ニュース

    WS000628


    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 18:30:50.81 ID:CAP_USER9.net
    <誰とも話せる私の特殊な役割>

     今から約30年前、私は岡野さんと徹夜で話し込んだことがある。いや、一緒に徹夜で話をさせられた。臨教審(1985~87年 中曽根内閣)の合宿の時である。埼玉県の嵐山町の国立女性教育会館で真剣に議論が行われた。私は農水省から派遣された、いわば助っ人の事務局員、岡野さんはスポーツ界を代表する有識者として、スポーツと教育の関係を中心に見識を期待された委員だった。合宿は事務方も大変で、1日の審議のまとめ、中間報告を急がねばならなかった。もちろん中心はプロの文部省(当時)の出向者であり、助っ人の私の役割は意外なところにあった。夜一杯飲みながらの懇親会にお喋りで誰とも話せる(?)私の特技を使って、談論風発の岡野さんのお相手を務める羽目になった。そして、他の人たちがどんどん消えていく中、私と岡野さんだけが残り本当に徹夜のサッカー論議となった。

    <私の意地悪質問にことごとく答えてくれた岡野委員>

     日本の企業が運動部出身を好む疑問等、教育と実社会の関係などの話は勿論、本番の審議会でも披露されていたが、座談のうまさと明確な分析はまさに一品であった。ただ、私にとって印象深かったのは、初めて聞くサッカーの薀蓄話であり、今も耳にこびりついている。といっても私が、日本でサッカーの人気がいま一つ盛り上がらない理由はなにか、ミュンヘン五輪で銅メダルをとっていたのに、その後ダメなのはどうしてか、日本にすっかり馴染んだ野球と違い、どうも日本の文化に合わないのではないか、といった結構きつい質問をしたこと対して、真剣に応えてくれたのである。

    その岡野語録の一端を紹介したい
    <メキシコオリンピック銅メダルは天才杉山、釜本の成せる技>

    (1)世界の大半の国では、サッカーが1番人気のあるスポーツだ。ボール一つででき、金がかからないからだ。サッカー以外が人気のスポーツの国は、1.アメリカ、2.日本、3.キューバが野球、4.インド、5.パキスタン、6.バングラデシュがホッケー、7.カナダがアイスホッケー、8.フランスの自転車・・・岡野さんは丁寧に解説してくれたが、残念ながらすべては覚えていない。たぶんクリケットのイギリスやオーストラリア等であるが、11カ国だけは確かである。

    (2)メキシコオリンピック(1968年)の銅メダルはまさに奇跡だったが、二人のエース杉山 隆一と釜本邦茂は本当に天才だった。あれだけの選手はそうざらには出ないだろう。奥寺康彦がドイツのプロのリーグにいるがとても及ばない。日本のレベルでよく銅メダルが取れたと思うが、個人プレーが幅を利かすサッカーで、偶然二人の天才がいたからだ。今後もあれだけの選手はなかなかでないだろう。

    <日本人の性格に緊張感溢れるサッカーは不向き>

    (3)日本人は個人ではいま一つだが、結束力が強く団結すると力を発揮するといわれる。サッカーは典型的な団体競技だが、どうも日本人の協調性が勝利に直結しない。それは全体の流れを見る眼が養われていないからではないか。つまり、ゲーム全体を俯瞰的に見ることができる者が少ないからだ。釜本はシュート力だけでなく、ゲーム運びもできた。つまり、農耕定着民族で、1ヶ所でドンと腰を据えて仕事をすることが得意だが、狩猟民族のように眼をあちこちに向けて物事を考えることは苦手なため、サッカーのようにグランド一面を見渡して動き回ることがあまりよくできない。
    (4)日本人はサッカーの観客にあまりむいていない。相撲があるが、制限時間いっぱいまでは升席でお喋りして酒を飲んでいられる。緊張して見るのはほんの一瞬である。野球も外野席では芝生に寝転がってビールを飲みながら見ていて、クリーンアップトリオが打席に入る時とか、満塁などの好機しか気を張って見ていない。それに対しサッカーはずっと見ていないと、一瞬のうちにゴールが決まる。日本人にはずっと緊張してゲームを見る忍耐力がない。だから、サッカーをずっと見続けるという観客が増えない。そのため、サッカーがプロのリーグを造っても観客数は伸びず、やっていけないのではないか。
    【【サッカー】故岡野俊一郎氏の嬉しい誤算 「今やプロ野球と肩を並べるJリーグ」 -日本人に本当にサッカーは根付くのか-】の続きを読む

    WS000627


    1:予想健ちゃん ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 11:13:06.97 ID:CAP_USER9.net
    清水富美加、元交際相手は人気ロックバンドのA“ゲス”に苦悩
    [ 2017年2月19日 06:45 ] 芸能

     宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(22)の17日に発売されたインタビュー本「全部、言っちゃうね。」で、清水が「悩みの種だった好きな人も忘れました」と明かした元交際相手が人気ロックバンドのメンバーAであることが18日、分かった。複数の関係者によると、交際後にAが既婚者であることに気づき、思い悩んでいたという。昨年破局したとみられる。

     衝撃的な内容が書かれている本の中で、特にファンの物議を醸しているのが「具体的には、悩みの種だった好きな人も忘れました」の一文。本紙の取材では、この元交際相手は大型音楽フェスでヘッドライナーを務め、若者を中心に支持を広げている人気ロックバンドのメンバーA。同バンドは近年、映画の主題歌も手掛けるなどしており、音楽番組で目にする機会も多い。

     複数の音楽関係者が「最近、彼女が交際していたのは、彼しかいなかったと思います」と証言した。清水とAは2014年に番組で共演したことで出会った。清水がロック好きだったこともあって意気投合し、交際に発展したという。清水はAの影響を大きく受けていたようで、ギターの練習にも励んでいた。15年1月には「ギター買ったの。もうおまえしかいない、って感じなのです。」とツイッターにも書き込んでいる。

     順調だった交際は突然、暗転。Aには「既婚者」という大きな隠し事があった。その事実を知った清水は別れようとしたが、好きになった思いは簡単には断ち切れず悩んでいたという。「清水さんはAさんの方から結婚していることを告げられたと思います。清水さんからしたら、たまらなかったでしょうね」(音楽関係者)。

     昨年はタレントのベッキー(32)と「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)の“ゲス不倫”が大きな話題となった。これも当初は川谷が既婚者であることを隠したまま交際がスタート。清水とAも同じ状況だった。くしくも清水は、休業したベッキーと入れ替わるように、16年4月からフジテレビ系「にじいろジーン」の司会に就任した。

     「清水さんとAさんは去年別れていると思います。司会を始めた時に交際が続いていたとしたら清水さんは精神的にもつらかったはずです」(音楽関係者)。

     Aの所属事務所は、清水との交際について「把握していない」とコメント。既婚者ということには「公表していないが、事実です」と認めた。清水が告白本「全部、言っちゃうね。」の題名通り、全てを語る日が待たれる。

    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/19/kiji/20170219s00041000100000c.html



    【【芸能】清水富美加、元交際相手は人気ロックバンドのA 相手は既婚者であることを隠しており清水は不倫に苦悩】の続きを読む

    WS000626


    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 14:30:01.90 ID:CAP_USER9.net
    ミルウォール戦では決定機活かせず

    18日にFA杯5回戦でミルウォールと対戦したレスター・シティは、決定機を活かせずに0-1でまさかの敗北を喫してしまった。
    ミルウォールは後半7分に退場者まで出していただけに、レスターの戦いぶりは何ともお粗末だ。
    特に批判を浴びているのが先発フル出場した日本代表FW岡崎慎司だ。

    岡崎には後半35分に絶好の決定機があったのだが、至近距離から放ったシュートはGKにストップされてしまった。
    あそこで得点を決めていればレスターが勝っていた可能性もあり、ストライカーなら決めてほしいところだった。
    このプレイに一部のレスターサポーターも激怒している。

    サポーターからは、「チルウェルと岡崎は出ていけ!我々の邪魔だ」、「岡崎があんなチャンスをミスするのにどうやってラニエリを批判するんだ?」、
    「岡崎はシュートを打てないし、全てのチーム相手にボールを持てば倒れている」など、
    決定機を決めなかったことや、その他のパフォーマンスに批判が集まっている。

    岡崎といえばハードワークを武器に昨季のプレミア制覇に大きく貢献したのだが、ストライカーとしての評価は微妙なところだ。
    FWは今回のような展開でこそ得点が求められており、サポーターが怒るのも無理はないだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010008-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/19(日) 10:50配信
    【【サッカー】「岡崎は出ていけ!シュートは打てない、ボールを持てば倒れる」 決定機外した日本代表FWに批判】の続きを読む

    WS000625


    1:muffin ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 19:15:32.61 ID:CAP_USER9.net
    http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27723
    2017/02/19 14:00

    2017年に映画界で最も話題になっている作品の一つに、高評価されアカデミー賞に多数ノミネートされた心温まる『ラ・ラ・ランド』がある。
    ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演の同映画には、ハリウッドの過去の名作ミュージカル映画への敬意が込められている。
    ミュージカル映画というジャンルは、過去数十年にわたってブロードウェイの名作をミュージカル化したり、新たなストーリーを作ることで途切れることなく進化してきた。
    そこでローリングストーン誌は、読者にお気に入りのミュージカル映画を投票してもらった。その結果はいかに?

    5位 『雨に唄えば』(1952年)
    原題『’Singin’ in the Rain』
    ジーン・ケリーとデビー・レイノルズの代表作『雨に唄えば』は、サイレント映画から“トーキー”に移る時代と、その時代にハリウッドで映画産業に関わった人をコミカルに描いたミュージカル映画だ。
    このコメディあふれるミュージカル映画の名作は、まさに『ラ・ラ・ランド』が敬意を払った作品だといえる。映画は85年にブロードウェイ版として舞台化された。

    4位 『グリース』(1978年)
    原題:『Grease』
    『グリース』はミュージカル映画の先駆けでありながら、最高の興行収益を誇る一作だ。
    この映画でジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンは、身分違いの高校生カップルを演じ一躍有名になった。
    50年代が舞台の『グリース』は、文句の付けようがない配役、ポップ色の濃い曲の数々、そして映画が複数世代にわたって人気を保つ理由となっている抜群のユーモアが特徴的だ。
    原作は、72年にブロードウェイで初演されたミュージカルで、2016年には ミュージカル版が生放送ミュージカルとして米国の お茶の間によみがえった。
    この生放送では、ヴァネッサ・ハジェンズ、カーリー・レイ・ジェプセン、ボーイズIIメンが主要な役で出演した。

    3位 『ウエスト・サイド物語』(1961年)
    原題:『West Side Story』
    『ロミオとジュリエット』の舞台をマンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドに移した『ウエスト・サイド物語』は、白人の非行グループである「ジェッツ団」と
    プエルトリカン非行グループ「シャークス団」の対立と、その対立の中に生まれた恋(そしてその悲劇的な結末)が描かれている。
    ナタリー・ウッド主演の同映画は、最も評価されたブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品の一つで(ジェローム・ロビンス、レナード・バーンスタイン、スティーヴン・ソンドハイム、
    アーサー・ローレンツというエネルギッシュなチームのおかげだといえる)、オスカーにノミネートされた11部門中10部門を受賞し、アカデミー賞を総なめした。

    2位 『ブルース・ブラザーズ』(1980年)
    原題:『Blues Brothers』
    ダン・エイクロイドとジョン・ベルーシが主演を務める『ブルース・ブラザース』は、米NBCの 人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の同名のコーナーとバンドを元に映画化されたカルト映画だ。
    映画では、刑務所を仮出所した“ジョリエット”・ジェイク・ブルース(ベルーシ)がエルウッド・ブルース(エイクロイド)と共に、自分たちが育った孤児院を救おうとする。
    アレサ・フランクリン、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズの助けを借り、二人は資金を集めるため慈善コンサートを開催する。アレサ・フランクリン、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズは、いずれも映画で歌声を披露している。

    1位 『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)
    原題:『Rocky Horror Picture Show』
    『ロッキー・ホラー・ショー』のリリース後に、同映画以上のカルト的な地位を獲得した映画、ミュージカル、その他のジャンルの作品はない。
    世界中で変装したファンが満員御礼の映画館に集まり、奇妙なサイファイ・ホラーのストーリーの中で流れるロック調の曲に合わせて一緒に歌った。
    映画では、ブラッドとジャネット(バリー・ボストウィックとスーザン・サランドン)のごく普通のカップルが乗った車が、雨の夜に故障してしまう。
    そして偶然訪れた女装を趣味にするスイートなフランクン・フルター博士(絶世期のティム・カリー)の家で、二人の夜と生活が狂い始める
    【【映画】ミュージカル映画、人気ベスト5】の続きを読む

    1:湛然 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 20:17:34.36 ID:CAP_USER9.net
    松本隆、日本の音楽界を変えた2度の挑戦 「友達が離れ孤独だった」
    2017年02月19日 15:01 by 真紀和泉

    “日本語ロック”という表現さえ見かけない昨今だが、レコードは洋楽の方が売れて「ロックは英語」が当然だった時代に「日本語で歌うロック」の地盤を作った1人が松本隆である。さらには歌謡曲の作詞にそれまでにない描写や手法を取り入れ“歌謡曲”と“J-POP”の距離を縮めた。そんな大きな影響を2つも及ぼしながら、陰では「自身との葛藤」や「激しい孤独感」を覚えたという。

    松本隆と斉藤由貴が2月16日放送のNHK Eテレ『ミュージック・ポートレイト』で対談した。そのなかで松本が大学を中退して細野晴臣(ベース)や小坂忠(ボーカル)など5人で結成したロックバンド「エイプリル・フール」がアルバム『Apryl Fool』(1969年9月)をリリースした頃を振り返った。その時すでにバンドは「ロックを英語で歌うか日本語で歌うか」で対立しており「あっという間に口もきかないくらい険悪なムードなって、発売と同時に解散した」と明かす。

    「世界で勝負するには英語で歌うべき」という英語派に対して、松本は「ロックは日本語で歌うべき」と主張していた。彼は当時の考えを次のように説明する。

    「頭の中でいちいち翻訳していたらそれでスピードが落ちる。ロックビートなんて100分の1秒や2秒の差でグルーヴがあるとかないとか違ってしまう。翻訳するのに(頭脳の)回路を通すだけでもう遅れちゃう。」
    「生まれた時から頭の中で鳴っている言葉で歌った方が一番よい。その方がロックっぽい。」

    記者はミュージシャンによる素晴らしいパフォーマンスから常々「音楽とは人間が時間を操ることで生み出す芸術」だと感じるが、演奏だけでなく「翻訳するために回路を通す間に遅れる」というところまで掘り下げた松本はやはり凡人ではない。

    その後、松本は同じ日本語派だった細野とともに大瀧詠一、鈴木茂とバンド「はっぴいえんど」を結成する。「ロックのサウンドに日本語をのせる」ことを目指す松本が日常風景を描写した歌詞に大瀧が曲をつけ、2人にとって初めての合作『12月の雨の日』や『春よ来い』などを含む1stアルバム『はっぴいえんど』を発売したのは1970年8月だ。

    しかしながら、当時巻き起こった“日本語ロック論争”で内田裕也ら英語派から「『春よ来い』は歌詞とメロディとリズムのバランスが良くない…」と酷評される。それを受けて「日本語のロックは俺が作る」とさらに燃えた松本は、細野晴臣が曲をつけた『風をあつめて』を発表し、同曲を収めた2ndアルバム『風街ろまん』(1971年11月)は高い評価を受ける。

    だが、日本のトップバンドとなった「はっぴいえんど」は1972年12月31日に解散してしまう。松本はすでに結婚して第一子誕生を控えていたこともあり、作詞の道に進もうと決意する。コンペに応募してシングル化されたのがアグネス・チャンが歌う『ポケットいっぱいの秘密』(1974年6月)だった。

    (>>2以降につづく)


    ・細野晴臣と松本隆



    ・ももクロと生放送中の松本隆



    http://japan.techinsight.jp/2017/02/maki02181415.html
    【【音楽】松本隆、「日本語のロック」を追求も「友達が離れ孤独だった」 音楽界を変えた2度の挑戦】の続きを読む

    WS000624


    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 12:51:50.89 ID:CAP_USER9.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000041-dal-ent
    デイリースポーツ 2/19(日) 10:49配信

     ダウンタウンの松本人志が19日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、宗教団体「幸福の科学」への出家を宣言した女優・清水富美加の話題に関連して、ダウンタウンが売れる前から所属事務所に対して強気にギャラ交渉を行っていたことを告白した。また、芸能界に労働組合のような組織が必要だと訴えた。

     清水のケースでは給料制と歩合制というような、金銭にまつわる食い違いにも焦点が当てられている。松本は自分たちの事務所の場合と前置きした上で、後輩たちからギャラや、休みがないことなどへの不満を聞くことがあり、同時に後輩たちは「松本さんぐらいになったら(売れたら)言えますけど、僕らは言えないんです」と言われると振り返った。 だが、松本は「俺、まったく売れてない時からケンカしてたもんね。『首にせえや!』って言ってたもんね」と振り返った。ダウンタウンの若手時代をよく知る後輩の東野幸司も「そうです、そうです」とうなずき、相方の浜田雅功が、事務所幹部におぶさってギャラを上げるように求めたエピソードなども紹介された。

     現実問題として、今、同じ事はできる人は出てこないだろうとした上で、松本は「組合」をつくるべきと提言した。「つくった方がいいよ。吉本だけじゃなくて、『日本タレント組合』みたいなんをつくった方が何かあった時はそこを通してやるようにしていかないと」と交渉やトラブル解決の窓口となる組織の必要性を説いた。



    【【テレビ】松本人志「日本タレント組合」設立を提唱 清水富美加の出家騒動受け】の続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 13:56:26.24 ID:CAP_USER9.net
    人気声優・花澤香菜(27)と小野賢章(27)の熱愛同棲スクープを「週刊文春デジタル」のインターネット生放送「文春砲Live」が報じた。

     花澤は、新海誠監督の大ヒット映画「君の名は。」や「言の葉の庭」に出演。アニメファンが選ぶ声優人気ランキングでも、たびたび1位にランキングされるなど、いま最も勢いのある声優の一人だ。2015年には日本武道館の単独ライブを成功させるなど、音楽活動でも活躍している。

     一方の小野は、12歳から10年間、映画「ハリー・ポッター」シリーズで、主役ハリー・ポッターの日本語版吹き替えを担当して注目を集めた。現在は人気アニメ「黒子のバスケ」の主人公・黒子テツヤ役を務め、女性ファンから絶大な人気を得ている。

     2月12日夜、仕事を終えた花澤は小野を含む男女3人と代々木の洋食店でダブルデート。その後、花澤と小野は同棲している港区の高級マンションに帰宅した。この模様を「週刊文春」取材班が撮影した。

    「週刊文春」の直撃取材に、小野は「僕からはお話しできません」と答えていたが、改めて所属事務所に確認すると、交際については「はい。いいお付き合いをさせていただいています」、同棲についても「はい。そのようです」と両者ともに事実を認めた。

    「文春砲Live」では放送されなかった写真の別カットやエピソードなど、詳しくは2月23日(木)発売の「週刊文春」および「週刊文春デジタル」で報じる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170218-00001476-bunshun-ent



    マンションに向かう小野と花澤 禁無断転載

    【【文春砲】<声優・花澤香菜と声優・小野賢章>ダブルデート後に超高級マンションに向かう 事務所は交際と同棲を認める★4】の続きを読む

    WS000623


    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 15:11:03.34 ID:CAP_USER9.net
    フィギュアスケート:四大陸選手権・男子FS
    2017年2月19日(日) 11時0分 スタート

    1位 ネイサン・チェン  米国 307.46
    2位 羽生結弦 日本 303.71
    3位 宇野昌磨 日本 288.05
    4位 パトリック・チャン カナダ 267.98
    5位 金博洋 中国 267.51
    6位 ジェイソン・ブラウン  米国 245.85
    7位 ミーシャ・ジー  ウズベキスタン 239.41
    8位 ナム・グエン カナダ 237.08
    9位 グラント・ホッホスタイン 米国 235.72
    10位 閻涵 中国 235.45
    11位 ブレンダン・ケリー オーストラリア 227.39
    12位 ケビン・レイノルズ カナダ 222.31
    13位 田中刑事 日本 220.18

    https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/7306
    【【男子フィギュア】フリー結果 羽生、宇野、田中刑事、ネイサン・チェン、パトリック・チャンら出場 四大陸選手権】の続きを読む

    WS000622


    1:サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 17:21:36.25 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 2/19(日) 17:18配信

     鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍し、7日から離脱しているMF柴崎岳(24)が18日、ホームのアルメリア戦をスタンドで観戦した。地元情報サイト「エルドルサル」によると、スタジアムでテネリフェの女子チームでプレーする元U―20日本代表のDF堂園彩乃(26)と対面。柴崎は来週中にも全体練習に合流できるよう、心理療法士と治療に取り組んでいるという。地元メディアでは“ホテル引きこもり報道”もあったが、地元有名レストランで食事するまで回復していると伝えた。

     柴崎について、テネリフェは当初、胃の不調で離脱と発表していたが、クラブの医療部門が13日に「不安障害」の可能性を指摘。ボレゴ・ゼネラルディレクターは地元メディアで「適応に苦しんでいる」「適応過程がいつ終わるのか、誰にも分からない」などと説明。退団報道については否定していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000123-spnannex-socc
    【【サッカー】柴崎、地元レストランで食事するまで回復】の続きを読む

    WS000621


    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 20:46:39.95 ID:CAP_USER9.net
    次の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で、嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めることが明らかになった。
    相葉の他にも豪華キャストが顔をそろえており、低迷を続ける月9ドラマが4月からは話題を独占するかもしれない。

    フジテレビの月9ドラマ枠は1987年4月にスタートし、今回の『貴族探偵』で30周年を迎える。
    『貴族探偵』は、累計部数13万3000部の麻耶雄嵩氏による本格ミステリー小説シリーズが原作。
    相葉が演じるのは自身を「貴族」と名乗る、“一切推理せずに事件の謎を解き明かす”青年の役だ。
    そんな「貴族」から推理を命じられる使用人役を、中山美穂(46)や遠藤賢一(40)、松重豊(54)らが担当。
    さらに、新米探偵の愛香役に武井咲(23)、愛香の師匠の切子役に井川遥(40)、刑事役に生瀬勝久(56)、
    そして“謎の役”として仲間由紀恵(37)がキャスティングされるという豪華さだ。

    今回の発表はさまざまなメディアで伝えられており、ネットニュースのコメント欄などには、「最近の月9は
    全然興味なかったけど、これは見るしかないな!」「キャスト豪華すぎ! 久々のミステリー系だし楽しみだわ~」
    「こういうのが見たかったんだよ~!」といったコメントが上がっている。

    http://taishu.jp/detail/26667/
    【【テレビ】相葉雅紀&豪華キャスト起用『貴族探偵』で、「月9ドラマ」人気復活】の続きを読む

    このページのトップヘ