中で出されたんです。『ダメって言ったよね?』って怒ったんですが、
    彼はそのまま私に覆い被さって、寝てしまいました」
     
    小出は30分ほどで目を覚ますと、またA子さんに覆い被さり、無言で挿入。怒られたことも気にせず、またもや避妊せずに射精した。そしてそのまま3回目も――。
     
    「『ごめん』のひと言もなく、アフターピルを飲ませてくれるわけでもなく、何のフォローもありませんでした。本当にひどいと思いました」
     
    これまでは、「彼から報復されたら……」と悔しさを心の中にしまっていたA子さんだが、今回のスキャンダル発覚で、自分も告発しようと決心したのだという――。

    女性自身
    https://jisin.jp/smart/serial/29286
    【【芸能】小出恵介 28歳元主婦が告発「私も…避妊なしで悪夢の一夜を」】の続きを読む

    WS000125


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/13(火) 06:55:17.23 ID:9L6GA/OY0 BE:512899213-PLT(27000)
    広末涼子(36)にフルヌード写真集の出版情報が急浮上。話題の少なさから賞味期限切れが囁かれている彼女が、女優再起を賭けて、
    人妻フルヌードを披露するというのだ。
     「広末は'06年1月期のドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)に主演しましたが、平均視聴率が7.5%の大コケに終わり、広末時代は
    終わったという声が噴出しました。今、彼女を取り上げるマスコミは見当たりません」(芸能ライター)
    (中略)
    そんな彼女に目をつけているのが、脱がせ屋たちだ。
     「写真系出版社の間で彼女は、もっともヌードにしたい人妻女優です。母親生活が長いだけに、むっちり化した“完熟系”のボディーは需要が高い。
    揉み心地よさそうなDカップ乳を披露すれば、話題になることは確実。聞けば、すでに出版社『A』が年内発売で落札したという話もある。
    彼女も、『仕事なら脱ぐ』と言っているので、一気に話がすすむんじゃないでしょうか」(グラビア雑誌編集者)
     人気復活は間近か!

    実話です
    http://wjn.jp/article/detail/5459803/
    【広末涼子(36) 再起を賭ける人妻ヌード写真集発売「情報」】の続きを読む


    WS000111

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/12(月) 14:27:15.27 ID:CAP_USER9.net
    歌舞伎俳優の市川海老蔵が12日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、乳がん闘病中の妻・
    小林麻央のために、舞台の合間でも、楽屋などで医師とのやり取りを欠かさない日常を明かした。
    また、来月の「七月大歌舞伎」に勸玄君の出演が決まったことは、麻央の目標にするためであることも
    明かした。

     番組では9日から始まった海老蔵の自主公演「ABKAI2017 石川五右衛門外伝」の舞台稽古を
    終えた海老蔵を直撃。この舞台には麗禾ちゃん、勸玄君も「気が向いたら」(海老蔵)出演することで
    話題を呼んでいるが、勸玄君は来月も「七月大歌舞伎」の出演が決まっており、4歳で宙乗りも行う予定だ。

     来月の勸玄君の歌舞伎座出演については「本人の意思と、麻央がちょっとでも次の目標を、
    子供の舞台を見ると言うことを一つの目標として」もらうために決めたとコメント。勸玄君の舞台を
    「見に来られるとよいなと思っている」と、観劇を一つの目標として闘病を乗り越えて欲しいという願いを
    明かした。

     また、麻央を自宅で看病することは「日々大変です」と率直にコメント。
    「家族が一緒に家に住めることは大事なこと。そのためにそれが長く続くように、舞台やってますが、
    合間にはメールとかラインとかで(医師の)先生とのやり取りは欠かさない」と、舞台をやっていても、
    常に主治医とやり取りをしているといい、「舞台は集中しているが、楽屋に戻るとお医者さんとの
    やり取りがあるので」と、大変な日常も明かした。

     そんな中でも幸せな瞬間を聞かれると「一緒にいられるとき。麻央が普通にテーブルに
    座っているときとかが一番幸せです。麻央の存在は大きいです」と改めて、麻央への思いを語っていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000041-dal-ent
    【【芸能】海老蔵、楽屋でも医師とラインやり取り欠かさず…「日々大変です」】の続きを読む

    WS000110


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/12(月) 12:03:08.51 ID:CAP_USER9.net
    12日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、俳優・小出恵介(33)が
    5月に大阪で未成年(17歳)の女子高校生と飲酒、淫行(いんこう)し所属事務所の「アミューズ」が
    無期限活動停止処分を下した問題を報じた。

     小倉智昭キャスター(70)は、被害女性が小出側に金銭を要求したという一部報道を受け、
    「想像ですが、あくまで想像ですが」と念押しした上で「相手の少女が小出さんから示談にするための
    お金を要求する一方で、(写真誌)『フライデー』にも載ってしまうというのは…。普通、交渉の間は
    雑誌に(情報を)持っていかないのではないか」と少女側の対応に疑問を呈した上で
    「小出さんのやったことは一方的に悪いことだけど、17歳の少女側も批判される点が出てきて
    しまうのでは」と続けた。

     さらに「17歳の少女が自分で『お金払って下さい』って考えたりするのかな」と話し、
    小出の行動について「自分の(俳優としての)生涯が台無しになってしまうとなったら、
    お金を払うという考えも出てくるのでは」と独自の見解を示した。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000055-sph-ent
    【【テレビ】小倉智昭氏、被害女性が小出恵介に金銭要求なら「批判される点も出てきてしまうのでは?」】の続きを読む

    WS000108


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/12(月) 13:00:35.36 ID:CAP_USER9.net
    17歳の女子高生との飲酒、淫行があったとして無期限の芸能活動停止となった俳優の小出恵介(33)が、「相手側から500万円の支払いを要求された」と話していることが9日、分かった。

     スポニチ本紙の取材では、金銭を要求された小出は、所属事務所に報告せず、自身で事態を収束させようとした。複数の関係者の話を総合すると、相手側の提示金額は500万円。
    その後、小出が相手と交渉し200万円を支払うことで話がまとまったという。ただ、実際には金銭は支払われなかった。知人は「(小出は)周囲に止められたこともあって、思いとどまったようだ」と説明した。

     小出は5月9日から10日にかけて大阪で女子高生と飲酒し、淫行した。所属事務所が事態を知ったのは、写真週刊誌「フライデー」の問い合わせを受けて本人に事実確認をした今月6日。
    事務所に相談する前に一連の金銭に関する交渉は終わっていたとみられる。女子高生のものとみられるインスタグラムには「私はフライデーに掲載してほしくて事実をお話ししたわけでもありませんし金銭目的でもありません」との書き込みもあった。

     小出が17歳の女子高生と飲酒し、淫行に及んだことは許されるべきではない。女子高生は週刊誌の取材に、小出とのことを振り返って「本当に最悪でした」と答えている。

     一方で当時、女子高生とみられる人物が自身のツイッターに「小出恵介くんと2人でbar二件行ってなんやかんやお喋(しゃべ)りして帰ってきた カッコよかったよ~う。笑」と投稿。フライデーに掲載されたツーショットと同じ写真を添付していた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/10/kiji/20170610s00041000123000c.html
    【【芸能】小出恵介「500万円要求された」 事務所に報告せず自ら交渉したものの…】の続きを読む

    WS000072


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/11(日) 22:21:19.99 ID:CAP_USER9.net
    ライブ活動やイベント出演、そして、ついにはNHK紅白歌合戦出場など、声優のメジャー化、そしてアイドル化が進んで久しい昨今。きらびやかな話が飛び交い、子どもたちの「なりたい職業」でも人気急上昇中の声優界だが、明るい話の裏側には、あまりにも悲惨で、過酷な“闇”があった。アニメキャラは知らない、声優業界のつらすぎる実態を、関係者に取材した。

    「今、女性の声優は、若くて、かわいい子しかいません」

    こう断言するのは、とあるアニメ制作会社のスタッフである。
    それは文句のつけようがない“良いこと”であるはずだが……。このスタッフが暗い顔で続ける。

    「昔は、顔は二の次の実力主義でしたが、今はまず第一条件に“容姿が良いこと”が挙げられます。その理由は、声優がイベントに出演することが前提だから。アニメの声優などの“裏方仕事”だけでは食べていける時代ではないからです。ベテランたちは席を空けず、彼らがギャラも1仕事1万5000円など安価で設定しているため、若手はさらに低いギャラに設定せざるをえないんです」

    そこで、若い声優たちはまず、「アニメの出演数をとにかく増やす」(前同)ことが、まず最初の目標になるという。

    「そうしてファンを増やし、するとCDデビューの道が見えていきます。CDデビューしてイベントやライブを行うと、グッズ販売をしますよね。そのインセンティブが、声優にとって一番オイシイ収入源となるんです。みんな、そこを最終的に目指して頑張っているのが、今の声優界と言えます」(同)

    だが、当然、簡単にいくはずもなく、アニメの声優を担当するまでに、さまざまな困難が待ち受けている。まず、第一の関門が立ちはだかるのは、厳しいオーディションではなく、なんと、所属事務所内の根回しだというのだ。前出のスタッフは語気を強めて話す。「結局、仕事はコネで決まるんです。最初にチャンスが回ってくるのが、事務所の社長のお気に入り。だから、社長に気に入られるために、社内での関係づくりが最も大切になるんです」

    身を削って事務所の社長を攻略したとしよう。
    しかし、それだけでは不十分で、第二の関門が高くそびえ立つという。

    「次は、キャスティング権を持つ人たちですね。アニメスタジオの音響監督や、原作者です。そうした関係者のプライベートの飲み会があると、事務所のマネージャーが“◯日に飲み会があるから、顔を出すように”と打診が来ます。そして当日、“ガンガンいけよ”の作戦を出す。若手たちは、なんとしても気に入られるように立ち振る舞い、必死でアプローチするんです。中には、高校生にまで“役が欲しかったら、分かってるよね?”なんて言うこともあるそうです」(アニメ制作会社スタッフ)

    (略)

    仕事がない、食えない、そんな状況で若手声優が行き着く先は、いったい、どこなのか。

    声優業界を取材するフリーライターは、「ズバリ、夜のお店業界ですね」と言うのだ。
    「顔バレしないお店で副業をする声優は多そうだ」(前出のメーカー関係者)という声も。
    そうした現状を、「皆、覚悟のうえで声優になりたがっている」(アニメ制作会社スタッフ)
    というから、声優業界がいかに過酷かが分かるだろう。

    「ベテランは引退しないどころか、相変わらず、いい役を持っていってしまうし、売れるのが難しい世界だというのは了承済み。だから、ちょっとの仕事のためでも媚を売るんでしょうね。とにかく彼女たちが欲しいのは、“金”よりも“チャンス”。そのために身を切る覚悟があるんです」(前同)

    そうした姿勢を逆手に取るのが、所属事務所の幹部であり、キャスティング権を握る大人たちなのだ。「まさに、立場が弱い子たちからの“搾取”ですよ。声優は、なりたくてなっている子しかいないので選び放題。しかも、声優になるような子ですから、アニメ好きな押しに弱そうな子ばかりですからね。もう、めちゃくちゃですよ、やりたい放題の大人たちが多すぎます」(同)

    最後に、今回取材した関係者たちが口をそろえて、こう言ったのだ。
    「声優を目指すなんて、アホらしいことですよ」と――。

    https://taishu.jp/detail/28051/
    【「声優業界の闇」人気アニメの裏にある悲劇とは!?… 「売れない若手声優が行き着く先は”夜のお店業界”」】の続きを読む

    このページのトップヘ