2017年09月


    WS000057


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/04(月) 12:58:22.60 ID:CAP_USER9.net
    受信料制度への疑問の声が相変わらず止まらないNHK。こうした批判の声が多い理由のひとつが、NHKサイドのお金の使い方にあるといわれる。

    つまり、贅沢な予算の使い方が目立つからこそ、受信料を支払うことに嫌悪感を抱く人が多いということだ。そして、そんな人々の感情を逆なでするような事実が、またしても関係者から聞けた。

    「NHKはドラマでもドキュメンタリーでも民放の数倍の予算をかけていますが、特にドラマの製作費が高まる要因はセットを組むことにあるんです」(テレビ局関係者)

    セットはドラマにおいて欠かせない要素のひとつだが、なぜそれが原因なのか。

    「民放の場合、たとえばお店や学校を借りるなど、“有りもの”と呼ばれる街なかの施設を借りて撮影することが多いんですが、NHKではそれはあり得ないんです。たとえオンエアで3秒程度しか流れないような些細なシーンであってもセットを作ります。それこそ公園や噴水、学校の教室や病院など、いくらでもロケに出れば撮影できる場所であってもNHK局内にセットを作ることが多すぎます」(同)

    たしかにロケに出ればいくらでも撮影に協力してくれる施設を探せそうだが、NHKはなぜセットにこだわるのか。

    「NHKは公共放送なので、中立性を保つという大義名分が存在します。したがって特定の民間企業や自治体の施設の使用は宣伝に加担していると判断されます。しかし、それだけのためにたった数秒のシーンに数百万円の予算がつぎ込まれているのは、さすがに『おかしい』という声が局内からも一部あがっています。ですが、それでも節約しようという意識は全体としては皆無ですね」(同)

    視聴者から受信料を気分よく払ってもらえる環境を整備しようという気概はないようだ。また、公共放送だからこそ宣伝に加担できないといいつつ、過去にはその真逆の行動をしたことも多々あるという。

    「たとえば三陸鉄道にスポットを当てたドラマを作ったりしていますし、大河ドラマでは毎回、各地の自治体や観光協会から地元で物語を作ってほしいとプレゼンを受けています。そのようなこともしている手前、やはり公共放送の維持という大義名分は嘘っぱちで、実情としては局員の雇用を守りたいだけではないかといわれています」(同)

    http://tocana.jp/2017/09/post_14310_entry.html
    【【ムダづかい】NHKのメチャクチャな金の使い方を関係者暴露! ドラマ制作では、たった3秒のシーンのために国民の金をつぎ込み…!】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/04(月) 12:23:39.02 ID:CAP_USER9.net


    AbemaTV(アベマTV)で『必殺!バカリズム地獄』(毎週金曜・夜9時放送)の第18回が放送され、ゲストにタレントの磯山さやか、
    元AKB48の梅田彩佳、モデルでタレントの川上愛、フリーアナウンサーの宮島咲良が登場し、鬼ギレエピソードを語った。

    同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムがさまざまな職業の女性から寄せられた鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。



    最近の鬼ギレエピソードを問われた磯山は、タクシーに乗ったときの出来事を紹介。
    「最近は近距離でも乗るんですけど、『近くて申し訳ないです』って運転手さんに言うと『遠くて申し訳ないって言ってほしいな』っていわれることがあるんです」と話した。

    さらに足が痛くて歩けないため、タクシーを止めようとしていた磯山。
    「信号でタクシーを待っていると、(運転手さんと)目が合ってるのにそのままスルーしていく人がいる。
    “空車”にしてあるのに突然“迎車”に変える人っているんですよ、意味が分からない」と話し、タクシー運転手への不満を述べた。

    これを受けMCのバカリズムもタクシーに乗車した際の出来事を告白。
    「やっと(タクシーを)つかまえて乗ったら、このあと昼休憩入るのでワンメーターの近いところならいいけど、そこ(指定された場所)だと休憩に食い込むから降りてくださいって言われて。降りました」と話し、
    運転手の休憩時間の関係で乗車できなかったと説明した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13562504/
    2017年9月4日 6時30分 AbemaTIMES
    【【芸能】磯山さやか、タクシー運転手の発言に鬼ギレ「近くて申し訳ないって言ったら…」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/04(月) 10:02:19.02 ID:CAP_USER9.net
    3日に放送されたテレビ東京の日曜ビッグバラエティ「緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4」(後7・54)の平均視聴率が11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。シリーズ最高を更新し、初の2桁をマークした。

     第1弾(1月15日)=8・3%、第2弾(4月23日)=8・1%、第3弾(6月25日)=9・7%。今回は第3弾を大幅2・1ポイントも上回った。

     第4弾には、以前から同シリーズを視聴していた女優の芦田愛菜(13)が緊急参戦。千葉県千葉市の泉自然公園で超巨大な貝(ヌマガイ)と遭遇した。また、東京・日比谷公園の池の水を114年ぶりに抜くという大々的なロケを敢行。MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳(43)らが“水抜き作業”と生物捕獲に奮闘した。

    2017年9月4日 09:45
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/04/kiji/20170903s00041000380000c.html

    画像

    【【テレビ】テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第4弾11・8%!シリーズ最高更新】の続きを読む

    WS000025


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/03(日) 10:35:30.40 ID:CAP_USER9.net
    GDP、下方修正へ=4~6月期、年2.7%増-民間予測
    2017年09月01日19時46分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2017090101195

     シンクタンクなど民間13社は1日、2017年4~6月期の国内総生産(GDP)改定値の予測を発表した。13社の予測値平均は、物価変動の影響を除いた年率換算で前期比2.7%増だった。内閣府が8日発表する改定値は速報値(4.0%増)から大幅に下方修正される可能性がある。
     財務省が1日発表した4~6月期の法人企業統計調査では、金融機関を除く全産業の設備投資額が前期比で名目2.8%減と3四半期ぶりに減少した。これを踏まえ、各社は設備投資の見通しを引き下げ、GDP予測も下方修正した。
    【【GDP】GDP、大幅下方修正へ  …速報値の年率4.0%増→2.7%増-民間予測 改定値8日発表】の続きを読む

    WS000024


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/03(日) 07:46:14.68 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮の朝鮮中央通信は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を新たに製造したと報じた。

    2017/9/3 07:03
    共同通信
    https://this.kiji.is/276835019227594758
    【【北朝鮮】大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を新たに製造したと報じる-朝鮮中央通信】の続きを読む

    WS000023


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/03(日) 07:23:11.88 ID:CAP_USER9.net
    麻生副総理兼財務大臣は、愛媛県西条市で行った講演で、来月の衆議院の補欠選挙に関連し「お祭りの時に、選挙なんてできるだろうか」などと述べたうえで、祭りにのめり込む人を精神障害者に対する差別的な言葉を使って表現しました。このあと麻生氏は、記者団に対し「不適切な表現だった」と述べました。

    麻生副総理兼財務大臣は、来月、衆議院愛媛3区の補欠選挙が行われるのを前に愛媛県に入り、講演しました。このうち、西条市で行った講演で、麻生副総理は「ここでは今から国民体育大会があり、その後、お祭りもある。そういった時に、選挙なんてできるだろうか。選挙を一生懸命やっている人は、お祭りも一生懸命やっている人だ」と述べたうえで、祭りにのめり込む人を精神障害者に対する差別的な言葉を使って表現しました。
    このあと麻生氏は、記者団に対し「不適切な表現だった」と述べました。

    麻生氏をめぐっては、先に、派閥の研修会で「いくら動機が正しくとも、ヒトラーは、だめだ」などと述べ、その後、「ヒトラーを例示として挙げたことは不適切だった」として発言を撤回しています。

    配信9月2日 22時22分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123881000.html

    【【麻生副総理】 愛媛での講演で不適切な表現 祭りにのめり込む人を精神障害者に対する差別的な言葉で表現】の続きを読む

    WS000022


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/03(日) 10:04:28.80 ID:CAP_USER9.net
    レーザーでミサイル迎撃、発射直後に照射し破壊
    2017年09月03日 07時13分
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170902-OYT1T50134.html?from=ytop_top

     北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を受け、政府が弾道ミサイル迎撃のための新システムの開発を検討していることがわかった。

     高出力レーザーを発射直後の弾道ミサイルに照射し、無力化・破壊する。北朝鮮が現在の装備では迎撃が難しい「ロフテッド軌道」での発射を繰り返しているため、新技術で対応する方針だ。
     開発を目指すのは、弾道ミサイルが発射された直後の「ブースト段階」と呼ばれる時点で、航空機や艦船などから高出力レーザーを照射し、熱によってミサイルを変形させる技術。迎撃ミサイルに比べて安価で、実現すればロフテッド軌道だけでなく、多数の弾道ミサイル発射にも対処が可能になる。
     防衛省は2018年度概算要求に、迫撃砲弾や小型無人機などを迎撃対象とする、高出力レーザーシステムの研究費として、87億円を計上した。
    (ここまで350文字 / 残り642文字)

    【【北ミサイル】レーザーでミサイル迎撃、発射直後に照射し破壊】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
    8月下旬、台北で開かれた大学生の国際大会「ユニバーシアード」では、日本代表選手団が金メダル獲得数37個で参加国中1位となる大活躍をみせた。
    この輝かしい成績のほかに注目を集めたのは、選手たちによる公園の清掃活動だ。
    台湾では「これぞスポーツマンシップ」と称える声が相次いだ。

     8月29日、選手村が置かれる新北市林口区地域のFacebookグループ「林口大家族」に参加するユーザが投稿した写真には、
    「JAPAN」のロゴつきTシャツを着た日本選手たちが、ほうきとちり取りを手に、公園を清掃している様子が収められていた。

     また別の写真を、蔡淑君 ・新北市議が「素晴らしいです」とコメントをつけて投稿。
    台湾のネットユーザは「これを『お国柄』というのでは」「これぞスポーツマンシップ」
    「見習うべき」「台湾人は顔面から汗をかくわ(恥ずかしい)」
    「日本の成功は道徳教育にある。清潔な環境は人々を守り、周囲に感動を与える」と、
    選手たちの行動を称えたり、清掃に対する自省の念を示すコメントが続いた。

    「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ
    http://www.epochtimes.jp/2017/09/28289.html

    【「これぞスポーツマンシップ」日本選手、台湾の公園を清掃 感動呼ぶ】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:837857943-PLT(16930).net
    佐藤隆太がレストランで盗撮してきた学生にみせた男気

    1日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、俳優の佐藤隆太が、家族を盗撮した学生にした対応を明かした。

    番組では、ゲストに佐藤が登場し、そのお人好しな性格をあらわすエピソードが紹介された。

    なんでも、佐藤が家族とレストランで食事をしていたとき、学生が佐藤らを隠し撮りしてきたらしい。佐藤は盗撮に気づき、
    自分の携帯でSNSなど見たところ、子どもが写った写真がネット上にあがってしまっているのを確認したそうだ。

    佐藤が、学生らを丁寧に注意すると素直に謝罪してくれたらしく、その態度に感じ入りこっそり会計を済ませてあげたということだ。また、
    食事を終えて駐車場から車を出すときには、学生たちがそろって頭をさげて佐藤を見送ったということだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13556061/

    【佐藤隆太が盗撮してきた学生に神対応 謝罪に感じ入り会計を済ます】の続きを読む

    WS000020


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
    若く柔軟で、フェミニストとして知られるフランスのエマニュエル・マクロン大統領(39)が、
    就任3か月でメイクアップ代26000ユーロ(約338万円)を使用したとして、物議をかもしている。

    ガーディアン紙によれば「5月に大統領に就任してエリゼ宮殿入りしてから、マクロン大統領は2度ほど、メイクアップ代として予算を計上。
    Natacha Mというメイクアップアーティストに、1度目は1万ユーロ(約130万円)、2度目は16000ユーロ(約208万円)の合計26000ユーロを支払ったとされている」。

    「側近は『隠し事は何もない。急を要する事態の際に、メイクアップアーティストを呼んだが、今後メイクアップ代の予算は大幅に削減する』と主張している」という。

    フランスのマクロン大統領、メイク代は3か月で300万円越え!?
    https://news.walkerplus.com/article/119715/
    【フランスのマクロン大統領、メイク代300万円を公費に計上して非難殺到wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ