2017年08月

    WS000012


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 08:23:25.25 ID:CAP_USER9.net
    政府は29日、ギャンブル依存症対策を強化するための具体策をとりまとめた。競馬場などにある現金自動出入機(ATM)から今年度中にキャッシング機能をなくすほか、依存症患者の相談態勢を充実させる。

     昨年12月に成立した「カジノ解禁法」で、既存の公営ギャンブルやパチンコの依存症対策の強化が盛り込まれたことを受け、29日の関係閣僚会議で決めた。
     競馬場や競艇場などには「ファンの利便性を図る」としてATMが設置されているが、借金でギャンブルにのめり込む要因になっていると指摘されていた。一部ではATM自体を撤去する。パチンコは射幸心を過度にあおらないよう、来年2月から出玉の上限を現行の約3分の2に抑える。

     依存症患者を支援するため、公営ギャンブルの業界団体によるセンターが24時間対応できる無料の電話相談窓口を10月にも設ける。主催者は依存症対策の担当者を置き、従業員教育にも力を入れる。

     ギャンブル依存症をめぐっては、自民、公明両党が先の通常国会に提出した対策強化の基本法案が継続審議となっている。政府は法整備の動きをふまえ、さらなる対策の拡充を検討する。(平林大輔)
     
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8Y31LRK8YULFA009.html?iref=sptop_8_04
    【【社会】競馬場ATM撤去、出玉に上限…国がギャンブル依存対策】の続きを読む


    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 12:26:04.91 ID:CAP_USER9.net
    横断中の高校生 はねられ重体

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20170830/5050000030.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    30日朝、鹿児島市の県道の交差点で、横断歩道を渡っていた男子高校生が車にはねられる事故があり、
    高校生は病院に運ばれて手当てを受けていますが、意識不明の重体となっています。

    警察によりますと、30日午前5時半ごろ、鹿児島市住吉町の県道の交差点で、
    鹿屋市に住む男子高校生が横断歩道を渡っていたところ、走ってきた乗用車にはねられたということです。
    高校生は病院に運ばれ手当てを受けていますが、意識不明の重体となっています。

    警察によりますと、事故当時、高校生は友人2人と一緒にいて、横断歩道を先に渡った
    友人たちに続いて横断歩道を渡っていたということです。

    現場は片側2車線の見通しの良い道路で、警察は、車を運転していた鹿児島市の
    50代の男性から事故当時の状況を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

    08/30 12:12
    【朝5時半 横断歩道ではねられる 高校生が意識不明に・鹿児島】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 11:51:30.35 ID:CAP_USER9.net
    人そっくりのかかしが置かれ、「奥播磨かかしの里」として知られる兵庫県姫路市安富町の関地区で今月に入り、かかしの服や体に穴を開けられるなどの被害が相次いでいる。かかしを管理する同地区出身の岡上正人さん(65)=同県宝塚市=は「かかしの里を訪れる多くの人の心を踏みにじる行為で、許せない」と話す。【待鳥航志】

    http://mainichi.jp/articles/20170830/k00/00e/040/245000c

    【【社会】服や体に穴…かかしへのいたずら被害相次ぐ「多くの人の心を踏みにじる、許せない」/兵庫】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 13:26:28.12 ID:CAP_USER9.net
    ザックリ概要
    ・7月18日に米国アラバマ州で同国通算5例目のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が発生
    ・日本のBSE問題に取り組む生活衛生・食品安全部が、7月11日に廃止
    ・日本政府は米国産牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置


    以下記事本文

    BSE感染牛が発生していた…安倍政権、牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置
    「Thinkstock」より



    ビジネスジャーナル 文=小倉正行/フリーライター 2017.08.26
    http://biz-journal.jp/2017/08/post_20331.html

     7月18日に米国アラバマ州で同国通算5例目のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が発生した。感染牛は11歳の肉用雌牛で非定型BSEとされているが、詳細は調査中となっている。日本では、一部の専門紙以外まったく報道されていない。2003年に米国でBSE感染牛が発見された時は、米国産牛の輸入全面禁止措置が取られたが、今回は米国産牛肉輸入にもまったく影響を与えていない。
     
     これと時期を同じくして、食の安全問題に総合的に取り組んできた厚生労働省の生活衛生・食品安全部が、7月11日に施行された同省組織再編によって廃止された。これもほとんど報道されず、国民は知らされていないが、国民の食の安全にとっては多大な影響を与えることである。
     今回廃止された厚労省の生活衛生・食品安全部は、01年に日本でBSEが発生し、これまでの食の安全の管理に欠陥があったとして、リスク評価を専任とする食品安全委員会の設置を柱とする食品安全基本法が成立した03年に設置された。当時の新聞はこう報じている。
    「厚生労働省は、二十日、『医薬局』を『医薬食品局(仮称)』に改める方針を固めた。現在医薬局の中に『食品保健部』が設置されているが、局として食品の安全確保に取り組む姿勢を明確にする。食品保健部は『食品安全部(仮称)』に改める」(02年9月21日付日本経済新聞より)
    「食品安全基本法の成立をにらみ、縦割り行政を厳しく批判された農水、厚労省は対応部局の新設や改組を急ぐ。(略)農水省は七月にも職員約三百人で構成する『消費安全局』を新設する。(略)厚労省も職員を増員した上、食品保健部を『食品安全部』に改称」(03年5月16日付同紙)
     要するにBSE発生を許したそれまでの食品安全行政を抜本的に改める食品安全基本法に対応するために、それまでの食品保健部を食品安全部に組織変更したのである。BSE発生を二度と許さない食品安全行政の確立が、食品安全部の誕生の由来なのである。

    ●生活衛生・食品安全部を廃止した理由

     では、いったいなぜ厚生労働省は、この時期に突然、生活衛生・食品安全部を廃止したのであろうか。厚生労働省の発表文書では、次のように説明されている。
    「今回の組織再編は、保健医療分野の技術革新や国際保健上の課題と、『働き方改革』などの内閣の重要課題に的確に対応するために厚生労働省内の組織を再編したもの。『医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部』については、組織再編の全体整理の中で『職業安定局派遣・有期労働対策部』等とともに廃止した」
     要するに、保健医療課題と安倍政権の「働き方改革」に対応するために、生活衛生・食品安全部を廃止したということ。今や、厚労省としては行政の優先度は保健医療課題や「働き方改革」のほうが、食品安全より高いということなのである。厚労省は、生活衛生・食品安全部をなくす代わりに専任の審議官(大臣官房生活衛生・食品安全審議官)を設置したとしているが、とても代わりうるものではない。
     今回の生活衛生・食品安全部廃止は、食品安全行政の冬の時代の始まりの可能性が高い。BSE対策については、もうすでにBSEの全頭検査体制はなくなり、月齢制限もなくなってしまっている。農水省の消費・安全局や食品安全委員会も今のまま存続できるのかどうか、予断を許さない。今後の食品安全行政の動向を注視していかなければならない。
    【【米狂牛】BSE病感染牛が発生していた…安倍政権、牛肉輸入制限等の措置を何も行わず放置】の続きを読む



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 13:20:06.73 ID:CAP_USER9.net
    神奈川県平塚市内で主に栽培されているサツマイモ「クリマサリ」の出荷が28日、同市東真土のJA湘南大野支所で始まった。

     一般的なサツマイモより表皮の色が薄くて形はふぞろいだが、名前が示す通り「クリに勝る甘さ」が特長。収穫に手間がかかることや、宅地化による農地の減少などで出荷量は少なく、市場にあまり出回らないことから「幻の芋」ともいわれる。

     水はけの良い砂地が広がる同市大野地区では、1960年頃から栽培が始まり、現在は生産者15戸が約1・4ヘクタールの農地で育てている。

     この日は9農家が約2トンを初出荷。生産者とJA職員らによる「目合わせ会」も行われ、大きさや形などの出荷規格を確認した。JA湘南甘藷かんしょ部会の原田栄司部会長(80)は「実も大きく、収穫量も多くなりそうで上々の出来栄え」と喜んだが、「生産者も高齢化し、作り手が減っているのが心配だ」と話した。

     今年は約19トンの出荷を見込んでおり、製菓会社で加工用として使われるほか、県内のスーパーなどで販売される。問い合わせはJA湘南あさつゆ広場(※電話番号はソース先)。

    クリマサリの大きさや形などを確認する生産者たち(平塚市のJA湘南大野支所で)

     

    2017年08月30日 08時07分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170828-OYT1T50106.html
    【【さつま芋】「栗より甘い」、幻のクリマサリ…出荷始まる/神奈川県平塚市】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 10:32:23.07 ID:CAP_USER9.net
    ■足立区にはチュパカブラがいる!?

    夏休みが始まった7月29日、足立区にて行われていた「UMA課外授業」の特別授業が行われた。その講師として招かれたのは「ムー」の三上丈晴編集長。絵本作家のたかいよしかずさんと一緒に、子供たちにUMAの秘密を教えるイベントだ。

    集まったのは、UMAに興味津々の小学生と、その保護者の方々。夜中に怪しげな場所で開催されることが多いのが「ムー」関連イベントだが、今回は昼に公の施設の視聴覚室である。

    三上編集長は「水棲」を「水辺に棲んでいる」など言葉を易しく言い換え、もちろんビールを飲まずに講義を行った。

    驚くべきは、子供たちのUMA知識である。

    会場で「不思議なものを見たことがある人~!」と聞いてみると、UFOを見た、ケセランパサランを見つけた、さらにはチュパカブラを目撃した、それは紫色だったとまで……!

    中米に生息するチュパカブラは、すでに日本の足立区に上陸しているのか?

    この知識は、たかいよしかず先生の「ナゾのいきものUMAをさがせ!! せかいいっしゅうへん」によるところが大きい。

    以前、この本が未確認生物の早期教育に貢献するのではないかと指摘したが、まさしくそのとおりの成果が表れているのだろうか。

    足立区で家畜やペットの吸血事件が起こらないか、今から心配である。



    http://gakkenmu.jp/column/12938/
    【【UMA】足立区に吸血生物チュパカブラが生息か? 目撃者「紫色だった」】の続きを読む

    WS000010


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 13:15:33.07 ID:CAP_USER9.net
    コンビニ店長が「児童買春」
    08/30 12:55

    コンビニエンスストアの店長の男が、東京・歌舞伎町で、中学生の少女に現金を渡して、
    わいせつな行為をした疑いで、警視庁に逮捕された。

    小暮貴倫(たかみち)容疑者(35)は2017年4月、新宿区歌舞伎町の駐車場に止めた車の中で、
    中学2年生の少女(当時13)に現金2万円を渡し、わいせつな行為をした疑いが持たれている。
    警視庁が、サイバーパトロール中に、児童買春を疑わせるツイッターの書き込みを見つけ、事件が発覚した。

    小暮容疑者は、埼玉・川口市のコンビニの店長で、調べに対して、
    「勤務していた店の閉店が決まり、自暴自棄になってやった」と供述している。

    FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00368842.html
    【【児童買春】「勤務していた店の閉店が決まり自暴自棄になってやった」 埼玉・川口市のコンビニの店長(35)を逮捕…警視庁】の続きを読む

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 09:50:44.19 ID:CAP_USER9.net
    「職業は森の妖精」「今なら、からあげクン増量」 寺内樺風被告が奇声上げ判決公判休廷→延期

     埼玉県朝霞市の少女(16)が昨年3月、約2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)=千葉大を休学扱い=の判決公判が29日、さいたま地裁で開かれたが、被告が奇声を上げたため、松原里美裁判長は開廷直後に休廷を宣言し、その後、延期が決まった。

     寺内被告は「パチンコ・スロット夢らんど」と奇声を上げながら入廷。
     「私はオオタニケンジでございます」と話して被告席に着いた。

     裁判長が前に出るよう促すと「私ですか?」と問い、生年月日を聞かれると「平成13年1月15日」「16歳」と実際と違う生年月日と年齢を言った。
     本籍も「和歌山県那智の滝」と虚偽の場所を答えた。

     さらに「私は日本語が分からない」と話したため、裁判長が「私の質問は分かりますか」と質問。
     寺内被告は再び「私はオオタニケンジでございます」と話した。

     職業を問われると「森の妖精です」。
     ここはどこですかとの質問には「トイレです。私はおなかが空いててます。今なら、からあげクン増量です」と答えた。

     裁判長が弁護人に「いつもこの調子なんですか」と尋ねると、弁護人は「けさからこの調子です」。
     裁判長は午前11時までの休廷を告げた。

     公判は11時10分に再開したが、裁判長は公判の延期を宣言した。期日は未定。

     寺内被告はこれまでも公判で奇妙な言動を繰り返し、7月25日の論告求刑公判でも、裁判長に最後に何か言っておきたいことはと尋ねられ、「おなかが空きました」と答えていた。

     起訴状によると、寺内被告は平成26年3月、朝霞市で当時中学1年の少女を車に乗せて誘拐。昨年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅マンションで監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたなどとしている。検察側は懲役15年を求刑している。

    産経ニュース 2017.8.29 11:12
    http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290017-n1.html
    【【埼玉少女監禁】「パチンコスロット夢らんど」奇声上げながら入廷、「職業は森の妖精」「今なら、からあげクン増量」奇声上げる被告】の続きを読む

    WS000008


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 13:06:49.37 ID:CAP_USER9.net
    スーパー大手の西友は29日、食品と日用品約500品目を、3~6カ月にわたり平均6~10%値下げすると発表した。全国約340店と自社のネット通販で実施する。生活者の節約志向が強いと判断し、値下げで購買意欲を高める。

     3カ月ごとの価格見直しの一環で、購入頻度の高い商品が対象。例えば、江崎グリコの「アーモンドクラッシュポッキー」を税抜き148円から同128円に、花王の食器用洗剤「キュキュットつめかえ用385ミリリットル」を同178円から同158円にした。「経費を削減したり、ウォルマートの調達網を生かすことで安く仕入れたりした」(広報)という。

     節約志向が強まるなかで、一部の小売りは値下げに熱心だ。イオンも25日から、プライベートブランド(PB)の食品や日用雑貨114商品を平均10%ほど値下げした。(和気真也)

    配信2017年8月29日17時27分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK8Y53Y0K8YULFA016.html
    【【スーパー】西友、食品・日用品500品目を値下げ 平均6~10% 節約志向が強まるなかで】の続きを読む


    WS000007


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 12:54:09.92 ID:CAP_USER9.net
    在職中にうつ病を発症し、27歳で自ら命を絶った北九州市元嘱託職員の両親が29日、うつ病は業務が原因と考えられ、公務災害(労災)にあたるとして遺族への補償などを市に求める訴えを福岡地裁に起こした。常勤職員なら認められる労災補償の請求権を非常勤には認めていない同市の条例により、違法に請求を阻まれたと主張している。

    「娘は非常勤職員であったがゆえに、労災請求を受け付けてもらえなかった。非常勤の方が苦しむことのないよう、労災補償の制度を改善してください」

    提訴後、記者会見に臨んだ森下佳奈さんの母親、眞由美さん(55)はそう声を絞り出し、「娘も『自分の死を無駄にしないで。同じような人がいたら助けてあげて』と思っているような気がする」とつぶやいた。

    この日は佳奈さんの30回目の誕生日。佳奈さんの遺品だという眼鏡をかけ、「レンズを替えるとき、涙の跡があった。娘が『生きたかった』と訴えていると思った」と振り返った。

    *****
    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8Y4V9KK8YPTIL011.html
    【【社会】「もう動けん」自殺の娘、眼鏡には涙の跡…北九州市嘱託職員の遺族、労災請求を求め地裁に】の続きを読む

    このページのトップヘ